« 「グロリア」が終わった | トップページ | 怒りの三ケ日青島みかん »

2011年12月21日 (水)

寒いが我慢出来ないほどではなく@増沢池

皆さんから背中を押される形で、遂に出掛ける事にしました。曇りだが風が弱いので、釣りにはもってこいの環境。まずはダム?そばまで車で行って池の様子を覗うと、へらDscf0138Dscf0139師はダム?そばに1人、旧流れ込みにはWINDOMの人、それにワンドに1人。看板横にも2人見える。何処でも入れそうだ。急いで車を駐車場に持って行き、荷物を降ろして外の道路から池に向かう。歩きながら階段下に決め、膝に注意しながら階段を下りる。どんよりとした感じだが、厚着をし過ぎたのか汗ばむ。荷物を降ろし、まずはWINDOMの人に挨拶。そこそこ釣れているようだ。地べらも2枚来たとの事。底でやっているので、私も底から入ろうかな。いや、やはりまだグルテンが効くかどうか試そう。もしダメなら、その時は底だ。さあ準備しよう。私の準備中に1人やって来て、私の右に入った。湖面には油膜のようなものが浮いている。長靴を履いていないので台を前には出せないが、まあ12尺で行くかな。餌は前回と同じα21・いもグル・わたグル。「たな」1本での開始はジャスト9時半だ。と、それまで凪いでいた湖面に波。ちょうど太陽の位置も悪く、ギラギラはしばらく続いた。偏光グラスをかけても視認性は向上しないが、ないよりはましだろう。それに水温もかなり低いので、どうせすぐにはウキは動かないし。でも、それにしてはワンドの人が竿を曲げているのが気になるなぁ。とにかくウキが馴染んだら餌を切って、早くウキを動かしたい。が、風もあって思うように振り込めず、ウキは馴染んでもその後が良く見えないまま時間だけが経つ嫌な展開。早くも30分が経過。隣は底のようだが、芳しくなさそうだ。私は今更ながら底から入れば良かったかなぁと、早くも独り言のタラ・レバ。が、いきなりウキがスパッと入り、慌てて合わせればやったかかりDscf0140ました!やれやれ、凸だけは免れたゾ。おおっ、サイズもまあまあではないか。久し振りの手応えにも満足。WINDOMの人がいつものように10時過ぎに終了。帰り際に底の方がサイズが良いと言ったので、後半は底にしますと返事。今日はこれから病院に行くとの事。お疲れ様でした。さて、1匹目が出たのは良かったが、その後がない。何だろう、このウキの動かなさは。ところが、10時半を過ぎる頃からウキがモヤモヤし始めた。ようやく寄ってきたのかな?しかぁ~し、あたりを見るがかからない。新べらかも(それで良いのでは?)。Dscf0141何度となく空振りしたが、合わせ続けてやっと2匹目。サイズはどうだろう、大きめの新べらか?ん、餌がもうない。せっかくウキが動き出したのに、これかよ!早く打ち切って次の餌を作らないと。が、しかぁ~し、またもウキの動きがなくなる。それに、太陽が雲に隠れたら急に寒くなったので、脱いであったジャンパーを羽織る。この寒さは最後まで続いた。結局餌が尽きた11時までに1匹も追加出来ず、1回目の餌は終了。結果、実釣1時間半で2匹。これは良かったとはとても言えない。さあ次はどうしよう。教えを守って底にするか?でも、隣があまりにも芳しくなさそうだし、湖面の状態からも私が持っているウキからも底は不向きだ(隣のウキはすごく見やすいものなので、風・波でも視認性はバッチリ)。それでは再度Dscf0142宙で行こう。餌はα21とわたグル。「たな」はそのままで再開は11時5分。太陽の位置がずれて随分楽になった。風・波も断続的になって、凪いでいる時間帯も出来る。今度こそ爆釣だぁ。へら師はワンドの知り合いが1人と坂の下からこちら寄りに1人増えた。Dscf0143さて、再開後しばらくはウキに動きはなかったが、次第にモヤモヤ。そしてまたもスパッと入るあたりでやった早くも1匹目!サイズはやや小さめだが、この調子ならトータルでの第2目標も何とかなりそうだ。が、ウキの動きは続かない。隣もそろそろスパートしたのか、竿が曲がる。私の方Dscf0144はとにかく餌を打ち続けて、へらを留まらせるのみ。すると、11時半頃になってやっとかかりました!いよいよリーチ!すると、寂しいが「かかってました」で3匹目。サイズアップは嬉しいが、何だかなぁ。でも、トータルでの第2目標はクリア出来たので、気が楽になった。あとはどんどんDscf0145Dscf0146行くだけ。すると、何という事でしょう、連荘で4匹目ゲットだ!サイズはダウンしたが、気にしない気にしない(一休さん!)。これで単独での第2目標にリーチ。しかぁ~し、あたりは続かない。ウキも大人しくなってしまった。う~ん、どうしてだろう。そのまま12時近くなる。波はさざ波からやや大きめになったが、この方がDscf0147Dscf0148ずっとウキが見やすい。そしてポツポツと2匹を追加したところで12時のサイレン。サイズもグーだし、単独での第2目標もクリアしたので、ちょっと欲張りかもしれないが次はトータルでの第3目標かな?が、ウキの動きは続かない。2回目の餌もどんどん少なくなって風・波も出て来たのでは、第3目標などとんでもなDscf0149い。とにかく餌を打ち続けると、何故かあたりが出て7匹目ゲット!いよいよトータルでの第3目標にリーチ。最初の頃からはとても想像出来なかった。何とかもう1匹。しかぁ~し、そうそう都合良く事は運ばない。もうダメかな?が、12時半近くなって、風で正面右に餌が落ちると、ズバッというDscf0150あたりでやったかかりましたよ!第3目標達成だ。まだ餌が少しある。何とかもう1匹(あれっ、もう1匹はゲットしたのでは?)。が、残念どうしようもなく、12時37分に餌が尽きて終了だ。結果、実釣約1時間半で8匹。何だろう、地合かな?それとも餌の配合を変えたからかな?まあいい、いずれにせよ第3目標まで持って行けたんだから、終わろう。トータルでは実釣約3時間でDscf015110匹。バラシが2回あったが、擦れて上がってきたのは1匹もなし。カラツンは数回。ほとんどあたりに合ったと言えるかな。あっ、買ってきた昼飯を食うのを忘れていた(トホホ)。このまま昼飯を食って底で続行という選択肢もあるが、片付けだ。うわっ、竿がベットリ汚れている。朝方の油膜だな。片付けを終え、隣に挨拶して駐車場に戻る。ダム?の上からへら師を数えたら、計8人。朝方の5人から私を含めて4人がやって来て、帰ったのがWINDOMの人と私だけなので勘定が合わないと思ったら、ダム?そばにもう1人入っていた。フウフウ言いながら(言ってませんよ)駐車場に到着。さあ、帰ろう。ベイシアにでも寄って行くかな。これで今年の釣りが終わりとは言いたくないが、先送りにしている事をこなすと結構厳しいスケジュール。今夜から片付けをボチボチ始めないと。さっさと池を後にした。

釣れて良かったぁ。ここをポチッと宜しく寝。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「グロリア」が終わった | トップページ | 怒りの三ケ日青島みかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53535271

この記事へのトラックバック一覧です: 寒いが我慢出来ないほどではなく@増沢池:

« 「グロリア」が終わった | トップページ | 怒りの三ケ日青島みかん »