« 松阪牛 | トップページ | 見学だけに留めた@増沢池 with Oさん »

2012年10月 8日 (月)

誘われて出掛けてしまいました@増沢池 with Oさん

3連休最終日も好天に恵まれ、さて何処かで竿を出そうかなと思っていると、Oさんからメール。増沢にいるとの事。これは出掛けない訳にはいかないでしょう。これから出ますと返事してから着替える。駐車場に着いたのは8時半過ぎか。多くの車が停まっているが、へら師はおそらく少ないだろう。車から荷物を降ろし、いつものルートで池に向かうと、あれれOさんの姿がない。あっ、塩ビ管の更に奥に1人いるぞ。だがOさんのトレードマークとは違う帽子。確信が持てないので電話すると、その人の携帯が鳴った。そこでようやく遠くから挨拶。岸辺が綺麗に整理されているので、これは入りやすいでしょう。Dscf1605Oさんの右に入らせてもらう。対面には5人くらいのへら師。こちらは涼しいが、向こうはポカポカ暖かそうだ。さて、あまり短いと根掛かりするので、今日は12尺で行こう。餌は相変わらずのバラグルセット。マッハの代わりにはペレ道。奥の釣り座は随分久し振り。常連さんのご尽力により整備された足場は安定していて、水深も手前はそんなに深くないので私の釣り台でも何とかなった。ただ、長靴にはぎりぎり水が入らないくらいなので、次回からは冬用の大きな長靴にするか、それとも対面に行くかのいずれかになるだろう(いつもの場所は卒業だ?)。足元に水草はないが、ブルーはチラホラ。まさかここでもこいつらの洗礼を受けるのか?それは勘弁してほしい。まだ常連さんは来ていないが、しばらくしてポツポツとやって来た。そしてOさんの左から5人くらいが並んだ。底も取れ、開始は9時15分。Oさんは10尺でやっているが、時々根掛かり発生。私は竿を伸ばしたせいか、一度もかからなかった。さて、餌打ちを始めると、これもいつもながらウキの馴染みが・・・。急いでウキ下を調整して事なきを得る(やれやれ)。すると、すぐにウキが返し始めたではないか。しかぁ~し、Oさんからは型が小さいと言われており、放流は覚悟しなければならないだろう。それからしばらくは、ウキがモヤモヤで終わってDscf1606しまう。これでは浅場と変わらない。それでも9時半少し前になって初めてのあたり!そしてかかりました!サイズはさておき、凸を免れて緊張が解ける。すると、そこからあたりが出始め、10時までに3匹を追加。ただ、ウキが立ってから馴染むまでの間の動きが多く、馴染み切るとあまり動Dscf1607Dscf1608Dscf1609きが出なくなる。これは底を終えるまで続いた。その後もポツポツとあたりを拾い、開始Dscf1610Dscf16111時間経たないうちに第2目標をクリア。心配していたブルーもかからないし、こりゃぁ爆釣か?が、餌を切ろうとして空合わせをしたら、何と「かかってます」!しかぁ~し、擦れ。でも、底での擦れはこれだけ。バラシは1回もなかったDscf1613Dscf1614(もちろんカラはありますよ)。それから10時半までに2匹を追加。グーなサイズもかかってきて、やはり浅場とは違うなぁ。ただ、Oさんの調子は上がらないようで、途中からバッタリ合わせなくなってしまった。常連さんは皆さん宙でやっているようで、竿が曲がっている。さて、何故か好調が続く私、それからもあたりにDscf1615Dscf1616Dscf1617Dscf1618Dscf1619合って11時までに5匹を追加。30cmクラスも混じりながらの第3目標突破とは、最近にない好結果か(もちろん私にとって、だが)。しかぁ~し、Dscf1620Dscf162111時を過ぎる頃からあたりが激減。11時半頃までに2匹を追加したのみ。そしてグルテンが尽きる。もう充分釣った気がする(もちろん私にとっDscf1622Dscf1623て、だがPART2)が、まだ残ったバラケを揉んで釣ってやろう。すると、ラス前に30cmクラス、そしてオーラスにもあたり、そしてかかりました!時刻は11時41分。結果、底では実釣2時間半弱で17匹。これは素晴らしい(もちDscf1624ろん私にとって、だがPART3)。さあ、次は宙。常連さんはセットが多いようだが、私は敢えて両ダンゴで行こう。竿は11尺に変更。餌は特S単体。何故かと言えば、封を切ってあるから。袋に書いてあるような水の配合だが、ここで揉み込まない。あくまで手揉みで調子をつける。特S単体では今まで使った記憶がないが、最初からこんなに粘りがあったっけ?袋に書いてあるようにやらなくて正解では?そして「たな」1本での再開は11時59分。すぐに12時のサイレンだ。常連さんは既に昼食。Oさんも状況を変えるべく休憩だが、私は昼食を用意していないので、続行。数投でウキに動きが。そして小さく入るがカラ。まあまあ、焦らずDscf1625行きましょう。すると、ウキが馴染んで少し返してモヤモヤした後、ズバッと入って早1匹目!おおっ、サイズもなかなかではないか。しかぁ~し、口がつぶれている。まだかつての私のような強い合わせをする奴がいるのか(おそらくいない)。でも、最初がこの大きさなら、宙では底よりサイズアップは間違いなし。しかぁ~し、すぐにウキの動きが悪くなる。馴染んでモヤモヤして終わり。餌の粘りから見ても、ロクな動きにならないのは分かっていたが、どうすればDscf1626Dscf1627打開出来るのか分からないまま餌を打つ私。それでも12時半を過ぎて、またもズバッというあたりでやった2匹目!ゲゲッ、何だこのサイズは!底でもお目にかからなかったぞ。でも、1匹は1匹だ。カウントカウント。すると、少し経っDscf1628て小さく入るあたりで3匹目。これもパッとしないサイズ。う~ん・・・。しかぁ~し、サイズに拘っているうちはまだ良かった。次第にウキは動かなくなり、1時を過ぎて4匹目をゲットした後は、シーンの連続。Oさんも底でパッとしない状況は続いており、いよいよゴールデンタイム到来か?餌を柔らかくすればすぐに抜け、ちょっと持たせるとウキの真下にぶら下がるだけ。手水とかき混ぜでは対策にならないとなると、最早この餌では釣れないのか(でも捨てませんよ)。そのままモゴモゴと続行すると、一度ズバッというあたりで、やった宙だけで第2目標達成かと思われたが、しばらく感触を楽しんでいたら外れた。ガクガクッ。最早餌打ちマシン。早く打ち切って終わろう。1時半を過ぎ、いよいよあと数投分。そこで、急に終わるのが惜しくなって(オイオイ)、1個餌釣法で間を持たせるが、遂にあと2投分。いわゆDscf1629るラス前って奴ですか。すると、やったズバッというあたりで「上がりべら」ゲットだ!今度は外れる前に「たも」の中に入れようと「さっさと」寄せる。やれやれ、サイズはあんまりだが、贅沢は敵、欲しがりません勝つまでは?最後の1投でもウキは動くがあたりにならず、1時44分に餌が尽きて宙も終了。結果、宙では実釣1時間45分で5匹。最近の私ではこんなものか。底と併Dscf1630せたトータルでは、実釣4時間15分くらいで22匹。久し振りに20を超えたぁ。片付け。常連さんから洩れてくる話だと、昨日は静岡方面の例会があって、対面にへら師が集中したらしい。こちら側は整備されているのに、誰も入らなかったそうだ。お金を取られると思ったのかな?片付けを終え、皆さんに挨拶して駐車場に戻るが、こちらの坂も整備されているとは言え、結構な勾配で登りきった時には息が上がる。もうハアハアだ。今日並んで竿を出していたへら師の中で、私がきっと一番体力なしだろう。何とか車に辿り着き、荷物を積んでさっさと池を後にした。
 
Oさんは明日日向側だが、私は用事
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 松阪牛 | トップページ | 見学だけに留めた@増沢池 with Oさん »

コメント

バットさんの勘定対策お見事!!
やっぱ横綱だわ。三つしかない。
でもまだ途中なので先が楽しみ、悪趣味?

投稿: パラソル | 2012年10月 8日 (月) 19時10分

途中かもしれませんが、書き込みします。今の時期沢山釣った方は、12月の放流資金のご協力を重ねてお願いしてま~~(笑)。いよいよ秋の荒食いの季節ですな。

投稿: masa872 | 2012年10月 8日 (月) 19時14分

パラソルさん、masaさんこんばんは。
今日は整備されてから初めて深場に入りました。行きはいつものルートから岸辺に沿って、帰りは山道?を。これが結構きつく、改めて体力のなさを痛感した次第。
でも、底でそこそこ釣れたので、まあ良かったかな。カタカナは数えてみるのも面白いかも。今日は少な目のつもりですが。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 8日 (月) 19時39分

sshさん、ゴメンナサイ!
最後まで読みきるのは半年に一回と決めています。
最近ワタスも文章が長くなってきて
シャインビームに侵されています。

投稿: 黄金バット | 2012年10月 8日 (月) 22時02分

バットさんこんばんは。
日陰深場は整理されてとても入りやすくなりました。水深もそこそこあって楽しめますが、時期的にはそろそろ日向側なので、寒くなる前に是非入ってみてください。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月 8日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松阪牛 | トップページ | 見学だけに留めた@増沢池 with Oさん »