« 相も変わらず | トップページ | ようやく見つけた三田明の歌 »

2012年1月18日 (水)

絶好の釣り日和、更にへらの活性も@増沢池

今日は所用で6時過ぎに起きたが、予報では風がないので震えながらの釣りはなさそうだ。が、車を見てビックリ!夜に風がないとこうなるのか。フロンドグラスは凍結。急いでジョウロで水をかける。そして出発は9時頃(やっぱりグズグズ)。まずはダム?そばまで行って池の様子を覗うと、あっ、予報どおり湖面は鏡のよう。暖かそうだ。日陰側柳の木の付近に1人。日向側はダム?そばに2人と旧流れ込みにはWINDOMの人。あとは遊歩道に沿ってポツポツ。何とか入るスペースはありそうだ。車の向きを変えて駐車場に向かうと、公園入り口付近には霜が降りている。風がないとはこう言う事かPART2。久し振りの釣りだが、そんなに燃えていないのが気になるところ。デブ税を逃Dscf0178Dscf0179れるために来たようなものか。外の道路から日向側に向かい、旧流れ込みにショートカット。まずはWINDOMの人に挨拶。お久し振りです。竿は15尺で今日もポツポツ出ていると言うので、これは期待が持てそう。私は遊歩道の端に入ろう。左側の先客に挨拶するが、チラッとこちらを見ただけで返事はない。まあいい、さあ準備しよう。WINDOMの人が15尺なら、位置的に私は18尺くらいが妥当か。去年masaさんから頂いた18尺を今日初めて振るゾ~ッ。餌はいつものバラグルセット。うわっ、1年ぶりの18尺が意外と重い。これで振り続けられるかな?餌落ち目盛から始めて、底を取り開始は10時2分。しかぁ~し、いきなりウキの馴染みが出ない(yurieさんに叱られそう)。隣は短い竿の宙で、ウドンセットのように見えるが、あたりが多いようでグイグイへらを引っ張っている。水はかなり冷たいが、へらの動きはグーなようだ。さて、ウキ下を微調整しながら餌打ちを続けると、思ったより早くウキがモヤモヤ。が、やはり竿が重くて振Dscf0180り続けるのは無理。せっかくウキが動き始めたが、もう少ししたら15尺に変えよう。とか考えていると、ウキが弱く入り、これに合わせればやった11日ぶりのへらだ!しかぁ~し、あんなに一生懸命竿を振って、かかるのがこれではガッカリも大きい。幸いな事にまだ10時半前なので、腕が攣る前に竿を変えよう。それにしても今日は本当に素晴らしい釣り日和。風がないと言う事がこんなに嬉しいとは。例え釣れなくても、ウキが見えなくてイライラするよりはずっと良い。ちょっとモタモタしたせいか、再開は10時50分頃。ちょうどWINDOMの人が終Dscf0181わったところ。すると、馴染んだウキが返してから弱く入り、これに合わせてやった再開第1投で2匹目ゲットだ!WINDOMの人はそれを見届けてから、今日は病院と言って帰った。何故かウキはモヤモヤし始め、これなら最初から15尺を振っていれば今頃は・・・(本日のタラ・レDscf0182バ)。そしてじきに3匹目。これも放流だが、何だか次第にやる気が出て来た気がする(現金な奴!)。隣は相変わらず良いペースでへらを引っ張っているが、サイズ的には不満だろう。だが、釣れない時間帯がほとんどなく、更に昼頃からグーンとサイズアップした。さて、まずは第2目標をクリアしたい私だが、何とあたりが続き、11時半までに3匹をゲットして第2目標を難なDscf0183Dscf0184Dscf0185くクリア。これには自分でもビックリだ。好条件で好結果(もちろん私にとって、だが)とDscf0186は、思い切って来て良かったぁ。その後じきにもう1匹グーなサイズ(約30cm)をゲットして、こりゃぁ第3目標も夢ではないかも。しかぁ~し、ここから急にウキの動きが弱くなる。ウキは返すが、それだけ。そしてあたりらしきウキの動きに合わせてもカラ。更には、カラを打った後にすぐその上にいたへらに擦れてしまうバラシが出て、どうも底では釣れなくなってきたのか。対面ワンドに2人入り、長い竿を振ってへらをゲットしているようだが、サイズは放流でガッカリのようだ。こちら側にも坂の下からこちら側に向かって3人。私は結局12時のサイレンまで1匹も追加出来ず、気分転換に昼食。しかぁ~し、握り飯を頬張っている時に限ってあたりが出て、見逃しを連発。まるで水中から私が竿から手を離すのを見ているかのようだ。慌てて頬張り、再開するが、殺気が伝わるのかあたりが出ない。それでも12時前Dscf0187Dscf0188Dscf0189よりは状況が好転したようで、12時半過ぎまでにポツポツと3匹をゲットし、何と予想外の第3目標に達する事が出来た。10匹目は再びのグーなサイズとなり、望外の幸せ!もちろん隣もグーなサイズをゲットしてますよ。しかぁ~し、しかぁ~し、ここから再びウキの動きが弱くなる。へらがいなくなった訳ではないと思うが、ウキは返した後動かず、全く食わなくなった。見ると、餌落ち目盛がおかしくなっている様子。ウキが水を吸ったのか。もう餌がほとんどないので、あまりちゃんとした対応はしたくない(何故?)。そこで、例によってウキ下を微調整するが、状況に変わりなし。そのまま1時を過ぎる。1時になって隣が終了。静かに帰った。ダム?そばの2人も終了。湖面は相変わらずの凪状態。ウキの視認性が良いので釣れなくてもストレスは溜まらないが、それでもやはりウキは動いた方が良い。後半は宙をやるつもりだったが、餌を打ち切ったら終わろう。しかぁ~し、チクッと入ったウキに合わせて、やった「上がりべら」ゲットかと思ったあたりで痛恨のバラシ。ガクガクッ。どうやらこれで今日の釣りもお終いのようだ。でも2桁まで行ったから充分でしょう。あとは餌を打ち切るだけ。そしてラス前。1時半を過ぎている。Dscf0190すると、馴染んで返してチクッのあたり!これを見逃さずに合わせると、やった今度こそ正真正銘の「上がりべら」ゲットだぁ!おおっ、サイズも今日一番。どう見ても30cmオーバー。35cmくらいはありそうだ。でも面倒なので測定しません。そして1時35分に餌が尽き、今日の釣りは終了。結Dscf0191果、竿交換のロスタイムを除いた実釣3時間超で11匹。大満足で片付け。湖面はまだまだ凪いでいる。ちらっと続行が頭を過ぎったが、片付けの手は止まらない。片付けを終え、崖?を登って駐車場に戻るが、年末からゴロゴロしていたせいか、体が重く、また筋肉も落ちている感じで、本当にヒイヒイ言いながら外の道路の坂を登った。これからはせっせと釣行して体力を戻さないと。気温の割には体感温度が高かったのか汗ビッショリ。トイレでインナーを脱ぎ、さっさと池を後にした。
 
今週末は天気が崩れるそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 相も変わらず | トップページ | ようやく見つけた三田明の歌 »

コメント

エ~今晩は!
イインじゃあないの?この時期の釣果としては。床で通したって事ですね。竿は18→15って事だよね。
久しぶりにエサのレシピお教え下さい。
タラレバ、現金なやつ、PARTⅡ、しかぁ~し、全て許します。
しかし皆に出ろ出ろと言われての出漁?イインかい・・?自主性が無いって事!(爆)
明日、鳳来に行ってきます。

投稿: yurie | 2012年1月18日 (水) 21時29分

yurieさんこんばんは。
わずか3時間の底釣りでしたが、竿を変える気になったのが素晴らしい(自画自賛だが、普段はまず変えません)。
餌はいつもの夏・冬・マッハのバラケにα21とわたグル半々の食わせ。
ようやく外に出る気になってきました。今月もそんなに残っていませんが、2回くらいは釣行したいですね(甘いってか!)。
鳳来では自虐を楽しんできてください。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月18日 (水) 22時32分

こんにちは。
竿がよっぽど重かった?って事ですか?
ワタスもSSHさんと同じく正月後、重くて…次は重量税!
竿と体重の両方いただきます。

デブ税とどう違うかは知りません。

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年1月19日 (木) 12時59分

バットさんこんにちは。
竿が実際に重かったのか、それとも久し振りの長竿で重く感じたのかは不明ですが、とにかくしばらく振っていると、腕に違和感が充満しました。このままでは絶対に腕が攣る。攣らなくても痛める、と思いました。
それにしてもわずか3尺の違いがこんなに大きいとは、改めてモーメントの力を痛感しましたよ。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月19日 (木) 14時04分

18尺ですか、最近の竿は軽いですが、一昔前の竿はカーボンとはいえ結構重いので一日振り続けるには負担が大きいのでは。無理せず出来る釣りをするのが一番かと。
苦痛を伴う釣りは楽しさを半減させます。マイペースで行きましょう。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年1月21日 (土) 15時24分

竹ちゃんマンさんこんにちは。
わずか3尺の違いですが、グッと重く感じました。実際に重いのかどうかは分かりませんが、以前古い21尺を振った時に感じたより更に重く感じましたね。多分長い竿を1年くらい振らずにいたために、感覚を忘れていたのでは、と思います。
増沢では15尺で充分な気がしますが、15尺では全くあたりさわりが出ない時のために必要だと思います。
振る練習だけはしておこうかな?

投稿: sunshine_hera | 2012年1月21日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53766075

この記事へのトラックバック一覧です: 絶好の釣り日和、更にへらの活性も@増沢池:

« 相も変わらず | トップページ | ようやく見つけた三田明の歌 »