« 数少ないあたりがカラツン & 終わるタイミング悪過ぎ@大楽地の池 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその2 »

2012年4月10日 (火)

同じ過ちを繰り返す馬鹿@増沢池

今日は日差しも暖かく、風もない予報。出掛けないと何処からか罵詈雑言が・・・(そんな訳ないか)。と言う事で、何処に出掛けようかと考えたが、急に増沢日陰で宙と思い立った。前回寒い思いをしたが、今日は大丈夫でしょう。いそいそと9時半過ぎに家を出る。こんな陽気では駐車場は混雑しているかなと思ったが、意外や空いている。WINDOMはないなぁ。車を停め、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、あれっ、風がDscf0400弱い筈なのに波立っている。へら師は対面橋の下(しも)には誰もおらず、看板横と浅場ワンドに1人ずつ。手前日陰側には、橋の上(かみ)浅場に2人と、あとは深場流れ込みからワンド、その手前に計5人以上。私のいつもの場所は空いているので、これ幸いと車に戻り、荷物を降ろしてさっさと池に向かう。暑くて汗が眼鏡に落ちた。うわぁ、思ったより波が出ているなぁ。これで宙をやるのか(しかも両ダンゴで)。とりあえず準備しよう。竿は11尺で餌は単品爆釣B。袋に書いているとおりに作る。「たな」1本での開始は10時26分。すると、やはりウキが流される。風は最初は気にならなかったが、次第に体が冷えてくるのを感じると、しまった前回と同じ轍を踏んでいる。この陽気、当然ながら防寒はしていない。何だかなぁ。しかもウキのトップの色が褪せていて、風・波と相Dscf0401俟って視認性が最悪。それでも開始20分くらいでかかってくれたが、これがバッチリの放流。宙の方が底よりサイズアップすると踏んで始めたのだが、何だか先が思いやられる。その後しばらくはウキが動かないと思っていたが、11時少し前にシモッたウキがスッと入り、今日初めてのあたり(それでは1匹目はどうやって釣ったのかという疑問は置いておいて)。もちろん合わせるがカラ。う~む、どうもはっきりしないが、実は最初からウキが動いていたのかも。ただ、それが見辛かっただけだ。それで、早々とウキを交換。すると、トップの色がクッキリしていて視認性がグッと向上。しかも第1投からあたり(ただしカラ)。最初からこうしていたら、もっと早くあたりを見られたのでは(本日のタラ・レバ)。更にズバッという消し込みまで出て(もちろんカラですが、何か)、こりゃぁ先が楽しみだ(サイズはさておき)。そDscf0402Dscf0403Dscf0404
の後11時半までの間に3匹ゲットするが、いずれも放流の域を出ない。こちら側浅場の先客は結構竿を曲げているようだが、底かな?私の正面ワンドにI尾さんと思われる人Dscf0405Dscf0406Dscf0407Dscf0408が入った。地合になったのだろうか、その後もポツポツと釣れ、餌が尽きた11時55分までに4匹を追加。結果、実釣1時間30分弱で8匹。サイズ的には不満が残るが、ウキがドンブラドンブラで寒い中、良しとしなければ。曇ってきたが、風も弱くなった気がするので、せっかく昼食も買って来た事だし続行しようかな。まずは次の餌。今度は在庫一掃セールと言う事で、特S・天々・マッハでやってみる。急いで昼食を食べ、再開は12時2分頃か。あれっ、今頃12時のサイレン?どうやら携帯の時刻設定が違っているようだ。さて、再開第1投であたりが出(残念カラ)、これは行けそうかと思っていると、再び風・波が強くなってきた。朝方より曇った分だけ寒い。続行は失敗だったか。が、ウキの動きは前半より良くなったよDscf0409Dscf0410Dscf0411うで、12時半までに3匹をゲットしてとりあえず第3目標をクリア。サイズ的にも少しだDscf0412Dscf0413Dscf0414Dscf0415Dscf0416Dscf0417Dscf0418けアップしたものが釣れた。さあどんどん行こう。すると、12時半からわずかの間に、3連荘を含む7匹をゲットだ。まだ水は冷たさを感じるが、もう4月。春なんだなぁ(乗っ込みはまだ?)。ただ、相変わらずサイズアップしないまま(1匹だけ)。前回の底の方が良かったとは珍しい。しかぁ~し、1時を過ぎると、状況に変化が。あたりそのものが少なくなり、急に30cmオーバーDscf0419Dscf0420が小さなあたりでかかった。更に30cmギリギリくらいも。一体それまでと何が変わったのだろう。風・波は相変わらずで寒く、ウキはドンブラコなのに。ウキの動きはどんどん少なくなり、その後ポツポツと3匹をゲットしたのが精一杯。Dscf0421Dscf0422Dscf04231時50分くらいに餌が尽きて終了となった。結果、2回目の宙では実釣1時間50分弱Dscf0424で15匹。トータルでは、実釣3時間20分で23匹。サイズ的には不満だが、両ダンゴの宙で数が釣れた事だし、この状況では御の字か。片付け。へら師は対面看板横の人が昼前に帰った以外は、皆さん頑張っているようだ。私は早く駐車場に戻って温まりたい。しかぁ~し、またバットDscf0425さんに叱られそうだが、私の片付け中に薄日が差して来たし、風・波も弱まってきた。何故、どうして、何で、ホワイ?もちろん続行はないが、タイミングが悪過ぎる。片付けを終えて駐車場に戻ると、そこかポカポカ陽気。さあ、さっさと帰ろう。明日は天気が崩れそうだが、明後日には回復する。風次第だが、小野の池で終日竿を出してみようかな。そんな事を考えながら池を後にした。
 
今が一番釣れる時期?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 数少ないあたりがカラツン & 終わるタイミング悪過ぎ@大楽地の池 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその2 »

コメント

今晩は。
凄い釣果?前日の大樂地池はのウップン晴らしですか?それにしても見事です。

投稿: yurie | 2012年4月10日 (火) 22時43分

yurieさんこんばんは。
なんだか放流直後のような感じでした。決して私のアームがグーとかいう話ではありません。前回も底で数は出ましたが、この時も特に何かをした記憶はないので、単にへらの活性が良いと言う事なのでしょう。
大楽地の2匹は爆釣ですよ。少なくとも私にとっては。

投稿: sunshine_hera | 2012年4月10日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54438590

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ過ちを繰り返す馬鹿@増沢池:

« 数少ないあたりがカラツン & 終わるタイミング悪過ぎ@大楽地の池 | トップページ | エラ・フィッツジェラルドその2 »