« エラ・フィッツジェラルドその2 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその3 »

2012年4月12日 (木)

ほぼ貸切なのにイライラが募る@西の平

昨日は気分が沈んでいたが、今朝の好天で気分が一新!家人を送るついでに大久保へゴー!何故なら風に強そうだから。ちょっと出遅れたかなと思ったが、9時20分過ぎに池に着くと車は1台だけ。道の端へ駐車し、池の様子を見に行くと、あれっ、誰もいないぞ。おかしいなぁ。まあいい、荷物を持って堰堤左端の釣り台に入る。と、その前に地元であるOG氏に連絡しないと。太陽は燦燦と降り注ぎ、風は背中でビュービュー吹いDscf0426ているが、湖面にはそれほど影響していない。水は泥色(シルト?)。さあ準備しよう。ちょっと迷ったが、先日増沢で両ダンゴの宙をやってみたら釣れたので、この池でも同じようにやってみよう。竿は9尺で、餌は単品爆釣B。「たな」1本での開始は9時42分。OG氏からは、釣りは出来ないが一緒に昼食でもと返信があったので、遅くとも1時には釣りを終えないと。確か先日は3時間くらいで2種の餌を試せたから、今日も問題ないだろう。あっ、左岸奥に1人いた。あまりに静かなので分からなかった。さて、餌打ちを始めるが、一向にウキが動き出さない。水温はまだ冷たい感じだから、底の方が良かったかな。しばらく打ち続けたが、ハリスが短いのも良くないかも、と両ハリスを一気に10cmくらい長くする。そして再開すると、ようやくウキが小さく上下するような気がしてきた。ただしあたりにはならない。ジャミ?かからないと何とも言えないなぁ。先客が一度竿を曲げるのを見たが、底にしては随分ウキ下が短いようだ。宙でも釣れるのかな(良く考えたら、この池は奥に行くに従って浅くなるのに気が付いた)。その後もウキは弱くさわるだけで、いつもならウキが動かないのがそんなに気にならない私も、次第にイライラしてくる。この池、サイズの割には魚影が濃い筈なのに、どうしてあたりが出ないんだ?あっという間に10時半を過ぎ、開始1時間。その間餌付けやら工夫してみたが、全く効果なく、ここは思い切ってセットに変更だ。上ハリスを切って短くし、ダンゴ餌はバラケにして、黄ばんだ「玉」は食わせに。そして再開すると、おっ、第1投からさっきまでよりウキの動きが良くなったか。でもあたりは出ず、空合わせをくれようとしたら、ゲゲッ何かかDscf0427かってます!嘘だろ、ウキに食った様子は見えなかったぞ。かなり寂しいが、背に腹は換えられません、カウントです(トホホ)。サイズは30cm近辺だが、写真を撮ろうと思っても、「たも」がうまく固定出来ない。またもイライラ(体に悪そう)。ようやく1匹目が出たと言うのに、イライラする私って一体・・・。11時を過ぎ、この調子では餌がかなり残るなぁ等と思っていると、いきなり背後から声が!ビックリしたなぁ、もう。どうやらこの池の常連さんのようだ。状況を訊かれたので素直に答えると、底でグルテンを付けた方が良さそうだと一刀両断。しかも6尺とか5尺とか。え~っ?そんなに短い竿は持っていません。それにバラケ(さっきまではダンゴ)がかなり残っているし、1時には終わっていないといけないので、どうやらこの釣り方と餌で中途半端な時刻に終了となりそうだ。もう1人常連さんがやって来て、この人は左岸倒木横のビニールハウスに入った。風は何故か急に強くなったが、まだ背中から吹いているので大丈夫。私はまたもさっぱりになったウキの動きに閉口し、いつもならやらない「餌を捨てる」。12時のサイレンが鳴ったが、竿を7尺に変更していもグルを少量作る。そうです、常連さんの言葉を信用して、短時間(おそらく30分くらい)でも底をやって終わる事にする。しかぁ~し、久し振りの7尺はピンピンして扱い辛く、また始める前から仕掛けが絡んだりして、再びのイライラモードに(これ、何とかならないか)。更に、底を取った筈なのに、ウキの馴染みが全く出ない。グルテンが柔らか過ぎて使い物にならないのか?イライラが募って、餌付けもうまくいかなくなる。横で常連さんが見ているので、それもイライラの原因に(困った奴だ)。仕方なく、常連さんが帰ってから底取りをやり直すと、そんなに大きく違っていない。やはり餌が持たないのか。もう12時半、そろそろ餌を打ち切らないと。ウキの馴染みがようやく出始めたが、もう終わりだ。結局イライラしただけで底は終わりか。遂に最後の1投。すると、右に流されたウキが、返した後にDscf0428ムズッと動いた!もう何でも良いと合わせると、やったかかりましたよ!最後の最後にあたりを見て合わせる事が出来た。しっかり寄せて「たも」に収めれば、サイズ的には1匹目と変わらない感じだが、気持ちは晴れ晴れ。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられてハリス切れ。ガクガクッ(何でDscf0429今更・・・)。終了は12時40分過ぎ。今日は実釣3時間の中途半端な宙と底で1匹ずつ、計2匹をゲット出来た。まあ、終わり良ければ全て良しとしよう。急いで片付け。先客はもう2匹を釣ったのは間違いない。もう1人の常連さんが中央の釣り台で準備中。片付けを終えるとほぼ同時にバイクの音。OG氏がやって来た。常連さんに挨拶して車に戻る。そして「万松」で昼食を摂るべく移動する私だった。
 
イライラは健康にも良くないよ(自分への戒め)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« エラ・フィッツジェラルドその2 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその3 »

コメント

今晩は。
>どうやらこの釣り方と餌で中途半端な時刻に終了となりそうだ。
前半だけでかなり長いがマダマダ続きそうだ?
もう少し待とう!

投稿: yurie | 2012年4月12日 (木) 20時47分

yurieさんこんばんは。やっと書き終わりました。徒に長いなんて言わないでくださいね。
とにかく勝手にイライラする私には、ホント困り果てました。結果が出たから良かったようなものの、もし凸だったら・・・。

投稿: sunshine_hera | 2012年4月12日 (木) 21時00分

もう一度今晩は。
アハハ、今日は何時もにマシて面白い!
実は私も思うようにならないとブツブツ独り言つぶやいている自分がいます。
底取りでもシッカリやれば良いんだろうが、フラットな底なんて野池では存在しないし、(鳳来石垣突端斜め45°を除く、笑)
実際はナジみ方を見て調整をするのが妥当だろう?
浜松周辺の野池巡りも面白そうだがウキの動きと魚との関係を追及していると、どうしても魚の多い場所でないとデーターが出てこない。
又気の置けない釣友との会話も楽しいね。
皆さんを含め、浜松は既に忘れられない土地となっております。

投稿: yurie | 2012年4月12日 (木) 22時05分

yurieさんおはようございます。
はたから見ればお笑いでしょうが、当人は真面目に?イライラしています。短気でも私の場合は、ただイライラしてしまう(八つ当たりもあるかも)ので、始末に終えません。
それと、釣りはあくまで趣味ですから、本人がどういう釣りをしたいかだけでしょう。自虐的とかさすらいの、とか人それぞれですね。

投稿: sunshine_hera | 2012年4月13日 (金) 09時34分

その通り!人に迷惑をかけなければどんな釣りをやっても(時間つぶしでも)OKだと思いますよ!
西之谷の師匠連は皆時間つぶしが多いかな?
人それぞれ。
只、自分は上記の様な気持ちで釣行してるって事だけですヨ。
和田師匠(あえて名前を出しますが)を見てて引き出しの多さに只脱帽!この師匠に出会えて釣りの奥深さを痛感した次第。
総じてコー言う人は人格者でも有る事が多いですね。
PS.八つ当たりがまるで自分と同じなのでつい同調してしまいましたが気になったらゴメンナサイ!

投稿: yurie | 2012年4月13日 (金) 19時21分

yurieさんこんばんは。
浜松から離れたら、まずこちらに来られる事はないと思うので、こちらにいる間に違う池の雰囲気も味わっていただきたいという気持ちもあります。
でも、あくまで個人の趣向ですから。

投稿: sunshine_hera | 2012年4月13日 (金) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54455657

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ貸切なのにイライラが募る@西の平:

« エラ・フィッツジェラルドその2 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその3 »