« 寂しい最後@増沢池 | トップページ | またも韓国歴史本 »

2011年11月16日 (水)

好天で気持ち良いが、後半はさっぱり@浜北新池

多少気温が下がりつつあるが、今日は是非とも出掛けたい。と言う事で、やって来ました浜北新池。ゲッ、何故か近くにパトカーが停まっている。警官らしき人が3人。まずい、池で釣りをする事を咎めるつもりなのか。が、覚悟を決めて堰堤を登る。おおっ、暖かいP1000244P1000245なぁ。風もそんなにないし。いつものように堰堤右端付近に入り、さあ準備だ。もちろん竿は15尺の底から。餌は前回と同じグルバラセット。しまった!仕掛けは前回の増沢でつぶしたままだった。今から現場施工かぁ・・・(脱力)。モタモタと施工するが、いつもの事ながら指が思うように動かず、誰のせいでもないのに癇癪が爆発寸前。しかも底取りを始めるとハリス同士が絡むアクシデント。何とか自分を抑えて、開始は10時57分。落ち着け、落ち着け。すると、何と第2投でウキがフワッと返したではないか。これにはビックリ。意外と高活性?しかぁ~し、対面で草刈りが始まると、ウキの動きはバッタリ。おまけに、最初にウキが動いたものだから、どうしてもウキを見る時間が長くなって餌打ちの回数も減ってしまう。1回だけウキが小さく入ったように思えて合わせるが、カラ。そうこうしているうちに時刻は11時半を過ぎる。ヤバイ、今日こそ凸(マブナさえもP1000246釣れない)か?しかぁ~し、11時40分を過ぎて草刈り機の音が止むと、ウキがムズッと入り、これに合わせればやったかかりました!どれどれ、どっちかな?でも、この引きはおそらく・・・。「たも」に収めるまでもなくマブナと判明。う~ん、厳しいなぁ。草刈りの業者さんは少し早めの昼食休憩に入ったようで、1時までは静かな時間が望めそうだ。が、早くも12時のサイレンが聞こえてくる。それでもウキが小さく返すのが分かるようになり、ムズッと再度入るのに合わせればやった今度もかかりました!今度はへらでしょう。おおっ、形が素晴らしい。これは採寸しよう。しかぁ~し、堰堤の上でやろうと思ったら、1回逃げられて危うく池におP1000247P1000248帰りになりそうになった。何とか写真を撮れば、36cm。やれやれ、これで帰れるぞ。おっと、まずは昼食。さあ、静かなうちにどんどん行こう。すると、まだウキは動いていて、何となくあたりそうな気配はするが、これがあたらない。あたらないまま時刻は12時半をP1000249過ぎる。このままでは何も変わらない(今更何を)、とウキ下を縮めると、再開第1投であたり!そしてかかりました!が、この引きは・・・(脱力PART2)。口が変形しているマブナ。まあいい、釣れないよりは。さあ、どんどん行こう。すると、12時45分を過ぎた頃、ウキがズルッと入り、これに合わせればやった今度こそへらでしょう!浮かす途中でグーなサイズと分かったが、残念バラシ(ガクガクッ)。すると、反動でハリスが道糸と絡むアクシデント。これを解いてもハリスに癖が付いてしまう。泣く泣くハリスカット。そして適当な長さで交換。すると、再開第1投でウキがきれいにチクッと入った!やったバッチリのあたりと合わせるが、カラ(ガクガクッ×ガクガクッ)。う~ん、厳しいなぁ。でも、まだウキに動きがあるうちは良かった。1時になると草刈りが再開。これを機に一気にウキの動きがなくなってしまった。ここから先は書く事がありません。黙々と餌を打ち続けるが、ウキはすんなり馴染むだけ。両グルテンにしてみたり両ダンゴにしてみたり、ウキ下を微調整してみたりするP1000250が、1時50分頃に草刈り機の音は止んだものの、どうにもならず2時10分に餌が尽きて終了。結果、実釣3時間強で1匹(マブナ2匹は含ます)。片付け。今日は暖かな場所で気持ち良く竿を曲げるつもりで来たが、いろいろと想定外の出来事があって、思うような釣りが出来なかったのは残念だ。まあ、凸でなくて良かった事だけは言える。片付けを終え、トボトボと車に戻る。それにしても、あのパトカーは一体何だったのだろう。さあ、早く帰って録画してある「グロリア」を観なければ。モクレン通り目差して車は362をひた走った。
 
いよいよ100回目前
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 寂しい最後@増沢池 | トップページ | またも韓国歴史本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53262006

この記事へのトラックバック一覧です: 好天で気持ち良いが、後半はさっぱり@浜北新池:

« 寂しい最後@増沢池 | トップページ | またも韓国歴史本 »