« 100 chansons formidabels その4 | トップページ | 新東名浜松SAに行ってきた »

2012年5月28日 (月)

一方通行・高速回転の釣りには仰天@西ノ谷 with yurieさん

今日も疲れが出たのか、夕食の後グッタリしてネプリーグの途中で眠ってしまった。Qさまの途中で目が覚め、やっとパソコンの前にいる。
 
今日は好天、風も弱いとの予報に勇んで西ノ谷に向かう。もちろんyurieさんと並んで竿を出すため。最近は西ノ谷が高活性らしいので、そのおこぼれに預かるつもり。池には思ったより多くのへら師。yurieさんは新東名の橋の下の釣り台に入っていた。まずは挨Dscf0711拶。へらは湧き気味だが、あえて底をやっているとの事。見ている間にも次々とへらをDscf0712_3Docu0013_3引っ張っている様子に、こりゃぁ私も爆釣出来るのでは?とスケベ心がムクムク。それに私専用の視認性重視の底釣り用のウキと、高速回転の宙釣り用のウキの2本を頂いた。ありがとうございます。さて、急いで車に戻り、荷物を降ろしてyurieさんの隣へ。こんなに隣と近い場所での釣りはおそらく初めて。竿の操りが下手な私、ご迷惑にならないよう竿掛けはやや右方向に向ける。東ノ谷と同様、底釣りは底が階段状になっているので竿の選択も自ずと決まってくる。yurieさんは13尺だが、11尺では底にかかると言うので9尺を選択。餌は真底単体。まずは餌落ち目盛の確認と振り込んだら、一発目で根掛かり(ガクガクッ)。それでは更に短く7尺だ。先日西の平で仕掛けをつぶしてから作り替えたばかりなので、餌落ちから始めるが、ちょうど波が出始めてちょっと難儀。多分こんなものでしょうと底を取り、開始は10時7分。すると、開始早々からウキが動く。こんなに手前なのDscf0713Dscf0714に?そしてあたり!やったかかりましたよ!早くも凸を免れて、まずはホッ。更にしばらくしてもう1匹。爆釣の予感?しかぁ~し、ウキの動きはどんどん複雑になっていく。この中からあたりを取って行くというのは、実は大の苦手な私。そして案の定、カラツンにバラシ、そしてやっとかかったと思えば擦れて上がってくる始末。でも、とりあえずあたりらしきウキの動きには合わせるしかない。すると、次第にDscf0716Dscf0717Dscf0718あたりに合うようになるが、10時台には何とダブル2回もあって5匹を追加。yurieさんの足元にも及ばないが、何とか第3目標が見えて来たぞ。11時頃から上空黒い雲が出て来たが、雨にはならない。何とか釣りの間は持ってくれ。さて、11時を過ぎる頃から、ポツポツと釣れるようになる(もちろんカラにバラシに擦れを間に挟みながら、だが)。餌がDscf0719Dscf0720Dscf0721Dscf0722Dscf0723Dscf0724Dscf0725Dscf0726Dscf0727Dscf0728尽きた11時46分までに10匹を追加し、見事第3目標をクリアだ。結果、底では実釣1時間40分で17匹。ただただへらの活性に助けられた釣りだった。その間にyurieさんは底を終え、オリジナルのウキを使って一方通行の宙釣りを始めるが、これが爆釣!底よりサイズアップした事はもとよDscf0729り、時間20匹を超えるくらいのハイペースには、見ているこちらがアングリ(開いた口が塞がらないとはこの事か)。浅ダナで軽いダンゴをオリジナルのウキ(私が貰ったウキの写真の上)で打ち、ウキが馴染むまでの早いあたりを取って行く。まさに一方通行の高速回転。私にはまだそんな釣りは出来そうにないので、ここは普通に両ダンゴの宙で行こう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。いつものように「たな」1本での開始はジャスト12時。が、最初からウキが馴染まない。おそらく餌が持っていないと思うのだが、まだ練りたくはないので、餌付けで逃げながら続行。すると、いきなりの消し込みでやった1匹目ゲッDscf0731トか?残念擦れ(ガクガクッPART2)。その後もウキの馴染みが出ないので、仕方なく餌を練って馴染みを出すと、あたりは絶対に1回だったのにダブル。まあ喜ぶべきなんでしょうなぁ、これは。だが、その後もウキの動きはしっくりせず、相変わらずのカラ・バラシ・擦れが大半。その中でポDscf0732Dscf0734Dscf0735Dscf0736ツポツと12時台には計6匹。yurieさんは一時ペースダウンしたものの、すぐに復活してハイペースを持続。素晴らしい。1回雨が降りだしたが、じきに止んだ。さて、1時を過ぎても私のペースは変わらなかったが、yurieさんが一方通行の釣りを終えると少しだけペースアップ。釣り座が近いとへらを引っ張り合う事になっているようで、省資源釣法の私には厳しい状況かも。yurieさんはその後、普通の両ダンゴに変更するが、やはりあたりが少なくなった。が、それでDscf0737Dscf0738Dscf0739Dscf0740Dscf0741Dscf0742Dscf0743Dscf0744も私よりはハイペースで竿を曲げている。私は結局餌が尽きた1時59分までに、ダブル(今日はダブルが底と併せて4回。これはあたりを拾えないと言う事?)を含めて9匹。結果、宙では実釣2時間で15匹。トータルでは実釣3時間Dscf074540分で32匹。これだけあたりがあってこの数字では、ちょっと寂しい気がするのは贅沢か。上手に釣れば倍とは言わないまでも40は超えたのではないか(あくまで個人の感想です)。片付け。yurieさんはまだ続行のようなので、ウキのお礼と爆釣を見せていただいた事への感謝を言って車に戻る。今日は午前中で終わる予定なので昼食は用意して来なかったので、お腹と背中がくっ付きそうだ?さっさと帰って何か腹に入れなければ。早々に池を後にした(ベイシアには寄りませんでした)。
 
頂いたウキ、早く試してみたいものだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 100 chansons formidabels その4 | トップページ | 新東名浜松SAに行ってきた »

コメント

平日の西之谷で時間あたり十枚以上出れば完璧でしょう!
十分営業妨害には成って無いと思います。
yurieさんおかえりなさい。ウキ有り難うございます。まだ私の元には来ていませんが今度ひげさん宅にお邪魔しに行ったら受け取りますね。西之谷や増沢池へ行くより1時間位近いので助かります。有り難うございました。
一方通行の釣りですか、両ダンゴではまだ早い時期かと思いましたが、流石西之谷池。温暖な気候と魚影の濃さ、それに活性の高いへらがその釣りを可能にしてくれますね。
ありがたい事です。西之谷の愛好家の皆様の努力の賜物ですね。それがあってこそ可能にしてくれる釣り方では無いでしょうか!ウキのトップのストロークを生かして釣る。
「グォン・グォン・グォン・ドッカーン!って感じかな?」
はまりますね。想像しただけでワクワクします。

投稿: 杉ちゃん | 2012年5月29日 (火) 02時36分

おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
どうして30枚UPしてるじゃあないですか!
流石色んな野池の経験が生きているのですね。
お帰りになられた後はパットしない釣りでした。
テンテンを加えたブレンドは私に合わなかったということでしょう?
早い浅ダナは単純な釣りなので目標枚数を決めないと飽きてしまう。
やはり王道の当り返しの浮きの動きを読む釣が面白いかな?

杉さんへ。
気に入らない所、多々有りますが杉さんが「ガハハ!」と大笑いしているのを想像しながら作ってみました。
一期一会。

投稿: yurie | 2012年5月29日 (火) 08時33分

杉チャンさんおはようございます。
昨日はへらの活性に助けられてそこそこの結果が出ましたが、こういう釣りの後には小野で自虐の釣りをしたくなる私、どうかしてるぜ(ブラマヨ吉田風に)。
新年会の写真をまだお渡し出来ていませんが、今度鳳来でひげさんにお会いする際に渡しておきます。
 
yurieさんおはようございます。
ギリギリ30超えですね。あの状況ではやはり40は釣りたかった。私にはまだ越えなければならないハードルが相当あるようです。
一方通行の釣りは早く増沢で試してみたいですが、思うところにウキを立たせられるかどうかがポイントですよね。相変わらず振り込んでいる状況では、とても無理。仮に出来たとしても、風が少しでも出ると落とし込みは私には難しくなりますしね(まずはそこからかよっ!)。

投稿: sunshine_hera | 2012年5月29日 (火) 09時27分

再度お邪魔します。
イメージとしては落とし込みですが私も決まるのは未だ10投に3~4回位ですヨ。
極水会、釣心会所属の川島氏(敢えて名前を出しますが)は毎度綺麗な落とし込みを披露してくれてます。
釣り姿が美しい!(名人、上手な方は総じて釣り姿が美しいモノです)
アドバイスも常に基本です(多く言っても理解できないからか?)
勿論風が有ったら難しいと思いますが、イメージ(努力)しないと落とし込みはいつまでたっても出来ません。
案外釣果UPはエサブレンド云々より(大きさ、柔からさ、付け方は有るが)如何に基本に忠実に出来るか、同じ所にエサを
落とせるかで決まると最近思っています。
これはより沢山釣りたいって気持ちが有るか?って事なのでのんびり釣りをする方とか時間つぶしの為、なんて考えているご仁にはは関係ない事なんですヨ。
1~2枚でも理想の当りを演出出来れば良しの方もいますからね。
遊びですからどちらも有りの世界ですネ。

投稿: yurie | 2012年5月29日 (火) 17時39分

誤解されると困るんで追加としてSShさんは常に多く釣りたいと思っている釣り人だと思いました。一緒に釣ってなお一層感じ取る事が出来ました。

投稿: yurie | 2012年5月29日 (火) 17時44分

yurieさんこんばんは。
へらぶな釣りを始めて10年が過ぎましたが、天邪鬼の独学では進歩はありませんね。自虐的な方にも向きがちですが、実は多く釣りたいんです。ただ、向上心はそれほどないのかも。歩みは亀より遅い私です。

投稿: sunshine_hera | 2012年5月29日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54822321

この記事へのトラックバック一覧です: 一方通行・高速回転の釣りには仰天@西ノ谷 with yurieさん:

« 100 chansons formidabels その4 | トップページ | 新東名浜松SAに行ってきた »