« 台風の怖さ | トップページ | 昨日と同じような展開。特に収穫なし@増沢池 »

2012年6月22日 (金)

台風一過で暑い中、我慢出来なくて@増沢池

予報では午前中雨だったが、一向に降り出さないのでイライラ。11時を過ぎて我慢の限界、出掛ける事にする。行き先はもちろん増沢。途中コンビニで昼食を買い、駐車場に着いたのは11時半過ぎか。車は沢山停まっているが、へら師はどれくらいいるのだろう。急いで荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所は空いているが、柳の木の奥と塩ビ管手前に先客。その奥にも誰かいそうだ。対面は看板横に1人。雨の後でDscf0953水は泥色。風・波も出ているが、私のいつもの場所は翳っているので、そこに入る事にする。本当は柳の木の奥に入って前回の続きをやりたかったのだが、出が遅いのだから仕方ない。先客は頻繁に竿を曲げているが、私が見た時にはちょうどカニを釣っていた。さあ準備しよう。予定通り11尺の底から、と思ったが、餌落ち目盛の確認で振り込んでみたら、視認性がアウト。そうだ、9尺用のyurieさん作のウキを使ってみよう。トップが太くてシモリが出そうだが、視認性だけはバッチリ。結構オモリを背負うので、振り込みやすいのもグー。餌はいつもの夏・冬・マッハ。準備中に12時のサイレンが鳴るが、昼食は後で。白波の中底を取り、開始は12時9分。うん、確かに視認性は問題ないが、ウキは動くのかな?先客はどんどんへらを引っ張っている。あそこに入りたかったなぁ(本日のタラ・レバ)。が、じきにウキに動きが。そして小さくあたるようになるが、どれを合わせてもカラ。これは厳しい。トップが太いとウキの動きも多少弱くなるのは仕方Dscf0954ないが、それにしてもカラツンはないでしょう。10回くらいカラを打った後に、ズルッというあたりでやっと1匹目。やれやれ、だ。が、その後もさっぱり合わない。開始30分が過ぎてまだ1匹とは、あれだけウキが動いているのにちょっと情けない感じ。が、そこから数回カラを打った後に、何故かあたりに合うようになる。ただしどれもパッとしないあたり。馴染んで返してツン、がほとんどカラとは?一応ウキ下の調整もやってみるが、うまくいかない。何とか開始1時間Dscf0955Dscf0956Dscf0957Dscf0958の1時9分までに4匹を追加し、ようやく第2目標クリア。ウキの視認性も大事だが、やはりへらの動きがもう少し分かると良いのだが(ssh欲張りな心の叫び)。風・波は一向に収まる気配がない。先客は静かにへらを引っ張っている。対面には2人やって来た。さて、その後もポツポツとあたりにDscf0959Dscf0960Dscf0961Dscf0962Dscf0963合って、5匹目から30分間で5匹。第3目標もクリアだ。急に調子が上がった感じで、自分でも不思議。しかぁ~し、そんな事が続く筈もなく、ウキDscf0964Dscf0965の動きが悪くなる。しばらく間が空いた後でポツポツと2匹。そろそろ2時だ。あれだけカラを打った割には餌がまだ残っている。それでは、風・波も弱くなった事だし、ウキを元に戻してやってみよう。しかぁ~し、しかぁ~し、これが余計だった。ウキを交換している最中に再びの風・波。それに、一気にオモリも軽くなって振り込みも満足に出来なくなってしまった。でも、ここは我慢で打ち終えよう。すると、ウキの動きがさっきまでとは一変。あたりを出すようになった。もちろんカラも出るが、ポツポDscf0966Dscf0967Dscf0968ツと餌が尽きた2時17分までに3匹を追加。トップが細くて視認性に問題はあるが、細いDscf0969だけあって動きが良くなったのは事実。分かっていても実際に体験して良く分かった。もう少しオモリを背負うようにして、トップも少しだけ太くすればベターだ。結果、底では実釣2時間10分で15匹。カラのオンパレードにイライラする事もあったが、まあまあの数字だ。さあ、次は宙。と、その前に遅い昼食。それから竿を9尺に変える。餌はガッテン:マッハ:水を3:1:1で「粘りの素」も入れず。「たな」1本での再開は2時35分。大分風・波が穏やかになってきた気がする。が、ウキの動きとは無関係か。しばらく餌打ちしていると、ウキがモヤモヤ。そしていきなりのズバッという消し込み!しかぁ~し、カラ(ガクガクッ)。あれだけ良いあたりでカラとは、痺れるなぁ。すると、その後もズバッというカラが連発。ビリビリ痺れたぜ。Dscf0970ワイルドかな?開始20分くらい経って、ようやく1匹目。だがサイズが小。宙なのにこんなサイズ?これなら湖面も穏やかになったので、底を続ければ良かった(本日のタラ・レバPART2)。結局2時台はこれだけで終わり。2時半過ぎに柳の木の奥の先客、そして3時を過ぎる頃に塩ビ管手前の先客が終了。急に寂しくなったが、奥のワンドにはまだ誰かいるようだ。さて、3時をDscf0971Dscf0972Dscf0973Dscf0974Dscf0975過ぎる頃からあたりに合うようになる。ゴールデンタイムかな?ポツポツと5匹を追加して、宙だけで第2目標クリア。まあ、そこそこの感じかな。しかぁ~し、しかぁ~し、餌の経時変化なのかどうかは分からないが、急にウキの動きが悪くなり、突き上げるような動きで餌が落ちてしまう?小さなチッと入るよう動きに合わせてもカラ、たまに出る消し込みに合わせてもカラ。4時を過ぎ、いよいよ餌が終わる。最後の1投に賭けると、ズバッというあたりでやった「上がりべら」ゲットか?残念バラシDscf0976(ガクガクッ)で終了は4時5分。結果、宙では実釣1時間半で6匹。最後の30分はまさに餌打ちマシンだった。トータルでは実釣3時間40分で21匹。今日は底ではウキの重要さを身に沁みて思い知らされた。勉強になりました。宙では相変わらず餌をいじれない私。餌に何かを足したりする事がほぼない状況では、何も変えられないだろう。片付け。対面2人も終わり、こちら奥も1人が片付け中。湖面はバッチリ凪いでいて、あと2時間くらいやれば夕まずめで結果が出せるかもしれないが、そこまでのやる気は残っていない。片付けを終え、駐車場に戻る。気温は上がっているが、池では風と傘のおかげで割と快適に過ごす事が出来た。さあ、ベイシアに寄って帰るとするか。そろそろと池を後にした。
 
明日も快晴だが、用事で出だしが遅くなる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 台風の怖さ | トップページ | 昨日と同じような展開。特に収穫なし@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風の怖さ | トップページ | 昨日と同じような展開。特に収穫なし@増沢池 »