« 今年の放流(2011年度) | トップページ | ガスコンロの取替え »

2011年12月 5日 (月)

勘違いで後半失速@増沢池 with Oさん

カメラに付属のパノラマモードで撮ってみたが、なかなか難しい。
Dscf0044

今日は風が強そうなので釣行を躊躇っていたが、そうだOさんにバッジを渡さなければ。8時半頃メールしてみると、増沢に着いたところとの返事。それでは私も出掛けましょう。が、いつものようにグズグズしていて出発は9時半!これでは短時間しか竿を出せそうにない。まずはダム?そばまで車で行き、池の様子を覗うと、当然ながら日陰側には誰もいない。I尾さんがダム?そばで片付け中。WINDOMの人は旧流れ込み。あとはほぼ満遍なくへら師。ワンド付近に集中しているようだ。全部で10人くらい。駐車場に戻り、急いで荷物を降ろして池へ。まずは崖?を降りてI尾さんに挨拶。底をやろうとしたが、餌が底に届かないので宙に変更。空振りなしで釣れたとの事。荷物を降ろしてから、岸辺を通ってWINDOMの人に挨拶。底は擦れが多いようだ。さてOさんは何処に?いましたいました、ワンド。まずは挨拶、そしてバッジを渡す。底であまり良くないので、しばらくしたら宙にしようかと言っている。ヒイヒイ言いながらダム?そばに戻ると、I尾さんは既にいない。さあ準備するかな。竿は11尺くらいで充分か。餌はいもグルとα21の混合。「たな」1本での開始は10時16分。ちょうどギラギラタイムだが、まずはDscf0045どのくらい馴染みが出るか打ってみる。すると、馴染む途中から何かが引っ張り、そしてグッと入った!おっ、もう来たかな?と合わせれば、ん、これは違う!引きが強い。何と第1投からグーなサイズが釣れてしまいました。これは素晴らしい。私とWINDOMの人の間に1人いるが、この人が浅い「たな」でへらをグイグイ引っ張っている。私もそうなりたいが、これがうまくない。餌付けの量とか固さとか試しながらの餌打ちが続く。すると、10時半過ぎから11Dscf0046Dscf0047Dscf0048Dscf0049Dscf0050時頃までに6匹を追加。1回だけダブルがあった。新べらが来るのも良いが、その中に混じる旧べらの方がサイズも引きも良くてグー。11時を過ぎてもあたりは続くが、圧倒的に隣の方が釣れている。WINDOMの人も結構竿を曲げてDscf0051Dscf0052Dscf0053Dscf0054Dscf0055いて、皆さん新べらの恩恵を受けているのでは?私だけが今ひとつの感じ。本当にポツリポツリといった感じで11時半までに5匹。もっと釣れそうな気がするのだが、私のアームではこの程度かも。更に、11時半を過ぎる頃からあたりが急減。太陽の位置は変わったのに、逆に状況が悪くなった感じ。Oさんが底を終わり、休憩を兼ねて私の様子を見に来たが、その前にグーなサイズをバラしてしまいDscf0056Dscf0057Dscf0058、やっとの思いで12時のサイレンまでに3匹。そろそろ餌が終わる。もっと釣れそうなイメージだったが、やっぱり私のアームではこんなものかPART2。今更ながらウキの動Dscf0059Dscf0060きが出て、終了の12時5分までにもう2匹。結果、グルテンでは実釣1時間50分弱で17匹。せめて20は行きたかったが・・・PART3。さあ、気を取り直して、まだまだ出来るぞ。そうだ、新べらを避けて旧べらに絞って釣ってみよう。餌は単品爆釣B。昼食を摂り、再開は12時12分。大分太陽の位置がダム?寄りになってきた。早く餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、打ち出す頃になって、何故この餌を作ったのか分からなくなった。新旧を分けて釣る事など可能なのか?グルテンのような持つ餌でなくて大丈夫なのか?すると、その迷いは当たっていた。餌打ちを始めてから30分はウキが動かない。多分バラけた餌だけを食っているのだろう。さわりさえ出ない。しまったと思うがアフター・フェスティヴァル。もちろん餌を捨てる事など出来ません。何としてもこの餌で1匹は釣ってやるゾ。ようやくウキが動き出したのは12時45分過Dscf0061Dscf0062ぎ。そしてズバッというあたりが出るが、カラ。やっぱりなぁ。でも、めげずに続けると、しばらくしてかかりましたよ!う~ん、サイズはこんなものか。そして1時までにもう1匹。隣も竿が曲がる頻度が少なくなったが、もちろん私よりは多く曲がっている。さて、ウキは動くようになったが、やはりカラばかりが続く。食い頃Dscf0063Dscf0064の餌のサイズはどんなものなのか、大きさを変えながら打ち続ければ、それでもポツポツと2匹を追加。少ないながらも、何とか第2目標くらいはクリアしたい。が、湖面が翳って更に白波でウキの動きが分からなくなり、あたらない時間になる。隣が1時半頃終了。午後からあたらなくなったねと言って帰った。そうか、そうなのか。釣れないのは餌のせいだけではないのか(アームの問題だろう)。そろそろ餌が終わる。もう私の体も翳ってしまい、一気に寒くなった。あと2投で終わる。すると、何故かウキがズバッと消し込んで、やった「上がりべら」と第2目標クリアだ!しかぁ~し、Dscf0065Dscf00662つのミッションはクリアしたが、上がって来たのは残念新べら。まあこんなものだろう。意気消沈しながら最後の1投。すると、またもズバッという消し込み、そしてかかりました!これは?引きが違うゾ。やった、今度こそ正真正銘の「上がりべら」ゲットだ!時刻は1時45分。結果、2回目の宙では実釣1時間半強で6匹(トホホ)。トータルでは実釣約3時間20分で23匹。せめて30は行きたかったが、勘違いと省資源釣法の成れの果てがこういう結果だ。仕方ない、片付け。う~っ、寒い寒Dscf0067い。Oさんに終了のメールを打ち、さっさと片付けて崖?を登り、ダム?を渡りながら池を見ると、へら師はまだ頑張っていて、総勢6人。ほとんどがワンド。きっとこれから来るであろうゴールデンタイムを待っているのだろう。皆さん頑張ってください。腰を何度も伸ばしながら駐車場に着く。フーッ。さあ帰ろう。ただただ疲れた。それにしても、予報では7m/sくらいの強風の筈だったが、意外と楽だった。ダム?そばのおかげかな。車に荷物を積み、とっとと池を後にした。
 
ここをポチッと宜しく根
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 今年の放流(2011年度) | トップページ | ガスコンロの取替え »

コメント

おはようございます。
新べら放流後の釣果としては?
昨日、西之谷への釣行でしたが新べら特有の引きを堪能させて頂きました。
底、宙共、グルテンでOKですね。特に宙は水配分1/2のパサグルで爆釣!
マア魚は多いので(チョット小ぶり)エサさえ合えば、何でもOKだと思いますネ。
途中腹痛で退場!自重しました(笑)
PS.地べら狙いなんて出来るんですか?
新べらが多すぎてマブも釣れない状態ですが・・?

投稿: yurie | 2011年12月 6日 (火) 08時27分

yurieさんおはようございます。
放流直後というよりも、他の人と比べても私の竿は多分曲がっていなかったと思います。
グルテンをただ付ければ釣れるというものでもなさそうで、数を釣るにはやはりそれなりの何かがあるようですね。
ダンゴは大失敗でした。しかも食い渋り時用ですから。へらが一気に餌にアタックしなくなってしまいました。どうかしてるぜ(ブラマヨの吉田風に)!
地べら狙いと考えた時には、新べらの存在を忘れてました(どうかしてるぜPART2)!

投稿: sunshine_hera | 2011年12月 6日 (火) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53412403

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いで後半失速@増沢池 with Oさん:

« 今年の放流(2011年度) | トップページ | ガスコンロの取替え »