« 自衛隊広報館 | トップページ | スイッチアングラーへの道その11@増沢池 with 「岡ジャミ」パラソルさん and OG氏 »

2011年9月26日 (月)

スイッチアングラーへの道その10@増沢池 with 雨 and surprise guest !

3連休も終わり、天気もやや下り坂か。でも予報では雨まで行かないので、ちょっと出が遅れた(いつもの事)が、ゴー!しかぁ~し、出発しようとしたらフロントグラスに雨粒。まだ大した事はない。とりあえず池まで行ってみよう。途中、モクレン通り都田口の手前でWINDOMとすれ違ったが、おそらく気付いてはいないだろう。駐車場に着いたのは9時少し前くらい。大分雨が強くなったようだが、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、へP9260158P9260159ら師は対面階段下付近に2人と、こちら側は塩ビ管奥に1人。湖面は雨に打たれている。どうしようかなぁ。一旦車に戻り、しばらく考える。「止める勇気」も必要だが、この程度の雨でビビッてはいけないという気持ちも。車中で考えていると、何だか雨粒が小さくなり、更に落ちてこなくなった。よし、池に行くぞ!荷物を降ろして池に向かい、いつもの場所に入る。荷物には覆いをかけ、傘もセット。竿は11尺の底から入る。餌はいつもの夏・冬・マッハ。水は大分濁りが取れたようだが、水温は低い。さっさと底を取り、と思ったら、またも雨粒。テンションが下がる。開始は9時40分。左肘の痛みはかなり引いたようなので、そろそろ元に戻そうかなと思ったが、今日も右腕で竿を振る。が、いきなりウキの馴染みがおかしい。馴染み過ぎだ。が、数投打った後ではたと気付いた。底は取れてもウキの位置を合わせてなかったのだった(おそまつぅ!)。急いで合わせて再開すると、まだ少しなじみ幅が出ていない感じ。しかぁ~し、ウキは動いている。そしてP9260160馴染みが少ないままチクッと入ったのに合わせれば、やった早くも1匹目!やっぱりこの手応えはいいなぁ。ところが、ウキの馴染みがしっかりしてきたら、今度はバッチリのあたりがカラ。数回カラを食らっているうちに10時を過ぎる。雨は次第に激しくなり、ただでさえトップが細くて見難い私のウキ、立つのは何とか分かっても、湖面に打ち付ける雨粒で今ひとつ馴染み等P9260161P9260162はっきりしない。それでもウキが動いたと感じたら合わせれば、やった2匹目、そして3匹目!こりゃぁ第2目標、第3目標も楽勝か?どうやら雨は本降りになったようだ。穏やかな湖面での釣りは諦めるしかない。とにかくトップと水面のP9260163P9260164関係が分かり難く、次第に体が前へ前へ。そして懸命に目を凝らして何とか連荘で2匹をゲットし、やった第2目標クリア。まだ開始して1時間経っていないゾ。雨の降り始めは一時的にへらの活性が上がると言うのも嘘ではなさそう。しかぁ~し、最早湖面は雨粒が作る細かな白波でウキの視認性をなくす。途切れがP9260165P9260166ちな集中力をとにかく堪え、開始1時間でもう2匹をゲット。かなり目が疲れてきた。空は雨雲に覆われ、とてもこの後雨が上がるなどという雰囲気はない。今日は底だけで終わろう。完全にウキの視認性がなくなった。あとは雰囲P9260167気で合わせるしかない。その後11時までに1匹を追加するが、もうどうにもならない感じ。それでも10時台にはこんな悪条件で7匹をゲットしたのだから、ウキが見えていればもっと釣れた筈だ(本日の悲痛なタラ・レバでした)。11時を過ぎると、完全なお手上げ状態。ウキが上下にモヤモヤ動いているのは何とか分かっても、肝心のあたりを見つけるのはほぼ不可能。餌打ちマシンと化した私は早く餌を打って終わりたい。塩ビ管奥に居たへら師が帰ったようだ。P9260168対面は頑張るなぁ。集中力は途切れたものの、その後何故か1匹をゲットすると、ややっ、ひょっとして第3目標にリーチでは?でもこの状況ではハードルが高過ぎる。餌もそろそろ終わりに近付いたし、奇跡を信じるより早く終わろう。ん、何やら正面だけ雨粒の落ち方が弱くなってきたか?この状態ならウキは良く見える。このままで何とかあと1匹。すると、11時半になろうとしたその時に、返したウキがチクッと入ったのが分かり、これに合わせればやったかかりました!「上がりべら」アンド第3目標の同時クリアか!しかぁ~し、しかぁ~し、何故だ?ここに来ての鼻に擦れ。ガクガクッ×ガクガクッ・・・。それからしばらくして餌が尽き、気落ちしての終了は11時33分。実釣1時間53分で9匹なら頑張ったほうだろうとP9260170言い訳しながら片付け開始。ずぶ濡れになりながら片付けていると、電話だ。おっ、yurieさんから。もう終わるんですかと言われ、あれっ、何処かで見ているのかなぁとキョロキョロすると、何と対面階段下にいたのがyurieさんだった。おまけにその横にいたのはパラソルさん。お二人とも人が悪いなぁ。もっと早く教えてくれれば良かったのに。全く気付かなかった。対面はやはり型が良くて30cm以上ばかりだと。でも、今日のような日は帰りがしんどいので、はてさてどっちがいいのだろう。片付けを終え、お二人に挨拶して駐車場に戻る。何だか雨が弱くなった気がするが、今更戻る気はさらさらない。今日は久し振りの雨中の釣りでかなり疲れた。ぐっしょり濡れた荷物を積み込み、とっとと池を後にした。
 
早く来て早く帰った昔に戻ろう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 自衛隊広報館 | トップページ | スイッチアングラーへの道その11@増沢池 with 「岡ジャミ」パラソルさん and OG氏 »

コメント

今晩は。
こっそり行き過ぎました・・。(笑、ゴメンね)
その後、雨脚が弱くなった時に退散。
sshさんが帰られてから30分位かな・・?
今期最高を狙うといきがったが気負いすぎ!
両トロダンゴ12尺の宙「完璧!」な当りは2回。
飽きない位は釣れました。へらは綺麗!
その後パラソル氏とオシャレなイタ飯屋でランチを食し、帰宅。
全て拭いて、洗って、乾かして、そして今から飲ってます(笑)
今度は、決戦かな?イエイエ、コッソリネ!
ホント雨男ダワ!

投稿: yurie | 2011年9月26日 (月) 17時21分

sshさんには内緒でこっそりお邪魔しました、が、雨がなんともネ。
sshさんが来てから帰るまでの一部始終を観察していました、雨の釣行は珍しいでしょ?でも9枚は流石です。
私はあまり雨を気にはしないんですが道具の後片付けを考えて小止みを待っての閉店、型は良いのですが床は渋かった。
閉店後は少々値が張るのを了解いただいてRENRIというレストランでおじさん二名でイタ飯ランチ。
黒長靴でのティオアキラ状態でしたが、まあまあコーシーもイケてスパも旨かったです、カミさんのお勧めです。
このレストランrenriという名前の由来も機会を見て行って聞いてみてください、カミさんを連れて行きたくなりますよ。
ではまたご一緒しましょうね。

投稿: パラソル | 2011年9月26日 (月) 18時31分

yurieさんこんばんは。
人が悪いですよ。ずっと私の大きな独り言を聞いてたんですね。何か変な(Hな?)事を口走らなかったかなぁ。
ウキの視認性が悪い(ほぼゼロ)中、ほとんど勘で合わせたような気がします。最後の擦れさえなければ、ずぶ濡れでも気持ちよく帰れたんですがねぇ。水温が下がっても、まだへらの活性はあるようですね。ただ、特に「完璧!」と言う声は聞こえませんでしたが。
また宜しくお願いします。

パラソルさんこんばんは。
パラソルさんもお人が悪い。私の一挙一投足をご覧になっているなんて。
挙動不審(変なおじさん?)でも警察には連絡しないでくださいよ。
もう少し涼しく(寒く)なったらそちら側に行きます。おそらく10月末までは日陰側(山側)で頑張ります。以前は年中日陰側でした(従って真冬はほとんど凸)。
RENRIという店、初めて聞きますが、チェ・ジウ主演の映画で「連理の枝」というのがありました。それと関係あるのかな。ネットで調べてみます。
また宜しくお願いします。

投稿: sunshine_hera | 2011年9月26日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52836233

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道その10@増沢池 with 雨 and surprise guest !:

« 自衛隊広報館 | トップページ | スイッチアングラーへの道その11@増沢池 with 「岡ジャミ」パラソルさん and OG氏 »