« ショック!@引佐天池 | トップページ | Jazz GIANTS その4-アーティー・ショウ »

2012年5月11日 (金)

スイッチアングラーへの道アゲインその8@増沢池

一旦は家で大人しくしていようと思ったのだが、12時からBS日テレで放映中の「ドキドキMy Love」を観ていたら、急に何処かで竿を出したくなった。今から引佐天池に行くのは癪に障るし、かと言って、小野の池もなぁ。そうだ、こういう悩む時には増沢だ。結構回数は行っているが、午後から竿を出す事はほとんどないので、どんな感じになるのかやってみよう。番組を観終わるとすぐにゴー!気温は大分上がっているが、日陰側では薄手のジャンパーくらい着ていかないと。上空雲が多くなって、昨日までのようにいきなりの雷なんてないだろうなぁ。駐車場に着くと、へら師と思われる車が多く停まっていDscf0604_2る。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、日向側は看板横と浅場ワンド、それに深場階段下に1人ずつ。こちら日陰側は、やはり深場ワンド付近が人気のようだ。旧爆釣ポイントに先客がいるので、挨拶していつもの場所に入らせてもらう。水は泥色のようで、既に風・波。さあ準備しよう。遅くとも5時には終わりたいので、手っ取り早い宙で行くかな。竿は9尺で、前回の仕掛けからトロ掛けを選択。餌は特S・天々・マッハのバラケと古いトロロ。これで天々とトロロを使い切った。「たな」1本での開始は1時27分。前回はすぐにあたったが、それはそれまでに充分餌打ちされていたからで、全く何もないところからの餌打ちでは、波もあってなかなかウキが動き出さない。隣は底?のようだが、あたりが多くあるようでバシバシ合わせているが、なかなかかからない様子。今日は難しいのかも。それでも10投くらいすると、何となくウキがモヤモヤして来た気がする。ただ、あたりにはならない。どうしても大きなズバッというあたりを期待してしまうせいか、小さなウキの動きには手が出ないが、それでも2時近くなってチクッと入るあたりに手を出すと、やったかかりました!良かったぁ、サイズもグーだし凸も回避出来たし。すると、Dscf0605Dscf0606Dscf0607次の餌打ちでまたもあたり!連荘とは素晴らしい。2時までには更にもう1匹追加して、こりゃぁ前回同様爆釣の予感?しかぁ~し、トロロの繊維が切れ始めた。前回はまだ何とかなったが、さすがに残りカスのようなトロロではダメか。それなら新しくトロロを作るか、さもなければ別の釣り方をすれば良いのに、ズルズルと餌打ちを続けると、ウキはモヤモヤだけになって、2時32分に決断!トロ掛けは終わりにしよう。下ハリスを30cmくらいに伸ばして、「感嘆」を作る。そうです、インスタントウドンのセットです。だが、この食わせも一体何年前のものやら分からない。とりあえず形にはなったので、バラケはそのままで2時40分頃再開だ。すると、第2投から消し込み!やったと合わせるがバラシ。すると、次の餌打ちでも消し込み、そしてバラシ。ガクガクッ。手応えは結構あったので、サイズ的にはかなりと思われるが、バラシではどうにもならない。その後も消し込Dscf0608Dscf0609みは全てバラシ。3時8分に最初のバラケが尽きたが、それまでに小サイズが2匹かかっただけ(しかもバラケを食っている)。さて、どうしようかな。とりあえず凸は回避して、第2目標もクリアしたのでもう終わっても良いが、せっかく午後から出て来たのだから、予定通り5時頃までやってみるかな。バラケは「セット専用バラケ」を採用。3時10分頃再開だ。すると、状況はそれまでと何ら変わらず、バラケにしか反応しないようで、あたりに合わせても「ウドン」が残っている。あたりの大小で言Dscf0610うと、大きなあたりは全てバラシ。小さなあたりではほとんどがカラ。でも、とにかく合わせまくるだけ。1匹出たものの、ほぼ「かかってました」状態では、どうしようもない。3時半過ぎからは「たな」を変えたり下ハリスを短くしてみたりするが、バラケにしか反応しない状況は変えられず(かDscf0611と言ってバラケに手を加える事は、私のアームでは無理)、いたずらに時間だけが過ぎる展開(何処かで聞いたような)。結局4時までに1匹追加したのみ。しかぁ~し、なす術もない私だったが、4時を過ぎて隣が終わると急にウキの動きが良くなる。相変わらず大きなあたりではバラシにしかならないが、擦れを挟みながらも4時半までに3匹を追加だ。これで何とか第3目Dscf0612Dscf0614Dscf0615標クリア。単に地合なのかもしれないが、今日のこの状況では素直に喜びたい。でも、このまま終わるのも癪なので、最後のあがきでもう一度「トロ掛け」に戻してみよう。下ハリスを詰めてからトロロを探すと、またも開封したものを発見。使い切ったものよりは新しそうなので、これを使うしかない。必要量だけむしって水に漬ける。そして再開。すると、Dscf0616Dscf0617Dscf0618何と言う事でしょう、じきにあたり!そしてかかりました!やはりトロロは持ちが全てだ。サイズも良くなり万々歳と言いたいが、やはり100均の悲しさか、次第に鈎持ちが悪Dscf0619Dscf0620くなる。そしてウキの動きも。しばらく間が空いたが、トロロをしっかり付けてもう2匹ゲット。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。携帯で時刻を確認すると、4時59分。見ればへら師の皆さん帰り支度。そうだな、私も終わりにしよう。バDscf0621ラケが少し残っているが、捨てて終了だ。結果、実釣3時間半で15匹。よれよれになりながらも、結果が出せて良かった(ちょっと甘いか)。片付け。今日はチョンボでやる気をくじかれたが、私にしては珍しく午後からの釣行となった。エヴリデイアングラーにしては諦めが悪い。この調子で明日以降も粘りの釣りをしよう。そして年間100回に向けて再発進だ。大分涼しくなったので、ジャンパーは正解か。駐車場には車は少ない。さっさと池を後にした。
 
午後からの釣行も、この時期なら悪くないぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« ショック!@引佐天池 | トップページ | Jazz GIANTS その4-アーティー・ショウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54685666

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道アゲインその8@増沢池:

« ショック!@引佐天池 | トップページ | Jazz GIANTS その4-アーティー・ショウ »