« 新しい池を見つけたが、しんちゃんさんには会えず@夜水沢池 & 今日は完敗@浜北新池 | トップページ | 同じ過ちを繰り返す馬鹿@増沢池 »

2012年4月 9日 (月)

数少ないあたりがカラツン & 終わるタイミング悪過ぎ@大楽地の池

今日は予定通り大楽地。ただ、思ったより風が強そうなので、風に強い鶏小屋もちらっと頭をかすめた。が、有言実行が大事と出掛けたのは9時45分。ちょっと遅いが仕方ない。道はまあまあ混んでいて、途中コンビニで昼食を買ったりして池に到着は10時半頃。車が2台停まっている。まずは駐車スペースから堰堤をパチリ。階段を登ると、バルDscf0395ブのすぐ左と左岸の釣り台に先客。まずは挨拶。それから池の写真を撮る。さて、何処Dscf0396に入ろうかな。風・波は出ているが、そんなに強くはなさそう。ジャカゴに初めて入るという選択肢もあるが、物をなくしそうと却下。多分堰堤左端が釣れそうなのだろうが、ここはど真ん中(実際は中心からやや右)に入って勝負だ!竿はどれくらいが良いのかな。先客はそんなに長くなさそうだし、去年オールスターキャストでやった時と同じ12尺にしよう。餌はいつもと同じバラグルセット。しまった、増沢でも同じミスをしたが、ウキの目盛が細か過ぎて波にあたりも消されそうだ。しかも次第に風・波が強くなってきたぞ(個人の感想でなく事実です)。底取りはほどほどにして、開始は10時56分。あれっ、先客の竿、結構長そうだぞ(オイオイ)。12尺で大丈夫かな?とにかく餌打ちを始めると、ウキがかなりシモるものの、風が弱くなった時に見る馴染み幅は予定通り。その後、なかなか同じところにウキを立たせられないが、開始30分ほどでいきなりあたった!やったと合わせるがカラ。う~む、最初からカラなのか。左岸の先客は時折竿を曲げている様子。午後になって帰るまでに数回へらを取り込むのを見た。堰堤は静かなもの。私の独り言だけが響いている(オイオイPART2)。後から1人やって来て右岸奥の釣り台に入った(以前バットさんも入った?)。さて、カラツンにせよウキが動いた事に変わりはなく、何となく釣れそうな気がして来た。が、風・波は一向に収まる様子もなく、餌打ちだけを繰り返す展開に。隣の先客もあまり芳しくないようだが、へらをかけたかどうかは不明。そろそろ12時か。と、またもウキがシモりながらのチクッというあたり!今度こそと合わせるが、またもカラ。う~む、厳しいなぁ。そして12時のチャイムを聞く。と、ここでウキの馴染み幅を勘違いしていた事に気付く。再度の底取りから馴染み幅も変更すると、すぐにあたり!しかぁ~し、またもカラ(ガクガクッ)。風・波は一旦穏やかになった気がしたが、すぐに元の木阿弥。と、ここで先客2人が帰った。左岸の先客はいつの間にかと言う感じだが、隣の先客は声をかけてくれた。お疲れ様でした。腹が減ってきたが、どういうタイミングで昼飯を食おうかな、などと思っていると、ウキが餌落ち目盛付近まで戻してから、再びシズシズと馴染んで行くではないか。実はそれまでにも数回、カラとは別に同様の動きがあったのだが、バラケが落ちたと思ってあまり気に留めなかった。が、何故かこの動きには注目。すると、バッチリ1目盛入るあたり!今度こそと合わせれば、Dscf0397やったかかりました!おおっ、この引き!後は擦れていない事を願うだけだ。「たも」に収めればまずまずのサイズ。一応採寸してみると、38cm。この池では大きい方ではなさそうだが、とにかく1匹出たので気持ち良く帰れる。時刻は12時半頃。1人やって来て、右岸1人入っているところから更に奥の釣り台に入った。そして入れ替わるように手前のへら師が帰った。釣れたのかな?さて、1匹出たのを機に昼食。そして再開するが、風・波が更に強くなってしまった。そのせいなのか、ウキの動きが読み難くなった。午前中にあったカラツンさえもないまま、時間だけが過ぎる展開に。あっという間に1時。そして1時半。餌がそろそろなくなる。残った餌は全て丸め、餌ボウルには水。バラケの方が多いので、「玉」を用意する。と、ここで1人やって来て声を掛けてきた。常連さんかな。風が強いのでジャカゴに入るようだ。ウキに動きはなく、どうもこのまま餌を打ち切って終わるだけかなと思っていると、もう1人やって来て、同じように声を掛けてきた。こちらの方も常連さんか。この人は私の左に入った。2人とも赤いジャンパー。さて、グルテンが尽きたので、いよいよ黄ばんだ「玉」のご登場だ。あまり期待せずに餌打ち。左の人は準備中。風・波は少しだけ穏やかになったか(これはあくまで個人の感想ですよ)。すると、馴染み幅がさっきまでより小さくなったウキがチクッと入ったではないか!慌てて合わせると、やったかかりました!う、嬉しいゾーッ。ただ、これも擦れではないかとビクビクしながら寄せる。あっ、片方のハリスが魚Dscf0398体に絡んだ、か?擦れ?いや、「たも」に収めればちゃんと口にかかっていましたよ(やれやれ)。これも採寸するが、何と1匹目と同じ38cm。まさか同じへら(まあ、何でも良い)?時刻はジャスト2時。あと数投分バラケが残っているので、「玉」で打ってみるが、2度とウキが動かないまま2時16分に終了。結果、実釣3時間20分で2匹。これは立派だ(もちろん私にとって、だが)。片付け。するDscf0399と、片付け中にどんどん風・波が穏やかになっていくではないか。それは強風を避けてジャカゴに入った人が、堰堤に場所を変えようかと言うくらいの変化。バットさんが、私がいつも「終わると同時に風・波が止む」と書くのを、自己中心の世界と指摘してくれたが、今日は本当に間違いありません。まさにバッドタイミングでの終了だ。ただ、もちろん続行はなく、片付けを終える。そして常連さん2人に挨拶して車に戻る。今日はただでさえウキが動かない中での3連続カラツンには痺れたが、何とか結果が出て良かった。明日は今日より風が弱い筈なので、3連荘もあるかもね。そろそろと池を後にした。
 
無理して来て良かったぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 新しい池を見つけたが、しんちゃんさんには会えず@夜水沢池 & 今日は完敗@浜北新池 | トップページ | 同じ過ちを繰り返す馬鹿@増沢池 »

コメント

お疲れ様でした。(全部読んだのでワタスが)
同じ魚2枚とはやりましたね。
私でも同じのは釣れません。
最近では午前中でも釣果が望めますので少し魚が動くようになってきたようです。
平日結構釣り人が入れ替わりで来てるんですね。
以前は土日より平日の方が多い時も有りましたが…。

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年4月10日 (火) 12時43分

バットさんこんにちは。今日は3連荘で増沢に言って来ました。明日の雨の後は小野の池の予定。
写真をよく見たら、全然同じではなかったですね。何だろう、このボケ感は。
池にいた皆さんは、必ず1度は顔を合わせたことががある方々だと思います。が、顔を覚えられない私は、静かにしていました。
左岸釣り台の人は、いつも釣っているらしいと左に入った人が言ってました。

投稿: sunshine_hera | 2012年4月10日 (火) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54430427

この記事へのトラックバック一覧です: 数少ないあたりがカラツン & 終わるタイミング悪過ぎ@大楽地の池:

« 新しい池を見つけたが、しんちゃんさんには会えず@夜水沢池 & 今日は完敗@浜北新池 | トップページ | 同じ過ちを繰り返す馬鹿@増沢池 »