« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

通過?

台風は山梨方面に抜けたようで、静かな状態が続いている。何だか拍子抜けの感じ。もう雨はないのかな。明日は晴れとの予報。大雨は一体何処へ行ったのか。
 
まだ台風の余波があるはず
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

いよいよ上陸

台風は愛知県東部に上陸したようだ。まだ風は強いが、そのうち目に入って静かになるのかも。ん、急に静かになったぞ。
 
ツイッターヨロシク!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

台風接近

雨風は絶え間なく雨戸に打ち付ける。台風が迫ってきたようだ。これからしばらくは推移を見守るしかない。
 
ツイッターで書いた方が良いかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

風雨が強くなってきた

昼頃から断続的に雨。今は強い風も加わった。台風がいよいよ近付いてきた気がする。一応雨戸は出してあるが、何処まで強い風雨が来るのかまだ分からないので、不安が募る。
 
これから夜にかけて雨風ともに強くなる
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

初めて草刈に参加

今日は増沢池の草刈の日。天気に問題はないが、私の体力に問題が・・・。7時始まりなのに、7時を過ぎてから家を出る(オイオイ)。
駐車場には既に10台近い車が停まっていて、遠くから草刈機の音が。急いで日陰側に降りていくと、あれっ誰もいないぞ。それもその筈、皆さんは対面で作業していた。
再び急いで橋を渡り(このあたりで既に汗)、坂を下りて皆さんに挨拶。草刈は初めてなので、藻を刈る作業をする事になった。麻縄に碇のようなものが付いていて、これを池に放り投げては引っ張り、水草を引っ掛けて刈るのだ。ただし、気をつけないと底の地面にかかって大変な事になる。
見た目は簡単そうだが、数回放っただけで腰に来た。腕も(トホホ)。更に、しばらくして汗を拭こうと思ったら、手の皮がむけているではないか。軍手をせずにやっていたので、私のか弱い皮膚は耐えられなかったようだ(当たり前)。軍手を借りて再開するが、日頃のグータラで体が悲鳴をあげる。それでも少しは戦力になったかな。
P1000355一段落したところで、皆さん集まって雑談に。見ると、対面日陰側塩ビ管のダム?寄りが整備されている事に気付いた。そういえば昨日も深場を見た時に、何か違和感のようなものを感じていたが、こうして見ると大変な作業だった事が分かる。草刈といい、皆さんの献身によって池が支えられている事を再認識するとともに、感謝感謝。
P1000356さて、1時間くらい(あくまで個人の感想です)は作業しただろうか、masaさんはまだ浅場のワンドで藻を刈ると言うが、その他の方々は三々五々解散して、竿を出す人帰る人。私は体力の全てを出し尽くしたので、燃え殻同然。早く帰ってシャワーと汗まみれ泥まみれの服の洗濯、それに休憩だ。ヨロヨロと池を後にした。
 
体力不足を痛感。このままでは寝たきりになるかも
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (8)

2012年9月28日 (金)

時合に救われたか@増沢池

まずは、今まで「地合」という言葉を使ってきたが、明らかな間違いであり、本来の意味での「時合」をこれから採用する事とする。これまでの日記は訂正しませんので悪しからず。

今日は午前中バタバタしていたが、少し早い昼食を摂って12時前に増沢にゴー!別にそんなに焦る事もないのだが、何故か午後からでも竿を出したくなった。駐車場に着いたのは12時過ぎ。車は多いが家族連れのような気がする。かなり暑くなっているが、日陰側なら大丈夫だろう。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所にはHRさん。挨拶しながら今日の様子を聞くと、これくらいが出たと両手を広げてくれたが、明らかに40cmを超えている。ホンマかいなと思いながら私は何処に入ろうか。旧爆釣ポイントかな?いや、頭上が気になるので、柳の木の奥にしよう。へら師はHRさん以外Dscf1559にこちら側は深場に2人と対面に2人。私の準備中に1人やって来て、対面看板横に入った。さて、今日は竿は11尺の底から入るが、何しろ後ろが決まっているので底も短時間でやるしかない。そこで、今日はいつもの餌で両ダンゴだ。活性は分からないが、1匹くらいは釣れるだろう。湖面は時折波立つが、まあ穏やかな方。それより対面の景色が湖面に映ってウキの視認性がかなり悪い。あたりが分かるかな?場所的には涼しい筈だが、準備中に汗が滲む。何とか底を取り、開始は12時40分。すると、いつもの事ながらウキの馴染みが思うように出ない。これは困ったと餌を切ろうとしたら、そのタイDscf1560ミングであたり!そしてかかってしまいました!ゲゲッ第1投から釣れるとは、幸先が良くない(言い方が変?)。まさに「やせ馬の先走り」となりそう。確かにへらはいそうだが、果たしてこの後釣れるだろうか?すると、予想通りその後は糸ずれ2回。1時を過ぎる。すると、急にウキの動きDscf1561Dscf1562が良くなってあたり!そしてかかりました!グーンとサイズアップだ。更に次の餌打ちでもあたり!何と早くも連荘が出た。やはり高活性なのかDscf1563な(自信がなくてフラフラしている)。しかぁ~し、ウキは動いていて返しも出るが、カラも連発。ようやくの思いで1時半少し前に4匹目をゲットするが、その後は鱗と顔まで見てからのバラシ。これは辛い。何とかもう1匹釣って第2目標まで行きたいが、無理か?いや、ズルッと入るあたりでDscf1565Dscf15645匹目。一応第2目標はクリア出来たが、まだ餌が少し残っている。何とかもう1匹、いや2匹(オイオイ)。すると、2時少し前になって6匹目。そDscf1566して最後の1投は餌がなくて1個餌だったが、馴染んですぐのあたりでやった「上がりべら」ゲットだ!時刻は2時6分。結果、底では実釣1時間半弱で7匹。数はそれほどでもないが、サイズ的には満足。さあ、次は宙。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はプログラム単体。あっ、HRDscf1567さんが終わったようだ。仕掛けがトロ掛け風になっていたので、ハリスを交換しているとHRさんが声を掛けてくれた。お疲れ様です。湖面は割と凪いできた。さて両ダンゴの宙はどうかな?2時18分に「たな」1本半で開始するが、どうもこの餌では馴染みが出ない(揉み込めば出るだろうが、それはしたくない)。しばらく打った後で「たな」を1本に変更だ。すると、数投でウキに動Dscf1568きが。そして2時半にズバッというあたりで1匹目!サイズ的にはあれっという感じだが、宙での目標はまず3匹釣ってトータルでの第3目標クリア。1匹は1匹です。ウキはそんなに動きが良くないが、あたりはズバッ!で気持ち良い。意外と活性は残っているようだ。それからしばらくして、Dscf1569またもズバッというあたりで2匹目。少しサイズアップした気がするが、まだ満足出来るサイズではない。宙ではもっと良いサイズが出る筈。でも、とりあえず第3目標にリーチだ。ただ、いつもの私がそろそろ顔を出してきたのか、ウキの動きが弱くなった。そこで、餌に手水とかき混ぜのワンDscf1570パターンで対処。すると、意外やこれが功を奏したのか、3時近くなってズバッ!3匹目とトータルでの第3目標クリアだ。サイズもそこそこになって来て、やる気はなくならない。3時を過ぎると、こちら側奥の2人が終了。対面の1人も同調するようだ。そういえば対面看板横も帰ったようだDscf1571し、残るのは私と対面旧流れ込みの2人だけになりそう。そんな中、3時を過ぎて何と「かかってました」で4匹目。おかしいなぁ、ウキの動きは見えなかったのに・・・。でも、湖面は凪状態で時間帯もあって、いよいよ時合がやって来た?そうだ、宙だけでの第2目標にもリーチとなったぞ。こDscf1572れは何としてもクリアしたいなぁ。すると、やはり時間帯があるのだろうか、バラシ連発の後に再びのズバッ!でやった5匹目(ほとんど向こう合わせ?)。まだ餌はあるので、ひょっとしたら宙だけで第3目標まで行くかも?かなり自己中な考えだが、ウキの動きは衰えない。カラは相変わらずDscf1573Dscf1574出るが、3時半までに2匹を追加して、単独での第3目標もまんざらではない感じだ。すると、ここからが本日のハイライト、素晴らしい釣りが始まる(もちろん私にとって、だが)。それからしばらくして、ズバッというあたりでかかったのは良かったのだが、これがなかなか寄らない。サイズはグーな事は分かっているので、バレやしないかと冷や冷やものだ。あっ、上鈎が「たも」に引っ掛かってしまった!ヤバDscf1575イ・・・。へらはあっちこっちに移動し、何度となく「たも」を避けたが、遂にお縄となった(こちらはへとへと)。見ると擦れてはいないようだが、何故あんなに暴れたのだろう(当然私の竿さばきが下手なんですけど)。ゲゲッ、やはり上ハリスが切れている。今日初めての交換だ。さっさと替えて続行すると、ウキが馴染んでモヤモヤした後にズバッ!で連荘(これは連荘ですよね?)。更に次の餌打ちでも同様の動きの後でズバッ!3連荘だ。更に更に次の餌打ちでもズDscf1576Dscf1577Dscf1578バッ!で4連荘!これは素晴らしいの一語。この間に宙だけで第3目標もクリア出来、自分にとっても感動ものだ。5連荘はさすがになかったが、ラス前にズバッ!が出たものの、外れた(ガクガクッ)。最後の1投は何もなく、3時50分頃に終了。結果、宙ではDscf1579実釣1時間半で11匹。トータルでは実釣3時間強で18匹とまあまあの結果。午後からでも出て来て良かったぁ。片付け。湖面は凪いでいて、まだ出来そうな気もするが、ここは引き時でしょう。片付けを終え、駐車場に戻る。汗も出ないくらいの気温。今日は特に用もないのでベイシアには寄らず、荷物を積み込みとっとと池を後にした。
 
まさに時合頼みの釣り
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

こんなのもかつて聴いてました

ようつべでは様々な記憶を引っ張り出してくれる。たまたまカシオペアについて検索したら、こんなのを見つけた。今の私からは想像もつかないかもしれないが、30年くらい前にはこんなのも聴いてたんだなぁと、しみじみ。

 
ASAYAKE 何もかもが懐かしい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

「さわやか」で昼食

あまりに腹が減ったので、帰り道にある何処かで腹を満たそう。確かイタリアンレストランと「さわやか」があった筈だ。レストランは柄でもないので、何十年かぶりの「さわやか」に入ってみよう。既に1時近いが、結構車が停まっている。中に入ると、満席ではないが混んでいて、早くも美味しそうな雰囲気。げんこつハンバーグのセットを注文。そう言えば磐田出身の長澤まさみちゃんも「さわやか」のファンだったなぁとどうでも良い事を考えていると、鉄板の上でジュージューいっているハンバーグが登場だ。かなり大きいが、それを店の人が半分に切って中を焼いてくれるのがこの店のパフォーマンス。少しP1000354赤いのが残っている方が美味しいそうだ。ん、このハンバーグ、しっかりした歯応えだ。硬いのではなくしっかりした歯応え(2回言いました)。肉を食べているという感じが強く、満足満足。隣の先客より早く食べ終えて会計へ。あの量で924円。何か得した気分になるのも、この店の作戦に嵌ったと言う事か。満腹で店を出、ゆったりと家路に着こうと思ったが、途中、急に思い立って根洗のりんご園で紅玉を買って帰った。やはりりんごは紅玉ですね?
 
衣食足りて礼節を知るってか!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (9)

夢よもう一度@小野の池 with Oさん

昨日のチョンボに懲りて、今日こそ竿を出すぞ!でも増沢ではバットさんも納得しない?ので、今日はパラソルさんお勧めの小野の池にゴー!予定では8時半着で9時前には開始だが、果たして・・・。池に着き、バックで坂を下りようとしたら、坂の下に1台の車ハケーン!しかも見たことがあるゾ。そうです、Oさんの車でした。今日は何となく会えるDscf1552Dscf1553ような気がしていたが、まさかね。そろそろと車を停め、まずはフェンス越しに青い釣り台のOさんに挨拶。まだ1回しかウキが動いていないとの話に、ちょっとやる気がトーンダウン。でも、まあこの池では当たり前か。さてさて、何処に入ろうかな。突先まで行ってみると、ゲゲッ突先は草ぼうぼうで釣り台を出せるような状態ではない。それに、突先の右にあった2つの釣り台は1つしか見えないゾ。更に更に、フェンスにかかっていた筈のはしごが見当たらない。1つは車を停めた辺りにあったが、もう1つ突先付近のが消えている。Oさんも承知のようで、この池で何かがあった事だけは間違いない。ガードレール付近の台も草で見えなくなっているので、最近ここを訪れる人はかなり少ないと思われる。それでは、はしごから少し右の釣り台に入ろう(と言うか、そこしか選択肢がない)。車から荷物を降ろし、フェンスを越えて釣り台へ。ちょっと波が出ているが、気にせず準Dscf1554備しよう。Oさんは16尺両ダンゴの底だが、私は15尺でバラグルセットの底で行くとするか。餌は相変わらず。修理したウキを出すが、トップがかなり傾いている。まあいずれ壊れるのは分かっているから、今日はこれを採用。餌落ち目盛から測って底取り。今日はしつこいくらいにやりました。ウキが穂先にかなり近付いたので、餌の打ち込みには充分注意が必要だ。そして開始は9時15分。ウキの馴染みも予定通りでバッチリ(当たり前か)。ただ、動きはない(これも当たり前)。しばらくは黙々と餌打ちが続く。すると、開始15分くらい経った時に、立ったウキが馴染みながら入っていく途中にビヨーンと戻ってボディが寝そうになり、再びシズシズと入っていくが、またもビヨーンでボディが寝そうになったではないか。これは一体?とりあえず合わせるが手応えなし。更にしばらくすると、今度は馴染みきったウキが1目盛くらい返した後で、ゆっくりと1目盛入り、それからゆっくりと1目盛返した。これは合わせない方が正解だろう。ただ、何かいる事は間違いない。テンションが上がる。だが、Oさんから最近は小さな20cmくらいのブラックバスにジャマされる(あたりを出して釣れてくる)と聞いていたので、あまり喜んでばかりはいられない。ウキは返すようになったが、その後がない。そろそろ10時。すると、返したウキが力強くチクッと入ったではないか(あくまで個人の感想です)!これにビシッと合わせると、やったかかりましたよ!尺半を釣った去年の今頃から早1年。今年は4月から5月にかけて3回ここに来たが、バラシ1回だけだったので、こんな嬉しい事はない。後はサイズだけだが、それほど手応えを感じないのは何故だろう。見えてきた魚体は一目30cmくらい。それでも「たも」に収めた後には採寸だ。すると、ナイスなボディではあDscf1555るが33cm。釣れて嬉しい筈なのに、何か物足りなく感じるのは何故だろうPART2(ただの我侭でしょう)。さあ、どんどん行こう。まだこの池で複数枚釣った事がないので、次の目標はもう1匹。しかぁ~し、ウキの動きがなくなる。朝方ここに着いた時には風が冷たかったのに、今は太陽が燦燦と降り注いでいて、真夏のようだ。傘なしにはいられない。急いでセットするが、竿が振り辛くなってしまい、その後はまたも餌打ちマシン化した私がそこにはいた。Oさんもウキが動かないと言っていたが、いつ頃かは忘れたが1回竿が曲がったものの、上がってきたのはブラックバス。しかも鈎を呑んでいたとかでご立腹の様子。私の方も1回だけウキが馴染みながらズルズルと入って行く事があったが、もちろんカラ。もたもたしているうちに11時。試しに両グルテンで打ってみると、散々放置した末にウキがモヤッと返したので、まだ何かいる筈だ。すると11時半近くなって、返したウキがチクッと入ったではないか!やった2匹目ゲットだと合わせるが、引きがおかしい。Oさんからは早くもブラックだとの声が。すると、その通り20cmくらいのブラックの野郎がピキピキと「たも」に入っDscf1556てきた。あたりが良かっただけに鈎は呑んでいなかったが、「たも」の中で暴れてハリス切れ。ガクガクッ。泣きっ面に蜂とはこの事か。ちなみに、大きな蜂が時折私の背後を行ったり来たりしたので、かなりビクビクしながらの釣りになった。さて、その後は状況に何ら変化はなく、時間だけが過ぎる展開に。そして遂に12時のサイレン。餌も残り少ないが、続行はどうしようかな。かなり暑くなって、やる気は既になくなっている。それでは、餌が尽きたら終了だ。それから特に書く事もなく、12時25分に餌が尽きて終了。Oさんにその旨を伝えて片付け。傘Dscf1558をたたむと一気に暑くなる。今日は実釣3時間で1匹と、とりあえずではあるが結果が出たので良かったと言えるのではないか。ただし、1日複数枚はお預けだ。片付けを終え、荷物を持ってフェンスを越える。そして車に荷物を積み、エアコンを動かしてからフェンス越しにOさんに挨拶。またここに来るかと訊いたら、雨の後とかでないと来ない。これからは増沢だと答えてくれた。また宜しくと言ってその場を離れ、池を後にした。釣れて良かったが、出来れば40cmオーバーが・・・(人間の欲望には限りがない)。
 
腹が減ったので、近くで昼食だ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2012年9月26日 (水)

安倍ちゃんが

自民党の総裁になった。喜ぶべきかどうかは別として、次の総選挙でひょっとして首相になるかもしれないと言う事で、マスコミも随分報道してきたが、あまりに日和見(単に迎合と言うべきか)。確かに民主党の体たらくには多くの国民が失望しているが、元は長く続いた自民党政権のつけを払っていた事も少なくない。この先自民党が政権に返り咲いても、自分のやってきた事にけじめを付ける事が出来るのかどうかは疑わしい。野党になって少しは変わったとみるのは無理がある(旧態依然の政治手法)。
国外では抜き差しならぬ状況が続いているが、国内では能天気な代表・総裁選びで肝心の法案はどんどん廃案だし、この先ホントに大丈夫なのか?
 
小澤さんの控訴審もひっそりと始まっていた
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

またやっちゃった@増沢池

一旦は諦めた釣りだったが、昼食を摂ったら急に竿が出したくなって、家人を送るついでに増沢にゴー!1時半から始めれば、5時くらいまでは出来そうだ。気持ちはグーンとアップする。
Dscf15511時10分頃池に到着。駐車場にはそこそこの車。ちらっと見える湖面は凪いでいて、早く竿を出したくて仕方ない。車から荷物を降ろそうとするが、ハタと思い立った。ウキケースは?
しまった、ウキの修理で家に置いたままだ!今朝、修理したウキをウキケースにしまったまでは良かったのだが、出掛ける前にすっかり忘れてしまった。もうガクガクッ×ガクガクッ。力が抜けた。これは5月の引佐天池以来のチョンボ。これから引き返して、またここまで来る気持ちはない。とりあえず橋まで行って池の様子だけ撮って帰ろう。あっ、へら師が日向側に1人いる。この暑さの中、頭が下がります。写真はパノラマの具合が良くなくてダム?が曲がっているが、ご容赦の程。
トボトボと家に帰り、早速ウキケースを竿ケースにしまったのは言うまでもない(PART2)。
 
明日は行けそうかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

なかなか釣りに行けない

天気も回復してきた事だし、そろそろ出掛けようかなと思っていたら、何と昨夜いきなり奥歯に詰めていたものが取れた。それで今日は歯医者。予約がないとダメらしいが、とりあえず近くの歯医者に行ってみると、待っても良いなら午前中に対応してくれるとの事。やれやれ。
何しろ歯医者には記憶を引っ張り出しても20年以上行った事がない。あのキュイーンという音が何とも嫌で、出来れば行きたくなかったのだが、穴が開いたところにやたらと食べた物が詰まるので、これは行かなくてはならないでしょう。
順番が来て、あの診察台に座る。ドキドキだったが、昔と違って今は対応がやけに丁寧だ。今日のところは型を取ってとりあえずの物を詰めてくれた。と言う事は、もう1回行かなくてはならないのだ。憂鬱。
終わると10時半を過ぎている。気温もかなり上がっていて、行こうと思えば行けるのだが、気持ちはすっかり萎えていて、これではなかなか釣りに行けないなぁ。
 
膝は涼しくなると痛むようだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

クラシックでも聴いて:その31

Docu0010今日は曇りで絶好の釣り日和だったのだが、午前中は場所により雨という予報で一気に萎えてしまった。それならゆっくりしようと思ったら、今日は休みの筈のカラオケスナックが午前10時から大賑わい。まさにトホホだ。午後3時半を過ぎ、やっと客が皆引き上げたので、これから静かにクラシックでも楽しむとするか。

最近は竹島やら尖閣やらで物騒な世の中だが、騒いでいるのは彼の国だけか?日本は相変わらず大人の対応とやらで静かなまま。黙っていると世の中では騒いだ奴の言い分を認めたことになると思うのだが、かと言って少しでも何か反応すると、日本は右傾化しつつあるとか海外では批判的。ただ、これまで事なかれでやって来た事のツケをいよいよ払わなければならない時が来ようとしているのは間違いない。

このところ、どうも体調気力ともに優れない。昼夜の温度差が大きい事も起因しているのかもしれないが、何と膝まで具合が悪くなったのにはビックリだ。数年前に一度両膝が時間差で痛くなって外科通いをした事があったが、その時はいつの間にか痛みがひいてそのままだった。肥満が原因なのは間違いないので、その時はダイエットが頭を過ぎったのだが、痛みがひけば何処へやら。結局何ら対策をしないまま、再び痛みが出て来たと言う事。これでは出掛けられる場所が限られてしまう。困った。
 
やたらと眠い。秋眠暁を覚えず?か
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

クラシックでも聴いて:その30

Docu0009午後から晴れてきたが、相変わらずのんびり。そして久し振りのクラシック。
昨日無理矢理修理したウキがようやく乾いてきたので、もう少し手を加えようかな。でも、下手したらトップが取れてしまう、それほど危うい修理なのだ。
さて、最近の嫌韓ムードのせいでもないだろうが、特に観たいと思うドラマが少なくなってきた。今まともに観ているのは、ぺ・ヨンジュンが主演(だったかな?)の「初恋」だけ。以前NHKで放映された時は途中から観たので、前後の繋がりがようやく理解出来てきた。金持ちの女の子と貧乏な兄弟との出会いから始まり、ぺ・ヨンジュン扮する弟は早々と振られ、兄ちゃんが叶わぬ恋に翻弄される事となる。兄ちゃん(時代劇で有名なチェ・スジョン)のウジウジした感じがやけにイライラさせられて、逆に面白い。この兄ちゃんの「初恋」の相手ヒョギョンの父親(チャングムのオギョモ様。現代劇にも出るんだ)によって、一家がひどい目に遭わされ、この兄ちゃんも体に障害が残ってしまうのだが、ぺ・ヨンジュンによって復讐(相手の父親を死に至らしめる)が為された後、また兄ちゃんはヒョギョンと何かありそうになって物語は終わる。これでいいのかと問いたくなる内容だが、きっと「初恋」を貫徹した事が素晴らしいのだろう、きっと。
 
明日は晴れるが、用事で竿は出せない
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

何かのんびり出来る日

今日は朝から雨。珍しく8時過ぎまで寝てしまった。雨の音で良く眠れたようだ。
最近は雨といってもザーッと一気に降るようなものばかりだったので、こういうシトシト降る雨は気分も落ち着く。今日はのんびり過ごせそうだ。
場所が違うので分からないが、鳳来も少しずつではあるが貯水率が上がっているようだ。ただ、今後は再び晴れが続きそうで、50%に戻るかどうかは不明。気温は下がり気味で過ごしやすくなってきたが、肝心の水が少ないのはしんどい。私はまだ行こうという気にならない。
さあ、こんな日は前回から随分間が空いたクラシックCDでも聴いてボーっとしていよう。
 
久し振りに穏やかな気持ちで過ごせそう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

また余計なものを買っちゃった

Fotoたまたまメールで送られてきた買い物サイトで、見てはならないものを見てしまった。それが500円の財布。
別に財布に困っている訳でもない(他に使っていない財布がまだ複数ある)のに、90%オフと500円という価格につられて、「カートに入れる」をクリック。そして今日物が届いた。
まあ、500円(別に送料400円がかかる)なら、もしろくでもない物が届いても我慢の範疇だろうと思っていたが、現物は500円では多分買えない代物。グーググー!
Docu0008ただ、返品不可なので文句は言えないのかもしれないが、中が一部汚れていた。何だかなぁ、500円だから我慢しろと言う事なのかなぁ。普段は見えない箇所だから良しとしたが、安かろう悪かろうというのがどうにも引っかかってしまう(物がそこそこなだけに)。
しかぁ~し、もう一度最初に戻って、500円だから我慢の範疇!そうでした、これは我慢の範疇なのでしょう。でも・・・。
 
何故クリックしてしまったのか?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

雨の後だからかな@増沢池 with 途中からOさん

昨日までとは打って変わって、今朝は快晴。空が一気に高くなって、いよいよ秋本番か。こうなると出掛けない訳にはいきません。と言っても、出来るだけキツクないところ。そうだな、増沢がそこそこ歩くし坂もあって良いかも。鳳来のような長距離移動では、今の私ではダウン間違いなしだが、この程度なら息が上がるくらいで済むだろう。駐車場着は9時頃か。車は数台停まっているが、へら師は果たして?急いで荷物を降ろして池に向かうと、へら師は対面坂の下とこちら側は塩ビ管手前に1人ずつ。雨の後で水はDscf1528濁っているが、風・波はそれほど出ていない。太陽の高度が低くなったせいか、いつもの場所は翳っている。それでは、ビーへーに注意しながらいつもの場所に入ろう。竿は11尺で底から行くとするか。餌は相変わらずのバラグルセット。背後の影と正面の映り込みでウキの視認性はちょっと気になるが、今日は丁寧に底を取り、開始は9時17分。ウキの馴染みはあまり出ていないが、第1投からウキがビヨーンと返した。嫌な予感。すると、次の餌打ちで早くもあたり!やったと合わせるが、かかったのはブルー(ガクガクッ)。どうやらウキを動かしているのはこいつらか。でも、きっとそのうちへらに変わるにDscf1529違いないと、めげずに続行だ。すると、じきに1匹目。サイズはさておき、随分久し振りに顔を拝んだ気がするが、前回から1週間が経過していた。私にしては間隔が空いたが、とりあえず凸は脱したので、後は気楽に行こう。ウキは前回同様動き続けるが、前回と違うのは食ってくるところ。ただ、何故かバラシも多く出る。ウキの馴染み具合を見ると、あまりウキ下は伸ばさなDscf1530Dscf1531Dscf1532Dscf1533い方が賢明だろう。その後ポツポツとあたりを拾って10時前には第2目標クリア。だが、これというあたりは2匹目だけ。「完璧!」とは叫べないなぁ。更に5匹目では、「たも」の中でハリス切れ。へらが暴れた訳でもないし、何故だろう。急いで交換するが、ハリスの間隔が短くなってしまった。でも気にしないで続行だ。10時を過ぎてもウキの動きは変わらず、ポツポツと2匹Dscf1534Dscf1535を追加。多少サイズがグーなものも混じって、気分は上々。あれっ、対面が帰り支度だ。もう11時かなと思ったら、まだ10時半前。今日は意外と高活性(少なくとも私にとって、だが)?しかぁ~し、そこから何故かウキの動きが悪くなる。更には2匹目のブルーに今日初めての擦れ(バラシは数多く出たが、上がってきたのはこれだけ)で、いよいよ私らしさが出て来たかな。その他カラツンも出て、約30分釣れない状況が続く。今日は第3目標まで行きそうにない雰囲気。「やせ馬の先走り(あくまで言い回しです)」は健在のようだ。が、11時近くなって急にあたりが出始め、そしてDscf1537Dscf1538Dscf1539かかる。連荘と11時過ぎてすぐの1匹で、遂に第3目標達成だ。理由は全くもって不Dscf1540明。特に何かした訳でもないし。単に地合という奴か。更に1匹追加して、そろそろグルテンが終わるが、バラケ(ダンゴ?)だけでも釣れるかもね。それからしばらくしてグルテンが尽き、かなり粘っているバラケで両ダンゴ。すると、それまでよりウキの動きが良くなった(何故?)。もちろんカラとバラシを挟みながら、ダンゴも尽きた11時14分(携帯での時間。カメラとは約5分ずDscf1541Dscf1542れていたので、多少食い違いが出たかもしれない)までに2匹を追加。結果、底では実釣2時間弱で13匹。雨の後で活性が上がっていたか?サイズ的には不満が残るが、久し振りの釣行でこれなら満足満足(もちろん私にとって、だがPART2)。さあ、次は宙。勢いで両ダンゴだ。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。ん、誰かやって来たぞ。あっ、Oさんだ。今日は仕事が早く終わったので、いそいそと出掛けてきたらしい。今日は奥の道から入って塩ビ管奥に釣り座を構えた。昨日は小野で36cmを出したが小さくてガッカリだったとの話に、思わずそれはないでしょうと突っ込むが、いや、小野では40cmを釣らないとという話には思わず納得だ(オイオイ、最初の突っ込みは?)。Oさんは釣り座に戻り、私はプログラム単体の餌を作ってから、少し早いが昼食。そして「たな」1本での再開は11時31分。多少風・波が出て来たが、この程度ならノー・プロブレム。しかぁ~し、ウキは最初こそ動いて2投目で早くも消し込みが出るが、その後はモヤモヤ。そしてかかってきたのはまたもブルー(ガクガクッ×ガクガクッ)。更にバッチリのあたりと思ったのが鱗で、12時のサイレン。これはヤバイですよ。Dscf1543底とは違ってこちらは凸も視野に入れておかないと。その後時折出るあたりで1匹は確保したものの、12時半。開始1時間で1匹かぁ。やはり私に両ダンゴは無理なのかもね。そこで、上ハリスを切って短くし、最早バラケとしては使えそうにないダンゴと「お」で勝負だ?masaさんからDscf1544「お」をなめるなよ!と叱咤されそうだが、これでダメならトロ掛けも。が、再開第1投で消し込みあたり!やった「お」の霊験あらたかか?しかぁ~し、バラケを食っている。ガクガクッ×ガクガクッ×・・・。その後はやはりバラケないバラケにへらが来るようで、カラばかり。「お」は意味を為さないDscf1545気がするが、それでも1時前までに消し込みで1匹を追加。今度は「お」を食っている。やれやれ。しかぁ~し、次のあたりでは宙で初めての擦れ。それまではカラばかりでカスリもバラシも1回もなかったのに、何故?1時を過ぎ、そろそろバラケが尽きる。何とかもう1匹追加するが、これDscf1547は単に釣れただけ。よし、ここは粘るバラケに寄るへらを、トロ掛けならぬ「お」掛けで釣ってやるぞ。下ハリスを切ってトロ掛けのようにハリス段差を5cm程度にする。そして下鈎には「お」。すると、それまでとはウキの動きがガラッと変わってズバッという消し込みが出るようになる。最初こDscf1548Dscf1549そカラだったが、その後連荘でグーなサイズをゲット。「お」で第2目標まで来た。さあ、後はトータルでの20匹。しかぁ~し、バラケが尽きて1時30分に無念の終了。結果、底では実釣2時間で6匹(両ダンゴでは1匹)。トータルでは実釣4時間j弱で19匹。湖面はまだ凪いでいるので、続行という選択肢もあるが、Dscf1550これで充分でしょう。片付け。奥にはいつもどおり常連さんがビッシリ。腰が痛い(奥まで行くのが億劫?)ので、Oさんにはメールで終了を報告。すると、奥ではグーなサイズが主流だとの返事。何ですと!裏山鹿~~。片付けを終え、駐車場に戻る。気温は上がってきたようだが、意外に汗は出ていないし息も上がらない。これから過ごし易い季節がやってくれば嬉しいが、果たして?車に荷物を積み、ベイシアに向け池を後にした。
 
少しずつ少しずつ前に進もう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2012年9月18日 (火)

夏バテ?

台風の余波で天気が悪くなってきたが、雨が山に降ってくれれば水不足の解消にもなるし、それぞれの池の水位も上がるかもね。果たして恵みの雨となるか?
さて、小型台風のせいばかりではないだろうが、めっきり体力が落ちてきた気がする。これは夏バテか?やたらとゴロゴロしたくなって、外出する気にもならない。まあ、天気が悪いので今は問題ないが、彼岸を過ぎて秋めいてきた時が問題。その頃までにやる気が回復していれば良いが、今の状態が続くようなら問題だ。無理をしてでも竿を出すようにしないと、このままズルズル行ってしまいそう。年間100回釣行も危うくなってしまう。
 
単に気分の問題か?それとも・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2012年9月17日 (月)

2つの小型台風が去った

まず最初に、現在台風の被害に遭われている方々には、心からお見舞い申し上げます。
 
さて、先週末から我が家には小型台風が2つ来襲した。
そのパワーに振り回されて、今日は体が凄く疲れている。あのパワー、今の私にもしあったらなぁ・・・。
今は嵐の去った後の静けさというか、何だか寂しい気持ちにもなっているが、大半はへとへとと言うのが正直なところ。

今日も含めて世間では3連休だが、へら師の方々はあちこちで竿を出した様子。増沢では貧果の私をあざ笑うような?バットさんの快釣ぶり。自虐的へら師の姿は微塵もない。素晴らしいの一語(褒め過ぎか?)。
鳳来では超減水(30%以下!)でも竿を出しているようだし、皆さんには本当に頭が下がります(ザわさんが行ったのにもビックリだけど)。

私もそろそろ出掛けないとね
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

 

| | コメント (2)

2012年9月15日 (土)

ちょっとイラついた事

浴室用のブラインドがかなり汚れ、また一部羽が折れた箇所もあったので、思い切って交換する事にした(20年経っています)。
ネット(楽天市場)で良さそうな物を探し、寸法を間違えないよう何度も測って注文。今日の午前中着を確認してスケジュールを組んでいたのだが、12時を過ぎても届かない。一応午前中着は注文の中で指定してあったのだが、一体どうなっているのか?宅配業者に確認したくても送り状の番号が分からず、3時頃まで我慢したが、堪えきれず業者に電話(もちろんスカイプで)。
すると、業者は今日の午前中必着で送り出したと言う事。送り状の番号を言うので確認して欲しいと言われ、仕方なく番号を訊いてネットで確認すると、業者の言っている事は間違いなく、宅配業者の下に荷物は届いているようだったので、今度は宅配業者に電話(これもスカイプで)。
その後しばらくしてドライバーから電話。5時までに届けるとの事。午前中必着が午後の5時!!最早我慢の範疇は超えているものの、そこは大人の私?分かりましたと到着を待つ。結局4時半頃に物は届いたのだが、ドライバーも平身低頭だったので、ここにも何も言えず、何となくスッキリしない(当たり前か)。その後一応業者からも連絡があった事は、公平を期すために記しておく。
とりあえず取り付けも済んだので、まあ良かった事に変わりはないが、昔同じような事があったのを思い出した。ただ、今日と同じ宅配業者だったかは定かでない。
 
スカイプでの通話は、遠いほど安く感じる(ネット使用だから)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2012年9月12日 (水)

東ノ谷奥池に行くつもりが・・・トホホ@増沢池 with Oさん

どうも乗り気にならないが、ここで休むと次第に釣行が面倒になってしまう。と言う事で、ご無沙汰の池シリーズは東ノ谷奥池にでも行ってみよう。車はモクレン通りをひた走るが、途中でちょっと増沢の様子でも見ていこうかなと思い立った。駐車場に着くと、あっ、Oさんの車が停まっている。車を停め池に向かう。Oさんは柳の木の奥の奥にいた。まずは挨拶。体調が悪くて1ヶ月くらい竿を出していなかったとの事。今日は放流に遊ばれているらしい。へら師は他に対面坂の下とこちら奥に1人ずつ。東ノ谷奥池に向かう途中と話すと、ここまで来たのだからここで竿を出すように言われ、確かにこれから東ノ谷奥池まで行くのは面倒だなぁと思うようになった(オイオイ)。よし、柳の木の奥に久し振Dscf1518りに入ろう。今日の予定はすっかり変わってしまった。急いで車に戻り、飲み物も買ってDscf1517池に向かうと、1人塩ビ管奥に入っていた。さあ準備するかな。頭上がちょっと気になるが、竿は11尺でもちろん底から。餌も相変わらずのバラグルセット。ちょうどウキが背後の影に入ってしまい、少し見難くなったためか底取りがスムーズにいかず、開始は9時8分。水は黒く風・波が出て来た。しかぁ~し、第1投からウキが馴染まない。またまたいい加減が底取りのせいか?いや、ウキが立って馴染む途中に随分さわられ、それで餌が底に着いた時には馴染みが出にくくなっているようだ。これならOさんと同じようにあたりっきりになるかな?が、最初のあたりは何とブルー(ガクガクッ)。足元にもわんさかいるのに、沖にもいるのか。早くもやる気ダウン。ウキは毎回のように動くが、なかなかあたりにはならない。しまったと思いDscf1519ながらも餌打ちを続ければ、9時半を過ぎて馴染み際のあたりでやっと1匹目。サイズは予想通りの放流だったが、まあ1匹目ですから、これで充分でしょう。しかぁ~し、そこからバラシで柳の木に仕掛けが引っかかるアクシデントやら、連続してブルーの洗礼を受けたりと、一向に数を増やせないまま。Oさんはポツポツと竿を曲げており、どうしてすぐそばなのにこんなに違うのかと、愚痴の一つも言いたくなる(独り言で言ってしまったかも)。10時を過ぎて今度はDscf1520穂先に道糸が絡むアクシデント。イライラしながら解いて再開すれば、何と第1投であたり、そしてかかりました!開始1時間でようやく2匹、しかも放流だけとは、これは厳しいなぁ。この頃からウキの馴染みが出るようになる。良かったと思っていたら、何とそれに伴ってウキの動きがバッタリ。泡付けとかは出ているのだが、ウキは馴染んでシーン。これは一体・・・?まだ多少Dscf1521は気配が残っている間にもう1匹をゲットするものの、そこから先はシーン。Oさんも次第に竿が曲がりにくくなってきた様子。そういえばブルーの姿も見なくなったぞ。これでいいのか(これでいい訳ない!)。更に再びブルーがかかって、へらの数よりブルーの数の方が多くなってしまった。擦れも辛いがブルーも鈎を呑むので辛い。本当にトホホだ。そろそろ11時。まだ餌が残っているので、もう一度底取りしてみようかな。粘土を上鈎に付けて放り込むと、あれっ、Dscf1522また馴染みがうまく出ないなぁ。もう一度落とし込むべく竿を上げると、あれっ、何か付いてる?やったへらだ(って、喜ぶべき?)。ようやく4匹かぁ。さあ、第2目標まで後1匹だ。テンションを上げてネヴァー・ギヴアップで。しかぁ~し、ウキの動きは良くならず11時を過ぎ、そして餌が尽きて終了。ウキが動かないと書く事がない。時刻は11時30分くらい。結果、底では実釣Dscf15232時間半弱で4匹。Oさんは7時頃から始めているが、既に20匹は超えているようだ。やはり私がショボイのか。さあ、次だ次。Oさんから宙を勧められたので、ちょっと考えたが前回まあまあ良い思いが出来たので、ここは柳の木のそばだし2匹目の泥鰌でも狙ってみるかな。スケベ心満載で竿を9尺に変更。餌はプログラム単体。大分風・波が出て来たが、「たな」1本での再開は11時40分だ。すると、2投目でウキが動いた。宙の方が高活性かも。しかぁ~し、あたりにかからない。何故だ、へらではないのか?それは正解、ブルーでした(ガクガクッ)。更に次のあたりでもその次のあたりでもブルー。最早ガクガクッ×ガクガクッ。一体何匹ブルーを釣ればへらに変わるのか。じきに12時のサイレン。奥には常連さん?が大挙して来たが、時間帯が悪いのか私と同様冴えないようだ。その後もカラやらブルーやら(バラシはない)で早くも12時半近く。そこでようやくズバッというあたりで今度Dscf1524Dscf1525こそ本物だ!サイズ的には不満足だが、凸を脱したのは幸い。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次の消し込みでかかってきたのはまたも放流。さすがに2回目は喜べないなぁ、なんて贅沢を言えたのもここまで。次の餌打ちからウキの動きがバッタリPART2。ウキは馴染んで餌が溶けて返して、の繰り返し。たまにモヤッとする事があっても、あたりにはならない。こんな時に抽斗の無い私は、餌打ちマシンと化してしまう。隣ではOさんもさっぱりの様子だが、それでもたまに竿が曲がる。やはり10時を過ぎる頃からウキの動きが悪くなり、12時を過ぎるとあたりは出てもカラばかりだと。餌打ちマシンはどんどん短いインターバルで餌打ちをこなし、1時を過ぎる。状況に変化なく、ウキ下を上下してみるが、たまにウキが動くだけ。餌が残り少なくなった。そろそろ終わりかなと思っていたら、少しずつウキの動きが出て来たが、今更どうにもならず12時半頃餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間50分で2匹。トータルでも実釣4時間半弱で6匹(しかも放流のみ)。これはもうトホホでしょう。Oさんに終了を告げ、片付け。2つのタラ・レバが頭を過ぎる。1つ目は、東ノ谷奥池に行っていたら・・・。Dscf1526Dscf15272つ目は場所を私のいつもの場所にしていたら・・・。いずれもただ虚しいだけ。片付けを終え、Oさんに挨拶して車に戻る。腰が痛い。大分気温が上がったようで、息も弾む。さあ帰ろう。荷物を積み込み、ベイシアで昼食を買うべく池を後にした。
 
皆さん釣れないので、私のアームのせいではなさそう?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (11)

2012年9月11日 (火)

また手を出してしまった

Docu0006_2Docu0007_2釣りへのテンションは下がり気味だが、目に付いたものを買ってしまう癖はまだ治っていない。と言う事で、今日セブンイレブンで引き取ってきたのがこの2冊。1冊目は既に購入済みなので、これで全3冊が揃った。が、このシリーズが何処まで続くのかは不明なので、それに併せて私の出費も続くだろう。まあ、毎月買うよりは安いので、今日のところは我慢してやるとするか(って、誰に?)。
 
買った分は身につけないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

気持ちが乗らず

今日は最近ご無沙汰の池シリーズで出掛けようと思っていたのだが、ゴロゴロしているうちに空が怪しくなってきた。そして遠くからゴロゴロ。今は上空真っ黒な雲。高温のうえに湿気があって、次第にやる気が失せてきた。今日は(今日も?)釣行は中止だ。何だかなぁ。
 
体がほてってきて、ヤバイ熱中症?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

Youtubeから



これを偏向と言っていいのか?難しい問題
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

少年老いやすく学成り難し

昨夜、探しものをしていたら、整理されていない古い写真を見つけた。今から40年くらい前の、学生時代のもの。しばらくの間ノスタルジーに浸ったが、最近はどうも現実から逃げている気がする。時間は一方方向に過ぎて行き、決して戻らない事は分かっているのだが、ついイエスタデイ・ワンスモア。
 
長い文章の方が変換が正しい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (9)

2012年9月 8日 (土)

短時間でも竿を出したかった@増沢池

今日の天気ははっきりしないが、このところの好天でも竿を出す事がなかったので、やや空腹気味。雨に降られるかもしれないが、少しだけでも竿を出したい。でも、現シリーズでは短時間はありえないので、今日はビーへーの恐怖に慄きながらも増沢に行ってみよう。先日HRさんが竿を出していたから、きっと大丈夫(根拠なし)。とは言え、駐車場着は9時半近く。車は結構停まっている。まずは飲み物を買いながら池の様子を覗うと、あれれへら師は対面坂の下と深場ダム?そばに3人。こちら日陰側も塩ビ管手前に1人と深場ワンドに多分常連さんが1人だけ。確かに今にも雨が来そうな雲行きだが、Dscf1505_2それにしても少ないなぁ。まあいい、いつもの場所は空いているので、そこに入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。じとっとした湿気の強い感じではあるが、気温がまだ上がっていないので汗ばむほどではない。ただ、小さな虫が顔に寄ってくるのは何とかならないか。さあ準備しよう。水は黒く湖面には右から風・波。あまり条件が良くないが、短時間だから宙でもやってみるか。竿は11尺、餌はプログラム単体:水を4:4/3と袋に書いてあるより水が多め。しっとりするのを手揉みして使う。「たな」1本での開始は9時40分。風で竿が振り難く、思うところにウキが立たないが、それでも数投でウキDscf1506がモヤモヤ。だがあたりにはならないので、餌をもう少し練ってみる。すると、ズバッではなくスッと入ったウキに合わせて1匹目ゲット!サイズ的にはやや残念だが、とりあえず凸は脱した。奥の先客の竿は良く曲がっているようで、ひょっとして私も爆釣の予感?ウキは次第に動きが良くなってきて、たまに消し込みとか出るがカラばかり。それでも10時を過ぎてズバッとDscf1507Dscf1508いうあたり!やったそこそこのサイズの2匹目。さあどんどん行こう。雨が降ってきたので傘を出すが、じきに止んだ。その後再びのチクッというあたりでやった3匹目!これもまあまあのサイズ。いつの間にかビーへーの事は忘れている(現金な奴!)。しかぁ~し、その後はバラシで鱗連発。急に餌が合わなくなったのDscf1509かも。10時半近くなって4匹目をゲット。これは30cmオーバーでしょう。このサイズが続けば言う事ないが。しかぁ~し、そこからウキの動きが一気に悪くなる。そろそろ私のペースになったのかもね(体型とは逆の「痩せ馬の先走り」)。ウキがすぐに返してしまうので、餌が持たなくなった気がして更に練るが、果たしてこれでいいのか?そのまま11時近くになって、ようやくDscf1510ズバッというあたりで5匹目。サイズもまあまあだし、やれやれだ。まだあたりはそんなに回復していなが、11時を過ぎてモヤッというウキの動きに合わせると、やったかかりました!なかなかの引き。しかぁ~し、見えてきたのは小サイズ。おかしいなぁと思ったら、もう1匹グーなサイズが付Dscf1511いていました。宙ではかなり久し振りのダブルではないか!親子みたいだ。2匹追加。が、大きな方が鈎を呑んでいて、外すのに一苦労。あたりは小サイズが出したのかな。これを機にウキの動きが良くなって、あたりも出るがバラシ頻発。それでもポツポツと釣れるようにはなったものの、何故かサイズダウン。ダブルから切り替わったようだ。こちら奥には常連さんが集まってきた様子。釣れているかどうか分からないが、少なくとも私よりは竿が曲がっているでしょう。その後4匹を追加して、何とか第3目標クリアまで持ち込んだが、へら師のDscf1512Dscf1513Dscf1514Dscf1515欲には限りがない。もう1匹、もう1匹と。いよいよ最後の1投。すると、ズバッというあたりでやった「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。そして仕掛けが頭上の木の枝に。引っ張って何とか事なきを得たが、これが最後とはちょっと寂しい。時刻は11時34分。結果、実釣2時間弱で11匹。比較が出来ないのでこれが良い結果なのかは不明だが、少なくとも私Dscf1516にとってはグー。何だか名残惜しいが、片付け。しかぁ~し、湖面が凪いできた。空も明るくなってきたし、まだやれと言っているようだが、ここは涙を呑んで片付け続行。汗は出ないが腰が痛い。これはもうこの釣りをやっている以上治らないでしょう。片付けを終え、駐車場に戻る。いつもの週末ならほぼ満車だが、今日は天気が良くないせいか半分も埋まっていない。でも晴れてきたので、午後からどっど家族連れが繰り出してくるのではないか。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
今日はキーボード入力でした
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2012年9月 6日 (木)

様子だけ見に@増沢池

急にテンションが下がって竿を出す気にもならず、今日はゴロゴロしていようかと思ったのだが、家人を送ったついでに、増沢の様子を見に行きたくなった。ついでにベイシアにでも寄って。
Dscf1504池に着くと、車の数はそれほどでもない。まずは橋まで行って様子を覗うと、日陰側私のいつもの場所にはHRさんと思われる人が竿を曲げているところ。柳の木の奥と更にDscf1503Dscf1502その奥、それから深場に向かって全部で8人のへら師。橋から見ているだけで、体の奥から暑くなってくる。じっとりと汗ばんできたので、ベイシアに寄って涼んで帰ろう。さっさと池を後にした。
 
これだけの文章なのに、音声入力だけで疲れた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

最近ご無沙汰の池巡りその2@鶏小屋

今日は天気が良さそうだと言う事で、何となく竿を出したくなった。もちろん行き先はご無沙汰の池。さて、何処に行こうかな。そうだ、鶏小屋に行ってみよう。事前に調べたら、何と去年の3月以来(大震災の前々日)だ。しかも、真夏?には行った事がない。一体どんな状況なのか。9時頃に家を出る。くねくねの細道は草が生い茂って車の側面を軽くこする。工業団地の池みたい。駐車スペースには4台の車。先に入っている車が出やすいよう停めて、まずは池の様子を見に行く。フェンスの入り口の両側に1人ずつで、右には岡ジャミが1人。右岸藪の中からも竿が見える。まずは挨拶して、「やらせてもらっていいですか?」と訊いてみる。快く応えてくれ、10尺以上の竿で底縛りとの事。もちろん承知の上。車に戻って荷物を降ろし、入り口右の先客の右に入れされてもらう。Dscf1480さあ準備しよう。竿は11尺で餌はいつものバラグルセット。先客からいつも何処の池で竿を出しているのかと訊かれたので、増沢ですと答えると、この池でやっている人が2ヶ月くらい前に増沢に行って竿ケースを置き忘れ、帰る途中に気が付いて慌てて引き返したが、盗られてしまったとの話が。一応警察には届けたようだが、結構な値段だ(ここでは書けないがビックリ!)。さて、底も取れて開始は9時46分。しかぁ~し、第1投から根掛かり。ガクガクッ。幸い仕掛けは大丈夫だったが、先が思いやられる。しかぁ~し、2投目からあたり!残念カラ。すると次の餌打ちではあたりにかかったがバラシ。更に次の餌打ちでは糸ずれ。かなり高活性のようだ。ゲッ、既に餌が落ちる辺りには口パク集団。湧きやすいと先客が言っていた通りになった。あっという間に10時。すると、何と先客が帰り支度。朝が早いので、大体午前中には終わるようだ。すると、後には私1人が残る事になるが、こりゃぁ爆釣の予感?すると、先客からはへらが湧くだけとの厳しいお言葉。私のウキは毎回のように動き、馴染みも出なくなるほど。そして良く分からない、あたりのようなそうでないような動きに翻弄される。ひょっとしてあたりだけで凸もあり得るかも。フェンス側の先客と岡ジャミの3人は帰ったが、右岸の先客は続行のようだ。私Dscf1481はかなりいらいらしながら餌打ちを続けるが、しばらくしてやっとあたりに合いました!あまり引かないので小サイズかと思ったら、一目30cm以上。釣られ慣れているのかな。あっ、雨が降ってきた。急いで傘をセットするが、万力をセットする木がガタついて思うように出来ない。右岸の先客は竿しか見えないが、フェンス側の先客が帰ってからスパート!それまではブルーばかりのような言われ方だったが、入れパク?のような感じで竿が曲がるのが見える。私のウキも確かに動き続けてはいるが、どうもあたりらしき動きにはならない。更に、2回Dscf1482目の根掛かりでハリスをロスト。ここで決断。竿を長くしよう。12尺くらいで良いかなと思ったが、仕掛けがない。現場施工は厳しいので、ここは13尺だ。底を取り直して再開すると、2投目であたり!そしてかかりました!既に開始1時間が経過しているが、あれだけウキが動いてまだ2匹。Dscf1483大楽地とは違った難しさがあるなぁ(もちろん私だけかもしれないが)。11時を過ぎてもう1匹追加。ややサイズダウンしたし、何故か頭でっかちで痩せている気がする。でも、何となく調子が上がってきた気がして、さあどんどん行こう。しかぁ~し、次のあたりではグイグイ引くので擦れかとDscf1484Dscf1485思ったらマー君。まあ、これは仕方ない。次、次。すると、ほぼ連荘(って何だ?)で4匹目。やっと第2目標にリーチだ。あれだけウキが動いているのにPART2。11時半を過ぎて先客が終了。声をかけてくれたので、たくさん釣りましたねと返すと、今日は餌が合ったとの事。私が座ってから10匹は釣った気がする。さDscf1486て、先客が帰って私1人になった。これから爆釣か?いや、特にウキの動きが良くなったような感じはない。が、ズルッというあたりでやった第2目標クリアか?残念マー君。12時のサイレンが聞こえる頃になって、やっと5匹目。どうにか格好がついた。さあ、残り少ない餌で何匹追加出来るDscf1487Dscf1488か。しかぁ~し、さっぱり。更には最後の1投でもマー君が来て、ガクガクッ×ガクガクッ。時刻は12時22分。最初の餌では実釣2時間半でDscf14895匹(マー君3匹は含まず)。私にしては上出来と言うべきか、それともショボイと言うべきか(おそらく後者)。さて、次はどうしようかな。セットではグルテンが軽いのでウキがフワフワし過ぎた。これだけ活性があれば両ダンゴで充分でしょう。夏・冬・ペレ道で作り、再開。すると、第1投からウキが寝たまま。竿を引いて馴染ませようとしたら、ズルズルと入っていくではないか。慌てDscf1490て合わせると、やったかかってます!これは底釣りにはなっていないが、まあいいでしょう。が、その後もウキの馴染みが思うように出ない。グルテンよりは重くなっている筈なのに、却ってウキの動きがおかしくなったか。何とか馴染んで、やっと2匹目。本当にやれやれと言う感じだ。このDscf1491頃からハリス切れ連発、と言うか、おそらくはあたりでないウキの動きに手を出しているようか気が。とにかく馴染みが小さくなってしまった。でもこれ以上ウキ下を伸ばすと擦れるだろうから、しばらくはこのまま我慢?だ。雨は止んで明るくなったが、今度は風が強くなって、土台がガタガタしDscf1492ている傘が何処かへ行きそう。1時になって、やっとあたりに合ったかと思ったら、またもマー君。この引きは疲れる。更に、頑張って寄せたかと思えば今日初めての擦れ。それまではバラシかハリス切れだったのに、いよいよ擦れのオンパレードかも。すると、予感は当たってハリス切れ。絶対の良いあたりだと思ったがダメ。待てよ、下鈎だけ鳳来用の大きなものを使ってみたDscf1494らどうなるか。鈎が底に着いてしまえば餌落ちに変わりはない筈。早速やってみる。すると、再開第1投であたり!そしてかかりました!が、引きでガックリ。上がってきたのはマー君・・・。ゲッ、他の鈎が口にかかっている。何だか私の鈎のような気が。まさか直前のハリス切れを起こしたDscf1495マー君が再びかかった?そんな事あるか?それからしばらくして、またもウキが立たず。そしてズバッというあたりでやっとへら。これも底釣りではないがカウントはします。それにしてもこのへら、痩せている。何だか寂しくなってきたぞ。ウキの動きはなくならないが、今度はバラシのオンパレード。時には大きな鱗が。ただ、これだけバラシてもへらは散らないようで、1時半をDscf1496Dscf1497過ぎてからポツポツと2匹を追加。やった第2目標クリアと共に、トータルでの第3目標もクリアだ。が、再度ハリス切れを起こしたので、今度は上鈎まで鳳来用の鈎を使ってみるが、馴染みがオーバー(さもありなん)。そしてウキの動きも悪くなって2時。いよいよ餌があとわずか。何とか「上がりべら」をゲットしたいが、それも叶わず最後の1投もカラで2時12分頃に終了だ。結果、2回目の餌では実釣1時間40分強で5匹(マー君2匹は含まず)。トータルでは実釣4時間10分強で10匹(くどいようですがマー君5匹は含まず)とは、結果オーライか。目の前をデカイ色鯉が行ったりDscf1499Dscf1500来たり。たまに餌をやると大きな口でガバッ。ゲゲッ、近くにはへらもいるではないか。魚影が濃すぎる西の平と同じような状況か。また、13尺でも風で手前に流されたり餌打ちで少しでも手前に落ちれば根掛かりがあったので、12尺を現場施工しなくて良かったぁ。片付け。誰か来たようだが、姿は見えない。上の池に行ったのかも。片付けを終Dscf1501_2え、車に戻る。ん、来た時には気付かなかったが、看板ハケーン!立派なもので、夜間のパトロールまでしているのか。池の管理って大変だなぁ。今日は釣らせていただき、ありがとうございました(増沢でも毎回感謝しつつ釣りをしてますよ)。昼飯を食べていないので腹が減った。何処かで何か食べよう。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
私も爆釣したかったなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (19)

2012年9月 3日 (月)

音声認識フリーソフトの導入

皆さんからブログの更新が遅いとか途中で止まっているとか非難轟々でしたので、少しでもスピードアップしようと、音声認識ソフトを導入してみようかなと思い立った(暇か!)。
もちろん財政危機の折、探すのはフリーソフト。ちょっと検索してみたら、こんなのがあった。ただし、ウィンドウズのVISTAから先では導入の必要がないらしい(既に入っている?)。これはあくまでXPでの話です。
早速ダウンロード・インストールするが、先程のサイトの説明が理解出来ない私、どうやって起動させるのか分からないまま時間だけが過ぎる展開(何処かで聞いた)。
が、言語バーがIMEを指している事に気付けば、あとは簡単だ。そうそう、画面下のバーの右の方にあるあれですよ。
ようやく辿り着いたので、試しにこの記事を書いてみようと思ったが、これがなかなかうまく行かない。口述筆記の要領でささっと進むかと思われたが、私の滑舌が悪い事もあって、変換ミスを直すのが精一杯。これでは手で入力した方が圧倒的に速い。まさにトホホ。
まあ、時間に余裕がある時にでもやるしかなさそうだ。新しいもの好きもほどほどにと言う事か。
 
増沢池でのヘラブナ釣り(←これは一発で音声から文字に変換出来た)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2012年9月 1日 (土)

最近ご無沙汰の池巡りその1@東ノ谷

増沢はしばらく足が遠のくので、その代わりにしばらく(少なくとも今年に入ってから)行っていない釣り場で竿を出す事にした。第1回は東ノ谷。履歴を調べたら、何と2年行っていない事が分かってビックリ。OT氏との釣行がなくなったからかもしれないが、それにしても随分間が空いたもんだ。いつもより少し早めに家を出る。途中腹の具合が悪くなって増沢のトイレに寄ったら、好天の土曜だと言うのに車の数が少なかった。やはり釣れていないのかな。池に着くと、先客が1人階段状堰堤の真ん中で竿を出している。Dscf1452ほとんどのへら師は新東名の橋の下辺りに入っているようだ。私は古い池の階段状堰堤左端に入る事にする。荷物を降ろして先客に挨拶しながら堰堤に向かう。いやぁ、久し振りだなぁ。あっ、先客は次々と竿を曲げているぞ。サイズは不明だが、爆釣の予感?さあ準備しよう。捨石が見えるので、あまり短い竿は出したくない。先客は結構竿が長そうだ。私は11尺にしよう。もちろん両ダンゴの宙ですよ。餌はプログラム単体。日差しは強いが風があるので暑さはそんなに感じないが、傘は必須。「たな」1本での開始は8時49分だ。しかぁ~し、すぐにウキが動き始めたと思ったら、ジャミの連荘で早くも意気消沈?が、しばらくするとジャミあたりもなくなってくる。一体どうしたのか。しDscf1453かぁ~し、それは好転のサインだった。9時を過ぎてズバッというあたり!そしてかかりました!サイズもそこそこだし、この調子なら爆釣間違いなしか。しかぁ~し、またもジャミ。先客はジャミがかかっている様子はないので、何か秘訣があるのかもしれないなぁ。それからしばらくして、Dscf14542匹目も一応ズバッというあたり。だが、かかってきたのは放流?これはなかなかのサイズだなぁ。とにかくあたりだけは出るので飽きない(擦れ・カラ・ジャミ)が、開始1時間があっという間に過ぎる。まだたったの2匹かぁ。ハリスが長いのが良くないのかも、と数センチ詰めてみる。すると再開第1投でズバッ!サイズはさておき、少しは意味があったかもね。すると、餌も多少手水で練った事が良かったのかもしれないが、その後はポツポツと釣れる(もちろんあたりDscf1455Dscf1456Dscf1457Dscf1458Dscf1459Dscf1460Dscf1461Dscf1462Dscf1463はズバッ!)ようになって、餌が尽きた10時44分までに何と9匹をゲット。第3目標までクリア出来た。これは素晴らしい(自画自賛)。何となくへらが痩せているように見えるので、餌が何であれ食いついてくるのかもしれない。結果、1回目の宙は実釣2時間弱でDscf146411匹。サイズの割にはハリス切れが2回あった。おそらくは擦れ。さて次はどうしようかな。よし、同じ餌で続行だ。ただし、最初はプログラム4に水1と袋に書いてある通りに作ったが、今度は3に水1で早く終われるようにしよう。あれっ、そんなにタッチが変わらないぞ。最初よりもシットリしていて扱いやすいし。これをちょっとだけ揉んで使う。再開は10時49分。しかぁ~し、ウキの馴染みが思うように出ない。そこで、もう少し練ってみる。やれやれ、馴染んだ。すると、11時になるや否やズバッというあたりで1匹目!とにかくしっかりと馴染みを出すのが肝心か。あまり上でバラけると、ジャミの餌食になりそうだから。しかぁ~し、時折波が穏やかになると、口パク集団が見えてガクガクッ。ジャミではないのか。まあ、ウキDscf1465Dscf1466Dscf1467Dscf1468Dscf1469Dscf1470Dscf1471Dscf1472Dscf1473Dscf1474Dscf1475の馴染みさえ出しておけば、ズバッズバッというあたりが出る。そしてかかる。最初の頃よりサイズがアップして来たようにも思えるし、この調子でゴー!12時のサイレンが鳴るまでに11匹をゲットして、最初の結果に並んだ。しかぁ~し、風がやけに強くなってきた。傘が吹っ飛びそうだ(私は飛びませんが)。上空黒い雲も出て来たし、早く終わった方が良さそうだ。餌打ちも思うに任せず、ウキがあDscf1476Dscf1477Dscf1478ちこちに立つようになって、あたりも減る。それでも餌が尽きた12時24分までに3匹をゲット。「上がりべら」は放流に戻ってしまったが、まあこれは勘弁の範疇でしょう。結果、2回目の宙では実釣1時間半で14匹。トータルでは実釣3時間半で25匹。このDscf1479池での釣れ具合がどうなのかは分からないが、少なくとも私にしては上出来と言えるだろう。片付け。そうそう、何故かへらを掬った筈なのにザリガニが入っていた事があったが(2回目の宙3匹目の写真参照の事)、不思議な事があるもんだ。片付けを終え、先客に挨拶するが返事がない。結構大きな声なので聞こえない筈はないのだが、もう一度声をかける勇気もなく、すごすごと車に戻る。さあ帰ろう。次回は東ノ谷奥池にしようかな、それとも四ツ池、いや鶏小屋か(新規の池は含みません)。最後に嫌な思いをしなくて済むような池が良いが、それは行ってみなければ分からないだろう。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
まだまだ暑い日が続く
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (7)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »