« スイッチアングラーへの道アゲインその6@大楽地の池 with yurieさん | トップページ | Jazz GIANTS その3-ライオネル・ハンプトン »

2012年5月 8日 (火)

スイッチアングラーへの道アゲインその7@増沢池

あたりの出ない池に行った後は、あたりの出る池に行くのは当然か。今日も好天との予報に、モタモタしながらもやって来ました増沢。駐車場にはそこそこ車が停まっているが、ほとんどがへら師か?車から荷物を降ろし、いつもの場所に向かうと、終わったI尾さんとバッタリ。挨拶だけ交わす。いつもの場所は空いているので、さあ準備だ。へら師Dscf0567は日向側看板横と浅場ワンド、それに階段下。あとからダム?そばに1人入った。こちら日陰側は、柳の木の奥に1人と、あとは深場ワンド近辺に何人か。予報と異なり、風・波。場所柄風通しが良いので、薄着で来なくて良かった。さて、今日もここでは9尺の底から。餌は真底単体。それに、昨日yurieさんから貰ったウキを早速試す。しかぁ~し、思ったより波が出ていて、目盛の間隔が狭いこのウキでは視認性が悪そう。とりあえず餌落ちと底取りを済ませ、開始は9時54分。やっぱりウキのシモりが大きくて、オモリを背負わないウキは厳しい。でも、じきにウキに動きが。ちょっと見難いが、10時を過ぎてDscf05681匹目。しかぁ~し、その後はもうダメ。ウキは動いているようだが、シモりと波の両方であたりを取りきれない。それで、このウキにはもう少し良い条件で働いてもらう事にする。早々と交換。が、交換したウキもトップが太いので風・波の影響をもろに受ける。でも、救いはトップが無駄に長くて目盛が荒い事。白波でもハッキリ見える。それで、かなりガチャガチャした動きでも、あたりを取れてポツポツ。ただしサイズは前回同様放流主体(ほとんど)。かなり小さめDscf0569Dscf0570Dscf0571Dscf0572Dscf0573に餌付けしているのに、毎回のようにあたるので餌の消費が激しく、予定では昨日の大楽地と同じように2時間くらい持つと思っていたが、かなり早まりそうだ。ウキを交換してから10時半までに5匹と、早くも第2目標をクリア。更にDscf0574Dscf0575Dscf0576Dscf0577Dscf0578Dscf0579Dscf058011時までにもう7匹と、サイズも多少アップしたうえに第3目標までクリアとは、真底恐るべし、か?柳の木の奥の先客はかなり竿が曲がっているようだが、如何せん合わせる度に竿で水面を叩いている(所謂2段合わせって奴ですか?)ので、それが気になって仕方ない。11時を過ぎると、餌の経時変化なのか、それとも私の集中力が落ちてきたのか、カラにバラシが頻Dscf0581Dscf0582Dscf0583Dscf0584Dscf0585発して、餌が尽きた11時36分までに5匹を追加したのみ。段々尻すぼみになって、最後の1投も叶わず終了はちょっと寂しい。結果、実釣1時間40分ちょっとで18匹。この風・波でウキの動きが制限される中、私にとっては上々の出来だろう。さあ、次は宙。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は前回のリベンジと言う事で、特S・天々・マッハのダンゴ。一通り準備してから、昼食を摂る。別に急ぐ釣りでもないので、食べながら釣るような事はしない。一瞬波が穏やかになった気がしたが、気のせいだった。いつものように「たな」1本での再開は11時50分。すると、数投後にこちらもウキがモヤモヤ。だが、あたりにはならない。しばらく我慢していたが、やったとDscf0586合わせれば、かかったのが尻ビレでガクガクッ。12時を過ぎて、更にウキの動きは悪くなる。モヤモヤだけ。それでも無理に合わせて1匹目が出るが、最早我慢の限界だ。前回と同じ轍を踏むのは目に見えている。そこで、12時半頃に上ハリスを切って短くし、「玉」のセットにしてみる。もちろんバラケは今までのダンゴですが、何か。すると、さっきまでとは大違い。急にウキの動きが良くなる。そして大きなあたり!残念鱗。でも、これなら何となく釣れそうだ(あくまDscf0587Dscf0588で個人の感想です)。すると、じきにスパッというあたりで1匹目!しかぁ~し、これが放流サイズ。次の1匹も同じようなサイズだったので、釣れたのは嬉しいものの底と変わらないサイズではなぁ・・・。が、何と次からはズバッというあDscf0589Dscf0590Dscf0591Dscf0592たりばかりで1時までにもう4匹を追加。何故かサイズアップ。多分一番大きいのを測ったら37cm。これは素晴らしい(写真をクリックすれば拡大します)。湖面もいつの間にか凪いできた。やる気倍増?しかぁ~し、1時を過ぎる頃からあたりがおかしくなる。どうもバラケにばかり反応しているようで、全くかからない。更には風が凪いできたので、出て来ましたよトンボ攻撃。これにイライラして無理に空合わせをしたら、余計な擦れを発生させてしまった。そして1時10分頃に「玉」が尽きて、このセットは終了。去年から使い続けていた黄ばんだ「玉」をようやく使い切った(やれやれ)。セットでは実釣約40分で7匹。バラケ(元ダンゴ)がまだ残っているので、今度は下ハリスを切って上ハリスと5cmくらいの段差にする。そうです、最後はトロ掛けです。ただし、トロロは去年封を切った100均の使い残し。鈎持ちDscf0594が悪そうなので、少し多めに付けて再開は1時13分頃。すると、何と言う事でしょう、第1投からズバッというあたりで早1匹目ゲット!サイズ的にはまあこんなものでしょう(もちろん私にとって、だが)。その後も良いあたりでポツポツと釣れ続く。バラケは既にネバネバだから、バラケにばかDscf0595Dscf0596Dscf0597り反応するかと思っていたが、ちゃんとトロロを食っているので不思議だ。そして1時半Dscf0598Dscf0599Dscf0600Dscf0601Dscf0602を過ぎてからは一気にサイズアップ。途中ちょっと間が空くこともあったが、「玉」のセットには及ばないものの30cmクラスもゲットだ。終わり近くになってからは、「玉」のセット時と同様にウキの動きがおかしくなったが、元ダンゴのバラケが尽きた2時5分までに5匹を追加し、トロ掛けでは実釣約50分で9匹。宙のトータルDscf0603では実釣2時間15分で16匹。総合計では実釣4時間弱で34匹と、近来にない好結果(もちろん私にとって、だがPART2)。片付け。湖面は凪いでいて、まだ充分出来そうだ(こちら側深場は帰る人なし)が、今日は満腹です。片付けを終え、駐車場に戻る。体力的にはしんどいが、この調子で明日も行けそうか?さてさて、何処に行こうかな。のんびりと池を後にした。
 
今日は3つの釣りが楽しめた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« スイッチアングラーへの道アゲインその6@大楽地の池 with yurieさん | トップページ | Jazz GIANTS その3-ライオネル・ハンプトン »

コメント

今晩は。
やりましたね。増沢は強いですね。
この後は小野の池ですか~???
魚の多い所は面白いでしょ!
今日は急遽鳳来に行ってきました(又雨だ~~)
雷が鳴って怖かった。
尺半ですよ~~~!

バスですがセンターバッチリ。爆!
他に1枚アベレージサイズですが。型を見ました。

浜松IC→三ケ日JCT→三遠道路経由ですが大回りでしたネ。
信号は無いが時間が掛かりました。

投稿: yurie | 2012年5月 9日 (水) 22時05分

yurieさんこんばんは。
増沢は今のところ癒しの池になっていますが、これから夏を迎える頃になると釣れなくなります。まあ、そんな中竿を出すのも乙なものでは(やや自虐的)。
この天気で行ったんですね鳳来。エヴリデイアングラーは家でのんびりしていました。
尺半が出たんですか?やりましたね。えっ、バス・・・?
 
鳳来の近道は、新東名の浜松SA(増沢の北方面)のスマートICから入って引佐北ICで降りると三遠南信です。ETCを付けているのが条件ですが。

投稿: sunshine_hera | 2012年5月 9日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54663367

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道アゲインその7@増沢池:

« スイッチアングラーへの道アゲインその6@大楽地の池 with yurieさん | トップページ | Jazz GIANTS その3-ライオネル・ハンプトン »