« クラシックでも聴いて:その21 | トップページ | ビリー・ホリデイその3 »

2012年3月 3日 (土)

マブナに感謝すべきだろうか@浜北新池

今日は大楽地にでも行こうかと思っていたが、出だしでつまづいてしまい、時間的な余裕もない事から浜北新池に変更だ。出発は9時半過ぎ。一応防寒をバッチリして来たが、池に着くと快晴で暑い。仕方なく車の中でインナーを脱ぐ。堰堤を登れば、おおっ多少風はあるものの、抜群の環境。今日は葦の茂みのそばに陣取る。さあ準備しよう。今Dscf0270日も竿は15尺で底。餌はもちろんいつものバラグルセット。ちょっとゴミが気になるものの、底を取っての開始は10時27分。増沢のようにへらが動き出していれば良いのだが。が、まずはウキの馴染み幅がうまく出ない。底は合っている筈なのに。その後数回底を取り直したが、結局ウキ下を詰める事でしか解決しなかったのは何故だろう(キチンと底が取れていないのだろう、多分)。さて、しばらく餌打ちするがウキに動きなし。まあまあ、まだ時間はある。ボチボチ行こう。しかぁ~し、増沢と同じようなウキの動きを期待し過ぎているのだろうか、全く動かないウキに次第にイライラしてくる。気が付けば11時を過ぎ、更に11時半。開始1時間で1回もウキが動かないとは、この池のへらはまだ冬眠中なのか?1月、2月より水温も上がって来ているのに、何故?そして悲しいかな、12時のサイレンが鳴り響いて来るではないか。後でよくよく考えると、活性のある時期でもそんなにウキが動く池でもないのに、焦って気持ちが空回りしていたようだ。12時のサイレンを聞きながら、買って来たおにぎりを食べようかどうしようか考えるが、食べるような状況ではないとそのまま続行。昼食は釣りが終わってからだ。上空雲が厚くなって体感温度も下がってくる。さらに風・波も出て来て条件は悪化する一方。ところが、そんな中ウキが返したような気がして来た。風でウキが流されながら底をなぞっているのかもしれないが、ビクともしないよりはましだ?そして右に流されたウキがフワッと少しだDscf0271け返した後にチクッと入るのを見逃さずに合わせれば、やったかかりました!今日初めてのウキの動き、そしてあたりに合ったゾ~ッ。しかぁ~し、寄せる途中でガッカリ。地べら風のマブナだった(地マブというネーミングはおかしいか)。サイズは30cmあるが、残念。でも何もかからないよりはましだ。マブナ君、ありがとう。ちょうど開始2時間経過。さあ、この調子で次はへDscf0272らをお願いしますよ(誰に頼んでいる?)。しかぁ~し、今度は前触れなしにいきなりウキがチクッと1目盛入った。もちろんバッチリ合わせるが、やはり引きが・・・。そして上がって来たのはまたもマブナ。これは口が伸びていて、以前釣った奴に違いない。左肘にはかなりの負担になったが、完璧に何も釣れないよりはましか。彼らには感謝した方が良いのだろうなぁPART2。その後は再びウキが静かになるが、集中力は途切れないようにしていたつもりが、ほんのわずかの間ボーっとしていたのだろうか、痛恨のあたり見逃し!これは大きい。いかんいDscf0273かん、再度集中だ。すると、1時少し前になって、シモッたウキが小さく入るのに合わせれば、やった今度こそへらだ?しかぁ~し、しかぁ~し、今度もマブでした(ガクガクッって言ってもいい?)。いずれのマブも30cmオーバーで引きが強く、楽しいかと言われれば楽しくない事はないが、やはりへらが欲しいのが本音(何と言っても「へらぶな釣り」ですから)。今日は結構大きめに餌付けしたつもりだが、餌打ちのインターバルが長かったせいか、1時を過ぎてやっと餌が終わりに近付いた。残りを全部丸めて釣り台の上に置き、餌ボウルには水を入れてこびりついたグルテンをふやかしておく。そして遂に開始3時間。今日はへらにはDscf0274お目にかかれないか。すると、ウキがズルッと入り、これに合わせるとかかりました!今のあたりでは擦れたか?いや、ちゃんと口にかかってましたよ。ただしマブナですが、何か。サイズは30cmオーバーをキープ。以前Oさんがこの池でマブナを5匹釣ったと聞いた事があるが、これはまさにマブナ地獄。左肘もかなり疲れました。マブナだけでの第2目標にはリーチだが、これはクリアしたくないなぁ。そしてようやくあと数投で餌が終わるところまで来た。バラケの方が多いので、消化するために両ダンゴにして打ってみる。すると、わずかに返しが出た後に、小さくチクッというあたり!これは見逃しませんよ。ガッチリ合わせればかかDscf0275りました!あれっ引きが弱いなぁ。サイズ小のマブかな?あっ、これは・・・。やったへらだ!しかも30cmオーバー。35cmくらいはありそうだ。やったぁ(感動)・・・。これもマブナさんのおかげか。やはり感謝すべきだろうPART3。それから残った数投を打ち切って、1時58分に終了だ。結果、実釣3時間半で1匹。この1匹は大きい。もちろんマブ4匹も楽しませてもらいました。片付け。見れば左Dscf0276岸に1人入っている。これから気候が良くなるので、人も出てくるようになるだろう。私が終わる頃になって、ようやく日差しが復活。波も穏やかになったが、もちろん続行などありません。片付けを終え、車に戻る。そして車中で遅い昼食。今日は途中、同じ凸なら大楽地に行った方が良かったかなぁと思うこともあったが、結果オーライとはこの事か。さあ、ベイシアに寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
P.S.ベイシアで飲み物のコーナーに行ったら、いつも買うトマトジュースが棚からなくなっているではないか。最近トマトが健康に良いとかテレビで流されたのが影響しているようだが、元来のトマト好きでいつもトマトジュースを飲んでいる私には迷惑以外の何物でもない。前から言っているように、何かを食べたり飲んだりして健康になると言うことはありませんよ。「あるある大辞典」で懲りていないんでしょうか。ガックリして家路に着いた。
 
やっぱりマブナには感謝でしょう
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« クラシックでも聴いて:その21 | トップページ | ビリー・ホリデイその3 »

コメント

放流池と違ってへらがご機嫌斜めの時は見向きもしません。自分はいつものるかそるかの釣りですからまずアタリがあれば良しです。へらは釣りたいしそのつもりで釣行しますが結果は二の次です。釣り人の思うようには行きません。
野っ込みは釣りムラが大きいので通う事ですね。

投稿: 竹ちゃんマン | 2012年3月 3日 (土) 16時34分

竹ちゃんマンさんこんにちは。
グーなマブナ連発には痺れましたね。今までになかったので、ちょっとだけ感激?
いつもあたりを貰える池ばかりでは、やはり面白くありません。でも、全くあたりを貰えない池も辛いです。適当にあたってくれるのが一番良いのですが、こればかりはねぇ。
おっと、自虐大賞を狙うにはそんな事は言ってられませんでした。

投稿: sunshine_hera | 2012年3月 3日 (土) 16時43分

最後のは間違いなくへらだね!
良い面構えしています。

かってバナナダイエットが流行った時はスーパーからバナナが消えたね(笑)
今度はトマトですか!2ヶ月は消えたままか?

投稿: yurie | 2012年3月 3日 (土) 21時05分

yurieさんこんばんは。
マブに比べてこんなに引きが弱かったのかと、逆にガッカリ?
トマトは本当に困りましたね。そう言えば、ちょっと前にある乳酸菌の入ったヨーグルトがやはりスーパーから消えたそうです。自分で考える事のない人が多くなっているのは残念。テレビでも健康食品はブームですし。
おっと、韓国ドラマのスポンサーの多くが健康食品会社でした。

投稿: sunshine_hera | 2012年3月 3日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54129855

この記事へのトラックバック一覧です: マブナに感謝すべきだろうか@浜北新池:

« クラシックでも聴いて:その21 | トップページ | ビリー・ホリデイその3 »