« 散々な返り討ちに@浜北新池 | トップページ | クラシックでも聴いて:その27 »

2012年6月14日 (木)

数は出なくても今回の方が面白かった@増沢池

今日も今日とて、増沢に癒してもらいに出掛ける。昨日は散々の出来だったが、まさか今日も同じような事は起きないだろうな。駐車場に着いたのは9時過ぎ。果たして場所は空いているか?急いで荷物を降ろし池に向かうと、あれっ、私のいつもの場所には先客。でもその奥、旧爆釣ポイントと柳の木の奥は空いているので、先客に挨拶して旧爆釣ポイントに荷物を降ろす。が、前回Oさんが柳の木の奥でグッドサイズを引っ張っていDscf0907たのを思い出し、荷物を移動だ。さあ準備するかな。今日は宙、それも「お」でもやろうかと思って来たのだが、急に気が変わって底から行こう。竿は9尺、餌はいつもの夏・冬・マッハ。ただし、あまり長くならないよう、いつもの2/3くらい作る。曇っていて湖面は黒い。まだ波は出ていないので、さっさと底を取り、開始は9時46分。前回のようにすぐにウキが動き出すと思っていたら、何の事はない、シーン。これが普通なのだが、ちょっと寂しい気がするのは何故か?その後しばらくしてウキに返しが出て来たので、やる気はまだ持続(って、開始したばかりジャン!)。そして10時を過ぎた頃に、ウキがモゾッとDscf0908入った。これにやや慌て気味に合わせると、やったかかりました!しかも引きが強い。「たも」に収めると30cmくらいはありそうだ。私のいつもの場所からは10mも離れていないのに、どうして寄るへらのサイズが違うのだろうか?さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次のあたりでは尻ビレから上がってきて、しかも途中でバラシ。いきなりハリス交換の憂き目に。しまった、まだハリスを巻いていない。ハリスケースには3本しかないうちの1本を使用。あと2本かぁ。Dscf0909Dscf0910交換して続行。すると、2匹目はサイズダウンしたものの、前回よりはグー(かな?)。しかぁ~し、次のあたりではグッドサイズに戻ったが、「たも」の中で暴れられてハリス切れ。いよいよスペアはあと1本しかなくなった。しかも、上ハリスと下ハリスを間違えたのか、ハリス長が数センチは短くなったような気がしたので、今更だが底取り。すると、測っている最中に何とハリス同士が絡むアクシデント。しかも、解けそうにない。まだ1本スペアがあるから、思い切って交換だ。しかぁ~し、しかぁ~し、何と両ハリスを切ってしまった(ガクガクッ)。スペアが1本ではどうしようもないので、他の仕掛けからハリスを拝借する手もあるが、ここは竿を替えよう。11尺を出す。結局9尺では50分くらいで3匹だったのか。でも、充実感は前回よりあるぞ。ちょっと波が出て来て、11尺用の細いトップのウキでは視認性に問題が出そうだ。でも底を取り、再開は10時47分。すると、開始早々からウキがモヤモヤ。そしてあたりらしきウキの動き!でも、まだウキの挙動を掴んでいないので、合わせも出来ない。その後あたりらしきウキの動きに合わせられるようになったが、今度はカラ。う~む、これはいいぞ。すぐにかからないところがやる気を出させてくれる。そして11時になろうとする頃から、あたりにバッチリ合って3匹をゲット。いずれもまあまあのサイズで、トータルでの第2目Dscf0911Dscf0912Dscf0913標をクリア。この調子なら、残りの餌で第3目標も楽勝かも、と思っていると、うわぁ、波が池全体に拡がってしまった。白波でウキの視認性が一気にダウン。振り込みも、ウキがオモリを背負わないので難しい。一応偏光グラスを出してみたが、効果なし。目を凝らしてウキを見つめると、波の白黒が交差して目がチカチカする。そして1回だけあたりが見えたと思ったが、またも尻ビレから。そして同じようにハリス切れ。遂にスペアのハリスがなくなった。ここから先、もし餌が尽きる前にハリス切れが起きたら、その時は底を終了としよう。しかぁ~し、あたりも何も、ウキが見えなくては話にならない。結局11時37分に餌が尽きて底は終了だ。結果、11尺では実釣50分で3匹。9尺と併せれば、実釣1時間40分で6匹。数は少ないが、サイズがグーなので前回よりは満足感が高い。さあ、次は宙。竿は9尺に戻す。そして、「お」の予定を両ダンゴに変更。底の時に、やたらとウキが立つ前にさわっていたのが記憶にあったから。きっと高活性に違いない(底でもウキさえ見えれば爆釣だった筈)。餌はガッテン3に「粘りの素」をパラパラして水1。その後マッハ1を加えて混ぜる。これで2時間くらい出来たらと言う感じ。私の準備中にI尾さんがやって来て、旧爆釣ポイントに入った。私の方は「たな」1本での再開はDscf091411時48分。すると、第1投からウキが動くではないか。やはり中層は高活性?そしてチクッというあたりで1匹目。これは幸先良いぞ。しかぁ~し、その後はウキの動きがモヤモヤに。どうもハリスが長過ぎて(30cmと40cm)へらに遊ばれている気がする。でも、しばらくはそのまま。12時Dscf0915のサイレンが鳴った。今日は昼飯を買っていないので、なるべく早く終わろう。そして、大きなあたりで小さなへらをゲットした後、ウキの動きが改善しないので、思い切って(もちろん私にとって、だが)ハリスを5cmくらい詰めて25cmと35cmに。すると、再開第1投からウキの動きがDscf0916Dscf0917良くなって連荘!これは素晴らしい。更に次の餌打ちでもあたり!そしてかかったが残念バラシ。3連荘は成らず。でも、トータルでの第3目標はクリアしたので、まずはホッ。しかぁ~し、餌の経時変化でウキの動きが悪化。更に太陽が雲間から出て来ると、餌が乾く。傘を出すつもりはないので、餌ボウルは腹のところに置いて日が当たらないように(腹の出っ張りで陰を作っている訳ではありませんよ、念Dscf0918Dscf0919Dscf0920Dscf0921のため)。これしか知らない、手水とかき混ぜで対応し、1時までにポツポツと4匹を追加だ。もちろんその間にはカラもあり~のバラシもあり~の、だが。私の隣、I尾さんと先客はコンスタントに竿を曲げている。素晴らしい。1時を過ぎ、餌があとわずか。自然と餌付けが小さくなってしまう。ウキの動きも弱くなるが、ふと見ると餌が落ちる辺りには、口をパクパクさせるへらの姿が見える。あの野郎~。その後、別に状況が良くなっているとは思えないが、ポツポツDscf0922Dscf0923Dscf0924と3匹を追加。宙だけで第3目標をクリアだ。これは素晴らしい(もちろん私にとって、だがPART2)。しかぁ~し、ラス前にウキが立つや否やの消し込み!ハリスをロスト。今頃になって何故と言う気持ちはあるが、もちろんスペアはないので、ここは1本鈎でやるしDscf0925かない。すると、モヤモヤの後のズバッというあたりで「上がりべら」ゲットだ!これはカウントさせてくださいね。最後の1投もあたりは出たが、カラで終了。時刻は1時26分。結果、宙では実釣1時間40分で12匹。底と併せれば実釣3時間20分で18匹。時間5匹も達成だ。片付け。対面Dscf0926には看板横と坂の下、深場では階段下、流れ込み、そしてダム?そば。こちら側は私と右に2人の計3人。更に草むら一つ隔てた浅場に傘が見える。深場では常連さんが3人。午後から出て来た人が結構いたのにはビックリ(暑くなってから出て来たので)。片付けを終え、I尾さんと先客に挨拶するが、先客には聞こえなかったようだ。入梅してから雨に降られる事もなく回数を重ね、今日で今年に入ってから釣行が50回となった。予定の年間100回のちょうど半分。これからも雨を避けながら回数を増やして行こう。とっとと池を後にした。
 
やはり型が良い方が数釣れるより嬉しい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 散々な返り討ちに@浜北新池 | トップページ | クラシックでも聴いて:その27 »

コメント

今晩は。
誉めて良いのか?迷います(笑)
クラシック聞きながらハリス結べないかな・・・?
高齢者は難聴(私も)ですから返事は期待というか大きな声で!
これを当地では(バカでかい声で)となりますね。
サンデー毎日の釣り人は雨は避ける・・・。
私は休み3回連続テント生活、由って雨男と自認しております。
大きいのが釣れると嬉しいね!
今日はベイシアには・・・?

投稿: yurie | 2012年6月14日 (木) 20時29分

yurieさんこんばんは。
そうですよ、大体CDを聴きながらハリスを巻いていますが、時々忘れてしまって、寝る前の1時間くらいを懸命に巻く事もあります。
今日は本当は11尺が良かった。最初こそウキの動きが把握出来なかったのですが、じきに慣れてほぼ3連荘。ここで波が大きくならなければ、まだグッドサイズを釣り続けられたと思います。もう少しだけトップが太く、また色が鮮やかだったらなぁ・・・。
今日はベイシアに寄らず帰りました。まだ前回買った食パンが残っています。

投稿: sunshine_hera | 2012年6月14日 (木) 21時07分

鳳来サミットお疲れ様。今度水位が回復して状況が好転したら連絡しますので是非リベンジして下さい。

投稿: 竹さん | 2012年6月16日 (土) 03時45分

竹さんおはようございます。
その節はお世話になりました。
水位が回復したら、是非もう一度と言う気持はあります。
出来るだけ良い気候でやりたいですが、難しいでしょうか?

投稿: sunshine_hera | 2012年6月16日 (土) 09時46分

梅雨入りして来週も雨マークが続きそうですね。
自分も雨中の鳳来は勘弁です。とにかく水位の回復が一番、80%位になれば好転すると思いますので梅雨明けに期待です。これから暑くなるので朝まずめ狙いの昼上がりがお奨め。とにかく早いうちに一枚ゲットして下さい。

投稿: 竹さん | 2012年6月16日 (土) 10時17分

梅雨明けの早朝ですね。昔は3時起きで西大谷とか行きましたが、今はどうかなぁ。頑張りますが、起きれない場合は前の晩から寝ない事ですかね(オイオイ)。

投稿: sunshine_hera | 2012年6月16日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散々な返り討ちに@浜北新池 | トップページ | クラシックでも聴いて:その27 »