« あたりもさわりもなし@鳳来湖 with パラソルさん and masaさん(and バンビさん and 竹さん) | トップページ | 頂き物 & 餃子の石松で昼食 »

2012年7月 9日 (月)

数は出たけどサイズが(贅沢?)@増沢池

昨日はそれなりに面白かったが、やはりウキが動く釣りをしたい。と言う事で、今日も増沢へ。早起きしたので、家を出たのは7時半頃。ちょうど出社時刻なのか混雑していて、駐車場着は8時頃になってしまった。慌てて荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所には先客。それでは柳の木の奥にでも入ろう。うまい具合に空いているではないDscf1155か。左にも先客がいるので、左右に挨拶。すると、私のいつもの場所に入っているのは、先日私にどうしたら釣れるか訊いてきた人ではないか。これはビックリ。今日の調子を聞くと、放流ばかりだが既に20匹くらい釣っているとの事。これは素晴らしいが、サイズがなんとかなればもっと良いのだが。更に、何と小野の池に4回行って1回だけさわりを見たとの事。相変わらず渋いなぁ。小蝿のような虫が湧いていて、顔に来て困ったとも。う~ん、そうか・・・。小野はもう少し経ってから行くかな。梅雨の合間の快晴なので、もう少しへら師がいると思ったが、こちらは私を含めて3名(あとから深場ワンドに常連さん)。対面は坂の下だけ(あとから階段下とダム?そばに入った)。さあ準備しよう。ちょっとだけ頭上が気になるが、11尺で底だ。餌は相も変わらず夏・冬・マッハ。湖面は凪いでいたが、私が底を取り始めると波。それでも何とか底を取って、開始は8時25分。隣は結構なペースで竿を曲げている様子だし、私のいつもの場所の人も相変わらず良いペース。きっと活性は高いに違いない。が、私が今日ここに入ったのは、少しでも良Dscf1156_2型をゲットしたいからだが、果たしてどうか?じきにウキは動き出し、一体どういう状況なのかすぐに分かるぞ。すると、開始5分過ぎに早くも1匹目!いつもならカラから始まるのに、今日は好調になるか。しかぁ~し、サイズは小。このまま続くのかな?すると、どうやら予想は当たったようで、その後も小サイズをゲット。ただ、いつもより良いペースDscf1157Dscf1158Dscf1159Dscf1160Dscf1161Dscf1162Dscf1163Dscf1164でかかる。1匹目から9時までの約30分に9匹。ほぼ毎回のようにあたり、カラやバラシはたまに出るが、擦れはほとんどない(と言うか記憶にない)。写真を撮る時間を省けばもっと釣れた筈だ(本日のタラ・レバ)。9時を過ぎるとややペースダウンするものの、そDscf1165Dscf1166Dscf1167Dscf1168Dscf1169Dscf1170Dscf1171れでも9時半までに7匹で、開始1時間で早くも第3目標をクリアしたうえに、このハイペース(もちろん私にとって、だが)が持続出来れば20匹も超えられそうだ。ただ、サイズがなぁ・・・。それに、釣れるのは私のアームではなく、場所のような気がする。先日先客がこの場所でどんどん竿を曲げていた事を思い出した(サイズは不明だが)。9時半を過ぎても状況に変わりはなく、むしろハイペース(もちろん私にとって、だがPART2)になっDscf1172Dscf1173Dscf1174Dscf1175Dscf1176Dscf1177Dscf1178Dscf1179Dscf1180て、10時までにダブルも含めて10匹。グーなサイズも混じり、開始時には予想もしていなかった20匹越え、いや、むしろ30をも覗える調子だ。しかぁ~し、10時を過ぎる頃から状況が一変。ウキが馴染むと動かなくなる。これは完全に上ずり?大体このような時には、待って出るあたりでグーなサイズがかかってくるものだが、あたりはカラ。そのまDscf1181Dscf1182まズルズルと時間が過ぎて、餌が尽きた10時23分までに2匹を追加出来たのみ。何だかさっぱり釣れなかったような気持ちで終了。結果、底では実釣2時間で28匹。数だけは立派なもの(もちろん私にとって、だがPART3)だが、サイズはちょっとなぁ。さあ、Dscf1183次は宙。竿はそのままで仕掛けとウキを交換だ。餌は封を切ったものの在庫一掃セールと言うか、ペレ道:ガッテン:マッハを2:1:1に感嘆を少々加えたものに水1のダンゴ。今日は死骸が結構浮いていて、数回私の正面に来た。これには水で追い払って流れに乗せた。さて、何に時間を使ったのかは分からないが、いつもと違って「たな」1本半での再開は10時39分。ちょっと餌がボソなので、少しずつ手水で調整して行こう。なんて思っていたら、じきにウキがモヤモヤ。そしてあたりらしき動きが出るようになった。が、底とは違ってそんなに簡単にはかDscf1184Dscf1185からない。強いあたりに絞って11時までに2匹。トータルで30匹となった。私のいつもの場所の先客は11時過ぎに帰った。今日はサイズはさておき良い釣りが出来たのでは?左隣は宙をやっているのか底なのか分からない(しょっちゅう変えていた)が、次第にサイズアップしたのは分かる。私もそうありたいものだが、なかなかグーなサイズにはお目にかかれない。更に、落とし込みにばかり気を取られていたら、穂先に道糸が絡まるアクシデント連発。これに癇癪を爆発させる事無く根性で解くが、3回目には遂にチチワ部分をカットして新たに結び直すところまでやった。が、それでも絡んでガックリ。道糸の穂先近くはヨレヨレになったのでこの仕掛け、次回からは使いたくない(ssh心の叫Dscf1186Dscf1187び)。さて、餌はゆっくり柔らかくなっていくが、それが功を奏したのか11時を過ぎてからあたりに合うようになって2匹を追加したところで、今日のメインエヴェントの穂先絡み。これを丁寧に解いて再開するが、しばらくはウキの動きが悪いまま。11時半を過ぎて、Dscf1188Dscf1189Dscf1190Dscf1191やっと原状回復出来たのか、12時のサイレンが鳴るまでにポツポツと4匹を追加だ。宙だけでの第2目標はクリアして、サイズもアップして来たぞ。が、ここでも穂先絡み。直Dscf1192Dscf1193Dscf1194Dscf1195して再開すると、何とかポツポツと12時半頃までに4匹を追加し、宙だけでの第3目標まで到達した。さあ、餌が残り少ないので、あとどれくら追加出来るか。しかぁ~し、ここかDscf1196ら急に調子がおかしくなって、擦れ・擦れ・擦れ・・・。餌が尽きた12時59分までに1匹を追加したのみ。最後の1投も効かなかった。結果、宙では実釣2時間20分で13匹。私としてはまあまあだが、底の数から考えると、ちょっと寂しい気がするのは仕方ない事か。トータルでは実釣4時間20分で41匹。40の大台を超えたのは随分久し振りのDscf1197気がする。ただ、サイズがパッとしないのと、場所の恩恵かと思うと、ね。片付け。と、片付け中にyurieさんからメールが。私に渡したいものがあるので、西ノ谷まで来て欲しいと。頂けるものは頂きましょう。腹が減ってはいるが、さっさと片付けて西ノ谷へと向かった。 -続く-
 
私以外の人も沢山釣っているようだ。ただ、何処もサイズは・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« あたりもさわりもなし@鳳来湖 with パラソルさん and masaさん(and バンビさん and 竹さん) | トップページ | 頂き物 & 餃子の石松で昼食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あたりもさわりもなし@鳳来湖 with パラソルさん and masaさん(and バンビさん and 竹さん) | トップページ | 頂き物 & 餃子の石松で昼食 »