« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

「お嬢様をお願い」が終わった

BS-TBSで1回2話放映されていた「お嬢様をお願い」が昨日終わった。他愛のないストーリーなのだが、主役のユン・ウネさんとユン・サンヒョンさんに興味があって、録画してまでも観た。ユン・ウネさんは「コーヒープリンス1号店」や「ぶどう畑の男」に出ていた、長澤まさみさんに似た(私だけ?)可愛い女優さん。ユン・サンヒョンさんは「韓国の木村拓哉」らしいが、私には「冬鳥」のマザコンの医者のイメージが強い。
まあ、当たり障りのない終わり方で、まだ続いても良さそうな感じだが、最近は韓国ドラマも結構短い(これは16話)のが多くなっているような気がする。韓国のテレビではドラマの比重が大きくて、俳優さんのスケジュールを長期間押さえるのが大変なんだろう。
さて、4月からは新しいドラマが目白押し。取捨選択するのも楽しみの一つとはいえ、結構大変ですよ。
 
録画したドラマをどんどん観て消さないと、またHDが一杯になってしまう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

大きいのがかかった@引佐天池

今日こそ小野または大楽地、と思ったものの、車が走り出したのは国道257号線。おっと、三遠南信までは行きませんよ。小野と大楽地の中間を取って、今日は引佐天池だ(後で考えたら、小野も引佐天池も自宅からはそんなに変わらなかった)。池に着いたのは9時半頃。誰もいない。道路に停めて文句を言われるとか余計な事が起きないよう、遊歩道入り口付近の空きスペースに、遊歩道入り口を塞がないよう駐車して、オーバーDscf0347フロー右に入る事にする。竿は15尺で底、餌はいつものバラグルセット。わたグルといもグルで。底を取っていたら、どうも底の状態が良くないようなので、ちょっと場所を左に移動。ほぼオーバーフローの右になってしまった。開始は10時9分。既に暑い。今日は気温も上がって風も弱いので、インナーを止めて来たのだが、それでも暑い。でもそのまま。まあ、幾ら貸切状態でも、この池でそんなにすぐにウキが動くとは考え難い。浜北新池より更に条件は悪いと思ってやろう。すると、しばらくしてウキが1目盛スッと返した。あれっ、餌が抜けたかな?確かにグルテンは持ちが悪そうだが、バラケはそうでもないぞ。ひょっとしたら何か来ている?すると、今度はシモッたウキがスッと入り、これは絶対何かいるぞ。更に開始30分を過ぎて、ウキがズルッと入った。慌てて合わせるがカラ。う~む、へらが来ましたね。だが、ウキの弱い返しがたまに出るだけで、その後は何の進展もなし。バサーがやって来て、浅場でバスを狙っている。さて、やはりグルテンが気になって仕方ない。そこで、早く使い切りたい黄ばんだ「玉」を出してみる。すると、11Dscf0348時を過ぎていきなりウキがズルッと入った!慌てて合わせるとやったかかりましたよ!何となく擦れているような気がするが、それにしても良く引くなぁ。ガッチリ「たも」に収めると、おおっ、30cmはあるが、この池のアベレージである35cmには届かない感じ。ガックリしたような、釣れて良かったような。でも、どうもグルテンには来ないようで、それではと今度は両バラケならぬ両ダンゴだ。すると、11時半過ぎにウキが返してからしばらく待っていたら、今度もズルッとウキが入った!これにも当然合わせると、やったまたもかかりましたよ!あれだけDscf0349大きなあたりなので、今度こそ擦れかと思ったが、ガッチリかかってました。やれやれ。でも、どうしてグルテンがダメなんだろう。ひょっとしてかなり持ちが悪いのかな。そこで、今更だがα21を振りかけて混ぜ込むと、ウキの馴染み幅が変わった。これで少しは持ちが改善されたかもね。ただ、それがあたりに結びつくかは不明だが。もう1人バサーが来て、深場で投げている。しばらくして12時のチャイム。暑い、暑いよ。底が終わったら宙をやろうと思っていたが、帰りたい。と、ここでしっかり馴染んだウキがチッと入った。これを見逃さずに合わせると、やったかかりました!うわっ、凄い引き。これは大物か?もう替えのハリスはないので、絶対切らせる訳にはいかない。懸命に堪えて浮かせると、おおっこれは大物。「たも」に収まらない。どう見ても40cmはある。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみるとガクDscf0350ガクッ。アッパーでした。しかも上鈎。ここでもグルテンは関係なかった(トホホ)。おいおい、擦れるくらいなら外れてくれよ。ここまでやってノーカウントかよ。あまりに悔しいので、採寸だけしてみる。すると、やった42cmの擦れ・・・。疲れたので、昼食。それから再開するが、その後2度とウキが動く事はなく、1時35分に餌が尽きて終了だ。結果、実釣3時間半で2匹(42cmアッパー含まず)。久し振りDscf0351の天池で一体どうなるかと不安だったが、結果が出たから良しとしなければ。湖面は相変わらず穏やかで、宙をやっても良さそうだが、太陽の直射を浴び続けた事もあってかなり疲れたので、終了だ。片付け。バサーは帰り、「名人」さんがいつもの場所に入っている。グッタリしながら片付けを終え、車に戻る。バットさんには42cmが「かかった」と連絡しておいた。荷物を積み込Dscf0352み、シートに座ると体中の力が抜けてそのまま何もしたくない感じに。連荘も効いているのかな。さあ帰ろう。池から坂を下りたところの桜が綺麗だったので写真に撮ったが、あまりうまく写っていない。カメラのせいではないと思うよ。グッタリしたまま家路に着いた。
 
何処も春めいてきたなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

好天のうえに釣果まで@浜北新池

今日は予定では小野か大楽地だったのだが、起きてみるとそこまで行く気力がない事に気付く。それでも竿は出したいと言う事で、家人を病院に送るついでにモクレン通りを北上。モクレンはもうじき散ってしまいそうだが、桜はまだか。途中からテクノロードに入り、362を東進すれば、行き先は自ずと分かるでしょう。そうです、前回凸(マブナ1匹)を食らった浜北新池です。おっ、車が2台停まっている。まずは堰堤を登って池の様子を覗うと、先客が2人左岸で竿を出している。私はいつもどおり堰堤右端に入ろう。車にDscf0332戻って一旦はインナーを脱ごうと思ったが、面倒なのでそのままにして池に向かう。湖面は凪いでいて、予報通り。さあ準備だ。いつもながらの15尺で底。餌もこれまたいつもながらのバラグルセット。ただし、わたグルをいもグルに変えてみた。底を取り、開始は9時39分。先客はかなり長い竿を出しているようで、ウキも大きく私のところからもトップが見える。が、動いている様子はない?私のほうは最初からウキが動くとは思っていないので、とりあえず餌打ちを続けるが、何だか今日は釣れそうな気がする(あくまでするだけですが)。すぐに10時。あっ、奥の先客の竿が曲がった!サイズは分からないが、急に焦ってくる。先に入っているとはいえ、先に釣られると焦るのは私のメンタルの弱さ。更に、ちょっとずれた場所に餌が落ちたので、手放しで横を向いていたら、いきなりのあたり!これは素晴らしいが、手が間に合わなかった。ガクガクッ。いかんいかん、Dscf0335集中だ。すると、10時半近くになって、ウキの返しなしのムズッというあたり。何でも良いから合わせると、やったかかりました!本当にこの池ではさわりが出にくい。でもかかったから良しとしよう。サイズもグーだしね。ウキはその後もあまり動く事もなく、突然あたるような感じなので、決して気が抜けない。さっきのような事はもう御免だ。すると、10時半を過ぎて今度もムDscf0336Dscf0337ズッというあたりで2匹目ゲット。左肘にかなり負担になるようなサイズばかりで嬉しいの一語。更には連荘でもう1匹。いずれもグーなサイズ。何だ何だ、今日は何かあるのか?が、やはりこの池は簡単ではない。それからしばらくは、何となくへらがいるような感じはしてもウキに返しやさわりが出ないのだ。手前の先客がラジオを点けていて、愛工大名電のリードが広がっていくのが聞こえてくると、耳がそちらに向いてしまい。集中力が途切れ勝ちに。しかもその先客の竿が曲がるのだから、もうDscf0338ショック。それでも11時を過ぎてまたも突然のあたりで4匹目。開始1時間半でこの調子なら、今日は今までの記録である5匹(マブナは含みませんよ)を超えそうだ。いや、甘い甘い。ウキの動きは更に少なくなって、返しが出てもその後がない。あまりに動かないので、つい携帯で時刻を確認しようとしたら、またも手放し状態でのあたり!クッソーッ。時刻は11時半過ぎだった。すると、手前の先客が帰り支度。第1試合の愛工大名電は勝ったようだが、もう続きは聞けないのか(オイオイ)。私の方は再びウキが動くようになったが、バラシにハリス切れと散々。もう1人の先客も帰り、虚しく12時のサイレンを聞く。何とかもう1匹釣ってタイ記録にしたいが、ここは一旦あたりが引くとなかなか復活しないので、バラシにハリDscf0339ス切れを出した私に次の目はもうないかも。が、いきなりのあたりで5匹目ゲット。心の準備がないと、嬉しいのは嬉しいがビックリの方が大きい。でも、これでタイ記録。後は記録更新にかけるぞ(何の根拠もありませんが、何か)。すると、じきにもう1匹出て、簡単に記録更新だ(元々大した記Dscf0340録でもないが)。さあ、あとどれくらい増やせるかな。あれっ、鳥が舞い降りたぞ。渡り鳥はもう帰った筈なのに。ゲゲッ、あれは鵜ではないか。こんな小さな池にも来るのか。でも葦が生えているから、へらは大丈夫だろう。と思ったら、左岸付近にいた鵜が、私の右手の葦の中から顔を出したではないか。草の茂みの中を泳いできたのか?まずい、これではへらが根こそぎいなくなってしまうぞ(大袈裟か)。石をぶつけようと思ったが、周りにない。そうこうしているうちに鵜は姿を消し、再び左岸辺りに顔を出し、更には上陸して羽を広げている。悔しいなぁ。更に、鵜のせいなのかウキの動きも止まる。どうやら今日の釣りはお終いだ。12時半頃に、奥にいた先客が昼食から戻ってくると、左岸の鵜は逃げ帰った。ざまあみろ。餌はもう残り少ないので、全部丸めて台に置き、餌ボウルには水。グルテンの方が少ないので、最後は両ダンゴ(両バラケ?)で打ち切る。まあ、今日は天気も良く釣果もDscf0341記録更新したので、気持ち良く帰ろう。などと思っていたら、1時前のグルテンの最後の1投で、またもいきなりのあたり!やった7匹目ゲットだ。「上がりべら」なので、一応採寸しておくかな。あれっ、思ったより寸法が出ないぞ。35cmかぁ。でもいいや。今日はどれも大体30cmを超えていたから。上ハリスが道糸に絡んでいたので、仕方なくカットして交換。そして両ダンゴ(しつこいが両バラケ?)での最後の1投。もちろん放置プレイですが、一向にウキに動きなし。いつ餌を切ろうかな。時刻は1時を過ぎている。大体3時間半やったので、もDscf0342う充分。続行はしません。そして餌を切ろうと思ったら、何だ最後に根掛かりか?いや、やった「かかってます」だ!これが本当の「上がりべら」。サイズもグーだし、まさに終わり良ければ全て良し。当然カウントしますが、何か。終了は1時5分。結果、実釣3時間半弱で8匹。サイズもグーなもDscf0343のばかりだし、マブナも混じらない。好天で風もない絶好のコンディションでこの結果。気持ち良く片付け。腰と左肘が痛いが、大丈夫大丈夫。片付けを終え、急いで車に戻る。何故かと言うと、ずっと我慢していたものがあったから(やれやれ)。用を済ませてから車中で遅い昼食。ん、正面に咲いている花、何だろう。見た事がないぞ。写真写真。帰ったらネットで調べてみよう。帰りDscf0344Dscf0345道のモクレン通りでは、来る時には咲いていなかったと記憶していた桜がチラホラ咲いているのを発見。このままなら姫様道中は満開の桜の中で出来るのではないか。清々しい気分で家路に着いた。
 
P.S.ネット(Wikipedia)で調べたら、どうも「ムスカリ」という花のようだ。珍しいと思ったが、実は公園などで良く見かけるとあった。なるほどね。
 
チョー気持ち良い
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

浅場には入らなかった@増沢池

特に行きたいとかではなく、何となくゴー!天気は良いが風が強そう。浅場には入りたくないなぁ。途中のモクレン通りはほぼ満開で、とても綺麗。気持ち良く釣りが出来そうだ。しかぁ~し、池に着いたところで急に腹の具合が・・・。予定外の不定期便。それから池の様子を見に行くと、橋の上(かみ)にはジャカゴに1人、看板横と坂の下に4人。東屋下辺りに1人。橋の下(しも)では、日向側階段下に2人とワンドに3人。日陰側では流れ込みに1人とワンドに2人。結構賑わっている。さて、どうしようかな。橋の上(かみ)のワンドは空いているので、そこには入れそうだが、風の強そうな日にはダム?そばも良いかもね。ちゃんと空いているし。急いで車に戻り、荷物を降ろして外の道路からダム?を渡る。すると、ダム?そばの入り口付近にへら師らしき姿が1人、もう1人と喋っているではないか。ひょっとしてダム?そばに入るのか?ガックリそれは正解だった。私が近付くと話を止め、崖を降り始めた。予定が狂った私、仕方なく深場で空いていDscf0304る流れ込みに入る事に。風・波がきついが仕方ない。今から浅場ワンドにも行けないしなぁ。さあ準備しよう。竿は15尺の底だ。餌はいつものバラグルセット。ちょっと底が取り辛いが、いつものようにチャチャッと済ませて開始は10時36分。おっ、馴染み幅は予定通り。さすが。それにいきなりウキがモヤモヤだ。果たして喜んでいいものか。何となくだが放流かブルーの気がする。そしてあたりらしき動きが出るがカラ。ますます怪しい。すると2投目でもあたりが出て、やったかかりましたと喜んだのだが、それも束のDscf0305Dscf0306Dscf0307間。お約束の放流が上がって来ました。ガクガクッ。ウキの動きは止まらず、その後ポツポツと放流がかかる。どうだろう、喜ぶべきか?すると、寄り過ぎているのか、次のあたりではアナルに擦れた放流。更には寄って欲しくないブルーまでかかってくる始末。間違いなく春は来ているが、それにしても・・・。でもまだ開始30分経っていない。そのうち大きいのも来るでしょう。すると、11時を過ぎてウキの動きがやや大人しくなったと思っDscf0309Dscf0310Dscf0311Dscf0312たら、一気にサイズアップだ。わずか20分の間にグッドサイズを4匹。30cmクラスも出て、第2目標など軽い軽い(ただ、肘に負担が)。風・波に加えてギラギラも出るが、それが気にならないくらいのウキの動き。しかぁ~し、なんとなくウキの動きが忙しなくなったと思ったら、何故か再びDscf0313Dscf0314小サイズに逆戻り。でもいい、こんなにウキが動くのは久し振りだ。桜はまだだが、間違いなく池は春。そして、1回あたりを見逃したすぐ後のDscf0315あたりに合わせれば、やったこれも久し振りのダブル!サイズもまあまあのうえに第3目標もクリアした。何と開始1時間の結果がこれ。私にしては上出来。ただ、周りがどうなのかを見る余裕がないので、私だけが好調なのか、それとも皆さんも好調なのかは不明(多分皆さん好調なんDscf0316Dscf0317Dscf0318Dscf0319でしょう)。その後もウキは動き続け、サイズは芳しくないものの12時までに4匹を追加。まだまだ行けそうだ。12時のサイレンを聞きながら考える。そろそろ昼食だが、ここは滅多にない好調を維持すべく続行だ。昼食は底が終わってからにしよう。12時半までに大小取り混ぜて5匹。左肘がDscf0320Dscf0321Dscf0322Dscf0323Dscf0324痛いが、遂にトータルで20匹。正夢だと思うが、大丈夫か。ところが、この頃から次第にウキの動きが悪くなり、今まで出なかったカラやらバラシも出て来て、これが本来の私なのだろうといささか自嘲気味になる。やや間隔が開きDscf0325Dscf0326Dscf0327ながらも、それでも1時までに3匹を追加。1時になって再度の擦れた放流が出て、いよいよ底も終わりのサインか。この頃はウキの動きはかなり弱くなっている。そしてたまのあたりはカラ。更にグルテンも尽きて、最後の1投は両ダンゴ。もちろん放置プレイ。するDscf0329と、出ました「上がりべら」!しかもサイズはグー。もう何も言う事はありません(誰かの曲の一部か)。時刻は1時14分。結果、底では実釣2時間40分弱で24匹。私にしては素晴らしい結果に、このまま帰ろうかとも思ったが、ここは竿を変えて宙でしょう。サイズアップも見込めるし、きっと底よりはあたりも多い筈だ。竿は12尺、餌は特S:天々:マッハ:水を1:1:1:3/4のバラケと黄ばんだ「玉」のセット。遅い昼食を摂ってから「たな」1本での再開は、1時31分。3時終了と第2目標を見据えての開始。ただ、古い餌を使い切るシリーズの一環でバラケを作っているので、バラケ具合が良くなさそう。しばらくは我慢の餌打ちが続く。すると、20分くらい経過した時点で、ウキが弱く入った。やっと来ましたか。すると、今度はズルッというあたり!これに合わせるがカラ。どうもバラケに来ている感じだ。それでもDscf0330バラケが抜けてからしばらく誘いをかけていると、2時少し前にズバッとウキが入ってやった1匹目!サイズもグーだし、ようやくこれから爆釣か。いや、なかなかウキの動きは良くならず、寄っているのかどうかも分かり難い。そして、バラケが抜けてからしばらく待っての2匹目は1匹目からDscf033120分くらい経ってから。やはりサイズもグー。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。せっかく調子が上がって来た感じがするのに。下ハリスが最初よりちょっと長くなってしまった。すると、そのせいかどうかは分からないが、急にウキの動きに合うようになって、3匹目ゲット!しかぁ~し、何故かデジカメのシャッターが押せない。どうやら電池切れになったようだ。仕方なく携帯でP1000330P1000331P1000332写真。ここでも時間のロスがあったが、それでもそれからポツポツと2時半までに2匹を追加して、何はともあれ宙での第2目標をクリアだ。まだ餌は充分あるし、何とか宙だけでも第3目標まで行きたい。しかぁ~し、ウキの動きがバッタリ。おそらくバラケの経時P1000333変化が大きな原因の一つだろう。2時半過ぎにもう1匹ゲット出来たが、その後はほとんどウキが動かない。それからはただ餌を打ってウキを見つめるだけの繰り返し。たまにウキが動いても、カラ。1回下鈎にバラケを付けてみたが、ズバッというあたりの果てにハリス切れではガクガクッというところか。底では1回も切れなかったハリスが、宙ではブツブツと切れた。本当に良く分からないなぁ。そしてほぼ1時間さっぱりのまま、3時29分に最後の1投も叶わず終P1000334了だ。やっぱり底で終わっておけば(本日のタラ・レバでした)。結果、宙では実釣2時間弱で6匹。底と併せれば実釣4時間半で30匹!ただし、底の小サイズは、「たも」に収めた際に鈎が外れている事があったので、実際はもう少し少ないかもしれない。片付け。太陽の高度が高くなって、ダム?そば以外はまだ充分日が当たっている。もう少しすると、暑くてこちら側には来なくなるだろうから、今日良い思いが出来たのは良かった。対面流れ込みは帰り、ワンドのP10003352人も片付け中。こちら側は坂の下と看板横は帰ったが、ダム?そばと階段下、ワンドはまだ残っている。風・波も収まってきたようなので、これから来るであろうゴールデンタイムに期待というところか。片付けを終え、崖?を登ると、河津桜はもう葉が主になっているが、ソメイヨシノの一部が開花しているのを発見!写真では分かり辛いかもしれないが、写真をクリックして拡大して見ると2つ3つ咲いているでしょう。駐車場に戻り、ベイシアで買い物をすべく池を後にした。
 
ダム?そばに入っていたら、良い思いが出来たかどうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

「グロリア」が再度放映される

「グロリア」がBSジャパン(7チャンネル)で4月2日から再放送される。時刻は午後5時。前回は最初から観なかったので、今回は連ドラ予約もして完全制覇するぞ!って、カットカット(70分→40数分)のものですが、何か?
「ソル薬局の息子たち」の再放送もある。こちらもBSジャパンで4月2日午後6時から。観るものがなくなったと思ったら、4月から目白押しだ。チャン・ソヒさんの「愛の選択」は、どうしようかな。時代劇もBSフジで「相棒(チャクペ)」と「階伯(ケベク)」。やたらと予約すると、前回のように知らないうちに消される番組が出るかもしれないし、困った。
 

 
もちろん釣りが優先ですよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

ワンドに入ったが、釣れない@増沢池

明日から天気が崩れるようなので、今日は多少風が強くても出掛けたい。が、いつものようにグズグズしていたら、あっという間に9時を過ぎる。こりゃぁ今日はお休みだと思ったが、家人を病院に送る事になったので、慌てて支度だ。駐車場に着いたのは10時10分頃か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、今日は日向側階段下辺りに2人。橋の下(しも)のワンドにも2人?看板横からワンドに向かっても4人。ジャカゴに1人とジャカゴの下(しも)のワンドにも先客がいるが、下(しも)のワンドが空いている。急いDscf0299で車に戻り、荷物を降ろしてヒイコラ。今日は日陰側にもへら師が入っている。深場流れ込みとワンドに2人ずつ。塩ビ管そばと橋の下に1人ずつ。結構多いなぁ。崖?を降りて先客に挨拶し、さあ準備だ。予想通り風・波はあるが、何とかなりそう。竿は11尺で底だが、今日は午後から用事があるので、終了は遅くとも2時。そこで、いつもならバラグルセットから入るのを、今日はいもグル単体で2時間くらいやってみよう。しかぁ~し、底取りの途中でハリスが絡むアクシデント。まだ何も釣らないのにハリス交換。ん、ジャカゴの下(しも)の人が終わった。今日はさっぱりで、一度ウキが動いただけ。ゲゲッ、そんなに厳しいのか?ウキの視認性はかなり悪く、多分底が取れたと思っての開始は10時39分。ん、第1投からウキが返すぞ。こりゃぁ地合になっているのかな。しかぁ~し、前回と同じくウキはフワフワで落とさない。じきに11時。私の右、前回Oさんが入った場所の先客が竿を曲げる。少なくとも私が始めて12時までに4回は竿が曲がった。さて、地合と言うかへらはいるようだが、時間帯が悪くて小波に太陽のギラギラターイム。ウキがほとんど見えないうえに、ウキの立つ位置もバラバラ。そんな中、ちょっと風・波が穏やかになったその時、ウキが返してからしばらく待っていると、ほんのわずか弱くウキがDscf0300入り、これに合わせると、あれっ、カラ?おっかしいなぁ、何かかかっているような気がするんだけど。うわっ、いきなり引き始めたぞ!沖に逃げるのを何とか堪えて寄せれば、やった1匹目。私の柔らかな合わせに、へらも気付かなかったと言う事か(自画自賛)。さあ、この調子でゴー!しかぁ~し、やはりギラギラでウキの動きが分からない。返しているようにも見えるし、流されたウキが戻したようにも見える。11時半を過ぎ、段々集中力がなくなってくる。ウキが動くか動かないかではなく、ウキの視認性が改善しない事で、早くも嫌気が差した感Dscf0301じ。そして、餌打ちしてからボンヤリ下を向いていたら、竿がガタンとなって穂先がしなった!ヤバイ、慌てて合わせると、やったかかってます。しかも口。ほぼ反則だが、喜んでカウントさせていただきますよ。が、その後はウキの返しもなくなり、餌打ちマシンと化した私がそこにいた。開始1時間も過ぎ、12時のサイレンも。グルテンも干からびてきたようだし、これを打ち終えたら終わろうかな。そして12時20分に餌が尽き、一旦終了だ。結果、実釣1時間40分で2匹。さて、どうしようかな。予定通り終わろうかな。でも、まだ時間の余裕はある。ここは再度餌を作って続行だ。今度はα21とわたグルを半々に水1を、2時終了を目安に作る。そして再開すると、いもグルでは鈎にグルテンが残る事はなかったが、今度は大丈夫。しばらく待っても落ちないだろう。すると、数投後の波が弱くなった時に、餌を打つDscf0302とすぐにウキが返してムズッと入ったではないか。こんなはっきりとしたあたりは今日初めて見た。これを逃がす馬鹿はいないでしょう。バッチリ合わせるとやったかかりました!続行の意味はあった。さあ、今度こそ爆釣だ。しかぁ~し、その後は風・波が穏やかになることはほとんどなく、餌の落ちる場所もまちまちに。ウキの返しもなくなってきた(見えないだけ?)。1時過ぎに1人やって来て、空いている私の左に入った。今日はグルテンだけで打っているからダメなのか、ハリス長に問題があるのか、頭では考えるが行動に移す事もなく、ただただ餌打ちマシンとなった私。途中1回だけカラが出たが、あとは何もないまま、遂に最後の1投。もちろん放置プレイですが、何か。すると、散々放置したおかげか、最後の1投であたり!やった「上がりべら」ゲットか、と意気込んだが、残念寄せる途中でバDscf0303ラシ。ガクガクッ。鱗が付いてきた(どっちみちダメじゃん)。終了は1時41分。予定よりやや早めに終われた。2回目の底は実釣1時間20分弱で1匹。トータルでは実釣3時間で3匹。前回並みと言ったところか。片付け。波は一向に収まる気配がない。ただ、大分気温が上がってきて、過ごし易い感じだ。片付けを終え、駐車場に戻る。やっぱり遠いなぁ。へら師の数はそんなに減っておらず、皆さんゴールデンタイムを待っているのかも。荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
やはり手順を追っての釣りにしよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

ジャカゴに入ったが、釣れない@増沢池 with yurieさん、バットさん、Oさん、masaさん and 岡ジャミTAKAさん

Dscf02882週間に及ぶ休竿から、昨日は散々の再開だったが、今日は増沢だからまさか凸はないでしょう。ジャカゴでyurieさんとバットさんが待っている?ので、早く家を出なければならないのだが、いつもの如く出発は9時過ぎ。後からmasaさんも来るし、Oさんもジャカゴの下(しも)のワンドで竿を出しているようなので、今日はオールスター揃い踏みだ。池に着き、車から荷物を降ろして橋を渡ると、Dscf0289へら師は階段下付近からダム?まで誰もいない。最早へらは浅場と言う事か。あっ、河津桜はもう葉が出ているではないか。ソメイヨシノの蕾はまだ固そうだが、確実に春は来ている。まずはワンドの下(しも)にいるOさんのところに行って挨拶。ようやくウキがモゾモゾし始めたところらしい。ジャカゴ寄りのワンドに入っている人にも訊いてみたが、まだまだこれからという感じ。そこからグDscf0290ルッと遠回りしてジャカゴに入り、お二人にも挨拶。yurieさんは12尺の宙、バットさんは8尺の底だが、7時過ぎから始めているが、まだあたりを見ていないとの事。これは困った。今日は爆釣の予定で来たのだが、凸の回避が第1目標になってしまった。まあ、とりあえず準備しよう。バットさんの左に入る。バットさんが8尺で底の状態が良くないようなので、私は9尺にしてみる。餌はいDscf0291つものバラグルセット。ハリスの片方にパーマがかかっているが、気にせず底を取り、開始は9時45分。防寒はバッチリで寒さの問題はないが、心配は風・波。でも、私が来る前より穏やかになったと言うので、何とか1匹。すると、第1投でウキが馴染んだと思ったらすぐに戻した。あれっ、バラケが抜けたかな。それとも底取りが悪いのかな。何度となく底取りするが、合っている。それでうまく馴染みが出ないなんて、一体どうなっているのか。風・波も出て来て、ウキの動きが何なのかさっぱり分からないまま時間が過ぎる。いつしかmasaさんがやって来たが、我々の状況を聞いてジャカゴ入り口の辺りに移動。その後11時頃なのか分からないが、yurieさんがこの釣りにのめり込む原因となったTAKAさん登場。長髪のイケメンで、アングラーの吉田康雄さんを思わせる。それまでに1回だけあたりを見たが、その後さっぱりの私のウキの動きを見て、これは難しそうとコメント。私はちょうどハリスを縮めようと思っていたところなので、いろいろとアドバイスをいただいた。ありがとうございました。TAKAさんはじきに帰った。さて、下ハリスを切って上ハリスに変更し、ウキ下を調整して再開すると、それまでとは全く異なるウキの動き。何となくあたりが近付いてきたか。そしてムズッとウキが入る動きに合わせると、やったかかりました!しかぁ~し、すぐにバラシ。いいぞいいぞ(一で二三さん風に)。更にウキがグッと入るあたりに合わせると、今度こそかかったでしょう!しかぁ~し、寄せる途中でへらの向きがおかしい事に気付く。そうです、久し振りの擦れ。最近は擦れて上がってくる事はほとんどなく、大抵はバラシかハリス切れだったのでちょっと感動するが、どのみちノーカウントですから。すると、次はウキがズルッと入るあたり!もちろん合わせますが、今度はアッパー。2回目は感動しません。悔しさが募るだけ。ハリスを詰めてあたりは出るようになっても、擦ればかりでは仕方ない。ウキ下を調整するが、再度のバラシでガックリ。そして開始2時間を過ぎ、12時のサイレンを聞く。釣り台を直置きしているので、腰が痛い。12時のサイレンを機に休憩だ。そしてOさんに状況を訊いてみると、何と8匹をゲットとの事。擦れも多いそうだ。こちらは未だ凸まっしぐら。このままでは写真さえも載せられない。何とか1匹PART2。それまでにバットさんは竿を10尺にして1匹出している。底の状態が良くなったのが原因らしい。yurieさんは相変わらず厳しいようだが、へらがいる雰囲気はあるようだ。さて、昼食を終えて再開するが、その間に風・波がかなり強くなっている。それで右の木の枝に仕掛けをかけるアクシデント。ハリス1本の被害で事なきを得るが、実はその後・・・。波でウキの動きは良く分からないまま、とにかく餌打ちだけは続けていると、遂に開始3時間を過ぎる。いよいよ凸が濃厚になってきた。が、残った餌を丸めて、これが尽きたら終わろうかどうしようか考えているDscf0294と、風・波がやや穏やかになった1時少し前、ウキがフワッと返してからチクッと入った。これに反応すると、やったかかりましたよ!今度は擦れていないようだ。やれやれ、凸だけは免れた。が、その後はもう一度バラシが出た後、1時13分に餌が尽きて一旦終了。結果、実釣3時間半で1匹(トホホと言うべきか、頑張ったと言うべきか)。まだお二人は終わる様子がないので、とりあえず凸はなくなった事だし私もお付き合いさせていただきます。ただし、いもグル単体で遅くとも3時には終われるような量を作る。そして再開すると、軽い餌のせいかウキがなかなか入らなかったり入る途中で変なあたりが出たりと、地合なのかもしれないが、かなりやる気が出て来た。が、最初のあたりではまたもバラシ。沖に走られるのは水深が浅いので仕方ないのだが、擦れているのかなぁ。ウキ下を微調整するが、ウキは餌落ち付近まで戻した後にシズシズと馴染む、を繰り返し、一向にあたりにならない。おまけに強い風・波とあっては、一体どうすれば良いのか。が、そんな中、1時半頃Dscf0295に餌落ち付近まで返したウキがスッと入り、これに合わせればやった2匹目ゲットだ!おおっ、サイズもグー。地合でも何でも良いから、釣れればこんな嬉しい事はありません。すると、それからじきに再び同じようなウキの動きで3匹目ゲットだ!凸まっしぐらから、何と第2目標を覗えるとこDscf0296ろまで来るとは、釣りって本当に分からないものだなぁ。が、喜べたのはほんの束の間。すぐにウキがモヤモヤに逆戻りで、あたりなど貰える筈もない。風・波は依然として出ている。2時頃になって、yurieさんの竿が曲がった!それまで何度も消し込みが出ていながら、なかなかかからなかったのだが、遂に結果を出した。素晴らしい。私の方は風で仕掛けをうまく振り込めず、再度の木の枝に仕掛けがかかるアクシデント。「たも」で木の枝を払って仕掛けを取り戻すが、木の枝に仕掛けが絡み付いて、解くのに難儀。ハリス2本をロストしたので交換するが、さっきまでと長さが違ってしまった(やや長め)。ウキ下を調整して馴染みは確保したが、さっきまでより更にフワフワが大きくなる。そして風・波でウキがシモり過ぎて見えなくなる。最早どうしようもない。早く打ち終えて終わろう、そんな事を考えていたDscf02972時半過ぎ、シモッてほとんど見えなくなったウキが更にシモッたのかスッと見えなくなった。半信半疑で合わせると、やったあたりでした!良く分からないが1匹は1匹。これで第2目標にリーチだ。が、その後はウキの上下は出てもあたりは出ず、1回だけ出たあたりも沖に走られてバラシ。3時18分に餌が尽きて今度こそ正真正銘の終わり。結果、2回目の底では実釣2時間でDscf02983匹。総計では実釣5時間半!で4匹。残念ながら第2目標はクリア出来なかったが、昨日に比べたら御の字だ。それに久し振りの長時間の釣りにも満足。片付け。バットさんは驚異の粘りで2匹目?をゲットしている。片付けを終え、崖?を登って駐車場に戻る。masaさんはまだ続行だが、何匹出たのか訊くのを忘れた。Oさんは既に姿がない。が、駐車場に戻ると、Oさんが声をかけてきた。今日は足場が悪くてグチャグチャになったが、16,7匹は出たようだ。私と同じく両グルテンが良かったらしい。次回は東屋の下に入ると言うが、あそこは型が小さいのでどうか。その後yurieさん、バットさんと挨拶して解散。私は咲き始めたモクレンを見ながら家路に着いた。
 
まだ乗っ込みには早いのかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

ヤマハヤングジャンボリー

またまた「ようつべ」で見つけました。私が小学生の頃、土曜の6時頃からやっていた記憶がある。
note君を誰かが呼んでいる 若者たちのあの歌がnote
番組の内容はほとんど覚えていないが、西郷輝彦さんが歌うこの主題歌だけは何故か頭の片隅に残っているのだ。

 
私の頭の中は歌ばかり?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開初日は凸か@浜北新池

Dscf0284今日は予定が混んでいるのだが、相変わらずの8時過ぎ起床。慌てて朝食を摂り、まずは墓参り。快晴だが風が強く、このあとの釣りの防寒は弱過ぎたかも。お寺には梅がきれいに咲いていて、お彼岸で来ている人も多い。ささっとお参りを済ませ、次は家人を病院に送り、それからやっと浜北新池に向かう。時間帯が遅くなったせいか、道路は混んでいる。あっ、しばらくぶりに走ったモクレン通りにはポツポツと花が咲いているではないか。春はゆっくりではあるが来ているんだなぁ。やっと池に到着すると、おっ珍しく先客あり。左岸の平らなところで竿を出していDscf0285る。私はいつもの通り堰堤の右端。ここは風に強いと思ったが、結構吹いているなぁ。さあ準備だ。2週間の休竿で、気持ちが逸る。竿は15尺で底。餌はいつものバラグルセット。風が強くて餌が飛び散り、多少少なめに出来たかもしれない。ウキがシモッて思うように底が取れないが、あとから調整だ。開始は11時13分。じきに12時だが、今日は昼食の用意をしていないので、出来るだけ早く結果を出して終わろう。しかぁ~し、この池はそんなに優しくなかった。3月も半ばを過ぎているのに、水は冷たい。おまけに強い風でウキの立つ位置がバラバラで、これでは再開初日は凸の雰囲気が強くなった。と、先客の竿が曲がった!ずっと見ていた訳ではないが、その後何もないような感じになったので、ひょっとしたらバラシたのかも。そして、12時のサイレンが鳴る前に静かに帰った。全く気付かなかった。さて、ウキは返しもフワフワもないままで、へらがいるのかも分からない。そこで、いつものように両グルテンで打ってみるが、変わらず。が、早く餌を落とし過ぎではと、しばらく待ってみると、かなりシモッたウキがそこから更にムズッと入り、これが今日初めてのウキの動きだったが、迷わず合わせるとやったかかりましたDscf0286よ!左肘には悪いが、今日初めて感知したあたりでゲットとは嬉しい。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せる途中でガックリ。30cmはあるマブナでした。まあ、何も釣れないよりはましだし、この後へらが来るかもね。が、それから再び元の木阿弥状態。何処かで鶯が鳴いていて、風さえなければ春の暖かさなのだが、この池は真冬か。ネタばらしをすると、今日のあたりは12時過ぎの1回だけだったのだが、私が感知した数なので、風・波で消されて本当はもっとあったのかもしれない。その後淡々と餌打ちをするが、もちろん手をこまねいていた訳ではなく、ウキ下の微調整やら餌付けやら変化を付けてみるが、効なし。そのまま1時を過ぎ、更に2時に近くなる。風は突然竿が竿掛けから外れるくらい強く吹いたりして、防寒が弱い私は早く終わりたい。ただ、マブナ1匹だけでは仕方ないので、いよいよラストスパートだ。しかぁ~し、2時を過ぎても何も変わらず、結局2時11分に最後の1投も甲斐なく終了だ。結果、実釣3時間で凸。休竿明けはこれくらいにしておいてやろう。ん、何故か風が弱くなったぞ。Dscf0287でも続行はありません。何故なら腹が減っているから。片付け。途中バサーも来たようだが、こちらもいつの間にか去った。片付けを終え、車に戻る。荷物を積み込んだ後に鏡で顔を見たら、何と両目の目頭と目尻には乾いた目ヤニが大量にガビガビに付いているではないか。あれだけ強い風なので、きっと花粉が目にも入ったのだろう。花粉症の症状は特に出なかったが、気を付けないと。さあ、明日は増沢でジャカゴ。まさか凸はないと思うが、甘いかな?そろそろと池を後にした。
 
ま、こんなものでしょう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

昨日のこと

Dscf0283昨夜、バットさん曰くの高級回転寿司「スシロー」西丘店に行ってきた。
平日なので楽勝かと思ったら、何と待ちになっているではないか。それに、店内の様子がおかしい。しばらくして呼ばれテーブルに向かうと、あれっ寿司が流れていない。そうなんです、何かのトラブルなのか客が多過ぎるのか、レーンには本当にポツポツとしか寿司が流れていないんです。まあ、別に急いでいる訳でもないし、タッチパネルで多めに注文してお茶を飲んでいると、やっと来ましたよ。
あまり急いで食べると、次また待たなければならないので、これまたゆっくり食べていたら、そのうちレーンにそこそこ流れるようになってきたが、ゆっくり食べ過ぎたのとお茶の飲み過ぎで残念満腹信号が出てしまい、いつもより少ない皿で終了となってしまった。
清算してもらいレジに向かうと、うわっ、さっきより人が待っているぞ。待ちスペースはほぼ満員。立っている人多数。平日(木曜)なのにこんなに繁盛しているのか!給料日前でもないし休み前でもない、一体どうして?
まあいいや、私は食べ終わったし。そそくさと店を後にした(あれっ?)。
 
写真のシクラメンは数年前に椿?でもらったもの。一度芋だけになったのだが、何故か今年花を付けた。
 
こちらもポチッと宜しく根!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

フォークギターソング

録画しておいた、BS日テレで徳光さんが司会の音楽番組を観た。その中でアルフィーの坂崎幸之助さんが、よしだたくろう以降のいわゆるフォークを、フォークソングではなくて「フォークギターソング」であると言ったをの聞いて、ビックリすると同時に共感してしまった。
私も学生時代にフォークギターを使って曲を作り、いわゆる「フォークソング」として歌っていたが、今思い返せば確かにフォーク「ギター」ソングだったなぁと膝を打った次第。
 
つま恋には私も行きました
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「愛を信じます」が終わった

Love_2「女人天下」「ホジュン」でお馴染みだが、最近ドラマで見なくなっていたパク・チュミさんが出演するというので観始めた「愛を信じます」「ソル薬局の息子たち(4兄弟)」のスタッフが手がけたと言う事で、高視聴率を義務付けられたような番組だったが、20数パーセントは取ったものの大成功とは評価されなかったらしい。
それはさておき、パク・チュミさん目当てで観始めたこのドラマだが、途中から段々面白くなってきた。詳しい説明は省くが、日本にも昔あった大家族や人間関係の濃さにノスタルジーを感じてしまうのだ。もちろん今私にその中に入れと言われても困るが(あくまでノスタルジー)。
そして昨夜の最終話では、それぞれの家族・夫婦が愛を確かめ合って終わった。何の変哲もない普通の終わり方で、多少拍子抜けする感はあったが、これがまあ妥当なところでしょう。ほのぼのとした気持ちにさせられて、悪い気はしない。
気になった俳優さんは、ソル薬局でも出ていたイ・ピルモさん、冬ソナでヨン様の先輩役だったクオン・へヒョさん、それにキム家の養女役のファン・ウスレさん。
たまに観ていた「エンジョイ・ライフ」も終わり、「かぼちゃの花の純情」も来週には終わる。時代劇は長過ぎて、幾ら面白くてもなかなか観続ける事が出来ないので、やはり現代劇が私には合っているが、そろそろ見るべきものがなくなってきたか。まあ、少しは楽になるかもね。
 
日本のドラマを観なくなった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

クラシックでも聴いて:その25

Docu0015遂に50枚組の半分まできた。買ってから聴き始めるまでも長かったが、1枚目を聴き始めてからも随分長い道のりだった(しみじみ)。最近ようやくペースアップ出来て今日を迎えた訳だが、今後もこのペースで完走だ。
さて、今日も良い天気だが、気温はそれほど上がらず、風も冷たい。それで体調を狂わされたのか、喉に違和感が。ずっと咳払いばかりしている。もう少しで休竿期間が終わるので、さっと竿を出せるように体調を整えておかなければならないのだが、ひょっとして休竿が長引くかもしれない。今更だが体調に留意しよう。
 
いやぁ、25枚は長かったなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

震災から1年経った

Docu0014ちょうど去年の今日、2時から始まっていた「タルジャの春」を観ていたら、急に大きな揺れ!それもガタガタというようなものでなく、ユラーリユラーリというような、今まで経験した事がない揺れに驚いた。テレビの画面は切り替わり、東北地方に大きな地震があった事を報じている。それから先は大津波、そして原発事故。亡くなられた方々は15000人以上、また現在も避難生活を送っている方々は34万人以上と多くの犠牲者を出した大震災は、その後とりあえずの小康状態となったが、復興の足取りは遅く、放射能の危険は未だ収まっていない。
今日は残念ながら移動途中だったので黙祷は出来なかったが、今鎮魂の曲を聴いている。
 
少しでも早い復興を!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

クラシックでも聴いて:その24

Docu0013夕方になって天気も回復し、明日は好天に恵まれるだろう。時の流れは速くて、あの震災からもう1年が経とうとしている。私の誕生日の次の日なので決して忘れる事はないだろうが、明日は震災で亡くなった方への鎮魂の意味でレクイエムを聴こう。
 
 
来週は再び冬の寒さが蘇るようだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

クラシックでも聴いて:その23

Docu0012今日は曇りで気温もそれほど上がらないようだ。そしてこのところの気温の乱高下のせいか、かなりだるい。昨日はあれほど張り切っていたのに。
そんな訳で、予定通り?クラシックを聴く事に。OG氏からは昼食のお誘いがあったが、次回にしてもらった。スミマセンでした。
 
ゴロゴロしていると、余計にだるくなる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

三遠南信を走ってみた

やっと重い腰を上げ、今日はちょっとだけ遠出だ。家人を病院に送るついでに、先日部分開通したばかりの三遠南信を走ってみる。以下はうろ覚えの時刻ですので、あまり参考にならないと思います。
家を出たのは9時55分頃。257を北上するが、事前に調べておいた場所が意外と遠くて、1回車を停めてナビで調べてみる。ああっ、ゴルフ場の北側の道、47号線はもう少し先のところだった。渋川方面かぁ。そしていよいよ10時半頃に新しい道に入る。三ケ日のジャンクションに向かう道の横から入って、緊張の走行が始まった。
Dscf0277Dscf0278写真には余計なものが映り込んでいるが、気にしないでください。
さて、まだアスファルトが新しい片側1車線の道に入ったが、私の前後には誰も見えない。反対側車線にはポツリポツリと車が見えるが、開通したばかりでこれ?以前道路公団で話題になった、熊しか利用しない道と同じか?確かに鳳来まででは、一部の人しか恩恵には預からないだろうが、それにしても・・・。
そして途中からトンネルばかりになるが、三遠トンネルというのが長い!トンネルに入る際によく見なかったのだが、何と4.5kmある。鳳来峡ICまでは12kmだが、その3分の2以上がおそらくトンネルだろう。
法定速度(70km/h。トンネル内は60km/h)を守り(一部ちょっとだけスピードが出たかもしれない)ながらも、鳳来峡ICを抜けたのは10時40分頃。おおよそ10分で鳳来だ。それから右折して151に入ると、じきにペンション「赤とんぼ」の看板。ついでに鳳来湖まで行こうかと思ったが、止めてUターン。再びさっきの道に戻り、今度は浜松に向けてゴー!
Dscf0280Dscf0279ちょっとモタモタしたせいで、三遠南信に入ったのは10時48分頃。帰りも道はガラガラで、法定速度を守って引佐着はジャスト11時。以前鳳来まで行った際には、途中の257が混んでいた事もあって1時間半くらいかかった記憶があるが、この道路を使うとおおよそ半分の時間で鳳来まで行ける事になる。道はタダだし、ガソリン代も浮くよ。
Dscf0281_2Dscf0282そして家に到着したのは11時半過ぎ。往復で約1時間半。鳳来がグッと近くなった気がする(もちろん、鳳来湖までと湖畔の道の時間は別だが)。
さあ、次は第2東名が開通したら、御殿場から入って三ケ日のジャンクションを抜け、三遠南信まで行ってみよう。今の状態では非常にもったいない道路だが、第2東名の開通で少しは使用者が増えるかもしれない。今のような部分開通のままでは税金の無駄遣いとそのうち責められるかもね。
 
P.S.そうそう、行きには気付かなかったのだが、帰りの道で引佐天池に曲がる交差点にあったコンビニがなくなって、中華料理屋になっていたのを見つけた時にはビックリしたなぁ、もう。
 
最初は緊張したし、長いトンネルが怖かった
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

クラシックでも聴いて:その22

Docu0011今日は昨日ほどではないが暖かい。当然何処かに出掛けようと思うのだが、気が付けば家の中。こんな時はノルマ?をこなそう。と言う事で、パソコンに向かいながらメンデルスゾーンを聴いている。今まであまり馴染みがなかったのだが、前回のように何処かで聴いた事がある曲だったのは驚き?
今日の曲は「宗教改革」という副題の交響曲だが、これは聴いた記憶がなかった。Wikipediaで調べたところ、メンデルスゾーンの存命中、何度も自身によって改定したが、最後まで本人は納得できず、「楽譜を破り捨てたいくらい気に入らない」曲だったようだ。自分に厳しい人だったんだなぁ。
 
明日からまた寒くなるらしい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ビリー・ホリデイその5

Docu0010買い過ぎたCDに背中を押される形で、やっとビリー・ホリデイを聴き終えた。個人的には4枚目がかなり心に沁みた感じ。全体的にもグーだったので、mp3にしてこれからも車中で聴く事にする。
そうそう、格安5枚組1500円でもライナー・ノーツが付いていたのにもビックリだ(ただ、英語なので読みませんが、何か)。これとマイルス・デイヴィス(こちらも5枚組1500円でライナー・ノーツ付き)は箱もしっかりしていて、何となく得をした気持ちになれるのが嬉しい(えっ?)。
 
次はクラシック50枚組かぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遠南信は明日に

Docu0007朝はまだ雨が降っていたので、予定を変更して床屋に行く事に。もちろんダイシン理容ですよ。帰りには近くのセブンイレブンでCDを3組受け取ってくる。
一つはエラ・フィッツジェラルドの3枚組。後で気付いたが、5枚組1000円の中にも同じ人のものが入っていた。ちょっと残念だが仕方がない。あとは5枚組1000円を2つ。「スイングジャズの巨匠たち」と「シャンソンベスト100」。
Docu0008Docu0009が、出かける頃になったら快晴?しかもかなりの暖かさ。初夏と言っても良いくらいか。こうなると着ていく物がない私、何とか整えて11時頃に出発。あっ、行こう行こうと思いながらなかなか行けなかったベトナム料理店がなくなっている。ガックリ。この不景気で食べ物屋さんも大変なんだろうなぁ。
床屋で30分くらい、それからセブンイレブンでCDを受け取り、nanacoで支払ったら、何と残高が9円!ビックリしたなぁ、もう。新たに5000円チャージしておいた。まだ時間はあるが、三遠南信は明日以降にしよう。
そうそう、今日はカラオケスナックは休みの筈なのに、午前中から車が集まってきて、既に満車。徒歩で来る人もいるので、一体何人が集っているのだろう。ここで確認ですが、私はカラオケスナックの存在を否定するものではありません。ただ、音量をもう少し下げてもらいたいだけ。ただそれだけです。
 
三遠南信でなくても、何処かに出掛けたい気分(あくまで気分ですよ)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

ビリー・ホリデイその4

Docu0006今日も雨。春は一歩一歩近づいているのだろう。
そして今日もゆっくりとBGMを流しながらのブログ更新。今日の1枚は何とも穏やかで柔らかい感じ。心の中を徐々にほぐしてくれる。残念ながら酒を片手にとはいかないが、カラオケスナックも途中休憩に入ったので、気分は良い。
さて、明日は開通したばかりの三遠南信の引佐ICでも探しに行こうかな。mapfanで見てみたが、新し過ぎて載っていないのか、私の探し方が悪いのか見つからなかった。
新東名のジャンクションも何処にあるのか分からないし、果たして辿り着けるか?
 
そうそう、7ネットから2組のCD(5枚組1000円)が明日セブンイレブンに着くと連絡があった。今日着いたのと併せて受け取りに行かないと。
 
引佐に行くかどうかは明日の気分次第
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

ビリー・ホリデイその3

冷たい雨が降っている。今日は予報では曇りだったので、増沢にでも出掛けるつもりだったのだが、6時半に一旦目覚めたものの、ハッと気付いたら8時半を過ぎているではないか。その後もグズグズしているうちに時間はどんどん過ぎ、この体たらくとなってしまった。雨が降ったので行かなくて良かったとおもっている私。復活なんて一体何処の誰の話なのか。
Docu0005こんな日は、溜まっているCDを消化する良いタイミング。だが、こちらもコタツでぬくぬくやっているうちに時間が過ぎ(オイオイ)、やっと今日の1枚目。
まだ3枚目/5枚組。
先日書いたように、この後何とやらという女性歌手の3枚組が控えている。さっきセブンイレブンに到着したとメールがあったので、取りに行かないと。
実は、masaさんではないが、最近5枚組1000円という7ネットからのメールが来たので、こちらも2組買ってしまったのだ。Oh,my god!
これも近々到着するだろうから、新たに13枚のCDが聴かなければならないリストに追加されたと言う事。何度も書いているように、クラシックCD50枚組のうち、まだ半分も消化していない段階での大量の追加。一体どういう順序で聴いていけば良いのか。
 
今年はもう絶対に買わないぞ!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

マブナに感謝すべきだろうか@浜北新池

今日は大楽地にでも行こうかと思っていたが、出だしでつまづいてしまい、時間的な余裕もない事から浜北新池に変更だ。出発は9時半過ぎ。一応防寒をバッチリして来たが、池に着くと快晴で暑い。仕方なく車の中でインナーを脱ぐ。堰堤を登れば、おおっ多少風はあるものの、抜群の環境。今日は葦の茂みのそばに陣取る。さあ準備しよう。今Dscf0270日も竿は15尺で底。餌はもちろんいつものバラグルセット。ちょっとゴミが気になるものの、底を取っての開始は10時27分。増沢のようにへらが動き出していれば良いのだが。が、まずはウキの馴染み幅がうまく出ない。底は合っている筈なのに。その後数回底を取り直したが、結局ウキ下を詰める事でしか解決しなかったのは何故だろう(キチンと底が取れていないのだろう、多分)。さて、しばらく餌打ちするがウキに動きなし。まあまあ、まだ時間はある。ボチボチ行こう。しかぁ~し、増沢と同じようなウキの動きを期待し過ぎているのだろうか、全く動かないウキに次第にイライラしてくる。気が付けば11時を過ぎ、更に11時半。開始1時間で1回もウキが動かないとは、この池のへらはまだ冬眠中なのか?1月、2月より水温も上がって来ているのに、何故?そして悲しいかな、12時のサイレンが鳴り響いて来るではないか。後でよくよく考えると、活性のある時期でもそんなにウキが動く池でもないのに、焦って気持ちが空回りしていたようだ。12時のサイレンを聞きながら、買って来たおにぎりを食べようかどうしようか考えるが、食べるような状況ではないとそのまま続行。昼食は釣りが終わってからだ。上空雲が厚くなって体感温度も下がってくる。さらに風・波も出て来て条件は悪化する一方。ところが、そんな中ウキが返したような気がして来た。風でウキが流されながら底をなぞっているのかもしれないが、ビクともしないよりはましだ?そして右に流されたウキがフワッと少しだDscf0271け返した後にチクッと入るのを見逃さずに合わせれば、やったかかりました!今日初めてのウキの動き、そしてあたりに合ったゾ~ッ。しかぁ~し、寄せる途中でガッカリ。地べら風のマブナだった(地マブというネーミングはおかしいか)。サイズは30cmあるが、残念。でも何もかからないよりはましだ。マブナ君、ありがとう。ちょうど開始2時間経過。さあ、この調子で次はへDscf0272らをお願いしますよ(誰に頼んでいる?)。しかぁ~し、今度は前触れなしにいきなりウキがチクッと1目盛入った。もちろんバッチリ合わせるが、やはり引きが・・・。そして上がって来たのはまたもマブナ。これは口が伸びていて、以前釣った奴に違いない。左肘にはかなりの負担になったが、完璧に何も釣れないよりはましか。彼らには感謝した方が良いのだろうなぁPART2。その後は再びウキが静かになるが、集中力は途切れないようにしていたつもりが、ほんのわずかの間ボーっとしていたのだろうか、痛恨のあたり見逃し!これは大きい。いかんいDscf0273かん、再度集中だ。すると、1時少し前になって、シモッたウキが小さく入るのに合わせれば、やった今度こそへらだ?しかぁ~し、しかぁ~し、今度もマブでした(ガクガクッって言ってもいい?)。いずれのマブも30cmオーバーで引きが強く、楽しいかと言われれば楽しくない事はないが、やはりへらが欲しいのが本音(何と言っても「へらぶな釣り」ですから)。今日は結構大きめに餌付けしたつもりだが、餌打ちのインターバルが長かったせいか、1時を過ぎてやっと餌が終わりに近付いた。残りを全部丸めて釣り台の上に置き、餌ボウルには水を入れてこびりついたグルテンをふやかしておく。そして遂に開始3時間。今日はへらにはDscf0274お目にかかれないか。すると、ウキがズルッと入り、これに合わせるとかかりました!今のあたりでは擦れたか?いや、ちゃんと口にかかってましたよ。ただしマブナですが、何か。サイズは30cmオーバーをキープ。以前Oさんがこの池でマブナを5匹釣ったと聞いた事があるが、これはまさにマブナ地獄。左肘もかなり疲れました。マブナだけでの第2目標にはリーチだが、これはクリアしたくないなぁ。そしてようやくあと数投で餌が終わるところまで来た。バラケの方が多いので、消化するために両ダンゴにして打ってみる。すると、わずかに返しが出た後に、小さくチクッというあたり!これは見逃しませんよ。ガッチリ合わせればかかDscf0275りました!あれっ引きが弱いなぁ。サイズ小のマブかな?あっ、これは・・・。やったへらだ!しかも30cmオーバー。35cmくらいはありそうだ。やったぁ(感動)・・・。これもマブナさんのおかげか。やはり感謝すべきだろうPART3。それから残った数投を打ち切って、1時58分に終了だ。結果、実釣3時間半で1匹。この1匹は大きい。もちろんマブ4匹も楽しませてもらいました。片付け。見れば左Dscf0276岸に1人入っている。これから気候が良くなるので、人も出てくるようになるだろう。私が終わる頃になって、ようやく日差しが復活。波も穏やかになったが、もちろん続行などありません。片付けを終え、車に戻る。そして車中で遅い昼食。今日は途中、同じ凸なら大楽地に行った方が良かったかなぁと思うこともあったが、結果オーライとはこの事か。さあ、ベイシアに寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
P.S.ベイシアで飲み物のコーナーに行ったら、いつも買うトマトジュースが棚からなくなっているではないか。最近トマトが健康に良いとかテレビで流されたのが影響しているようだが、元来のトマト好きでいつもトマトジュースを飲んでいる私には迷惑以外の何物でもない。前から言っているように、何かを食べたり飲んだりして健康になると言うことはありませんよ。「あるある大辞典」で懲りていないんでしょうか。ガックリして家路に着いた。
 
やっぱりマブナには感謝でしょう
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

クラシックでも聴いて:その21

Docu0004こんな雨の日には、部屋でパソコンに向かいながらクラシックでも聴くのがベター。最初の曲「イタリア」は、何処かで聴いた記憶があるが、思い出せない。まあいいや、BGMとしてボンヤリ流しておこう。なんて事は出来ないくらい素晴らしい。

そうそう、昨夜またまた7ネットでジャズの3枚組CD1000円を購入してしまった。エラ・フィッツジェラルドがガーシュィンを歌うというもの。名前は何処かで聞いた気がするが、彼女についての私が持っている情報はほとんどなく、まさに勢いでクリックした感じ。じきに入手出来るだろうが、聴かなければならないものが増えるばかり。
 
格安に弱いのは何故?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「白い嘘」が終わった

昨日は釣りに出ていて観られなかったので、後で録画を観たが、最終話はやはりこんなものなのかと思ってしまった。皆が皆急に善人になってしまう。そして諸悪の根源だった母親が亡くなり、重体だったヒョウンが意識を取り戻す。これでいいのか?これ以外の終わり方はなかったのか?
更に、元々は70分あるのを無理矢理40数分に縮めるのだから、おおまかなストーリーは分かっても一部繋がりが悪いところなど、観ていてちょっと違和感を覚える事も。
それでも、憎しみが人生のエネルギーになる事はあっても、復讐だけで人生を生きる事の虚しさだけは伝わってきた。
さて、次は「その女」というドラマらしいが、継続して観るに値するか、今日の第1話が勝負だ。あ、一応連ドラ予約はしておいたけど、何か?
 
大分観るドラマが減ってきた
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

浅場ワンドにもへらが@増沢池 with O名人 and Oさん

「リハビリそして復活への旅」シリーズは前回で終了。今回からは特にテーマなしで行きます。
 
今日は好天で風もほとんどなく、気温も14℃くらいになるようなので、これは行かない訳にはいかないでしょう。一応5日からはしばらく竿を出さないので、それまでに何とか数を稼ぎたい。家を出たのは9時前。駐車場に着き、まずは橋から池の様子を覗うと、日向側浅場では看板横付近に数人いるが、ワンドからジャカゴにかけては誰もいない。これ幸いと車に戻り、急いで荷物を降ろして橋を渡る。坂の下り際からワンドの左端(葦の茂みの端)に向かう。うわぁ、良い天気だ。予報どおり風もなく、湖面は凪状態。さあDscf0251準備しよう。と、ここで私の右のワンドに1人やって来た。あっ、O名人だ。清水ツアー以来。今日は4連休の最終日で、昨日一昨日と1人で2泊3日の東京居酒屋ツアーをこなしたばかり。タフですねぇ。名人にいろいろ訊きながら、竿は11尺に決定。餌はいつものバラグルセット。底を取ると、ゲゲッ、ウキからオモリまで60cmないくらいだ。空振りなどしたら、間違いなく仕掛けトラブル発生。充分気を付けよう。開始は9時33分。名人も少し遅れて開始するが、じきにあたりが出たと言うではないか。私のウキは静かなもの。開始早々はウキが馴染みながらモヤモヤしたように思えたが、おかしいなぁ。そのうち予報にない風・波が出てくる。ウキの視認性に問題はないが、ちょっと涼しくなった。さて、しばらくすると名人の竿が曲がった!さすがとしか言いようがない。私のウキは相Dscf0252変わらず静かなまま。そして10時を過ぎる。すると、いきなりウキが小さく入り、慌てて合わせるとやったかかりました!気配は全く感じなかったが、釣れたからまあいいでしょう。サイズも予想通りのグー。たかだか1mもない深さでこういうのが釣れるのも今だけか。が、その後は再びウキの動きがなくなる。モヤモヤとかは全くなく、へらがいるのかどうか分からないまま餌Dscf0253を打ち続けると、しばらくしてまたも前触れのないあたり!そして2匹目。グーなサイズが釣れたのは嬉しいが、何かスッキリしない感じで、これでは「完璧!」とは叫べないなぁ。その後は再びウキが静かに。いる筈なんだけど、どうしてウキが動かないのだろう。両グルテンで打ってみるが、変わりなし。今度は両ダンゴ(正しくは両バラケ)で放置。すると、バッチリではないDscf0254があたりが出て、やった3匹目!浅いのでへらが沖に逃げる。竿を早く立てないと、伸されてハリス切れまたは穂先ロストは必至。ウキの動きはすぐになくなり、どうも波に乗れないが、こんなものなのか。それでも11時を過ぎる頃からウキに動きが出てくる。いよいよへらが寄ってきたかな?しかぁ~し、ここから空ツン、バラシ、ハリス切れと3連続でスカを食らってしまう。さて、ハリス切れを機に、今まで長過ぎるのではと思いながらもそのままにしていたハリス長を短くする。すると、ウキの馴染みは早くなったが、動きはなくなってしまった。失敗か?でも変えません。携帯で時刻を確認すると、11時半。既に2時間が経過。その後しばらく餌打ちしていると、これまた急にあたり!バッチリ合わせたと思ったが、水面まで出たところでまたもバラシ。ガクガクッ。やっぱりハリス長を元に戻した方が・・・いや、このままだ。すると、餌打ちに失敗して手前にウキが立って、ほとんど餌落ち目盛が出ているのDscf0255をしばらく放置したら、何とチクッというあたりが出たではないか!サイズもグーだし、9尺くらいでも良かったかも。3匹目からほぼ1時間。名人も竿を曲げているが、数は不明。遠くから12時のサイレンが聞こえてくる。いつの間にか空は雲に覆われ、体感温度も上がらないどころか寒くなってきた。今日は昼食を買って来たが、この様子では餌が尽きたら終了が良さそうだ。と、こDscf0256Dscf0257こでまたもあたり!そして嬉や第2目標クリアだ。更にしばらくしてもう1匹。ずっとグーなサイズだが、急にあたりが増えたのは地合になったかな?しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換するが、何故かウキの動きがバッタリ。そのまま12時半を過ぎると、O名人が終了。今日は元々半日の予定。昼食を摂るとそのまま暗くなるまでやってしまうので、食べないそうだ。3時間くらいで6匹と、その時点での私と同じ結果。名人と同じとは、嬉しいなぁ。私も12時49分に餌が尽きて一旦終了するが、このまま終わるのは何となく癪に触るので、いもグルを少量作って両グルテンで1時間くらいやってみようかな。ん、対面私のいつもの場所付近に入っている人はOさんのようだが、間違いないか?私が来た時にはいなかったが、良く見えないのでメールで確認。すると、やはりそうだった。小野に行ったが、ノーあたりでこちらに来たらしい。風がないから場所は何処でも良いのかもね。サイズはそこそこ(放流ではなさそう)が釣れているとの事。さて、昼食を摂りながら1時少し前に再開すると、名人Dscf0258が見ている前であたり!そしてかかりました!これは素晴らしい。何だろう、餌なのかそれともへらが寄ってきたのか。O名人は私の竿が曲がるのを見届けて帰った。土曜日に再度ワンドに入るらしい。さて、ちょっと間が空いたが、Oさんのメールに返事を書いていると、しまったあたりDscf0259を見過ごしてしまった!これはヤバイ。更に、懸命にメールを打っていると、竿がガタッといって前に持っていかれそうになった。慌てて竿を握り合わせれば、良かった2匹目ゲットだ。下手をすれば穂先だけでなく竿自体をロストするところだった。やれやれ。ウキの動きはなくならず、Oさんからのメールに手が竿から離れたらあたり!と、午後は爆釣か?それから1時半までにDscf0260Dscf0261もう2匹をゲットして、トータルでの第3目標をクリア。開始30分で4匹とは、さっきまでは一体何だったんだろう。まあいい、この調子なら後半だけで第3目標クリアも夢ではなさそうだ。しかぁ~し、いつもの私とは言え、急にウキが動かなくなるのは何故?風・波は思ったより強くなり、寒さも増してきた。今日は暖かいDscf0262のが前提で、防寒もライトにしてきたが、これでは持たないかも。その後今日初めての小ぶりなへらをゲットして何とか後半だけでの第2目標をクリアするが、どうにもウキの動きは回復せず、午前中のような感じで餌打ちのインターバルも長くなり勝ちだ。水が一気に冷たくなった気がするが、やはり浅いところでは水温の変化も早いのか。2時を過ぎ、餌もあとわずか。2時半には終Dscf0263わりたいなぁ。と、ここでいきなりのあたり!ビックリして合わせればやったかかりました!これで前半と同じ数になった。後は餌を打ち切るだけだ。そしていよいよ最後の1投。それまでにはカラが2回くらいあったが、最後の1投はまたもウキが手前に立ってしまった。本来ならさっさと餌を切って打ち直すのだが、最後の1投ではそれも叶わず、ただ我慢するだけ。すると、何と念Dscf0264力が通じたのか、バッチリの小さなチクッというあたりが出て、嬉や「上がりべら」ゲットだ!サイズもグーと言う事は、竿はやっぱり9尺で良かったのか。終了。結果、前半は実釣約3時間で6匹、後半は実釣約1時間半で7匹。トータルでは実釣約4時間半で13匹。ほぼグーなサイズだったので、へらが浅場に回っているのは間違いない。片付け。次はいよいよジャカゴに入っDscf0265て「乗っ込み」を味わう事になるが、5日から18日までは休竿なので、日程的にどうなるかは不明。明日は雨の予報だが、土曜には再び晴れる。今度は浜北新池か、または大楽地まで遠征も良いかもね。片付けを終え、崖?を登って紅白の梅の写真を撮る。河津桜の様子は見なかったが、梅は綺麗に咲いているし、今日は鶯の声も聞けた。いよいよ春が近付いてきた。橋Dscf0266Dscf0269の上からOさんに挨拶。ほどほどに釣れている?との事。また宜しくと言って駐車場に戻る。さあ、これからシャトレーゼでアイスを買って帰ろう。コバックにも寄って車検証と車検のシールを貰わなければ。さっさと池を後にした。
 
これくらい釣れれば私には充分だが、欲は果てしない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »