« 言い訳 | トップページ | 3回目の「まつはら」 »

2012年2月12日 (日)

リハビリそして復活への旅その2@浜北新池

今日の結論:寒くても釣れても釣れなくても、やっぱり釣りは楽しい。
 
前回からちょうど1週間が経過。この間天気の良い日が多かったが、なかなか家を出られず、またブログの更新も滞ってしまった。これではいけないと、今日は9時半過ぎに家を出る。目的地はもちろん浜北新池。昼食は「まつはら」の予定。池に着くと、やはり湖面には波。日差しは暖かそうだが、風が冷たい。それでもほぼいつもの場所で準備だ。Dscf0205竿は15尺で餌はいつものバラグルセット。おっ、ちょうど湖面が穏やかになってきたぞ。今のうちに底取りだ。前回とそんなに変わらないと踏んで、チャチャッと済ませて開始は10時25分。ここから3時間が目安。う~ん、また波が出て来てウキがかなりシモる。が、ちょっと待てよ。ウキが返している?いやいや、まだ1投目。そんな事はないだろう。ん、ウキがフワッと戻してからシズシズと入っていくではないか。これは・・・?最初から緊張。そしてずっとウキを見つめる展開に。確かにウキは1目盛くらい返すように見えるが、まだ底をなぞっているという疑念も晴れない。風・波は時折穏やかになるが、強く吹くと竿掛けから竿が外れるほどだ。こうなると、いかに集中力をキープ出来るかが勝負。ウキのトップは頭を振り振り右へ左へと流されるが、とにかくシモり以外のウキの動きが出ているかに集中。寒いが防寒を前回以上にして来たので、震える事はなかった。時刻は淡々と過ぎ、11時を過ぎる。ひょっとしてウキ下を伸ばし過ぎで動きがハッキリしないのでは、と、ウキ下を少しずつ詰めて行くと、シモッたウキが確かにスッと入った!今日初めてのあたり!当然合わせるが手応えなし。ガクガクッ。そんなに甘くないか。でDscf0206も、確かにへらは餌の近くにいるぞ。そして11時半を過ぎる頃、やっとムズッとウキが入るあたり!これに合わせればやったかかりました!前回のように開始してすぐにあたりが出なかったので、今日は凸覚悟だったが、これで安心だ。が、寄せる途中でガックリ。口が伸びた30cmくらいのマブナ。これは間違いませんよ。へら以外でも釣れたのは嬉しいが、まだこの池での凸は続いている。すると、次の餌打ちではウキが馴染み際にスッと入った!今度こそと合わせるが、再びのカラ。ガクガクッ×ガクガクッ。今のは合わせてはいけなかったのかなぁ。何だか急にウキが動き出したのは、私の工夫のせいではなくて単なる地合だろう。でも、これを逃がしてはいけない。すると、ウキが馴染んでから2目盛くらい返して、Dscf0208しばらく待っているとムズッと入った。これに合わせればやったまたもかかりましたよ!今度はへらでしょう。おおっ、これはまあまあのサイズではないか。でも、「たも」に入ったまま写真を撮ると、光の加減で鱗がマブナみたいに見えそう。それで、スケールを出して堰堤を上り、平らなところで採寸だ。これならバッチグー(古~ッ!)。抱卵しているのかメタボなのか、腹が膨れている。サイズは35cm。やったぁ、この池での凸は終わった。でも、時間のロスでDscf0209へらが何処かに行ってしまったのでは?急いで再開すると、しばらくしてまたもウキが返し、それからムズッというあたり!これに合わせてやった連荘!サイズはややダウンしたものの、30cmは確保。一体どうしたのだろう。地合と言っても連荘なんて。でも、まさか3連荘はないだろうと思いなDscf0210がら次の餌を打つと、またも同様のウキの動きで、これは素晴らしい3連荘!サイズも写真では小さく見えるが1匹目と同じくらいだ。まだとても春とは呼べない気候なのに、嬉しくて堪らない。しかぁ~し、次の餌打ちでは風で正面から左に餌が落ちてしまい、ちょっとマズイかなと思って早めに切って打ち直したが、ウキの動きはバッタリ。せっかくの地合もパーになったか?しばらくして12時のサイレン。まだ開始して2時間が経っていないのか。腹は減ってきたが、とにかく餌を打ち切るまでは終わらないぞ。風・波は一時穏やかになったかと思われたが、再び強く吹くようになった。今までの私なら、結果が出たのでさっさと終わるところだが、心のリハビリのために続行だ。左肘も合わせに関しては問題なく、へらを寄せる際にも痛くて堪らないと言う事はない。さて、餌打ちマシンとならないよう、集中力をDscf0211持続しながら餌打ちを続けると、やはりへらは餌のそばにいたようで、12時半を過ぎていきなりウキがズルッと入った!反射的に合わせるが、ヤバイ、擦れたか?いや、ちゃんと口にかかってました。やれやれ。3匹で終わりかと思ったが、集中力さえ切らさなければ結果は出る。いよいよ第2目標まで見えて来たかな。が、やはりウキに動きなし。こういう場合は待った方が良いのか、はたまたどんどん餌を打った方が良いのか(多分待つのが正解?)。すると、しばらくしてまたもウキが返した。そして元の位置に戻ると、今度は2目盛くらい返した後でDscf0212更に2目盛くらい返した。「食い上げ」!慌てて合わせると、やったかかりましたよ!これは嬉しい。久々の第2目標クリアではないか。しかも全てが30cmオーバー。もう何も言う事はありません。充分満足しました。が、人間の欲望には限りがなく、更にもう1匹と餌打ちを再開だ。しかぁ~し、またもウキの動きがなくなる。おそらくは餌の近くにへらはいるのだろうが、口を使わないのだ。餌のタッチ?餌付けの大きさ?いろいろ試してみるが効なく、1時半に餌が尽きて終了。今日は餌を使い切ったので、省資源釣法もバッチリ。結果、バランスの底Dscf0213バラグルセットで実釣3時間強で5匹(マブナ1匹含まず)。気持ち良く片付け。今日は本当に来て良かったぁ。例え釣れていなくても満足だっただろう。ウキが動かない時間帯でも集中力が途切れなかったのが良かったし、防寒もバッチリで余計な事(寒いので早く終わろうとか)を考える事もなかった。この気持ちでこれからも行きたいが、残念な事に天気が下り坂。でも明日は何とか持ちそうなので、久し振りに増沢にでも行こうかな。意気揚々と「まつはら」に向かった。
 
復活の手応えを感じたが・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 言い訳 | トップページ | 3回目の「まつはら」 »

コメント

こんばんは。一枚目はきれいな抱卵べらで全て尺上満足の行く一日でしたね。羨ましい~~。浜北新池がホームになりつつありますね。乗っ込みは期待できるかも。
自分はと言えば今日は休竿日、未だにへらはブログの写真で拝むだけ、このままでは2ヶ月が終わってしまう。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年2月12日 (日) 18時11分

竹ちゃんマンさんこんばんは。
こんなに釣れるとは、まさに想定外の結果でした。前回と状況はそんなに変わっているとは思えないのに、何故でしょう。春が近付いていると言う事なんでしょうね、きっと。
この池では一人ぼっちということが多く、独り言満載でも誰にも迷惑がかかりません。今日も誰か見に来たら、あいつ何をと思われたでしょう。ヒヒヒ。
2月はまだ半月ありますので、修行ばかりでなく癒しも楽しんでくださいね。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月12日 (日) 21時21分

行って来ましたね、おまけに好結果。
防寒仕様で臨めば寒くないですからね、巣離れしましょう。
私も行って来ました、天気予報では風は無らしいといったのを信じていましたが、見事な湖面を渡る風、それもかなりパワフルな。
半島で2時間やってからメゲて宇連へ転戦、何とかしのげる程度でした。
本日は全湖で釣り人4名でヘラ1枚、それも流石の仙人でした。
三勝五敗負け越してるがこれで来週もがんばれるぞっと。
竹さん行けますか?

投稿: パラソル | 2012年2月12日 (日) 21時32分

パラソルさんこんばんは。
何故釣れたのか分かりません。しかも3連荘で。
去年から通い始めたこの池ですが、シーズンになると常連さん?が左岸に集まるようです。それまでは私が独り占め?
鳳来フリークは素晴らしいですね。私には到底真似出来ません。パラソルさん始め竹ちゃんマンさん、白エルさん、更に自虐的なへら師の皆さんは厳寒の中頑張ってください。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月12日 (日) 22時22分

やれば出来るじゃあないですか!
ヨシ、ヨシ・・・?

投稿: yurie | 2012年2月12日 (日) 23時28分

yurieさんこんばんは。
これからも叱咤激励宜しくお願いします。私が傷つかない程度に。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月13日 (月) 00時23分

こんばんは、10時半頃鉄塔を左に曲がったのだが
みかんを買おうとUターンの為でした。
奥まで観に行けばよかった。
いい型が出てよかったですね。
私が観に行っていたら、運命が少しずれてへらぶなは釣れていなかったかも‥。

投稿: 黄金バット | 2012年2月13日 (月) 00時53分

バットさんおはようございます。
坂の途中でデコポンとか売っているところですね。私も帰りに寄ろうかなと思っては通り過ぎる場所です。
10時半頃はまだ始めたばかりで、先も分からない状況でした。私の数少ない経験から、時間帯としては11時過ぎからが良いようなので、今度是非竿を出してみてください。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月13日 (月) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53964411

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリそして復活への旅その2@浜北新池:

« 言い訳 | トップページ | 3回目の「まつはら」 »