« 「蕎里」で昼食 | トップページ | 「王と妃」が終わっていた »

2011年10月14日 (金)

スイッチアングラーへの道その20(最終章)@増沢池 with 岡ジャミザわさん

今日は曇りだが風もなく、1日何とか持ちそうだと言う予報に、出掛けてしまいました増沢。8時半頃駐車場に着くと、WINDOMハケーン!ちらっと見える湖面は凪いでいる。急いで荷物を降ろし池に向かうと、WINDOMの人が私のいつもの場所で片付け中。Pa140300Pa140301まずは挨拶。今日は6匹釣れて、そのうち2匹が地べら。私が片付けが終わるのを待っているのが気になったのか、しきりと柳の木の奥を勧めるので、仕方なくそちらに入る事にする。へら師は対面坂の下と階段下。こちらは深場に1人。さあ準備するとするか。竿は11尺で底から。餌はいつもの。私の準備中にWINDOMの人は帰った。湖面が鏡のようなので、底取りはさっと済んで開始は8時58分。しかぁ~し、ウキの立ちが悪く、馴染み幅もスッキリしない。竿を手前に引いてウキを立たせると、それなりの馴染みが出るものの、自然に立つのを待っていると、馴染みがほとんど出ない。これは底を深く取り過ぎと言う事か。微調整が続き、なかなか始まらない(相変わらずだ)。何とか希望の馴染み幅が出て、ようやく本当の開始(ロスタイムは実釣時間に含まれます)。すると、意外に早くウキがモヤモヤ。が、予想通りあたりにならない。しばらく我慢していると、チロチPa140302ロッとウキが動き、つい合わせてしまうとバラシ。更にもう1度バラシ。これはまずい。せっかく寄ってきたと思われるへらが散ってしまう。それでも開始30分くらい経ってようやく1匹目。サイズもまあまあだし、これで気持ちが落ち着いた。すると、あたりは変でもかかるようになり、10時までPa140303Pa140304Pa140305Pa140306に4匹を追加。早くも?第2目標クリア。が、10時を過ぎて、それまでで一番良いあたりで、やったこれでWINDOMの人に並んだゾ!が、残念鰓に擦れ。ガクガクッ。何であのあたりで・・・。でも時間は流れている。いちいち些細な事に悩んでいても仕方ない。さあ、次。すると、素晴らしい事Pa140308Pa140309にじきに6匹目。とりあえず今日はこれで帰れそうだ。それに、前回よりウキが良く動く。日によってなのか、それとも場所なのかは分からないが。それからじきにもう1匹釣れて、何だか第3目標まで行けそうかな?しかぁ~し、そこからウキの動きがバッタリ。全く理由が分からないが、私にはなす術がない。餌打ちマシン化する。しばらくして右の方からノッシノッシと誰かやって来るではないか。あっ、ザわさんだ。仕事で打ち合わせに行く途中に寄ったらしい。ウキが動かないので、話し相手が出来るのはラッキー。が、話に夢中になって餌打ちのインターバルも長くなり、余計にダメダメに。しかぁ~し、11時近くなって波が出始めると、ウキの動きが復活。カラを2Pa140310回打った後、11時少し前にやったかかりました!随分時間が空いたなぁ。何故か口にかかっていない方のハリスが切れているので、急いで交換するが、ザわさんはそのタイミングで仕事先に向かった。釣れない時間の岡ジャミ、ありがとうございました。へら師は対面看板横と流れ込み、こちら側はWINDOMの人の後に1人入った。さて、11時を過ぎる頃には風も強くなっPa140311て、ウキがかなりシモるようになる。それでもウキの動きは消えないが、何故かカラばかりになって、カラの3連荘!ラス前にやっと1匹出て、最後の1投に「上がりべら」と第3目標を賭けるが、残念またもカラ、で11時17分に底は終了だ。結果、実釣2時間20分弱で9匹(ロスタイム含む)。前回に比べれば御の字だが、やり方次第ではもっと釣れたに違いない(本日のタラ・レバ)。さあ、次は宙。竿を9尺に変え、餌は在庫一掃中のマッシュダンゴ。もう少しで使い切る。毎回同じく「たな」1本での再開は11時27分だ。すると、数投後にいきなりの消し込み!残念かからなかったが、もうへらは寄ったのか?すると、その後は消し込みPa140312Pa140313Pa140314Pa140315が続出。かからない事もあるが、それでも12時のサイレンが鳴るまでに4匹をゲット。この調子なら、第2目標はおろか第3目標まで行くのではないか。しかぁ~し、餌を切ろうと空合わせをくれた際に、上にいるへらにかかってしまい、バラシて仕掛けが頭上の木の枝に。何とか外れたが、それを機にウキの動きが一変!さっきまでのような、いつかかってもおかしくないような(あくまで個人の感想です)あたりなど出る筈もなく、とにかく力強く感じれば大小構わず合わせるが、一向にかからない。そのまま餌が尽きた12時42分まで1匹も追加出来ず、第3目標など夢のまた夢、第2目標にさえ届かない寂しい結果となってしまった(トホホ)。結果、宙では実釣1時間15分で4匹(12時以降は凸)。トータルでは実釣約3時間35分で13匹。へら師は対面の坂の下と後から看板横に入った人、それに階段下とこちら側深場が帰り、私を含めてたった3人になってしまった。さて、どうしようかな。そうだ、時間を延長してマッシュダンゴを使い切ろう。残業終了はおおよそ1時半を目標だ。Pa140316さっさと餌を作り、再開。今日でマッシュダンゴは在庫がはけました。さて、再開第2投目では、まだ餌が柔らかいのか馴染みが良くなかったが、それでもいきなりの消し込みで1匹目!宙のトータルで第2目標クリアとなった。何かを変えると釣れるというのは本当のようだ。が、それも束のPa140317間。すぐにさっきまでと同様の状態に逆戻り。何とか1時前に1匹ゲットするが、ウキがモヤモヤして終わり、と言う状況に変わりはない。そこで、何もしないよりはましだろうと、思い切ってハリス長を10cm短くする(さっきの釣れない時間帯にやれよ!)。すると、ウキのモヤモヤはなくなり、Pa140318Pa1403191時を過ぎてズバッというあたりでやった3匹目!更にしばらくして、再度の消し込みで4匹目!やっぱり何かやってみるもんだ。その後もウキは動いたが、1時25分に餌が尽きて今度こそ本当の終了だ。結果、宙の2回目では実釣Pa14032040分強で4匹。宙だけでは実釣2時間弱で8匹。トータルでは実釣4時間20分弱で17匹。やり方次第ではもっと釣れたように感じる(あくまで個人の感想ですPART2)。片付け。私の右、私のいつもの場所でやっていた人も帰り、残るは対面流れ込みの1人だけとなった。予報通り雨はなかったが、開始早々パラついた時にはドキッとした。片付けを終え、駐車場に戻る。やたらと腹が減った。帰りに何処かで何か食べて行こう。さっさと荷物を積み、とっとと池を後にした。
 
これで「スイッチアングラーへの道」シリーズは終了ですが、左肘の痛みが引くまでは右腕での竿振りは続きます。また、次回からは従来の表題に戻りますので、宜しくご了解願います。
 
今月中は日陰で両ダンゴの底と宙
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「蕎里」で昼食 | トップページ | 「王と妃」が終わっていた »

コメント

お疲れ~ス!(まだ飲っていません)
昨日西之谷で皆さんのウキの入水テストを行いましたがどのウキも合格点?
後は磨く時、トップを折らない事ですかね?勿論飲みながらですから・・・。
昨日の底はガッテン+パウダーベイト!
このレシピは私の宙用の一つですが西之谷辺りの2本半から3本位の底では結構使えますね。
ナジンデ、戻しての一発取り!
早い底釣りが出来ました。
それでも師匠連に言わせると待ち過ぎ!だそうです。
「鈍行列車」などと揶揄されています。
私のへら釣りは「底釣り」主体の釣りスタイルになるのかな?ナジンデ、戻して、チック!が好きだな~~~!
材木屋の私は色々手を出していますが、どれもモノになりそうもない!
どの釣りも面白いのだが・・・。
底、中、上、そのどれもこなそうとするには年を取り過ぎています。
マア、今更トーナメンターになるわけじゃあ無いので、適当に楽しめれば良いのかもネ。趣味なんだから!
一生懸命になり過ぎって事かな?ウキ作りも含めて・・・。
イヤイヤ、仕事も遊びも一生懸命が一番。
長文失礼。

投稿: yurie@会社 | 2011年10月14日 (金) 18時11分

yurieさんこんばんは。
ウキのテストは合格ですか?早く見たいですね。
ところで、待ち過ぎっていうのはどれくらいでしょうか。私など両ダンゴでもウキが動いていれば2,3分は待っているのではないかと思います(計った事はありませんが)。「杉チャン」さん曰く、30秒で打ち返せ!私には到底出来ません。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月14日 (金) 19時41分

今晩は。
このレシピは一発取りなのでナジンデ戻してサワリが無かったらすぐ切ります。
なじんでから20秒以内ですね。軽い餌ですから魚がいればすぐ戻りますから・・・。
2~3目盛ナジンで1目盛戻って当りが無かったら切ります、フワフワ何時までもしてる時にも切ります。
そしてナジミながらの当りも取ります。
上ずったと思ったらシッカリ餌付けします。
ガッテン200、PBH200、+水100で作った餌を30~40分以内で消費する感じでしょうか?
このレシピに粘力を1スプーン私は入れます。
後は乗るタッチに水を加えて調整ね。
面白い釣りですよ!底釣とは言わないかも?
でも一応上バリトントンだから「底」なんだろうネ!
普通の夏、ペレ底の時はかなり待ちます。
PS.ウキの餌落ちもトップ近くに持って行きます(なるべく浮力を殺すって事だろうね)
私はグラスのムクでやっています。
ウキは後だしジャンケン?のssh さんのが一番良い出来って何か変?

投稿: yurie | 2011年10月14日 (金) 22時13分

yurieさんこんばんは。
全く別次元の釣りですね、こうなると。私はそんな忙しい底釣りはちょっと無理でしょう。餌の量も私とは大違い。私が1回に作る餌の量は、ホント少ないですよ。それで2時間くらい持たせるんだから、まさに「省資源釣法」。数釣りでは圧倒的に負けますね、きっと。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月14日 (金) 23時21分

おはようございます。
「省資源釣方」でも結構釣ってるからいいじゃないですか~?
根っからの材木やの私は同じ事やるのが嫌なので、ついついネ・・・。
由って何もモノにならないって事。です。

投稿: yurie | 2011年10月15日 (土) 07時56分

yurieさんおはようございます。
一体その釣り方でどれくらいの釣果をたたき出すのか、是非とも知りたいです。もちろん高活性時に行うとは思いますが、今頃の季節で通用する釣り方だとしたら、(餌代がかかるのでやりませんが)ちょっと興味がありますね。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月15日 (土) 08時46分

こんにちは。
この釣りの師匠は一日最低50枚以上は釣るでしょうネ!(西之谷で)
枚数を稼ぎたいのなら早い釣りですネ。
待っていたら30枚が限度ですかね?
一度SShさんも終日「床」でおやりになったらどうでうか?
増沢の「床」での記録を作って下さいよ!
勿論自分自身のネ。
私は西之谷で終日「床」での記録?ねらってみます。
では又。

投稿: yurie@会社 | 2011年10月15日 (土) 11時15分

yurieさんこんにちは。
私は結構短気ですが、釣りに関しては割とのんびりしています。待っていて30釣れるのなら、それで充分ですね。それよりも気力が1日持たないので、そちらの方が問題です。
以前は宙釣りはしませんでしたが、かつて一緒に釣行していたOT氏が宙で私の倍以上釣るので、ちょっと悔しくて真似をしたのが始まりです。でも、やはりのんびり釣る底が性に合っているような気がします。
何か在庫処分をしなければならない餌が出たら、1回だけ速い回転の底をやってみようかな。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月15日 (土) 13時41分

今晩は。となりました。
色んな釣りが有りますからね。
ご自分に合う釣り方でイインデないかい?
競うのも余りお好きで無いようだし・・・。
只、活性の良い時、沢山(どの位?)釣りたければ当然エサは多く必要ですネ(理論的に)
私もタバコを吸っていた時はとてもじゃあないが宙なんて出来なかったですヨ。
早いって言っても底のナジンデ、戻して、が有ると火を付ける時間が有りますからね(笑)
では又。   今晩習志野に帰ります。

投稿: yurie@会社 | 2011年10月15日 (土) 16時59分

yurieさんこんばんは。
私も途中までは頑なに底ばかりやっていましたが、考え方を変え、今ではいろいろな釣り方をするようになりました。どれも上手くはないですが、楽しみ方が増えるのは良い事です。
OT氏はタバコを喫いながら宙をやってますよ。あれだけウキが動いているのに、大したもんだと感心しています。最近はとんとご無沙汰のようですが。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月15日 (土) 20時39分

こんばんは。
20時に浜松の安アパートを出発して今しがた到着。
Mu~午前様か!
小池の御大は宙と底は区別してないようです。
只、底はそれ以上(限りが有る)は無いと言う事。らしいのです?
マア、天才と凡人ではね・・・。
しかし少しでも上達したいと願っているのですが・・・。

投稿: yurie@習志野 | 2011年10月16日 (日) 01時12分

yurieさんおはようございます。長旅お疲れ様でした。
私も御大(誰?)と似たような考えを持っています。が、考え方が同じでも同じように釣れるとは限りませんよね、残念ながら。
へらぶな釣りですが、何処まで上手くなれば上達したと言えるのかが分からないのがいいところではないでしょうか?
トーナメンターを目指すわけではない我々、昨日よりは今日、今日よりは明日、理想のあたりを目差す(完璧~っ!)のか、1匹でも多く釣りたいのか、人それぞれでしょう。最近急に自虐的な釣りが再び勢いを増しているようですが、それもいいですし。

投稿: sunshine_hera | 2011年10月16日 (日) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52988549

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道その20(最終章)@増沢池 with 岡ジャミザわさん:

« 「蕎里」で昼食 | トップページ | 「王と妃」が終わっていた »