« パラソルさんがやったぁ! | トップページ | 「蕎里」で昼食 »

2011年10月12日 (水)

スイッチアングラーへの道その19@小野の池

最初に、表題は次の「その20」を持って終了とします。先に書いたように、竿は何とか右腕で振れるようになりましたが、餌付けがどうにもならず、とてもスイッチアングラーを目指せるような状況ではありません。で、これからもしばらくは竿は逆腕で振りますが、特に何かを目指す訳でもないので、表題は次でなくします。宜しくご了解ください。
 
昨日のパラソルさんの結果に、居ても立ってもいられなくなり、今日は返り討ち覚悟で小野の池へゴー!8時半頃に池に到着。誰もいない。さて、何処に入ろうかな。しまった、パラソルさんに何処に入ったかとか、竿は幾つだったか訊くのを忘れていた!そこで、特に理由はないが、突先ではなく青い色が混じった大きな台に入る事にする。フェンスPa120291Pa120292Pa120293を乗り越え、ハアハア言いながらさあ準備だ。ちょっと迷ったが、竿は15尺にする。以前ここでやった時には、底が取れた記憶があるから。餌はいつもの。少し多めに作る。湖面は穏やかでまだ気温も上がっておらず、非常に気持ち良い。さて、何とか底は取れたが、ウキと穂先がかなり接近。まずはうまく振れるかが重要。そのうえに、底に何かあるような気がする。それでも開始は9時10分。しかぁ~し(早くも!)、落とし込みを意識しての第1投から根掛かり。そして両ハリスをロストだ。最初からケチが付いた(ガクガクッ)。少し離れた右横の台にバサー。さて、大急ぎで交換するが、長さが適当。でも、そのまま。そして根を気にして振り込みに変える。すると、数投後に馴染んだウキが1目盛返した。これは餌が抜けた訳ではない、何かいる・・・。急に緊張が走る。すると、しばらく経ってから、今度はウキの馴染み際でチクッと1目盛入ったではないか!慌てて合わせる(本当は合わせてはいけない?)が、カラ。この池ではあたりが見られればいい、なんて良く言われるが、心臓はもうバクバクだ。更にしばらく経ってから、今度はウキが馴染みながらフワッと餌落ち付近まで戻し、そこから再度馴染んで行く。間違いない、何かいるゾ。う~~っ、武者震いがする。更に更にしばらく経つと、一度馴染んだウキが2目盛ほど戻し、じっとその後を見つめていると、いきなりズルッと入ったではないか!何だか擦れかマブナのようなあたりだが、反射的に合わせると、やったかかりましたぁ!まだ10時前。開始30分くらいしか経っていないが、こんな早くにあたりを貰えるなんて、夢のようだ。が、引きが思ったほど強くない(30数センチくらいの印象)ので、あれれちょっと残念な結果か?しかぁ~し、下から上がってくるのを見てビックリ!かなり大きい。0.8号の道糸と0.3号のハリス(いずれもレブロン)で大丈夫か?なかなか水面に出てこない。いつバレるのかと冷や冷やしながら竿を操ると、やったこれはどうみても大物だ。しかぁ~し、「たも」より遥かに大きくて、なかなか入らない。3度も「たも」に入れてから逃げられた。かなり焦っている。でも、4度目の正直で何とか「たも」に収めてみると、鈎は口の横にかかっていたが、擦れではないので一安心。こんなのが0.3号のハリスでよくも上がってきたなぁ。ちょっとだけ手が震えている。
 
 
 
 
Pa120294_2
 
 
 
 
バサーが、「やりましたね」と言ってへらを見に来た。そしてあまりに大きいので驚いている。もうエヘンエヘン(反っくりかえっている)状態。サイズを測ってみると、45cmはある(写真をクリックしてください)。 
 
 
 
 
Pa120295Pa120296
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やったぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・。しばらく放心状態。ふと我に返り、へらを池に戻す。さあ、気持ちを切り替えて、次は2匹目だ。何と言ってもまだ10時。爆釣もあるかもよ。しかぁ~し、前回釣れた際も、その後はウキの動きがバッタリだった。何と言っても魚影が薄いこの池、そんなにポンポン釣れる筈もない。それでもしばらくは、かなり待つとウキが返すPa120298動きが時折見られたが、そのうちいつもの小野の池に逆戻り。ウキの返しも、おそらくは餌が抜けたせいだろう。でも、中には一旦返したウキが再びシズシズと入る時もあったので、へらが散ったとも断言出来ない。やや集中力を欠いたまま、時刻は11時を過ぎる。結局ウキが動いたのは最初の40分くらいか。まだ餌があるが、早く打ち切って終わろう。なんて事を考えていると、あれっ、ウキが立たないぞ。嫌な気がして竿を上げると、またも根掛かり。ハリスを1本切られた。交換して再開するが、既に私は餌打ちマシン。12時のサイレンが鳴り、そろそろ餌が終わる。多めに作ったのが仇となったか。バサーもいつの間にかいなくなり、池には私一人。最後の2投は下鈎に「玉」を付けてみたが、ただやっただけ。12時25分Pa120299に終了だ。実釣3時間15分で1匹(この1匹が大きい)。続行はしません。そうそう、あまりに嬉しくてへら師の皆さんにメールしまくったが、皆さん今日はお仕事でした。お仕事中にスミマセンでした。片付け。私の片付け中に1人やって来て、一番奥に車を停めた。これから始めるようだ。私は片付けを終え、フェンスを越えて車に戻る。さあ、今日はお祝いと自分へのご褒美に、昼食は「蕎里」で摂ろう。このまま行けば、到着は1時過ぎ。幾らなんでも、そろそろ空いているのではないだろうか。バックで坂を登り、いそいそと「蕎里」に向かった。
 
柳の下にドジョウが2匹
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« パラソルさんがやったぁ! | トップページ | 「蕎里」で昼食 »

コメント

こんにちは。
今日はUPが早いのではと?見てしまいました・・・。(笑)
45.5位は有りそうですね。
手持ち写真撮って上げたい思いがしましたヨ。(残念~~~~!)
50UPの前に尺半(450)を狙ってはいるのですが中々ね。
鳳来でも中々出ないよ。
巨へらは狙って釣らないとね?!
30UPの延長に有るものではなさそうですネ。
パラソル氏と同じ魚ではないようですが、小野の池は出れば大きいのかな?
柳の下に3匹は居ないと思われ明日は西之谷かな?(受注を受けたウキの入水テストをします。)
ともかくやったね!!!!
おめでとうございました。

PS.今日の画像は綺麗ですね。
この位綺麗に写ったらイイね!

投稿: yurie@会社 | 2011年10月12日 (水) 17時14分

yurieさんこんにちは。
いやぁ、痺れましたよ。最初のあたりでカラを打った時には、今日はこれでお終いかと思いましたが、無事あたりを拾えました(向こう合わせという気がしないでもないですが)。
この池では、出ればほとんど大型です。先日凸だった際には、常連さんが48cmとか言っていましたから。
手持ち写真は後から気付きました。まさにアフター・フェスティヴァルですね。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月12日 (水) 17時20分

やりましたね!まさに頭上にSUNSHINE輝きます。
昨日の私は釣れない前提で行きましたのでカメラ用意せずで携帯で撮ったのを送っていますので画像が悪いけど今日のsshさんのは完璧です。
さて、これで小野詣でが始まりますか?
次第に大物病が、、、、、。
私は既に罹患しています。
とにかく、おめでとうさんです。

投稿: パラソル | 2011年10月12日 (水) 17時42分

パラソルさんこんばんは。
今年の釣行は2回目、パラソルさんと同じですよ(過去の事は水に流して)。昨日の事がなかったら、今日は間違いなく増沢でした。思い切って行って良かったぁ。
ただ、これはほとんどまぐれです。Oさんのような、釣行毎に40オーバーをゲットなど、夢のまた夢。自分のアームは充分承知していますから、この思い出を大切に心にしまって、他の釣れる池に行きますよ。
とにかく、今日は嬉しい×嬉しいの日でした。自分へのご褒美もゲットしたし。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月12日 (水) 18時15分

こんばんは!どうしちゃったの~~~?パラソルさんもSunshineさんも??。ま!昨日は大安・今日は赤口 悪い日ではないですが・・・。
パラソルさんの釣果に刺激され対抗心・競争心・闘争心を燃やした結果のゲットおめでとうございました。そろそろ生涯記録を追求する年代に入ったのでしょうか?。

投稿: masa872 | 2011年10月12日 (水) 21時49分

masaさんこんばんは。
そんな大袈裟なもんじゃないですよ。ひょっとして私にも「おこぼれ」があるかも、とスケベ心丸出しで出掛けたのが事の真相です。
ただ、素晴らしいロケーションの中、数少ないウキの動き(回遊のタイミングか?)で獲物をゲット出来た時は、何物にも代え難い至福の瞬間でした。
masaさん(バットさん、ザわさん、yurieさん、・・・)にも是非我々の仲間入り(既に「自虐会」会員だっけ?)をしていただき、共に美味い酒を味わいましょう。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月12日 (水) 22時00分

やりましたね、自身で釣ってこそですね。
まさか、またすぐに尺半が出るなんて…。
腹パンで型も抜群ですね。
とにかく、おめでとうございます。

投稿: 黄金バット | 2011年10月13日 (木) 01時03分

バットさんおはようございます。
釣れるか釣れないか、まさに運ですね。「たも」から何度も逃げられた時には、これが私の運なのでは?とやや自虐的になりました(外れる、またはハリス切れにならなかったのも、まさに運)が、採寸した時には本当に感動ものでした。yurieさんが仰るように、バサーに頼んで手持ち写真を何故撮らなかったのか、後から悔やんでもどうにもなりませんが。
これでバットさんの小野通いが始まるのでは?

投稿: sunshine_hera | 2011年10月13日 (木) 06時54分

こんばんわ。
これで実績はsshさんが入った台での15床とその右の通称シルバーでの21床の二か所ですね。
暫く折を見て通ってみますが、釣れねえんだろうな。
そんなに柳の下に野田が三匹以上もいないよね。
大楽地が自虐池になるまでは楽しませてもらいましょう。

投稿: パラソル | 2011年10月13日 (木) 19時27分

今週は先負に仏滅!!
なんてこったい、masaさんお祓いしてください。

投稿: パラソル | 2011年10月13日 (木) 19時29分

パラソルさんこんばんは。
私が入ったところは結構実績があるみたいですよ。Oさんやバットさんもここで結果を出しているようです。あと、奥の堰堤(入り口が別。遠浅。立派な釣り台がかつて2台)が良さそう(私が突先に入った時、対面の堰堤でグッドサイズ数匹を次々にゲットするのを見ました)なんですが、高いフェンスを越えなければならないので、私は体一つでないと無理でした。masaさんは荷物を抱えてスイスイ越えたようですが。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月13日 (木) 22時10分

パラソルさんに続きsshさんも…。前回凸組の自分ものんびりしてはいられません。
とにかくおめでとう御座います。しばらく大楽地は封印で小野詣でが始まりそうです。しかし人間、欲を出すと自滅しそうなので自虐的釣りを楽しむつもりで行きたいと思います。

投稿: 竹ちゃんマン | 2011年10月15日 (土) 15時04分

「竹ちゃんマン」さんこんにちは。
0.3号のハリスでよくもまあ上がってきたものです。
欲はどんどん出しましょう。私が釣れたのも、ひょっとしてパラソルさんのおこぼれに預かれるかも、と欲を出したからです。
出来れば堰堤で釣りたいのですが、高いフェンスと駐車スペースが民家のすぐそばというのが気になりますね。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月15日 (土) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52972868

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道その19@小野の池:

« パラソルさんがやったぁ! | トップページ | 「蕎里」で昼食 »