« さだまさし「月虹」を観る:その7 | トップページ | やはり釣れないのは私だけだった@増沢池 with HRさん »

2012年10月26日 (金)

まるで先日の引佐天池をなぞるような@増沢池 with ひげさん、れいちゃんさん and O名人

Dscf1703Dscf1704今日はひげさんご夫妻が来浜して増沢池で竿を出すと言うので、私もお付き合いさせてもらおうかなとメールすると、10時頃には池に着くとの返事。それでは私は9時半過ぎに家を出れば良いかな。しかぁ~し、テレビを観ていたら10時近くなってしまった。慌てて出発するが、途中で家の鍵をしたかどうかが気になってUターン。やれやれ、かかっていた。再出発。しかぁ~し、しかぁ~し、またも途中で飲み物を入れた水筒を忘れた事に気付いてしまった。飲み物くらい何処でも買えるのだが、またまたUターン。既に意気消沈しているが、それでも出掛けなければと再度ゴー!池に着き、急いで荷物を降ろして池に向かう。おそらく看板横に入っているのだろう。橋を渡る途中で、O名人を含めた3人を発見。が、私の入る場所がなさそうだ。橋を渡り、坂を下りて3人に挨拶。入れそDscf1705うな場所はO名人とれいちゃんさんの間しかないが、正面には水草。「たも」で払おうとしたが届かないので、そのままでやる事にする。O名人とひげさんは既に開始していて、竿が曲がっている。れいちゃんさんは段差の宙で準備中。私は目の前の水草にかからないよう、12尺を出して底。餌はいつものバラグルセットだ。随分遅れたので、チャチャッと底を取り、開始は10時35分。O名人は両うどんの底とやらで竿が曲がるが、一方ひげさんは両ダンゴの宙でこちらもビシバシと竿を曲げている。湖面は濁りも風・波もなく抜群のコンディション。ただ、へらにとってどうか(と言うより、私にとってでは?)は不明。さて、餌打ちを始めるが、すぐにウキがモヤモヤ。こりゃぁ高活性かも。しかぁ~し、何故か最初のあたりを見過ごすチョンボ。すると、その後はあたりが出なくなって、たまに出るあたりはカラ。何処でも同じような感じか。と、私より少し遅れて始めたれいちゃんさんがいきなり竿を曲げた!これはヤバイ、凄いプレッシャーだ。何とか私も早く1匹をと気持ちばかりが逸ってしまい、チグハグな釣りになってしまう。すると、更に厳しい事には、またもれいちゃんさんの竿が・・・。更に更に、それまで底でやっていたO名人も宙にすると宣言!両側で餌を水中にバンバン打たれては、ただでさえ釣れていない私にはDscf1706プレッシャー×2。その後しばらくしてやっとあたりに合って1匹目をゲットするが、これが小サイズ。が、やっとの思いでゲットしたものの、その後がない。ウキ下の調整やら餌付けやら工夫してみても、状況は一向に改善しない。早くも開始1時間が経過。両端の2人はマイペースで竿を曲げ、れいちゃんさんのウキも動きっ放しとは、3人の無言のプレッシャーに押しつぶされDscf1707そうだ。12時前に再びあたりに合って、やった2匹目!ようやく追いついたと喜んだのも束の間、再びれいちゃんさんの竿が曲がる!もうガクガクッ。そのまま虚しく12時のサイレンを聞く。れいちゃんさんはその後も竿を曲げて私とはダブルスコア。もうガクガクッ×2。両側が宙でも私のウキの下にはへらがいるようで、その後も弱いウキの動きは出るがあたりにはならず、イライDscf1708ラばかりが募る。12時半近くなって、やっと両グルテンで3匹目。もうへとへと。しかぁ~し、その後もウキの動きは良くならず、12時55分に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間20分で3匹とは、まさにトホホ。プレッシャーに弱い私がそのまま出た結果だった。さあ、次は宙。宙ならもう少し違った展開になるのでは、と甘い予想で竿は9尺に。しかぁ~し、穂先が水草の中に突っ込んでしまう。仕掛けを付ける前に調べておく事は簡単なのに、頭の中は混乱したDscf1710ままだ。それでは11尺。が、これも水草の少し前に穂先が出るくらいで、12尺のまま通せば良かったのではと今日何度か目のタラ・レバ。でももう替えたくない。竿は11尺で行くぞ。3人はセットでやっているので、私もそれに乗っかる形で「玉」のセット。バラケはセット専用バラケ3+夏1に水1と、袋に書いてある通りに作る。それから昼食。「たな」1本での再開は1時20分だ。しかぁ~し、ウキの馴染みが思うように出ない。少しでも弱く付ければ馴染まず、グッと揉んで付ければ馴染むが返さない。袋に書いているような、深馴染みして抜けるのも早いという動きには全くならず、これはもう私のアームでは使いこなせない餌だ。と言って、新たな餌を作ることはしないのが省資源釣法(って、釣る気あるの?)。ただただ餌を打つだけの私。すると、それを横目にれいちゃんさんの竿が曲がる、曲がる。またもダブルスコアになってしまった。これはもうトホホでしょう。一方トロ掛けにしたO名人も好調。バシバシ竿を曲げて2時過ぎに終了だ。私は開始1時間くらい経ってから、今更ながらとは思いながら餌落ちを確認。すると、トップの付け根、いやボディが少し出た状態でバランスしているではないか!最初にしっかり確認する事もせず、早く結果が欲しいからと逆に無駄な時間を費やしてしまった。急いでオモリ調整。ついでに食わせは「お」に変更だ。おお、今度はしっかり馴染むぞ。すると、再開して間もなくウキに動きが。それまでもたまにウキが動くことはあったがあたりにはならず(オモリ調整が出来ていないのだから当たり前と言えば当たり前)閉口していたのだが、今度は違う。そして弱く入る初めてのあたりに合わせれば、やったかかりました!しかぁ~し、放流よりも更に弱い引き。そうです、森と泉に囲まれたブルーでした。ガクガクッ×3。後ろに猫が来たので、あげる。それでもウキが動き出したのは嬉しい。O名人が帰って、そこにいたへDscf1711らが寄って来たのか、それとも単に時合なのかは分からないが、2時半を過ぎてウキが毎回のように動き始めた。そしてズバッというあたりでやっと1匹目。しかぁ~し、れいちゃんさんは2匹を追加していて、ようやくダブルスコアまで追いついたというところ。時間的な事もあり追いつくのは最早難しいので、私は私の第2目標を目指そう。すると、ウキの動きは更に良くなり、Dscf1712しっかり馴染んでから(オモリ調整のおかげ)ズバッというあたりでやった2匹目と同時にトータルでの第2目標クリアだ!まだ時刻は3時前。餌は残り少ないが、何とかもう少しでも数を増やしたい。すると、3時を過ぎてズバッというあたりでやったグッドサイズだ!しかぁ~し、顎に擦れ。あまDscf1713りに悔しいので、ここは写真だ(数が少ないので覚えやすい)。ただ、まだウキは動いていて、それからじきにこれもズバッというあたりで、やったかかりましたよ!ただ、「たDscf1714も」に収めたら鈎が外れていたが、ここは一応カウントさせてもらいました(トホホ)。これだけウキが動くとは、最初の1時間余は全く無駄な時間だった事が分かる。バラケも確かにしょぼかったが、釣れないのはそれのせいだけではなかった。焦って自分を見失う事の愚については、大いに反省しなければ。その後じきにバラケが尽きたので、一応これが「上がりべら」か。終了時刻は3時20分。結果、宙でDscf1715は実釣2時間で3匹。トータルでは実釣4時間20分で6匹かぁ。ズバッというあたりでグッドサイズを8匹も釣ったれいちゃんさんには完敗だ。ひげさんも終了。かかったのは30匹近いが、擦れが多かったとの事。片付けしながら2人でれいちゃんさんのウキを見るが、確かに良く動いている。裏山鹿~。しばらくしてれいちゃんさんも終了。数は増やせなかった。片付けを終え、3人で駐車場に戻る。お二人は明日は鳳来だが、私はここでリベンジをしようかな。ちょっと怖いけど。挨拶して解散。私はベイシアへ寄るべく池を後にした。
 
プレッシャーに弱いのか、単にアームの問題なのか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« さだまさし「月虹」を観る:その7 | トップページ | やはり釣れないのは私だけだった@増沢池 with HRさん »

コメント

お疲れ様でした、O名人とヒゲさん夫妻と一杯やって来ました。
聞いてはいましたが厳しい釣りでしたね、並ぶとパターンを読むのに苦労します。
しかしれいちゃんさん頑張りましたね、一皮どころか二枚くらいムケてました、髪の色も良い塩梅。
sshさん気合入れないとまずいでっせ。
で明日もホーライです、明後日雨だし。
masaさんは雨でもやる!!!って言ってました、今日何かあったのかな?

投稿: パラソル | 2012年10月26日 (金) 22時00分

パラソルさんこんばんは。
今日の鳳来はいかがでしたか?
私は朝からいろいろあって、どうもこれは行かない方が良いのでは?とうすうす感じていましたが、思ったとおりになりましたよ。トホホ。
横でいきなり竿が曲がって、一気にプレッシャーがかかったのは事実。これくらいでビビるようでは、とても例会とか大会には出られませんね。あくまで自分の釣りを通すか、それとも臨機応変で行くか、いずれにせよ早い決断が必要だと身に沁みて分かりました。明日は出来れば同じ場所でリベンジしたいですが、行けるかどうか・・・。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月26日 (金) 22時33分

こんにちは^^
一日遅れのコメントになってしまいましたが、その節は、ありがとうございました。
ブログのリンクもしていただいたようで、重ねて、ありがとうございます。
この日の釣り内容は、私なんかより、ずっと詳しく書いてもらってるので、リンク先を貼りたかったのですが、よくわからず、一応、コピペしましたので、ここに上手く飛んでくださった方、はげまろ。は、れいちゃんとして、登場しています^^;
昨日の鳳来では、全くウキが動かず、その上、水が綺麗なもので、やわぐるの白い餌が、どんどん底に溜まって行くのが見え、それに反して、魚が一匹もいないところが丸見え。
途中から、ウキを見ずに、湖底を覗いていた始末です^^;
でも、鳳来の気は良く、赤とんぼサミットも面白かったので、
次回はまた、ご参加くださいね^^

投稿: れいちゃん | 2012年10月28日 (日) 16時47分

れいちゃんさんこんばんは。
ひげさんの体調は大丈夫ですか?サミットで無理をしすぎたのかなぁ。お大事に。
さて、私と増沢は相性が悪いようで、しばらく他の池に・・・うそうそ、嘘ですよ。単に私のアームがしょぼいと言う事がハッキリしただけ。隣でバシバシ釣られると、ハートの弱い私は萎びてしまいました。これを改善すべく、しばらく看板横に入ってみたいと思います(あくまで個人の感想です)。
鳳来の様子はmasaおじさんのブログにアップされたら見に行きますので(れいちゃんさんの方は確認済みです)。

投稿: sunshine_hera | 2012年10月28日 (日) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さだまさし「月虹」を観る:その7 | トップページ | やはり釣れないのは私だけだった@増沢池 with HRさん »