« あわや! | トップページ | クラシックでも聴いて:その18 »

2012年1月29日 (日)

岡ジャミも命懸け?@蛭沢奥池 & 大楽地

オフ会の写真を配るのを口実に、昼食後家を出る。何か理由を付けないと外出しない今の私。今日はパラソルさんと竹ちゃんマンさんが蛭沢奥池、バットさんが大楽地にいるので、まずは蛭沢奥池から。
Dscf0197_2ガードレール下には2人いるが、1人は竹ちゃんマンさんだと分かったものの、もう1人は違う。おかしいなぁと思いながら崖?を下り、まずは挨拶。そして写真を渡すと、あっ、コンクリの護岸になっているところに2人いて、一方がパラソルさんだ。竹ちゃんマンさんには、今年まだへらの顔を拝んでいないと言いながらこの池に来る自虐さに感心だ。ウキにあたりさわりはないとの事。崖Dscf0198を登って堰堤まで戻り、そこを下りて今度はパラソルさんのところへ。お隣は白エルさんとの事。多分初めましてだろう。驚いたのはパラソルさん、白エルさんと私の3人の誕生年月が同じだと言う事。こちらもウキは動いていない様子。しばらく岡ジャミをしていたが、まだ大楽地にも行かなくては。お暇する事にして、パラソルさんの背後の崖(土手?)を上ろうとしたら、途中で滑ってコンクリの護岸まで落ちてしまった!あとちょっとで池ポチャだ。お騒がせしてスミマセンと、再び崖(土手でしょう)を今度は無事に上った(やれやれ)。
さあ、次は大楽地。確か飛龍大橋を渡れば良いんだよなと思いながらボンヤリ走っていると、何だか左に曲がるところを右に曲がってしまったようで、見えてきたのは浜北大橋。ここまで来たらこの橋でもいいやと普段なら思う私だが、何故か今日はUターンして意地でも飛龍大橋を渡るぞ。
Dscf0200Dscf0199結局かなり無駄な距離を走って大楽地に到着。バットさんは堰堤右端に入っていた。まだ竿を出して1時間くらい。私が来る頃から風が穏やかになったようだ。30分ほど岡ジャミをしたが、やはり寒い事に変わりはない。頑張ってと言ってその場を離れた。
帰りは通常のルート、浜北大橋を渡って無事家に辿りついた。それにしても、一歩間違うと事故になっていたかもしれないと思うと、今更だがゾーッとする。寒くても外に出て歩き、デブ症を解消しなければ。
 
エヴリデイ・アングラーはどうしても・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« あわや! | トップページ | クラシックでも聴いて:その18 »

コメント

こんばんは。
写真ありがとうございました。
わざわざ届けに来ていただいて‥。(竿出せばいいのに‥ボソッ!)
ワタスも運動不足で足元がふらつきます、人の事は笑えないので、最近スクワットを少しづつ初めました。

投稿: 黄金バット | 2012年1月29日 (日) 18時43分

今晩は、本日はわざわざ写真を届けてもらい感謝、感謝。
皆さん笑顔で又楽しかった時間を思い出しました。
さてさて釣りの方は相変わらず自虐街道まっしぐら。宮口の池でのノーサワリ、ノーアタリは初体験。
と言いつつ来週は鳳来or宮口しか頭に浮かびません。あははっ…。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年1月29日 (日) 19時36分

sshさん写真ありがとうございました。
やはりキチンとプリントすると違いますね、masaさんとO名人と竹さんのお凸の輝きが違う!
で、危なかったですねぇあと一メートルでモジリでしたよ。
さて、同年月生まれの3人は豊作か凶作か?こんど並んでやりましょうね。
今日は宮口の主の手前釣りませんでした(負け惜しみ)が主も今年は苦戦していてまだ年が明けていません。
メンバー悪かったかな?
来週も鳳来でこの面子ですよきっと。

投稿: パラソル | 2012年1月29日 (日) 20時03分

皆さんこんばんは。今日は集中しているところへお邪魔してスミマセンでした。
岡ジャミの私に皆さんが輝いて見えたのは、やはりエヴリデイ・アングラーとホリデイ・アングラーの意気込みの違いでしょうか。
まだまだ寒い日が続きますが、お体に留意して釣りを楽しんでください。
って、まるで私が岡ジャミ専門になってしまったみたい・・・。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月29日 (日) 21時37分

sshさん、こんばんは。本日、引佐天池へ修行に行ってきました。
3時間30分ナント、ナント、ノーさわりでした。ちょっとだけでもあれば何とかしようもあったかと思いましたが・・・・・
(でも自分ではやっぱり無理か。)とにかく寒いばかりで、手拭のタオルがバリバリと音をたて、驚きました。これで6時間余り触りもない状態が続いており、修行の真っ最中です。sshさん崖を登るときはくれぐれもご注意ください。今の時期は霜等により結構滑りますので。私はしばらく「天池」で修行に励む予定です。ひょっとして「西の平」で修行に励むかもしれませんが・・・・。

投稿: しんちゃん | 2012年1月29日 (日) 22時30分

しんちゃんさんこんにちは。
引佐天池ではバットさんもご苦労されてます。朝方と午後5時くらいに岸に寄ってくるらしいですよ。
今は何処の池でもそんな感じでは?最近は特に冷え込んでますしね。
でも、増沢に行けばひょっとしてへらの姿を拝めるかもしれません。一度寄ってみてください。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月30日 (月) 10時43分

sshさんこんばんわ。
3月に同級会を鳳来でしませんか?
白エルさん7日、sshさん10日で私が17日なので中を取って11日あたりでいかが?
私が一番若い!!!!目○○鼻○○かいな?

投稿: パラソル | 2012年1月30日 (月) 20時07分

パラソルさんこんばんは。
お誘いはありがたいのですが、3月は誕生月であると同時に大震災の一周年ですから、釣りは控えるつもりです。もちろん個人的な理由なので他の人は関係ありませんが、もし鳳来に行くとしても、もっと暖かくなってからになると思います。
申し訳ありません。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月30日 (月) 22時01分

今晩は。
どうやら寒い釣りは苦手なようですね。
私ももうじき定年を迎えますが何時でも行けると思うと余計に気も張らないんですかね?
出勤と同じ様に釣りを考えたら?
増沢は池までの坂?は運動にもなるし、TVの韓国ドラマばかり見てたらホントに早くボケちゃうよ!?
体の調子悪いのかな?
本日も件の野池で8名並びました。
バランスの底で8枚。やや満足。
次回は久しぶりに短竿の浅棚セットをやって見ます。
やりたい事がいっぱい有って時間が足りない・・・。

投稿: yurie | 2012年1月30日 (月) 22時58分

yurieさんこんばんは。
確かに最近は気力がなくなっているような気がします。鬱の前兆?単にずるくなっているだけかも。
今年は1月に3回の釣行ですが、去年は5回でしたので、そんなに少ないと言う事はないと思います。2月は去年7回釣行しているので、2月に挽回出来たらいいと思っていますが、果たして・・・。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月30日 (月) 23時20分

確かに、仕事をしていて自由にならない時間を作っての釣行の方が実り(力が入る)は有るかも?
時間つぶしの為にこの釣りをした事は無いが、今後は有るかもね!
生き物相手の釣りは同じように釣れる事は少なく、多く人が入ればより難しくなる。
並んでの釣果が実力か?
如何したら釣れるのか?釣れなかったイイ訳を考えるより、己の力量の無さを痛感してしまう(充さん曰く、引き出し少なさ)
たかが遊び、されど遊び。
仕事も遊びもメリハリを付けて臨みたいものだ!(理想です。)
しかし無理はイケません。ひげさんや杉チャンさんみたいに若く(鍛えて)は無いのです。
ほどほどってところが長く続く事なのかもネ。我々は。
アハ~。

投稿: yurie | 2012年1月31日 (火) 17時48分

追加事項。
もう一度件の蕎麦屋(コンビニ改修店舗)に出向き桜エビ蕎麦を所望。
今度はイケたよ!
達の天麩羅定食もマアマアだったみたい。
平日にも関わらず、昼時は混んでいた。
良かった×2。

投稿: yurie | 2012年1月31日 (火) 17時55分

yurieさんこんばんは。
「趣味とは偉大なる暇つぶしである」と、昔何処かで読みました。
会社勤めをしていた頃は、土日祝日のほとんどが釣りに費やされてました。朝は4時起き(冬は6時起き?)で午前中だけの釣り。バットさんのように会社に行く前に竿を出すということはありませんでしたが、結構のめりこんでしましたよ。
やはり竿を出す機会が限られているということが、それだけのテンションを生み出していたと思います。いつでも出来る環境は(日課に出来れば万々歳ですが)、逆になかなか竿を出しにくい環境ともいえます。
とりあえず年間100回という目標を掲げていますが、それがなければなし崩しに回数が減る恐れもありますね。
 
蕎麦屋はお気にいってもらって良かったです。何でしょう、店主の体調に客の体調とか、味が変わる要素は幾らでもあるんでしょうね。

投稿: sunshine_hera | 2012年1月31日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53852400

この記事へのトラックバック一覧です: 岡ジャミも命懸け?@蛭沢奥池 & 大楽地:

« あわや! | トップページ | クラシックでも聴いて:その18 »