« クラシックでも聴いて:その19 | トップページ | 「白い嘘」と「愛を信じます」 »

2012年2月 5日 (日)

リハビリそして復活への旅その1@浜北新池

関係各位から暖かい励ましのお言葉を頂き、ようやく鈍った体と心に鞭打って出掛けました。まずは増沢に行って池の様子を伺うと、日向側はダム?そばから階段下までビッシリ。湖面は穏やかで竿を出したい気分だが、空いていそうな坂の下看板付近まで行くのはちょっと億劫。と言う事で、車は362を東進。浜北新池に到着だ。勇んで荷物を降ろし堰堤の坂を登ると、先客は誰もおらず(だから好きなんだ、この池)、水は澄み切っDscf0202ている。波も弱く、俄然やる気に。だが風は冷たい。一応防寒はしてきたが、最後まで持つかな。前回とほぼ同じ位置に陣取り、さあ準備だ。今日も15尺バラグルセットの底。うわっ、水が冷たい!大体3m先まで底が見える。冬の西の平もこうだった。さて、底取りも終え、開始は9時50分。リハビリ・復活の旅と銘打っているのは、去年ダメージを負った左腕での竿振り再開も含まれる。早速第1投。う~ん、半年近く休んでいたが、右よりはスムーズだ。風が弱いせいもあるが、大体同じ位置にウキが立つ。肘にはちょっと違和感が残るが、振れないほど痛くなったら止めよう。とか考えていると、第1投からウキに動きが?多少流されるので、底をなぞっているのかなと思ったが、どうもそうではないようだ。かと言って餌が溶けたようでもない。まさか・・・。やや長めのインターバルで餌打ちを続けると、確かにじわじわとかなりゆっくりではあるが半目盛ほど返している。間違いない、何かが餌の近くにいる。まだ打ち始めてそんなに経っていないのに?急に緊張が走る。そして、返したウキがムズッと入ったのに合わせると、やったかDscf0203かりました!合わせた瞬間に肘に力がかかったが、痛くて竿を放り出すほどではない。右手に「たも」を持ち、ゆっくりと寄せると、おおっ30cmはあるへらだ。写真ではマブナライクに写っているが、確かにへらですよ(力説)。まだ開始してそんなに経っていない。これは高活性?しかぁ~し、そんな甘い話がある筈もなく、その後もウキは長い時間をかけて半目盛ほど返す状態が続いたが、そこから先がないまま時間だけが過ぎる展開に。そして次第に返しもなくなる。携帯で時刻を確認すると、まだ10時半。これからこれから。太陽が背中に当たっていて、体感温度は上々。風は冷たいが我慢の範囲内だ。が、ウキを見る時間が長くなり、餌の供給が遅れ勝ちに。ただ、この状況で餌をバンバン打つのはどうかなぁ。インターバルをどの程度にするか全く分からないまま、あっという間に11時半。すると、上空雲が多くなって体感温度が一気に低下。風が更に冷たく感じるようになった。もちろんこの間にウキ下の調整やら餌付けの工夫などしているが、ウキに動きは出ない。あまりに寒くて、久し振りに手袋を出す。バサーが2人、対面付近から左の平らなところまでウロウロ。釣れるの?とこちらから声をかけたい感じだが、声はかけません。あ~あ、遂に12時のサイレン。スローペースの餌打ちで、餌がまだかなり残っている。どうしようかな、1匹出た事だし、終わってもいいかな?少しだけ餌打ちのインターバルを縮めて、餌の消費を早めよう。それでもポンポン餌を打つのはさすがに出来ないので、それなりのスピードで餌打ち。が、ウキに動きなし。元々そんなにウキが動くわけでもないこの池だが、いつもなら12時頃からウキが動き出す筈。だが、今日は最初の弱い返しから後にはほとんど何もない。まあ、冬場はこんなものなのだろう。どんどん体感温度が下がるので、とりあえず10投分だけ餌を丸め、後は泣く泣く捨てる(省資源釣法の私には考えられないが)。そろそろ1時近いが、状況には何の変化もなく、先にブログの最後に載せる写真を撮り、餌を打ち終えDscf0204たらさっと帰り支度が出来るようにしておく。そして最後の1投はいつもながらの放置プレイ。しかぁ~し、それでもウキはピクリともせず、1時10分くらいに終了。結果、実釣3時間20分で1匹。寒い寒い、さっさと片付けよう。体が固まっていて、腕や腰を回しながらの片付け。腰も冷えて痛くなっている。何とか片付けを終え、車に戻って昼食。今日は最初増沢の予定だったので、コンビニでおにぎりを買ったのだが、この池に来るのなら蕎麦屋で昼食にすれば良かった(え~っ、これが本日のタラ・レバ?)。おにぎりを食べ終え、少しは体が温まったかな。さっさと池を後にした。
 
リハビリそして復活への旅は続く
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その19 | トップページ | 「白い嘘」と「愛を信じます」 »

コメント

こんにちは、褒める程の事でもないと思いますが…。
とりあえず復活おめでとう御座います。
ワンチャンスを見事ものにしましたね。
自分は鳳来で又又完璧ボウズ、風も無く釣り日和だったんですけどね。路面はアイスバーン状態でスタッドレスタイヤで無事着きましたが、パラソルさんは遅れて来る予定が行く手を阻まれ断念。まだまだ続く鳳来詣で。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年2月 5日 (日) 17時19分

これはマブナです。
鱗を見れば一目瞭前然ですよね???
バットさん。
寒い中お疲れ様です。
私は明日雨だって言うのにテントで西之谷か?

投稿: yurie | 2012年2月 5日 (日) 17時32分

竹ちゃんマンさんこんばんは。
本当は増沢に行きたかったのですが、あの混み具合を見たら気が引けてしまいました。
鳳来までの道のりは厳しい(当たり前?)ようですね。私の車ではとても行けません(行きませんが)。結果も立派なもの。まだまだこれからですよ。ファイティン!
 
yurieさんこんばんは。
一目瞭然と言われれば、何も言えません。ここはバット主任判定員にお願いします。
浜北新池は本当にお気に入りの池になってしまいました。まさに「おらが池」。もう少し暖かくなったら、長時間やってみたいものです。それにしても水が澄んできれいでした。もっと長竿が必要だったかも。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月 5日 (日) 20時40分


sshさん復活しましたね、近くに居ましたよ今日は。
いなさゴルフ入口付近でまっすぐにノーブレーキ(凍ってるから関係ない)で電柱に突っ込んだクルマを横目に見ながら朝9時前にダム下に着きましたが一面のアイスバーンで真っ白だしおまけにトレーラーが二台立ち往生。ちょっとトライしましたがFFノーマルタイヤでは歯が立たずクルマは前進せず横滑りするのみだったので、先に行っていたであろうスタッドレスの竹ちゃんマンと四駆のエルグランドさんには合流ならず。
無理やり行けば行けたかもですが、帰りの下りを考えたら趣味で事故っちゃシャレにならんと勇気ある?撤退。大人になりました。
泣く泣く帰って東の上をのぞいたら、あらまI本さんと大門さんだ。
向かい風なので東の谷へ行くという大門さんに付いて長い~い岡ジャミ。
上島の鈴〇さんと佐〇さんコンビ他懐かしいメンバーと話していてお昼食べてからおっとり参加。
段床で何とか5枚、シッブイですね。
なんだか消化不良な週末でした。

投稿: パラソル | 2012年2月 5日 (日) 21時36分

パラソルさんこんばんは。
今日はてっきり鳳来かと思ってました。さすがのパラソルマジックも凍結した路面には効かなかったようですね。安全第一です。
連絡をいただければ東ノ谷に移ったかも。最初にウキが動いただけであとは餌打ちマシンでしたから。それに浜北新池は意外と風の通りが良いみたいです。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月 5日 (日) 21時42分

SShさん、こんにちわ。復活おめでとうございます。
さて、私は、この日曜日西の平へ修行に行きました。
午前中3時間半修行をしましたが、寒くて寒くて出るのは鼻水ばかり。
しかし、2時間ぐらい立ったとき、かすかにムズと動いた感じがしたので合わせると、なんとなんとへらが掛り、やっと凸から脱出しました。この日はたった1枚でしたが、満足、満足です。
まだまだ寒い日が続きますが、修行がんばりましょう。

投稿: しんちゃん | 2012年2月 6日 (月) 09時41分

おはようございます。

あんまり意地悪言ってもいけませんので・・・。
ゴメンね!へらだと思われます。
(網の柄と光の状態で?と感じてしまいます)

私の周辺も激変しているので中々釣行の気持ちもDownしがちです。
しかしこんな時こその釣り?との思いも有りますので釣行かな。雨男健在です(あは)

投稿: yurie | 2012年2月 6日 (月) 09時48分

しんちゃんさんこんにちは。
西の平、相変わらず厳しいようですね。足元には寄って来てもウキの下の餌は食わない奴らですから。
でも凸から脱却出来たのは素晴らしい。今度は引佐天池でも初へらゲットと行きたいですね。
 
yurieさんこんにちは。
雨中の釣りはいかがでしたか?私もテントは買ってありますが、使用実績ゼロ回です。そういうものを何故買ってしまうんでしょうか(お菓子と同じ?)。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月 6日 (月) 16時02分

こんにちは。
久しぶりに竿出しましたね、でもなぜ?増沢ではない?
画像はマー君に見えますが、本人がへらと言っていますので間違いないでしょう。

浜北新池は最近興味がありますね。

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年2月 7日 (火) 12時23分

バットさんこんにちは。
そうですか、マブですね、きっと。
確かにあの池はマブナがよくかかるので、Oさんもマブナばかりと言ってましたし。
ショボン・・・。
よ~し、次回こそへらをゲットだ!
増沢には風の弱い日に行きたいです。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月 7日 (火) 15時19分

デラシネおじさん!
生きてる?
また、法事?それとも風邪?

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年2月10日 (金) 12時34分

バットさんこんばんは。生きてますよぉ。
完全に引きこもりになってしまいました。
ブログの更新も億劫になっていましたが、今夜は何か書きます。
明日は家から出れたらいいなぁ。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月10日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/53907893

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリそして復活への旅その1@浜北新池:

« クラシックでも聴いて:その19 | トップページ | 「白い嘘」と「愛を信じます」 »