« 「結婚しよう」が終わった | トップページ | 黒いハリス »

2012年8月21日 (火)

一旦は凸も覚悟したが@増沢池 with 岡ジャミザわさん

ようやく諸課題が解決し、天気も回復したようなので、是非ともと出掛けてきました増沢。駐車場には車は少ないが、へら師はどうだろう。急いで荷物を降ろして池に向かうと、対面は先客ゼロ。こちら側は柳の木の奥とその奥に、挨拶しても返してくれない2Dscf1392人。いつもの場所は空いているので、静かにそこに入る。後に、挨拶のないもう1人が塩ビ管方面に入った。まだ湖面は凪いでいるが、既に汗。早く釣り台と傘をセットしないと、溶けてしまいそうだ。さて、今日も竿は11尺で底から。餌は最近多用しているバラグルセット。汗を拭き拭き底を取り、開始は8時34分。あれ、馴染みが(コラコラ)。ウキ下を調整して事なきを得るが、ウキに動きなし。まあまあ、最初はこんなものでしょう(いつも出る言い訳)。が、その後時間が経過しても何ら変化なし。これは何だろう。早くも30分経過。良く見ると、ウキが小さくかつゆっくりと返しているようにも思えるが、単に餌が溶けているからかもしれない。実際かなり待ってもあたりにはならない。困った。ウキの近くにはたまに小さな泡が出るが、これも何だか分からないまま1時間が経過しようとしている。餌の消費はもちろん少なく、打ち切るまでには3時間以上かかりそうだ(省資源釣法だからOK?)。波が出て来たが、このまま手をこまねいていてもどうにもならない。再度底を取ってみるが、問題なし。それでは、バラケを大きめに付けて数回打ってみようかな。このままでは凸必至の予感。が、遂に開始1時間が経過。奥のワンド付近には常連さんがやってきて賑やかになったが、こちらは1人冷や汗脂汗が出ている。しかぁ~し、柳の木の奥の先客が塩ビ管方面へ話をしにいった頃から、何となくへらが来たような気が。すると、馴染んだウキがほんの小さく入り、フワッと餌落ちまで返したではないか。これは来ましたね。更に、次の餌打ちではズルッという糸ずれ。期待は更にDscf1393高まる。そして次の餌打ちでは、馴染んだウキがそのままでムズッと押さえ込むようなあたり!これを見逃さずに合わせれば、やったかかりましたよ!う、嬉しか~。サイズもまあまあだし、とにかく凸を免れて気持ちが落ち着いた。さあ、どんどん行こう。すると、しばらくしてまたもあたり!やったと合わせるが凄い引き。これは擦れてる?懸命に寄せると、どうやら擦れてはいないようだが、何故か「たも」に入らない。もたもたしていると、上鈎が「たも」にかかってしまった。更に、左の蓮に突っ込んでしまい、竿が軽くなった。ゲゲッ、バラシ!仕方なくDscf1394鈎を取ろうとしたら、何とまたも引き始めたではないか。まだ付いていた?今度こそと蓮から引き出して「たも」に収めるが、もうへとへと。上ハリスも切れてしまった。やっとの思いで2匹目ゲットだ。ウキはまだ動いているが、何だか忙しなくなった気がして、どうも放流に切り替わったようだ。その後、開始2時間を過ぎる頃までに3匹を追加して第2目標はクリアするものの、次第Dscf1395Dscf1396Dscf1397にサイズが小さくなってきた。いやいや、釣れただけで幸せですよ、ホント。そのまま11時を過ぎる頃に、後ろから大きな声。そうです、ザわさんが岡ジャミに来てくれました。波は大きくなっていて、ウキの動きも見えにくくなっているが、ザわさんからは早く釣るようにせっつかれる。そうそう、先日ふと思い立って聖湖まで夜を徹して行って来た話をしてくれた。予定の蕎麦屋2軒は廻ったようで、行った甲斐があるくらい旨かったそうだ。聖湖では初日大雨で中止、車中泊の翌日は好天だったが、なかなか思うような釣りは出来なかったとの事。それにしても、凄いですよザわさん。最近はあちこちで竿を出したようで、バットさんとは大楽地で遭遇した。さて、話に夢中になって集中力が途切れがちだDscf1398Dscf1399が、ウキはまだ動いていて、あたりらしき動きも出る。そして2匹を追加するが、グルテンが尽きて残ったバラケをダンゴとして打ち始めると、あたりは出てもカラまたはバラシで、11時35分に餌が尽きて終了だ。結果、底では実釣3時間で7匹。一時は凸も覚悟したところから、良くぞここまでになりました(私のアームとDscf1400は無関係のような気がするが)。さて、次はどうしようかな。ザわさんからは底を続けろと指令が出るが、へそ曲がりは宙だ。しかも両ダンゴ(ありえねぇ~っ!)。竿とウキ(yurieスペシャルオールマイティ11尺用)はそのままで、仕掛けを交換。ハリスは30cmと40cm(あくまで個人の感想です)。餌はプログラム単体。浅だなと言う事で、餌4に水1。と、ここで見知らぬ少年登場。我々に話しかけてきた。聞けば、聖隷クリストファー大学の1年生で、浜松に来たばかり。元々釣りが好きで、たまたまこの池を見に来たところ、釣りをしている我々を発見して降りてきたようだ。ザわさんが相手をしている間に、「たな」1本での再開は11時49分。少年(18歳だがやけに幼く見えるのは私が年取ったせいか)は、柳の木の奥の先客を見に行った。ザわさんは早く釣るようにせっつくが、ウキは動いていてもあたりにならず、12時のサイレンが鳴る少し前に名残惜しそうに?帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さて、12時のサイレンが鳴る頃からあたりが出始める。が、消し込みの2連発はいずれも鱗。ただ、2回目の鱗は大きくて、大物ゲットを予感させる。ただ、ハリスが長過ぎて余計な動きを出しているような気がして、少し縮めようかな。いや、もう少しこのままでDscf1401やってみよう。しかぁ~し、12時を10分くらい過ぎた頃、ウキが馴染んですぐのチクッというあたりに合わせると、やった1匹目ゲットだ!しかぁ~し、最初から放流(ガクガクッ)。釣れたのは良いが、せめて底よりはサイズアップして欲しかったなぁ。と、ここで決断。ハリス長を5cmほど縮めて25cmと35cm(あくまで個人の感想です)にして再開すると、その後消し込みやら小さなあたりやら「かかってました」やらで、12時半までに3匹を追加し、トータルでのDscf1402Dscf1403Dscf1404第3目標をクリアすると同時に、宙で早くも?第2目標にリーチ!腹が減ってきたが、この調子であと1匹釣って第2目標をクリアしたところで食べよう。しかぁ~し、それから全くかからない。これはマズイと言う事で、さっさと昼食(オイオイ)。そして再開すると、第1投からズバッという消し込み!慌てて合わせればやったかかったでしょう!おおっサイズも今日一番で30cm以上ある。が、なかなか寄らず「たも」に収まらない。釣り台のDscf1406手前まで来た挙句にハリスを切られてジ・エンド。急いで交換して再開すると、何と第1投で消し込み!今度は逃がしませんよ。「たも」に収めれば、さっきほどではないがまあまあ。やれやれ、1時前にようやく第2目標クリアだ。餌を特に手直しした記憶はないのだが、1時を過ぎてからもあDscf1407たりに合ってもう1匹追加するが、そこからウキの動きが悪くなる。多分餌の経時変化。もちろん手水にかき混ぜとかはやってみるが、それ以上の事は知りません。餌付けで対応。柳の奥も帰って、塩ビ管からこちらには私1人だけ。対面看板横には1人入っている。さて、餌の手直しが効いた(あれで?)のか、1時20分を過ぎる頃から消し込みが復活!ただ、かかってくるのDscf1408Dscf1409Dscf1410Dscf1411Dscf1412は小サイズばかりで、第3目標クリアの嬉しさも半分くらい。波の中ウキは動き続けるが、その後あたりも出なくなって、1時48分に餌が尽きて終了。最後の1投もカラだった。結果、宙では実釣2時間で11匹。予想外の数だった。Dscf1413底と併せたトータルでは実釣5時間で18匹。両ダンゴの宙で久々に釣れた(もちろん私にとって、だが)。片付け。暑い、暑いよ。それに、最近感じるようになったのだが、水が匂う。昔のドブのような匂いだ。これがタオルとか釣り台に染み付いてしまうのだろうか。どうしよう。片付けを終え、駐車場に戻る。息が上がるが、しゃがみ込むほどではない。車に荷物を積み、スケジュールに入っているかのようにベイシアへと向かった。
 
どうしてダンゴの方がセットより釣れる?セットにすればもっと釣れた?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「結婚しよう」が終わった | トップページ | 黒いハリス »

コメント

又、中断???
編集中表示欲しいな~~~。

投稿: masa872 | 2012年8月21日 (火) 22時19分

masaさんこんばんは。9時から始めて約2時間半。いやぁ、疲れました。
決して中断ではありません。パソコンの前で文章をひねり出しています。記憶の鮮明な部分とそうでない部分から同じような文章を作るのはなかなか大変なので、途中止まってしまうのです。決して休んでいるわけではありません。まぁ、結果的には中断と同じようになってしまうんですが・・・。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月21日 (火) 23時25分

2時間半の長文でよかったですか?
お疲れ様です。
ワタスが気になったキーワードは「ジャミザわさん」「もうへとへと」です。

※ジャミザわさんとのやりとりを久しぶりに聞きたかったです。漫才より面白いから…。

※もうへとへと はへらぶなも同じでしょう。

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年8月22日 (水) 12時49分

バットさんこんにちは。
確かに、へとへとなのはへらの方だったかも。よくよく考えると、あの大きさで人間1人をへとへとにさせるんだから、魚の力って凄いですね(何を今更)。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月22日 (水) 12時54分

ところで、いつもベイシアで何をお買い求めで…?
98円の黒糖ロールパン5個入?
398円の昔ながらのおばあちゃんの稲荷?
98円の2Lペットボトルお茶?

投稿: 黄金バット | 2012年8月22日 (水) 23時28分

バットさんこんばんは。
何をと言われてもねぇ。1リットルのトマトジュースとか・・・あとはその時々で。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月23日 (木) 01時13分

トマジューか、今度買ってみるか。

投稿: 黄金バット | 2012年8月23日 (木) 23時32分

バットさんおはようございます。
トマトジュースはトルコ産で、1リットル98円です。ベイシアはいろんなものが安いですね。重宝しています。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月24日 (金) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「結婚しよう」が終わった | トップページ | 黒いハリス »