« 忌まわしい出来事と釣果がバランス?@西の平 | トップページ | 100 chansons formidabels その2 »

2012年5月23日 (水)

トラブルは続く@西の平

今日も好天だが風は強そうとの予報に、風に強く、また穂先のその後も気になると言う事で、西の平へゴー!時刻は9時半を過ぎており、何とか10時には竿を出したいと思っていたが、池に着いたのが10時頃。既に車が停まっている。急いで荷物を降ろし、フェ001ンスの外から写真。しかぁ~し、フェンスが途切れ途切れになってしまった。でもこのまま。先客は前回右岸にいた人と、ウキが上がるか見てくれた人。挨拶して前回と同じく堰堤左端に入る。カンカン照りで暑いが、上着は着たまま。傘は出さない。一応その後を訊いてみるが、やはり出て来ないとの事。仕方ない、さあ準備しよう。竿は7尺で底。餌は「夏」単体。底を取り、開始は10時18分。すると、第1投からウキに動きが。右岸の先客は「おっ」と言う声と共に竿を曲げる。やはり高活性なのか?もう1人の先客は、前回と同じ堰堤に入った。さて、ウキはあたりらしい動きを出すが、いずれもカラ。おかしいなぁと思いながら続けていると、チクッと抜群のあたり!これに合わせるとやった早くもかかりましたよ!うわっ、良く引く。しかぁ~し、バラシ。反動でハリスが道糸と絡んでしまった。やれやれ。しまった、もう交換するハリスがない。前回ストックが切れたままになっていた。これは困った。現場施工もあるが、今日はしたくない。何とかこの絡みを解いて使わなければ。あっ、片方のハリスが切れている。最早ジ・エンドか。とりあえず絡みだけは解かないと。しかぁ~し、どうみても解けそうにない。ここはハリスを切るしかなさそうだ。別に焦っている訳でもなく、淡々とハサミを入れたつもりだったのだが、何と道糸を切ってしまった。いよいよもってジ・エンドだ(PART2)。これで7尺は使えない。宙の仕掛けはトロ掛けのままなので、底には転用出来ないし。まだ開始20分くらいしか経っていないのに、もう終了モードだ(トホホ)。最近はずっとトラブル続き。本当にお祓いが必要かもね。もちろんこのままスゴスゴと帰る事は出来ず、渋々11尺を出す。そして再度の底取り。再開は10時44分。ウキが遠いし、今まで短い竿を振っていたので、やけに重く感じる。が、こちらも第1投からウキに動きが。そして小さくあたる。が、カラ。002数回カラを食った後に、今度はバッチリ1目盛入りました!もちろんシュパッと合わせると、当然ですがかかりましたよ。竿が長い分良く引くような気がするが、寄せてみるとこの池の普通サイズか。でも、再開10分も経たずに1匹出るとは今後が期待出来るぞ。その後もウキのモヤモヤ003は続き、11時を過ぎてじきにまたもグーなあたり!そしてかかりました!いやぁ、痺れるなぁ。このままだと爆釣は間違いなし?しかぁ~し、この池の不思議なところと言うか、2匹釣るとウキの動きがバッタリ。右岸の先客も静かになってしまった。まさか早くもゴールデンタイムか?私の右に入った先客は、宙で早くもゲット。今日は無理して底をやる事はなかったか。私は餌打ちを続けるが、かなり待たないとウキに動きが出ず、これはダンゴの地合ではないの004005かも。それでも11時半を過ぎる頃になって、ようやくウキの動きが出て来た。そして小さく入るあたりで、やった3匹目!何故かあたりは続いて、じきに4匹目。第2目標にリーチだ。なんだなんだ、やっぱり爆釣なのか?しかぁ~し、再びウキの動きが止まる。理由がまるで分からない。絶対にへらはウキの真下にいる筈(気配は感じる)なのに、ウキの返しがなかなか出ないのには、次第にイライラ。そし006て長く待ってからのフワッと返したウキがチクッと入るのに合わせて、やった第2目標クリアだ!あれっ、この引きは何だ?この池にブルーはいなかった筈だが・・・。うわぁ、増沢もビックリのスモールサイズ、しかもマブ。ガクガクッ。常連さんがどんどんやって来て、堰堤は私から釣り台1つ隔てたところから4人が並んでいる。その後、12時少し前にまたもバラシで仕掛けが絡むアクシデント。今度は慎重に慎重を期して、ハリスに多少パーマがかかったのは仕方ないとして、何とか解いて続行。しかぁ~し、ウキの動きはなくなって12時。今日は昼食を買って来たが、今はそれどころではない。何とかもう1匹釣って第2目標をクリアしないと。が、やはり一度止まったウキの動きを復活させる事は出来ず、遂に最後の1投。007しかも1個餌。すると、何と言う事でしょう、ここであたり!そしてかかりました!第2目標クリアだ。これは嬉しか~。時刻は12時33分。結果、11尺では実釣1時間50分で5匹。さあ、終わろうかな。穂先が出てこない事もほぼ確定だし。と、ここでスケベ心がムクムク。このままで餌を真底単体にしたらどうだろう。少し大きめに付けて打てば、実釣時間も短縮出来そうだし・・・。急いで餌を作り、おにぎりを頬張る。そして再開は12時36分(慌てる***は貰いが少ないってか!)。すると、こちらもじきにウキが動き出す。が、「夏」の時とは違ってウキの返しが早いような気がする。餌の持ちが悪いのかな。と、いきなりウキが008ズルッと入った!慌てて合わせると、やったかかってます!これも凄い引きだ。まさか擦れ?いや、擦れてはいませんでしたが、マ・ブ・ナ。あのあたりはそうだったのね。ガックリ。すると、その後はやはりウキの動きがバッタリ。本当に難しい池だ。ただ、ウキが少し手前に立つとあたりが出るので、竿は長いより短い方がベターなのは間違いない。次回までに7尺の仕掛けを作っておこう(9尺はどうしようかな?先が折れて短くなった穂先はあるにはあるが)。1時を過ぎ、ウキの返しは出てもあたりに結び付かず、早く餌を打ち切って終わりにしたい気持ち。堰堤は皆さん宙のようで、ポツリポツリ。右岸の人は再び調子が上がって来たようだ。私の方は餌付けを大きくしたり小さくしたり、練ってみたりそのまま付009けたりと、一応工夫らしき事はやってみるが、相変わらず。それでも1回だけあたりに合ってようやく1匹をゲットするが、その後はモヤモヤのまま。餌が尽きた2時6分まで1時間近く何の結果も得られないまま終了だ。こちらは実釣1時間30分余で1匹(トホホ×トホホ)。トータルでも実釣3時間20分余で6匹(マブナ2匹は含んでいませんよ)。片付け。今日もバラシ2回で仕010掛けが絡む余計な時間帯があった。一体どうしてだろう。また、へらがいても口を使わない場合の対処は・・・?片付けを終え、釣り台を掃除してから常連さんに挨拶。そして車に戻る。後半はただただ疲れた。浜北新池よりは結果が出たが、私には静かに釣れる浜北新池の方が向いているかもしれない。ずっと我慢していた用を足し、そっと池を離れた。
 
ハリス巻きと仕掛け作りを忘れないようにしなければ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 忌まわしい出来事と釣果がバランス?@西の平 | トップページ | 100 chansons formidabels その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54782663

この記事へのトラックバック一覧です: トラブルは続く@西の平:

« 忌まわしい出来事と釣果がバランス?@西の平 | トップページ | 100 chansons formidabels その2 »