« 鳳来デビュー!?実釣編@鳳来湖 | トップページ | クラシックでも聴いて:その26 »

2012年6月11日 (月)

癒されたぁ@増沢池 with Oさん

今朝起きると、全身がだるい。久し振りに長く歩いたおかげだろう。でも、明日から天気が悪くなるらしいので、今日は是非とも出掛けなければ。そうです、行き先は増沢。最近渋い渋いと言われているが、私には相性が良いようなので、きっと鳳来での心の傷?を癒してくれるに違いないと勝手な思い込みでゴー!駐車場に着いたのは8時半過ぎか。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、旧爆釣ポイントに先客。私のいつもの場所はDscf0863空いているので、これ幸いと先客に挨拶して入る。珍しく対面看板付近には誰もいない。階段下に1人だけ(後からダム?付近に2人入った)。こちら深場にも何人かいるようだが、不明。さあ準備しよう。既に風・波で結構涼しい。薄手でも羽織るものを持ってきて良かったぁ。竿は9尺で底から。餌は相変わらずの夏・冬・マッハ。先客は合わせているようだが、かからない?チャチャッと底を取り、開始は8時57分。すると、第1投からウキに動きが。そして数投後にはあたり!が、かかりません。このところ最初からカラになる事が多いのは何故だろう。数回カラを食らった後の9時過ぎに、かかりました!サイズ的には喜ぶほどではないが、これで勢いが付くかな。すると、あたりに合うようになってDscf0864Dscf0865Dscf0866Dscf0867Dscf0868Dscf0869Dscf0870ポツポツと数を増やす。あっという間に第2目標クリア。7匹目は30cmくらいあって、ようやく満足なサイズに。9時半過ぎに先客が終了したので、終わりですかと声をかけると、夜勤明けなので帰って寝るとの事。私がバシバシ釣っている?ので後ろから見させてもらうと言われ、今までそんな事など言われた事がない(言われる筈もない?)私はビックリ。一気にプレッシャー。やはりしばらく間が空いてしまう。それでも何とか1匹Dscf0871釣って、やれやれ。と、誰かやって来たようだ。あれっ、Oさん?やけに遅い出勤ですが。えっ、さっきまで小野でノーあたり?こちらに避難してきたようだ。それが良いタイミングとなったのか、先客は帰った。Oさんはいつもの塩ビ管手前でなく、柳の木の奥に入った。10尺の底をやるようだ。餌はもちろんダンゴですよね。さて、先客が帰ってプレッシャーがなくなったのか、それとも単に地合なのか、10時前くらいからかかるかかるかDscf0872Dscf0873Dscf0874Dscf0875Dscf0876Dscf0877Dscf0878Dscf0879Dscf0880Dscf0881Dscf0882Dscf0883Dscf0884Dscf0885Dscf0886Dscf0887Dscf0888Dscf0889Dscf0890Dscf0891Dscf0892Dscf0893かる(もちろん私にとって、だが)。ウキが何かしら動けば合わせると、かかる。まるで放流直後のようだ。ダブルも2回。もちろんカラや擦れにバラシもあるが、そんなの関係ねぇ~っ!と言う感じ。ただし、サイズは小ばかりですが、何か。最後の方はちょっと尻Dscf0894すぼみになってしまったが、それでも餌が尽きた11時4分までの実釣2時間強で計32匹をゲットだ。しかも、後半の1時間で20匹以上。これはなかなかありませんよ(もちろん私にとって、だがPART2)。Oさんも竿を曲げているが、こちらよりグーなサイズばかりのようだ。重量では負けたかな?ただ、次第に放流に切り替わっているようで、ちょっと様子を見に行くと、奥の方Dscf0895Dscf0896には結構人がいて驚き。ちょうどOさんが竿を曲げたところだったので、写真。確かにへらは可愛いが、私のアベレージよりは多少大きな気が(ガクガクッ:ssh心の叫び)。釣り座に戻り、さあ次は宙。しまった、9尺宙の仕掛けはつぶれたままだった。それでは、まだ昼前だし現場施工で行こう。いつも通りイライラしながら何とか出来、それから昼食。そして餌を作る。ガッテン3とマッハ1に「粘りの素(だったかな?)」を振って水1を加えたダンゴ。一旦穏やかになった湖面だったが、「たな」1本で再開の11時38分頃には元の木阿弥。ウキがオモリを背負わないので、振り込むのも大変だ。更に、25cmと35cmのつもりで作ったハリス長が、20cmと30cmくらいになってしまい、流石に短いのではと思いつつも続行している私。ウキの動きもない。そこで、ハリスを変える代わりDscf0897にウキ下を1本半にしてみる。すると、12時少し前にスッとウキが消えた!慌てて合わせると、やったかかりました!う~ん、サイズ的にはもう少し大きいのを期待してたんだけどなぁ。でも、凸が回避されたから、良しとしなくては。しかぁ~し、数投でウキが馴染むDscf0898前に触りが出て来たので、再び1本に戻す。更にはハリス長を30cmと40cmにもしてみる。すると、12時を過ぎて再びウキがズバッ!そしてようやく宙らしいそこそこのへらをゲットだ。「たな」ではなくハリス長が大事だったのかもしれない。その後ポツポツとDscf0899Dscf0900大小をゲットするが、ダンゴが次第に粘りを帯びてくるのが分かるものの、何かを加えるとかはせず、手水とかき混ぜで対応するだけ(何かを加えると餌の総量が増えるので、終了時刻が遅くなってしまう)。ウキの動きはかなり悪くなって、餌打ちしても「シーン」のまま餌が溶けてなくなる事態に。餌付けやら餌の落とし方を工夫しながら続行してみDscf0901Dscf0902Dscf0903ると、1時までに3匹を追加。あと1匹で底とのトータルで40匹となるが、その頃は既にカウントを放棄(後から写真の数を数えれば済む)していたので、そんな事には全く気付かなかった。残念ながらその後は底と同じく尻すぼみになって、1時12分に終了。結果、宙では実釣1時間半強で7匹。底と併せたトータルでは、実釣3時間半強で39匹。私にとっては素晴らしい結果(サイズはさておき)となった。片付け。昨日の事はもう忘れましDscf0904た。片付けを終え、Oさんの様子を見に行くと、餌合わせがまずかったようで、午後はウキの動きが悪くなったとの事。でも、へらがいなくなった感じはなく、ポツリポツリと合わせている。Oさんにまた宜しくと言って駐車場に戻る。今日は思いの外良く釣れたと思う。個人的には上出来と言ったところか。さあ、荷物を積んだ後はベイシアにでも寄って、食べ物を買って帰ろう。そろそろと気持ち良く池を離れた。
 
やはり癒しの「増沢池」だった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 鳳来デビュー!?実釣編@鳳来湖 | トップページ | クラシックでも聴いて:その26 »

コメント

増沢で癒されすぎて長いこと・・・。
未だ宙が残っている。
今日は特に長そうだ!
良かったね。

投稿: yurie | 2012年6月11日 (月) 21時57分

yurieさんこんばんは。文章は多分長くありません。写真が多いだけです。餌を打つ度に合わせる感じになると、あまり面白くありませんね。本当に放流初日のような感じでした。

投稿: sunshine_hera | 2012年6月11日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳳来デビュー!?実釣編@鳳来湖 | トップページ | クラシックでも聴いて:その26 »