« クラシックでも聴いて:その26 | トップページ | 数は出なくても今回の方が面白かった@増沢池 »

2012年6月13日 (水)

散々な返り討ちに@浜北新池

今日は終日曇りの予報だが、起きたら晴れていたので、これは行かなくてはなりません。と言っても、出発は8時半過ぎ。相変わらずのグズグズで出足が遅れる。一瞬増沢も考えたが、昨日のような事はもういいので、やはりリベンジでしょう。池に着いたのは9時頃かな。荷物を降ろして池に向かうと、誰もおらず、湖面は穏やかで太陽は燦燦。かなり暑くなりそうだが、とりあえずいつもの堰堤右端に入ろう。竿は15尺でもちろん底。Dscf0905餌は夏・冬・マッハのバラケにわたグルのセットだ。前回両ダンゴで撃沈したので、今日は待つ釣りをしてみよう。傘をセットしてから底を取り、開始は9時26分。トップを継いだウキはどうも馴染みが出にくいようで、2目盛がいいところ。ウキを宙にして餌をぶら下げても2目盛くらいしか馴染まないので、こんなものでしょう。しかぁ~し、ウキが動かない。あっという間に30分経過。一旦は納得した馴染みだが、再度底を取り直し。合ってる。続行。が、ウキは動かず1時間が経過して、それまで本当に真剣にウキを見ていたのだが、ほんの少し気が緩んだのか竿から手を離した瞬間に今日初めてのあたり!慌てて竿を持つが、時既に遅し。ガクガクッ。またも前回と同じ轍を踏んだ。これはまずい。気持ちも新たに続行だ。が、真剣になるとウキが動かないのは何故だ。1時間半経過。糸トンボがトップに留まるので、追い払おうと数回竿を引いていたら、チクッとウキが入った!おおっ、誘いになったのかも。やったこれだと合わせると、かかりましたよ!いやぁ、長かったなぁ。そうそう、「たも」を用意しないと。竿は右腕で操っているが、左肘の痛みで左腕では「たも」を持てないので、まずは竿を左腕に持ち替える。これは良い引きだ。そして右腕で「たも」を持とうとしたら、何故かバラシ。ガクガクッPART2。これは厳しい。ただでさえ魚影が薄いこの池なのに、バラせばへらが散ってアウトだ。それでも餌打ちを再開したら、ようやくウキが動き出した気がしたが、2,3回出たあたりらしきウキの動きはカラ。う~む、冬より難しくなっているようだ。開始2時間が経過。ここでまたも気が緩んでしまい、餌ボウルにちらっと目をやった瞬間のチクッというあたりに手が出せず。もうガクガクッ×ガクガクッ。このあたりはバッチリで、絶対に食っていた筈。さっきまで絶対にウキから目を離さないようにしていたのに、ほんのわずかな隙を突いてくるとは、おぬしなかなかやるな(って、誰に?)。更に、そこから20分くらい経過した時点で、ズルッというあたり!今度こそバッチリ合ったでしょうと合わせれば、やったかかりました。しかぁ~し、喜んだのも束の間。凄い引きで堪えきれずハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッPART2。急いで交換し再開するが、しばらくは無理だろう。12時のサイレンが聞こえてくる。今までの状況から、今日はきっと釣れると思うが、もしそうだとしても終了寸前までは無理かな?いや、地合になっている今しか釣るタイミングはないゾ。懸命に餌打ちするが、ウキは馴染んで返した後、極小のさわり?を出して終わり、の繰り返し。もちろんウキ下の調整を繰り返すが、どうにもならない。開始3時間が経過。そろそろ餌も終わる。心の準備はいいかな(いやとも!)。あっ、空が暗くなり、風も止んだ。何かヤバイ兆候かな。残った餌を全て丸め、餌ボウルには水を入れておく。傘もしまって、いつでも逃げ出せる用意。すると、ウキがチクッと入った!もちろん待ってましたと合わせるが、今度は鱗。ガクガクッ×ガクガクッPART3。カラツン、バラシ、ハリス切れ、鱗とは、釣れる以外の全てをやった事になる。それからしばらくして最後の1投。が、何もなく12時58分に終了。結果、実釣3時間半で凸。トホホ×トホホ×・・・。リベンジのつもりが見事Dscf0906な返り討ちだ。上空黒い雲がやってきたので、感傷に浸る暇もなくさっさと片付け。急いで車に戻る。あ~あ、小野と同じくらい難しくなってしまった。でも、私の見るところによると、どうもウキのトップが太過ぎるのがマズイようだ。でも、これも折れるまで交換するつもりはないので、次回からはyurieさん作のウキでやってみよう。責任転嫁ではありませんよ、念のため。車に荷物を積み、我慢していた用を足してから家路に着いた。
 
冬より今のほうが難しいのは本当か?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その26 | トップページ | 数は出なくても今回の方が面白かった@増沢池 »

コメント

出入りの激しいゴル○いや釣りですネ(笑)
サワリも無く、あたるのは???
先ず、サワリを出す事が大切だよね。
見落とし。サワリの出るウキ。

魚がいなかったんだと諦めましょう!
そろそろ水鉄砲の用意をしなくては・・・。

投稿: yurie | 2012年6月14日 (木) 14時11分

yurieさんこんにちは。
この池、西ノ谷から近いので、是非一度竿を出してみてください。一説によると11尺でOKらしいのですが、私はまだ実績がありません。ついでに「まつはら」に行くかどうかはお任せします。
 
さわりが出ませんねぇ。小野と言い、近くにへらがいる事に間違いはないのですが、これが難しい(単に下手?)。でも、急にウキがフワッと返してあたる事もありますよ。最近常連さんの姿を見ないのは、田植え?それとも釣れなくなったから?

投稿: sunshine_hera | 2012年6月14日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラシックでも聴いて:その26 | トップページ | 数は出なくても今回の方が面白かった@増沢池 »