« また手を出してしまった | トップページ | ちょっとイラついた事 »

2012年9月12日 (水)

東ノ谷奥池に行くつもりが・・・トホホ@増沢池 with Oさん

どうも乗り気にならないが、ここで休むと次第に釣行が面倒になってしまう。と言う事で、ご無沙汰の池シリーズは東ノ谷奥池にでも行ってみよう。車はモクレン通りをひた走るが、途中でちょっと増沢の様子でも見ていこうかなと思い立った。駐車場に着くと、あっ、Oさんの車が停まっている。車を停め池に向かう。Oさんは柳の木の奥の奥にいた。まずは挨拶。体調が悪くて1ヶ月くらい竿を出していなかったとの事。今日は放流に遊ばれているらしい。へら師は他に対面坂の下とこちら奥に1人ずつ。東ノ谷奥池に向かう途中と話すと、ここまで来たのだからここで竿を出すように言われ、確かにこれから東ノ谷奥池まで行くのは面倒だなぁと思うようになった(オイオイ)。よし、柳の木の奥に久し振Dscf1518りに入ろう。今日の予定はすっかり変わってしまった。急いで車に戻り、飲み物も買ってDscf1517池に向かうと、1人塩ビ管奥に入っていた。さあ準備するかな。頭上がちょっと気になるが、竿は11尺でもちろん底から。餌も相変わらずのバラグルセット。ちょうどウキが背後の影に入ってしまい、少し見難くなったためか底取りがスムーズにいかず、開始は9時8分。水は黒く風・波が出て来た。しかぁ~し、第1投からウキが馴染まない。またまたいい加減が底取りのせいか?いや、ウキが立って馴染む途中に随分さわられ、それで餌が底に着いた時には馴染みが出にくくなっているようだ。これならOさんと同じようにあたりっきりになるかな?が、最初のあたりは何とブルー(ガクガクッ)。足元にもわんさかいるのに、沖にもいるのか。早くもやる気ダウン。ウキは毎回のように動くが、なかなかあたりにはならない。しまったと思いDscf1519ながらも餌打ちを続ければ、9時半を過ぎて馴染み際のあたりでやっと1匹目。サイズは予想通りの放流だったが、まあ1匹目ですから、これで充分でしょう。しかぁ~し、そこからバラシで柳の木に仕掛けが引っかかるアクシデントやら、連続してブルーの洗礼を受けたりと、一向に数を増やせないまま。Oさんはポツポツと竿を曲げており、どうしてすぐそばなのにこんなに違うのかと、愚痴の一つも言いたくなる(独り言で言ってしまったかも)。10時を過ぎて今度はDscf1520穂先に道糸が絡むアクシデント。イライラしながら解いて再開すれば、何と第1投であたり、そしてかかりました!開始1時間でようやく2匹、しかも放流だけとは、これは厳しいなぁ。この頃からウキの馴染みが出るようになる。良かったと思っていたら、何とそれに伴ってウキの動きがバッタリ。泡付けとかは出ているのだが、ウキは馴染んでシーン。これは一体・・・?まだ多少Dscf1521は気配が残っている間にもう1匹をゲットするものの、そこから先はシーン。Oさんも次第に竿が曲がりにくくなってきた様子。そういえばブルーの姿も見なくなったぞ。これでいいのか(これでいい訳ない!)。更に再びブルーがかかって、へらの数よりブルーの数の方が多くなってしまった。擦れも辛いがブルーも鈎を呑むので辛い。本当にトホホだ。そろそろ11時。まだ餌が残っているので、もう一度底取りしてみようかな。粘土を上鈎に付けて放り込むと、あれっ、Dscf1522また馴染みがうまく出ないなぁ。もう一度落とし込むべく竿を上げると、あれっ、何か付いてる?やったへらだ(って、喜ぶべき?)。ようやく4匹かぁ。さあ、第2目標まで後1匹だ。テンションを上げてネヴァー・ギヴアップで。しかぁ~し、ウキの動きは良くならず11時を過ぎ、そして餌が尽きて終了。ウキが動かないと書く事がない。時刻は11時30分くらい。結果、底では実釣Dscf15232時間半弱で4匹。Oさんは7時頃から始めているが、既に20匹は超えているようだ。やはり私がショボイのか。さあ、次だ次。Oさんから宙を勧められたので、ちょっと考えたが前回まあまあ良い思いが出来たので、ここは柳の木のそばだし2匹目の泥鰌でも狙ってみるかな。スケベ心満載で竿を9尺に変更。餌はプログラム単体。大分風・波が出て来たが、「たな」1本での再開は11時40分だ。すると、2投目でウキが動いた。宙の方が高活性かも。しかぁ~し、あたりにかからない。何故だ、へらではないのか?それは正解、ブルーでした(ガクガクッ)。更に次のあたりでもその次のあたりでもブルー。最早ガクガクッ×ガクガクッ。一体何匹ブルーを釣ればへらに変わるのか。じきに12時のサイレン。奥には常連さん?が大挙して来たが、時間帯が悪いのか私と同様冴えないようだ。その後もカラやらブルーやら(バラシはない)で早くも12時半近く。そこでようやくズバッというあたりで今度Dscf1524Dscf1525こそ本物だ!サイズ的には不満足だが、凸を脱したのは幸い。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次の消し込みでかかってきたのはまたも放流。さすがに2回目は喜べないなぁ、なんて贅沢を言えたのもここまで。次の餌打ちからウキの動きがバッタリPART2。ウキは馴染んで餌が溶けて返して、の繰り返し。たまにモヤッとする事があっても、あたりにはならない。こんな時に抽斗の無い私は、餌打ちマシンと化してしまう。隣ではOさんもさっぱりの様子だが、それでもたまに竿が曲がる。やはり10時を過ぎる頃からウキの動きが悪くなり、12時を過ぎるとあたりは出てもカラばかりだと。餌打ちマシンはどんどん短いインターバルで餌打ちをこなし、1時を過ぎる。状況に変化なく、ウキ下を上下してみるが、たまにウキが動くだけ。餌が残り少なくなった。そろそろ終わりかなと思っていたら、少しずつウキの動きが出て来たが、今更どうにもならず12時半頃餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間50分で2匹。トータルでも実釣4時間半弱で6匹(しかも放流のみ)。これはもうトホホでしょう。Oさんに終了を告げ、片付け。2つのタラ・レバが頭を過ぎる。1つ目は、東ノ谷奥池に行っていたら・・・。Dscf1526Dscf15272つ目は場所を私のいつもの場所にしていたら・・・。いずれもただ虚しいだけ。片付けを終え、Oさんに挨拶して車に戻る。腰が痛い。大分気温が上がったようで、息も弾む。さあ帰ろう。荷物を積み込み、ベイシアで昼食を買うべく池を後にした。
 
皆さん釣れないので、私のアームのせいではなさそう?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« また手を出してしまった | トップページ | ちょっとイラついた事 »

コメント

アハハは。
増沢になってしまいましたか。
sshさんのホームグランドですから困った(迷った)時の増沢ですネ。

やり始めた時は何が何でも釣るぞとか、魚の活性に合わせて底から宙に変えたりしていましたが(上ずったら宙に変えればイイや)或る時これでは何も(どの釣りも)身に付かないと思い現在は特別なことが無い限り一つの釣り方で一日対処する事にしました。
匹数も大切ですが、同じ釣り方をしていると自ずと見えてくるものも有るかと思ったからです。
「へらぶな釣りがある日突然上手くなる」本にも(このときはウドンセット)同じ釣りを一年通してやってみようという提案が有りました(笑
色んな釣方が出来るのもへら釣の楽しみ方ですね。
野釣りでの底は大切な技でもあります。
今日は違う管釣に行って底してみようかな?
では又。

投稿: yurie | 2012年9月13日 (木) 07時10分

yurieさんこんにちは。
浜松にいる間に、もっと自虐的な野池で底釣りをやって欲しかったですね。
管理釣り場では野池とは違った楽しみ方があると思いますので、通い詰めて何かを手に入れてください。

投稿: sunshine_hera | 2012年9月13日 (木) 10時52分

sshさんこんばんわ。
今年の鳳来は水が少なくて増える気配がありませんので車に戻ったら吐き気がするような坂道は避けて長い平坦路を選択しますがそろそろご一緒しませんか?
去年の満水とエライ違いです。
朝方なら涼しいですよ、、なんてね悪魔の囁きです。
このまままとまった雨が来ない限り減り続けます。
それとも寒くなってからにしましょうか?
あれか、サミットに来てくれれば良いですよ予定は10月下旬です。

投稿: パラソル | 2012年9月13日 (木) 19時27分

あ私、基本的に出会い頭の釣って余り好きじゃあないのですヨ。
しかし、絶対量の少ない釣り場で「運」を頼みに大型を釣るのも理解は出来ます。

私は魚の多い処で理想のウキの動きを求め、釣り込んで行くのが好きかな。
由って自虐的釣人ではないのです(笑

投稿: yurie | 2012年9月13日 (木) 22時41分

パラソルさんこんばんは。
う~ん、どうしましょうか。何となく私と鳳来は相性が良くないみたいなので、もう少し考えさせてください。
 
yurieさんこんばんは。
魚影の濃い釣り場と言えば、こちらではyurieさんご用達の西ノ谷を始めとして、東ノ谷に西の平とか多くありますが、理想のあたりはなかなか出ないですよ。まあ、それが逆に面白いんでしょうけど。

投稿: sunshine_hera | 2012年9月14日 (金) 00時04分

魚影が濃くて、水が透明で、魚が綺麗で、引きの強いヘラが深い水深から引き上げる醍醐味が楽しめて、景色が綺麗で静かな釣り場。そんな理想のすべてを楽しめる釣り場がこの世にありますよ。
何処かって?
それは富士五湖です。
今日西湖に友人が行っていて入れ食いを満喫したそうです。
今シーズンまだまだいけそうです

投稿: 杉ちゃん | 2012年9月14日 (金) 22時45分

「杉ちゃん」さんこんばんは。
それはそうなのですが、私の唯一の苦手が遠出なんですよ。鳳来もキツイ。時間的には大楽地と変わらないような気がしても、距離的にはかなりなので・・・。
旅行のついでに、くらいでないと無理でしょう、おそらく。残念!

投稿: sunshine_hera | 2012年9月14日 (金) 23時03分

西湖で爆釣した友人は三重県伊賀市からはるばる西湖へ出掛け、
「今年の西湖は止めた方がいいよ!」
とオイラが言ったのにそれを振り切って強行しての釣行です。
50歳台に大病を患っているにも関わらず
60歳を過ぎているのに凄いパワーに圧倒!
憧れてしまいますね
「そんな友人の様な人に私も成りたい!」
私の身の回りには、他にも80歳を超えているのに未だにシマノJPカップ等のメジャー大会に参戦している人など、歳をもろともしない人が居ます。
うずくまっていてはだめですよ!
何事にも、常に人から憧れる様な自分に成りたいと思って生きて行きいものです。

投稿: 杉ちゃん | 2012年9月15日 (土) 00時16分

「杉ちゃん」さんこんにちは。
私は特に何も無く、ボーっとした人生もありかなと思っています。誰かに憧れられるというのは特に感じません。まあ、宮沢賢治の雨ニモマケズより少し上くらいで上等でしょうか。

投稿: sunshine_hera | 2012年9月15日 (土) 12時07分

賢治氏の「雨ニモマケズ」は相当すごい生き方と思いますが・・・。
その少し上ってメチャすごい生き方と思いますが?
揚げ足(笑)取りはこの位で!
生き方は人それぞれ、釣り方も人それぞれ!
善意の第三者に迷惑の掛らないようにすれば良いのでは!

ボォーとしている人生、イイんじゃあないですか(ボケない程度に)

ボォーとしているのとボケちゃうのは明らかに異なります故。
全てが「巨人の星」の登場者みたいにギリギリじゃあ疲れちゃうヨ(見てる方は面白いが)
来期はもう少し自由度が利くと思われるので
杉さんの言う「西湖」辺りに釣行したいですね。
そして定年後は「全国釣行脚」でしょう!

投稿: yurie | 2012年9月15日 (土) 15時54分

yurieさんこんにちは。
「皆ニデクノボウト呼バレ」ないようにしたいと言う事でした。

投稿: sunshine_hera | 2012年9月15日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また手を出してしまった | トップページ | ちょっとイラついた事 »