« 10円饅頭の今 | トップページ | 短時間の見学@増沢池 »

2012年2月24日 (金)

リハビリそして復活への旅その6@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん

今日は予報によるとほぼ無風。明日は天気が崩れるようなので、これは行っておくべきでしょう。前回果たせなかった、浅場ワンドで自虐的な釣りを堪能しよう。が、いつもながら出遅れてしまい、駐車場着は9時半過ぎか。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、対面は遊歩道端からポツポツで、坂の下及び看板横付近にも何人かいるが、浅場ワンドは空いているので、これ幸いと思ったものの、あれれ今日もまたOさんに似た人がいDscf0231るぞ。車はなかったようだが、とりあえずメールしてみると、やっぱり遊歩道端から2番目の釣り座に入っているのはOさんだった。急いで車に戻り、予定を変更して外の道路から日向側深場に向かう。ちょうど日陰側深場流れ込みで1人準備中。さて、ショートカットして旧流れ込みに下り、まずは挨拶。お久し振りです。今日は14尺両ダンゴの底で今のところ5匹くらい。放流が多いそうだDscf0233が、私にもお裾分けがありそうだ。そう言えば、WINDOMの人を最近見ないとの事。具合が悪くなったのだろうか。さて、早速準備しよう。予報どおり好天でほぼ無風。汗がポトポト。ジャンパーを脱ぎ、竿は13尺にする。Oさんから宙の方が良さそうと言われるが、いつもどおりまずは底から。餌はいつものバラグルセット。底を取り、開始は10時16分。が、あんなにしっかり底を取った筈なのに、ウキの馴染みが思うように出ない。こDscf0234れまたいつものように微調整していると、ウキが小さく返した後にピョン!と入り、これに合わせれば早くも1匹目ゲットだ。まだ開始して10分経っていない。これは素晴らしい。Oさんも竿を曲げているし、今日は高活性かもね。しかぁ~し、餌を切るための空合わせで上層のへらにかかってしまい、バラすとそこからウキの動きがバッタリ。併せて馴染み幅も気に入らず何度も調整するが、何故か思うようにならないので、本来なら底を取り直すのが早いのだが、適当なまま続行(これが私のダメなところ)。その後全くウキの動きがないまま11時。横でDscf0235Oさんが何度も竿を曲げるのが目に入り、どうしてだろう(底を取り直せ!)とボヤキながら餌打ちしていると、ようやくあたりが出て2匹目。へらは寄っているようだが、食わない。浅場より良さそうと思ったのは間違いで、単にOさんのアームが素晴らしいだけだったとは(トホホ)。その後、ようやく底を取り直すが、合っていたのでどうやらそのせいではなさそうだ。それでは、前回長くしたハリスのせいか、それともずらし幅なのか。ハリス交換は面倒なので、再びウキ下Dscf0236を微調整すると、「かかってました」で3匹目。体裁が悪いがカウントです。ここで、背後に何やら人の気配を感じて振り返ると、何とそこにはザわさんの姿が。いつから見ていたんですか、人が悪いなぁ。仕事の途中に桜を見に来たが、へらの活性も上がっていないと言う。他のへら師の竿もあまり曲がっていないようだ。すると、Oさんの独壇場なのか。でも、訊くと次第にあたりが少なくなっていると言う。う~ん、難しいなぁ。さて、11時を過ぎる頃から上空雲がかかるようになると、一気に体感温度が下がり、慌ててジャンパーを着る。そして予定外の風・波もお出ましだ。ザわさんは11時40分過ぎに帰ったが、私が竿を曲げるところは見せられなかった。残念!どうにもウキの動きが良くならず、たまに出るあたりらしきウキDscf0237の動きに合わせてポツポツという状況では、最初に思い描いた2桁など遠い遠い。12時前にやっと4匹目。今日は好天なので底の後に久し振りに宙をやろうと思っていたが、帰った方が良いかな。集中力とは別に、やる気自体がトーンダウンだ。それでも餌打ちのインターバルを早めたせいか、餌の消費がいつもより早いので、やっぱり宙をやって帰りたい気持ちに。すると、12時を過ぎて今更ながらと言う感じでウキに動きが出てくる。しかぁ~し、何故かバラシ連Dscf0238Dscf0239続で、前回同様釣った数とバラシの数が追いつ追われつに。結局12時台には2匹を追加して第2目標はかろうじてクリアするが、ホントにトホホだ。そして1時10分頃に餌が尽き、一旦終了。結果、底では実釣3時間弱で6匹。浅場と何が違うと言うのか。一方Oさんは20までは行かないものの15,6匹は釣っているようだ。さてどうしようかな。確かに午後には用事があるが、まだ時間はあるし風・波もこれくらいなら何とかなる(根拠レス)。Oさんも底を切って深宙に変えたと言うし、ここは思い切って続行だ。竿は12尺に変え、餌は封を切ってある餌を優先的に使用と言う事で、特S:天々:マッハをそれぞれ1に水3/4のバラケと食わせは黄ばんだ「玉」のセット。「たな」1本での再開は1時25分。波はあるが、意外に流されない。そして数投でウキDscf0240がモヤモヤ。底とは大違いの展開にビックリだ。最初からやっていれば(本日のタラ・レバでした)。そしてあたりも出るようになり、ズバッと言う消し込みでのカラもありながらの、開始20分くらいで1匹目。こうなったら底と宙を併せての第3目標を狙おう。とにかくウキが動き続けると言うのがDscf0241素晴らしく、やる気の持続に繋がっている。結局1時台にはもう1匹追加。合計での第3目標は行けそうか。2時を過ぎて、風・波は相変わらずだが太いトップのウキを使っているので視認性に問題はなし。そして2時を過ぎる頃からウキの動きが良くなり、バラシやカラを挟みながらもポツポツDscf0242Dscf0243Dscf0244Dscf0245とあたりを拾い、2時半過ぎまでには連荘も含めて4匹をゲット。底との合計で第3目標など簡単にクリア。こうなると宙だけでの第3目標も視野に入ってきたぞ。その後もウキは動き続け、どうやらゴールデンタイム突入か。そして3時前までに更に4匹を追加。遂に宙だけで第3目標クリアDscf0246Dscf0247Dscf0248Dscf0249だ!餌はあと少ししかないが、もっと釣れそう。どんどん行こう。しかぁ~し、そこからバラシの連荘。更に3時を過ぎて、バッチリかかったと思ったが沖に走られて、今日初めてのハリス切れ(ガクガクッ)。まだ餌は数投分あるが、用事もある事だし、ハリス交換せずに終了を選択。時刻は3時6分。結果、宙では実釣1時間40分で10匹。底と併せれば実釣4時間40分で16Dscf0250匹。底ではさっぱりだったが、宙で続行したのが効を奏した。いつもなら充分の数字だが、バラシ連続にハリス切れの終了で残念な気持ちが残る。片付け。大分暗く、また寒くなっているが、へら師はOさんを含めてあと4人。3人は橋の下(しも)のワンドに固まっている。Oさんは宙で良くなかったようだが、底に戻してポツポツ。20は越したようだ。さすが。片付けを終え、Oさんにまた宜しくお願いしますと挨拶して崖?を登る。腰が痛い。外の道路では途中休憩を挟まないと駐車場まで戻れない(情けないなぁ)。さあ、腹も減っているし、さっさと荷物を車に積んで家に帰ろう。そそくさと池を後にした。
 
前半は自虐的?後半はまあまあかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 10円饅頭の今 | トップページ | 短時間の見学@増沢池 »

コメント

こんばんは!
 魚の大きさに触れてなく枚数だけですが、写真から判断するとほとんど放流魚のようですね?。
 それと”O さん”が「宙の方が良い!」と言っているのに底を3時間もやるなんて流石sshさんだと感心させて頂きました(笑)。

投稿: masa872 | 2012年2月24日 (金) 22時58分

masaさんこんばんは。
まさに放流というのはそんなにありませんでした。底では7,8寸が多いですが、終わり頃は30cmくらい。宙では放流は2,3匹くらいかな。久し振りの宙は、ウキが動いて楽しかったですよ。もちろん、釣れなくても底はやりますが。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月24日 (金) 23時12分

ムム!これは自虐的ですな。

慣れないパタ~ンでやるのも自虐的だと思いますが…。

投稿: 黄金バット | 2012年2月24日 (金) 23時52分

最近の暖かさでへらの活性も上がってるようですね。
浮子の動きに比例して釣れないのがへら釣りの難しさ、楽しさで何十枚釣っても後味が悪かったり、一枚でも満足のいく時があります。
明日も至福の一枚を求めてホームです。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年2月25日 (土) 07時14分

バットさんおはようございます。
この日は予定変更で深場に入りましたが、次回は浅場で自虐的な釣りを堪能するつもりです。
 
竹ちゃんマンさんおはようございます。
底は難しいですね。Oさんとは単にアームの差ということで仕方ないかもしれませんが、それでも次々に竿が曲がるのを見ると、どうしても焦ってしまうのが凡人のせつなさですね。
ホームの天気はどうですか。雨でも行くのかな?

投稿: sunshine_hera | 2012年2月25日 (土) 09時30分

こんばんわsshさん。
そうです、竹ちゃんマンさんは明日もホームです。
私も呉越同舟ですね。
鳳来の仙人と趣味が一致してしまいD41を持って行きますが、これは結構な思い入れがあるブツなので楽しみです。
急激な増水でポイントがどうなっているか解りませんが過去の実績と仙人情報で考えます。
今夜は伊東ゆかりと由紀さおりで更けてゆきます。
sshさんにジャズとかクラシックとは違いますね。
なんだか情景の浮かぶ歌声で飲めてしまう。

投稿: パラソル | 2012年2月25日 (土) 19時44分

パラソルさんこんばんは。呉越同舟って、仲悪いの?
それはさておき、伊東ゆかりと言えば、note肩を濡らす 恋のしずく 濡れたままでいいの このまま帰りたいnote なんて曲が思い出されました。
ギターについては、次の自虐的へら師の会の飲み会でyurieさんとの共演、楽しみにしてますよ。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月25日 (土) 23時31分

誤解です、いや私の間違いですよ。
些細な違いは無視して同じ目標に向かう船に乗ってる。
知性じゃなくてて痴性でしたね。
竹ちゃんマンさん、この場をお借りして”ごめんなさい”
また来週お付き合いくださいまし。

投稿: パラソル | 2012年2月26日 (日) 21時56分

パラソルさんこんばんは。
余計な事を書いてスミマセンでした。
ソフトバンクが開通すれば、逐次鳳来の状況を連絡くださるようお願いします。そのうちに私も向かう気になるかもしれません。

投稿: sunshine_hera | 2012年2月26日 (日) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54065473

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリそして復活への旅その6@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん:

« 10円饅頭の今 | トップページ | 短時間の見学@増沢池 »