« BONZARINOで昼食 | トップページ | 松阪牛 »

2012年10月 6日 (土)

前回と状況に変わりなし@増沢池

世の中は今日から3連休らしいが、私にはノー・ビジネス。さて、昨日の凸はさすがに堪えたので、今日は凸のない池に行こう。と言う事で、のそのそやって来ました増沢。駐車場着は9時前。停まっている車は多いが、おそらくは家族連れがほとんどだろう。車から荷物を降ろし、池に向かう。ん、今日はやけに対面に人が入っているなぁ。もちろんこちら側奥には常連さん。全部で10人は超えている。釣れそう?とりあえずいつもの場所に入ろう。ウキの視認性がかなり悪いかと心配していたが、今日は曇りでノー・プロブDscf1593レム。さあ準備だ。竿は11尺で底から。餌はいつものバラグルセットだが、マッハの代わりに今日はプログラム。餌まで作ってから竿に仕掛けを付けようとすると、ゲゲッ、穂先のリリアンがなくなっている!ちょっと現場施工は難しいので、11尺は諦めて12尺にしよう。ゲゲッ×ゲゲッ、12尺底の仕掛けがない!これは困った。仕方ない、こちらを現場施工だ。イライラしながら何とか出来、餌落ち目盛と底取りを済ませれば、時刻は既に10時近くなっている。もうガクガクッ。開始は9時59分。すると、あれだけちゃんと底取りした筈なのに、馴染みが思うように出ないぞ。ちょっとウキ下を調整。そして再開すると、何とすぐにウキが返すではないか。しかも泡付けまで出ている。これは意外と高活性なのかも。しかぁ~し、最初のあたりからカラを連発。更に続けて今度はバラシ連発。手応えから前回のようなブルーではない事が分かったので、まだまだやる気はたっぷりだ。しかぁ~し、10時半を過ぎる頃からあたりに合うようになったものの、かかってきたのはお約束のブルー(脱力。ただ、ちょっとサイズはいいゾ?)。それからかかるかかるで早くも第2目標にリーチ。前回は宙で苦労したが、底でも同じだったのか(_| ̄|○)。それでDscf1594も餌を打ち続けなければならない私。すると、あたりは良くなかったがようやくかかりましたよ!やれやれとへらを引き上げると、ゲゲッ、ブルーとダブルになっている(脱力PART2)。まあまあ、1匹出たから良しとしなければ。これからは爆釣だぞ(根拠なし)。すると、そこからポツポツと開Dscf1595Dscf1596始1時間経たないうちに2匹を追加。これこれ、これですよ。こうでなくっちゃね。ただ、ウキは動いていてもあたりにならず、なかなか数を増やせない。それでも11時を過ぎて4匹目。やっと第2目標にリーチだ。ここから頑張って何とDscf1597Dscf1598かブルーの数を上回らなければ。すると、11時半近くになって5匹目ゲット!やったようやく第2目標クリアと共にブルーに並んだ(そんな大袈裟な事か?)。しかぁ~し、すぐさまブルーが食いついてきて、喜びも束の間(ガックリ)。ただ、ウキの動きが収まってきたのは良い兆候だったようで、11時半を過ぎて連荘!で2Dscf1599Dscf1600匹を追加。今日初めてへらの数がブルーを上回ったぞ(これは喜んでもいいでしょう)。さあ、残りの餌で第3目標までゴー!しかぁ~し、12時前にまたもブルーがかかって、喜びも束の間PART2。その後虚しく12時のサイレンを聞き、餌が尽きて底は終了だ。時刻は12時4分。結果、底では実釣2時間余で7匹。ブルーの数と並んでしまったのは残念だが、まあまあではないか(他のへら師の様子が不明なので何とも言えないが)。さあ、次は宙。前回と同じくプログラム単体で勝負だ!これでプログラムを使い切った。竿は9尺にするが、ちょっとブルーが心配だ。いつものように「たな」1本での再開は12時15分。すると、第1投からウキがモヤモヤ。そして第2投からあたり!しかぁ~し、恐れていたブルー(トホホ)。次の餌打ちでもブルー。更に次の餌打ちではブルーのダブル。もうトホホ×トホホだ。その後もあたりは出るものの、かかってくるのはブルーだけで、1時前までに早くも第2目標を通り越した6匹とは、まさに前回と変わらない状況だ(ただ、サイズはなかなかのもありますよ。って、そんなの関係Dscf1601ねぇ~っ!)。いつの間にかブルーのようなウキの動きは鳴りを潜め、ウキがしっかり馴染むようになった。そして1時になってようやくズバッというあたりで1匹目ゲット。良かったぁ、凸でなくて(本音)。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。ここで考えた。幸い上ハリスが切れたので、ここは下ハリスを上ハリスとして新たに下ハリスを結ぼう。結果的にハリスを伸ばした事になる。そして再開すると、何かが変わったと言う事が幸いしたのか、連荘でへらをゲットDscf1602Dscf1603だ!しかも3匹目は30cmオーバーとグーグ・グー。いやぁ、気持ち良いなぁ。トータルでも第3目標クリアだし。しかぁ~し、喜びも束の間PART3。そこから一気にウキの動きが悪くなる。馴染む事は馴染むのだが、あたりに結びつかないのだ。何だろう、時合かな?そこで、餌に手水と練りとは私の常套手段だが、これが却って状況を悪化させてしまった。そしてかかってくるのは再びのブルー。餌が尽きた1時54分までに3匹を追加(もうトホホ×トホホ×・・・)。結果、宙では実釣1時間40分弱で3匹。ちなみにブルーは9匹。底と併せたトータルでは、実釣3時間45分Dscf1604くらいで10匹(ちなみにブルーは16匹)。あまりに悔しいので、セットで続行もチラッと頭をかすめたが、今日は昼食を買って来なかったので腹が減っている。ガックリして片付け。まあ、昨日の記憶は払拭出来たかもしれないので、明日以降再び小野または浜北新池にチャレンジしようかな(気持ちが弱い)。片付けを終え、駐車場に戻る。かなり腹が減っているが、今日は家で何か食べよう。車に荷物を積み、そそくさと池を後にした。
 
対面日向側か、それとも日陰側深場か?悩む
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« BONZARINOで昼食 | トップページ | 松阪牛 »

コメント

中途半端な終わり方、まだまだ続きがありそうな…。

投稿: 竹さん | 2012年10月 6日 (土) 16時01分

竹さんこんにちは。
記事が途中かどうかは、記事の一番下に「ブログ村」へリンクしているバナー(「へら」とか「駄目オヤジ」とか)が表示されていれば、記事を書き終えたと言うことになります。最後まで一気に書いて更新というのもカッコいいですが、途中で操作を誤ってそれまで書いたものが全てパーになったことが何度もあるので、少しずつ更新するようになった次第です。そのあたりはご容赦のほど宜しくお願いします。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 6日 (土) 16時09分

ノー
ゲゲッ
クリア
ガクガク
イラ
ブルー
ガックリ
グー
ハリス
トホホ
モヤ

以上がカタカナで2回以上使用された言葉

投稿: 黄金バット | 2012年10月 6日 (土) 22時31分

バットさんこんばんは。
増沢ではコメントする事がなくて、いろいろと考えていただきありがとうございます。
と言う事は、無理矢理でも全部目を通していただけたと解釈してオッケー(ローラ風に)!

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 6日 (土) 22時38分

ゲゲッ×2!

投稿: 黄金バット | 2012年10月 6日 (土) 23時38分

sshさんこんばんわ。
バットさんよく勘定しましたね、ただ今の決まり手は引き落としでsshさんの勝ち(相撲協会風に)。
本日masaさん、竹さんと鳳来行って来ました。
釣果はmasaさんのブログにアップされると思われますので気になる方はそちらを見てください。
終わってからの帰り方、竹さんはとっとと、masaさんはさっさと、私はそそくさと帰って来ました。

投稿: パラソル | 2012年10月 7日 (日) 19時23分

序の口のワタスは横綱には勝てません!

投稿: 黄金バット | 2012年10月 7日 (日) 20時17分

パラソルさんこんばんは。
コメントの口ぶりだと、結果が良かったのはmasaさんだけ?自分で書いておきながら、表現の違いが分からない?
鳳来もかなり涼しくなって、釣りは楽(歩く分は差し引いて)だったのでは?長野聖湖では既に防寒の上着が必要らしいですよ(嵐馬さんのブログより)。
 
バットさんこんばんは。
体格では横綱(自分で言うな!)かもしれませんが、体力がついていきません。

ゲゲッ×2 には ガクガクッ×2 で返しておきましょう。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 7日 (日) 21時13分

P.S.そそくさと帰った人が竿頭だとは思いませんでした(謙虚~)。それにしても皆さん釣れて良かったですね。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 7日 (日) 22時50分

諸先輩方を差し置いて逆転、私の辞書に遠慮という項目や単語はありませんと言ってはみたものの、どうもそそくさの方が合ってる気がしました。
次回もそそくさで行きたいなっと。
ところで、危ないなあと思った事が、対面のかなり急なガラ場を一人で降りて釣りして帰りにエラク苦労してる人がいました、単独であれやられちゃうと危ない、見えても助けになんて行けないし携帯通じないから警察も消防も呼べません。
釣れる可能性の高い場所に行きたい気持ちは解るし「俺は大丈夫」も判りますが止めた方が良いと思いました。
俺はここで死んだら本望だ、、、迷惑ですよね。


投稿: パラソル | 2012年10月 7日 (日) 23時11分

パラソルさんこんばんは。
以前事故があったばかりなんですが、自分の事として捉える事が出来ない(いわゆる想像力の欠如)人は多いですよ。
増沢でも落水する人を見たことがありますが、その時は周りに人がいて何とかなりました。これはどんな池でもある事で、いつもそういう自覚で釣りに臨みたいものです(小野も結構危ない)。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 8日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BONZARINOで昼食 | トップページ | 松阪牛 »