« 残暑厳しき折@増沢池 | トップページ | これくらいなら良いのかな@大楽地の池 »

2012年8月26日 (日)

相変わらず釣れねぇ~っ@増沢池 with 短時間の岡ジャミパラソルさん

今日は日曜。あまり竿を出す気にならないが、それでもモゾモゾと動き出す。行き先はもちろん増沢。釣れなくても近いから・・・。駐車場には結構車が停まっているので、池は混雑しているかと思ったが、不定期便のついでに橋まで様子を見に行くと、対面は坂の下に1人だけ。日陰側は柳の木の奥と、深場ワンドに数人。いつもの場所は空いているが日が当たっていて暑そう。でもそこに入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。Dscf1426先客に挨拶すると、たまに出会う人だ。竿は曲がっているか訊こうと思ったが、奥の方で竿が曲がるのが見えたので、きっと活性はあるに違いないと勝手な判断。さあ準備しよう。あれっ、さっきまで凪いでいた湖面が波立ってきた。初っ端からやる気が削がれる。さて、竿は11尺の底から行くとするか。餌はいつものバラグルセット。1人やって来て、旧爆釣ポイントに入った。底を取り、開始は8時45分。ウキは右から左に流されるが、底をなぞっているのかへらなのかはまだ分からない。ゲッ、いきなりビーへーが目の前にいる!頭が三角に見えるぞ。柄から見ても、少なくともシマヘビではなさそう。慌てて釣り台から離れると、それを見ていたのかビーへーが釣り台の下に入った。マジビビリ。「たも」で右の草むらに追い払ったが、しばらくはビクビクして釣りどころではない。9時を過ぎる。ウキの動きは同じ。開始30分くらい経過した時、背後から声。パラソルさんだ。大楽地に行く前に寄ったようだ。しばらく話をしていたが、ウキは相変わらずモヤモヤ。あたりにはならない。が、ウキが餌落ち目盛まで返してからスッと入るのに合わせると、やったようやくかかりましたよ!しかぁ~し、最初からアッパーとは(トホホ)。これ以上見ていても仕方ないと思ったのか、パラソルさんは大楽地に向かった。岡ジャミお疲れ様でした。既に開始1時間が経過しようとしている。何となくウキの動きが良くなったような気がしたが、次のあたりでは沖に逃げられてのバラシ。小さな鱗が付いていたのDscf1428で、おそらく擦れ。ようやく次のあたりで1匹目をゲットするが、これが放流サイズ。おかしいなぁ、最近は底でもサイズアップしている筈なのに。すると、次の餌打ちでまたもあたり!今度こそと思ったのも束の間、放流の擦れ(ガクガクッ)。旧爆釣ポイントの人は宙で竿を曲げていて、柳の木の奥の先客もおそらくは宙で同様。早く餌を打ち切って宙にしなければ。しかぁ~し、ウキは一旦馴染んだ後にすぐ餌落ち付近まで返すが、その後がない。10時を過ぎ、開始1時間半が経過。完全なる餌打ちマシンと化した私。が、ほとんどあたりとは思えないよDscf1430うな、微かなウキの動きに反応すれば、やったようやく2匹目!ややサイズアップしたように見えるが、こんなものでは満足出来ません。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキの返しは次第に大きくなって、ウキが馴染んですぐに餌落ち目盛の下まで返す。そしてあたらない。餌が小さ過ぎて(省資源釣法)返した時には抜けているのかも、と大きめに付けて打ってみると、ウキが馴染んですぐにチクッというあたり!やったこうでなくっちゃネ。しかぁ~し、寄せる途中で擦れと判明。食わねぇ~~~。再び餌打ちマシンとなった私、遂に11時。これはマズイ(今更?)と言う事で、遅まきながら底を取り直す。そして再開すると、すぐにあたり!そしてかかりました!しかぁ~し、しかぁ~し、またも放流の擦れ(ガクガクッ×ガクガクッ)。今日は一体どうしちゃったんだろう(野田総理風に)。と、ここでまたもビーへーが私の前を横切る。あっと声を出したら、何と再び向きを変えてこちらに来るではないか。竿で叩くが、却って怒らせてしまったようで、頭をこちらに向けて威嚇。次に餌ボウルに水を入れてぶっかけて追い払おうとするが、どんどんこちらに向かってくる。「たも」を避けて遂に私の釣り台へ。もちろん既に退避済みだが、何とかお引取り願おうと「たも」を出すと、最初と同じく右の草むらに消えた。もう釣りどころではないが、残った餌は打ち切らないと(えっ?)。それからしばらくしてグルテンが尽きたので、バラケを練って両ダンゴに。早く打ち切ろう(絶対に捨てません)。11時半を過ぎてHRさん登場。腕を痛めていて、ほぼ2ヶ月ぶりの竿出しだと言う。旧爆釣ポイントの右に、無理矢理入った。柳の木の奥の先客とは知り合いで、今日初めてその人がUさんだと知った。さて、いよいよ最後の1投。開始してから3時間近くが経過している。これでたったの2匹とは。しかぁ~し、待って待ってようやくあたり!やった「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、しかぁ~し、これも擦れ(ガクガクッ×ガクガクッ×・・・)。虚しく終了だ。時刻は11時35Dscf1434分。結果、底では実釣2時間50分で2匹。擦れの方が多かった・・・。こんな事は最近お目にかかっていない屈辱。頭にきて止めようかと思ったが、宙できっと良い事があるに違いないと自分を慰め、次は宙にしよう。少し早いが昼食。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。仕掛けは前回のトロ掛けのままなので、遂に黒いハリスのご登場だ。餌はプログラム:マッハ:水を3:1:1のダンゴ。風・波が強くなってオモリの調整に手間取り、再開は11時59分頃。旧爆釣ポイントの人は、12時のサイレンと共に帰った。さて、餌打ちを始めるが、波で馴染みが良く分からない。しばらく打っていると、どうも馴染んでいないようだ。手揉みを強くして打てば、やれやれやっと馴染みがハッキリ出たぞ。すると、流れたウキがグッとDscf1435入ったように思え、とりあえず合わせたら、やったかかりました!う、嬉しか~。寄せてみれば30cmを超える今日一番のサイズだ。隣のHRさんも褒めてくれた。が、柳の木の奥からは40cm近いのを釣ったとの声。萎びる。でも、凸は回避出来たので、どんどん行こう。しかぁ~し、その後はウキの細かな動きは波にかき消され、大きく入るあたりがたまに出てもカラ。餌合わせが出来ない私は、手水とかき混ぜで対応。再びの餌打ちマシン化で、あっという間に1時。もうトホホだ。それでも時折波が穏やかになると、何となくあたりらしき小さな動きが見える。あれに合わせてみようかな、無理かな。が、1時を過ぎてモヤモヤした後のチクッというウキの動きに合わせると、ゲゲッ凄い手応え!穂先まで水中に入りそうになるDscf1436のを懸命に堪えると、寄ってきたのはまたもグッドサイズ。本当にポツリポツリだが、このサイズが2匹出たので今日は許してやろう(って、誰を?)。HRさんは底をやっているようだが、あたりが出ても腕が痛くて合わせられないようだ。が、バッチリ竿が曲がって寄せたのは30cmを遥かに超えるサイズ。素晴らしい!柳の木の奥の先客も驚いているが、1時を過ぎて終了の様子。1時半頃帰った。私もそろそろ餌が終わるので、ビーへーの事もあるし、続行するのDscf1437は止めよう。すると、1時半を過ぎて何故かズバッというあたりで3匹目!サイズはダウンしたものの、トータルでの第2目標はクリア。やれやれ、だ。その後はウキはモヤモヤするがあたりにならず、1時45分に餌が尽きて終了。結果、宙では実釣約1時間50分で3匹。トータルでは実釣4時間40分で5匹。時間あたり1匹とは、もうイヤッ!パラソルさんについて大楽地に行っDscf1438た方が良かったかも、と今更のタラ・レバ。さあ、片付けよう。HRさんは再度竿を曲げたが、バラシ。竿を変えて「お」を始めたが、ハリス切れになったようだ(詳しく見ていないので)。片付けを終え、また宜しくと挨拶して駐車場に戻る。岸辺は日陰と言う事もあってそんなに暑さを感じなかったが、駐車場は暑い!荷物を積みながらエアコンは全開。さっさと池を後にした。
 
次は凸の恐怖が・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 残暑厳しき折@増沢池 | トップページ | これくらいなら良いのかな@大楽地の池 »

コメント

こんにちは、ビーへーですか。この時期出会う確立は有りますが、2度も釣り台の下へ来るとはよっぽど好かれましたね。何かのお告げかも。
最近ブログUPの途中で中断が…。お昼寝タイムですか?

投稿: 竹さん | 2012年8月26日 (日) 17時33分

竹さんこんにちは。ビーへーは同じ奴でした。どうもマムシのような気が。向かってくるなんて、凄く怖かったですよ。
今日は途中シャワーを浴びるための中断がありましたが、その際は本文中に「ちょっと休憩します」と断り書きを入れたのですが、竹さんのご指摘はそのあとの間延びの事かな?実は、細かく更新するのは、せっかく書いた文章を手違いで消してしまう事を防ぐためです。間延びがあるのは、記憶を懸命に蘇らせている時間帯の事でしょう。これはご勘弁願いたいです。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月26日 (日) 18時12分

あ~ん、もう来れば良かったのに~。
感嘆で12枚出ましたよ、それもGreatサイズばかり。
高野の9尺が曲がってしまいました、放っておけば直るので気にはしていませんけどね。
行動範囲広げましょう、ベストシーズンのホーライに向けてフットワークを軽くしておきましょう。
向かってくるのはたぶんマムシでしょうね、他のビーヘーは逃げますから。
焼酎準備ですか?

投稿: パラソル | 2012年8月26日 (日) 20時05分

パラソルさんこんばんは。
いえいえ、あれは単なる愚痴です。大楽地は皆さん釣れているようですが、私が行けば増沢と同じ結果になるでしょう。
ビーへーはやはりマムシでしょうか。頭が三角だったので、これはヤバイと思いました。次から竿を出し辛くなりましたね。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月26日 (日) 22時27分

ビ~ヘ~は平気ですが、毒物はいけません。
渋い増沢に近々行こうと思っていましたが、また足が遠のいてしまいそうです。

投稿: 黄金バット@会社 | 2012年8月27日 (月) 12時53分

バットさんこんにちは。
ビーへーで大騒ぎしたのは私だけで、柳の木の奥から深場に向かっては、そんな話は出ていないようです。Y川さんがいつも入る、深場ワンドなら多分大丈夫でしょう(多分だけどね)。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月27日 (月) 16時52分

こんばんは!
蜂の次は蛇ですか!。
私ははちもくに(蜂も苦に)ならないし、蛇も気にならないので、スミマセン!。勿論スズメバチとかマムシには気をつけてます。
増沢池の山側柳の木の周りは、よく蛇が泳いできて草むらに入っていくところです。
それより「渋い・釣れない」っていう方には「もう少し放流資金を多くご協力いただければもっと多く放流できる」って言ってます(笑)。1トンくらい放流できるといいのですが・・・・。

投稿: masa872 | 2012年8月27日 (月) 21時58分

masaさんこんばんは。
私が釣れないのは渋いからではなく、私のアームのせいでしょう。私が釣れる時は皆さんもっと釣れていますしね。それと、釣れる釣れないは量の問題ではなくてへらの活性とかも関係ありますよね。量が多ければ釣れるなら、西の平は爆釣の筈ですもんね。
ビーへーは、後からネットで調べたらどうもマムシのようですね。そんなに大きくなく、やや太めです。模様も明らかにシマヘビとかとは違っています。
そうそう、昔は毒がないと言われていたヤマカガシですが、本当は毒を持っているそうで、実際に死者も出ています。子供の頃、何も知らずに無邪気につまんで振り回していた自分が怖いですよ。

投稿: sunshine_hera | 2012年8月27日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残暑厳しき折@増沢池 | トップページ | これくらいなら良いのかな@大楽地の池 »