« 100 chansons formidabels その5 | トップページ | なかなか思うようには行かない@西の平 with yurieさん »

2012年6月 1日 (金)

またも厳しい釣り。高活性の時期はないのか@浜北新池

今日は天気が怪しいが、是非とも出掛けたくて8時過ぎに家を出る。行き先はもちろん浜北新池。前回終了ギリギリで1匹という厳しい釣りを強いられたので、今日は何とか複数枚釣るぞ!池に着くと、珍しく誰もいない。それでは左岸にでも入ろうかと思ったが、何だか足場が悪いようで断念。草もぼうぼうだしね。それではいつもの堰堤右端Dscf0769だ。車に戻って荷物を降ろし、再び堰堤を登りそして下る。結構辛い。それに、今日は朝早くから気温が上がっていて、早くも汗が滲み出る。湖面は割と凪いでいるが、その代わり油膜のようなものが張っている。さあ準備しよう。何とか短い竿で結果を出したいが、11尺は無理な気がして、それでは12尺だ。餌は真底単体。この餌、ここと小野の池以外では結果が出ているのに、どうしてだろう。今日こそ汚名を雪ぐぞ。底も取れ、開始は8時48分。あれっ、ウキの馴染みが(誰かに怒られそう)。ウキ下を調整して馴染みを出すと、5,6投打ったところで、ウキが変な動き。そして3目盛以上入った。が、これは絶対おかしいと手を出さず。この調子なら、そのうちキチンとしたあたりが出るだろう。しかぁ~し、その後はウキの動きなし。絶対来ている筈なのに、何故だ。気が付くと餌打ちマシンと化している私。これではいけない、何かしないと。が、早くも1時間が経過。かなり暑い。風が少し吹いてきたが、ついでに湖面もさざめく。その後もウキは全く動かず、10時を過ぎて開始1時間半になろうとする頃になって、ようやく決断。竿を代えよう。前回も同じような展開で、竿を15尺に伸ばして凸を免れている。ウキのトップは替えたばかりなので餌落ちから始めるが、トップがちょっと太過ぎて、馴染みが出難そうだ。それでも底を取り、再開は10時28分。餌はあと1時間くらいしか持たないが、これで何とかしよう。上空雲が出て来て、気温も下がった気がする。ひょっとして来るかもね。なかなか思うように餌打ち出来ず、自分のせいなのにイライラ。が、開始10分くらい経ったところで、1目盛入るバッチリのあたり!12尺ではあり得なかったあたりに、ビックリしながらも合わせるが、残念カラ。ガクガクッ。あんな良いあたりでカラなのかぁ。今日は凸覚悟か。すると、その後もウキが微妙にフワフワしているように見えてきた。3尺伸ばすだけでこんなに状況が変わるとは思わなかった。ん、湖面の様子がおかしい。ゲゲッ、やはり雨。でも、多分すぐに上がるだろう。これでザアザア降ったら、まさに「泣きっ面に蜂」だ。雨はじきに止み、日も差してきたのでラストスパートしよう。だが、確かにあたりはバッチリのものがたまに出るが、一向にかからず。このまま帰りたくはないが、実は今日も午前中で終わらなければならないのだ。11時を過ぎ、餌もいよいよ残り少なくなった。しかぁ~し、しかぁ~し、それまでのカチッとしたあたりではなく、弱々しく半目盛入ったかどうかという動きに合わせると、やったかかりました!これは嬉しい~。Dscf0770しかも、見えてきたのはへらに違いない。バスに咬まれたような傷が見えるが、強い引きでなかなか寄らない。何とか「たも」に収めると、一目35cmはある。計測はしないが、やったぁ・・・。さあ、後3回くらい打って終わろう。すると、それに歩調を合わせた訳でもないだろうが、再びの雨。空は暗く、今度は本降りかも。それでも餌打ちは止めず、11時29分に餌を打ち終えたが、雨は本降り。ただ、ザアザアでないのがせめてもの救いだ。濡れながら片付け。そして堰堤を登るが、柵をDscf0771越えようとした際に、焦っていたのか足が絡んでゴロンと転がってしまった。トホホ。車に戻り、荷物を仕舞う。結果、実釣2時間半で1匹。今日も凸を免れるのに精一杯だった。本当に堰堤から11尺で釣れるのだろうか(自分のアームを疑え!)。この池では私には15尺が合っているのかもしれないなぁ。ゆっくりと池を後にしたが、362からテクノロードに入る頃には雨はポツポツ。そしてモクレン通りでは雨はなし。場所的なものだったか。いずれにせよ午前中で終わる予定だったのだから、まあ今日は勘弁してやろう(誰に?)。法定速度を維持しながら家路に着いた。
 
この池は冬の方が釣れるのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 100 chansons formidabels その5 | トップページ | なかなか思うようには行かない@西の平 with yurieさん »

コメント

新しい表現の「法廷速度を維持しながら…」って、今までは維持してなかったの?

揚げ足取りなら任せろ!

投稿: 黄金バット | 2012年6月 1日 (金) 18時44分

あのsshさんの揚げ足取ろうとしたら黒い長靴しかついて来ません。
sshさん、もうちょっとカラフルなブーツにしませんか?でもイメージ崩れてしまうかいな?

投稿: パラソル | 2012年6月 1日 (金) 19時43分

ソーですね。
私はずっと黒の出来れば「三つ馬印のクロ長靴」が合っているんです。
ビブラムソール等は無縁の存在です。
ネー貴方そんなこと言ったってBatteもPも貴方の事チョット・・・。
イインだオイラはゴーイング・マイウェイだ「マイウェイ」って言ったらシナトラか?
何のコッチャ?
でもチャンと凸を逃れるなんて流石と思います。
がんばったね!

投稿: yurie | 2012年6月 1日 (金) 20時18分

バットさんこんばんは。
いつも守ってますよ、あの日以来。
今日は足が上がらずこけました(トホホ)。
 
パラソルさんこんばんは。
私もかつてカラフルなレインブーツを履いていましたが、どれも持ちが悪く、現在の黒長靴に至っています。長靴に歴史あり。
 
yurieさんこんばんは。
今日も終了間際まで凸の恐怖に怯えていました。次回からは、最初から15尺にします。そして爆釣だぁ!

投稿: sunshine_hera | 2012年6月 1日 (金) 20時39分

誰にも見られないんだからロングブーツは何だっていいんじゃない?
どっちかといえば気るのは匂いのような・・・?
「くんくんくん?」
おえーっ!
いい匂い!
この匂いにちょっとはまりそう?
最近変な道に進んできそうな所が
「ワイルドだろっーっ」
てんだチキショーッ!
「へっきしょんっ!」

投稿: 杉ちゃん | 2012年6月 2日 (土) 00時32分

杉チャンさんおはようございます。
意味不明なので、何と言ったら良いか・・・。
私の加齢臭の事でしょうか(真面目に捉える必要もない?)。

投稿: sunshine_hera | 2012年6月 2日 (土) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/54849671

この記事へのトラックバック一覧です: またも厳しい釣り。高活性の時期はないのか@浜北新池:

« 100 chansons formidabels その5 | トップページ | なかなか思うようには行かない@西の平 with yurieさん »