« 明日こそ | トップページ | 2月4日の深夜に »

2013年1月31日 (木)

あまりの厳しさに一時は凸を覚悟@増沢池

遂に1月が終わる。何としても今日は竿を出さないと。しかぁ~し、家を出ようとしたら、空はどんより。まさか雨にはならないと思うが、風もないのに寒さを感じる。でも、これで家に戻ったら何を言われるか分からないので、ゴー!9時過ぎに駐車場に到着。これなら9時半頃には開始出来そうだ。しかぁ~し、ここで急に腹の具合が。不定期便となって時間をロス。急いで外の道路から池に向かうと、今日はダム?そばから遊歩道にもへら師。たまたま階段下から1つ深場(前回入ったところ)が空いているので、そこに入ろう。Dscf1938あっ、階段下はこれまた前回と同じ人。まずは挨拶。ほぼ毎日来ているようだ。今日は14尺で底ギリギリのウドンセット。さあ私も準備しなければ。曇っているが湖面は穏やか。竿は15尺で餌はいつものバラグルセット。ん、何故か急に波が。でも、構わず底を取っての開始は10時4分。先客が竿を曲げ、宙にすればと思ったが、宙はお楽しみにとっておこう。さて、ウキの馴染みも問題ないし、何だか動いているようにも思えて、これならじきに1匹。しかぁ~し、ウキの馴染みがスッキリしない。念のため30分くらい経過したタイミングで空鈎で打ってみると、ゲゲッ、餌落ちが2目盛も上になっている。ウキが水を吸ったのか?良く分からないが、その分ウキ下を調整して馴染みを出す。やれやれ。しかぁ~し、ウキに動きなし。途中から太陽が顔を出し、一旦は暖かくなったものの、その後は晴れたり曇ったり。波も出たり収まったり。あっという間に1時間が経過。返しは出てもあたりさわりはなく、1回も動いていない。そこで、念には念と再度底を取り直すが、う~ん状況に変化ナシ。そろそろ12時。先客はウキが動かないと言いながらも4匹をゲットしている。私はこのまま凸で終わるのか。あまりにウキが動かないので、書く事がなくて困ってしまうくらい。が、馴染んだウキがフワッと返したではないか!さあそろそろあたりになるかな。残念そのままで12時のサイレンを聞くはめに。クーッ、辛い。段底でもやれば何とかなったか(タラ・レバ&SSH心の叫び)。今日もバラケとグルテンのバランスが悪いので、バラケを捨てて終わりの準備。と、またも隣の竿が曲がった!第2目標クリアとは裏山鹿~。しかぁ~し、自分のウキに目を戻すと、何とあたりの後なのかウキが餌落ちまで返している!そして再びシズシズと馴染む。え~っ、今日初めてのあたり?を見過ごすとは、もうダメだ。早く打ち切って底を終えよう。そして12時42分Dscf1939に餌が終わり、無念の終了だ。結果、底では実釣2時間40分弱で凸。2回ウキが動くのを見ただけ。あまりに厳しくて、もう帰りたい。でも、せめて1匹は釣らないと、と言うことで、今度は宙だ。もちろん今までとやる事は同じ。竿は13尺、餌はGTS:ペレ道:マッハ:水を1:1:2:1のバラケと「玉」のセットだ。と、その前にトイレ休憩と昼食。そして「たな」1本半での再開は12時57分。太陽の高度が上がってきているので、終了が3時を過ぎても翳らないので安心だ。さて、餌打ちを始めて10投くらいでウキがモヤッとした。やはり底より宙の方がグーなのか。これなら何とか凸は免れそうだ。しかぁ~し、続かない。しっかりとウキを馴染ませると、小さくモヤッとするような気がするので、何となく餌の周りにへらがいるような感じ(気配?は感じる)だが、それだけ。私のウキを見て、隣から無垢トップにした方があたりが大きくなると指導を受けるが、あいにく私の宙のウキには細いトップのものはありません。でも、理屈から言っても正解(ウキの感度はトップの径の2乗に反比例する)なので、1本くらいは用意しないとね。その後もたまにウキが弱くさわるが、あたりにはならない。そのまま1時半。隣はそろそろ終わりか。家で犬が散歩を待っているので、2時には終わる事になっているそうだ。今日はほとんど竿が曲がらない中で5匹を釣った先客は素晴らしいの一語。と、ここでバラケが抜けた後にウキがモヤッと動き、半信半疑ながらDscf1940それに合わせると、やったかかりました!開始から3時間半で出たぁ(脱力)。う、嬉しか~。サイズは30cmに満たないが、贅沢は敵。結果が出ただけで良しとしないとね。さあ、時合ならどんどん行かないと。しかぁ~し、その後がない。2時を過ぎて隣は帰り、私はいつものように「たな」を1本にするが、これが良くない。却ってウキが動かなくなってしまった。餌付けでタッチを変えてみたりするが、効なし。しかぁ~し、しかぁ~し、バラケが抜けてからしばらく待ち、空合わせをくれDscf1941ると、何と「かかってます」!ウキは全く動いていなかった筈なので、いわゆる居食いなのか、それとも太いトップであたりが消されているのかは不明だが、とにかくカウントでしょう。いやぁ、良かった良かった(オイオイ)。数が少ないので、写真はいつもより大きめになっていますが、何か。さあ、これがゴールデンタイムかもしれないので、どんどん行こう。しかぁ~し、その後がない(トホホ)。そして3時。常連さんが一斉に終了だ。湖面は再び凪になっているので、まだ出来そうだが、私Dscf1942もバラケが尽きたら終わりにしよう。そして3時7分に餌が尽きてジ・エンド。結果、宙では実釣2時間10分で2匹。トータルでは実釣4時間50分弱で2匹。凸でなかっただけ良かったと言うべきか。片付け。うわぁ、腰が痛い、痛いぞ。このまま腰が曲がった爺さんになりそうな感じ。そうそう、今日は日陰側深場流れ込みとワンド、それに浅場橋の下にへら師がいたが、果たして釣れたのかは不明。でも、今日のような日なら、私も次回はいつもの場所にでも入って、自虐を満喫するのも悪くない。片付けを終え、いつものように外の道路から駐車場に戻る。息は切れないが、腰が痛くて途中休憩を挟まざるを得ない。さあ、これもいつもどおりのベイシア通いだ。荷物を積み込み、ゆっくりと池を後にした。
 
2月中旬までが厳しい期間。バットさん好みの自虐を味わえるぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 明日こそ | トップページ | 2月4日の深夜に »

コメント

こんばんわsshさん。
凸ですか、いつもですよ、毎日です。
だって凸のほうが多いんですからね。
釣れる池があることに感謝しましょう、連れなくて当たり前が普通ですよ。
凸でも気のおけない連中とのコミュニケーションが継続の種なんでしょうね。
でも釣りたいなあ、解脱してない??

投稿: パラソル | 2013年1月31日 (木) 23時20分

パラソルさんこんばんは。
そうですね、私も小野の池に通い詰めて、やっと1匹出た時はさすがに感動しました。浜北新池でも同じ。これは自虐とは言わないかな?
ただ、増沢は釣れて当たり前みたいなところがあるので、ちょっとでも厳しくなると驚いてしまいます。贅沢といえばそうなんでしょうけど、周りが釣れて自分だけ、と言う場合は結構辛いですよ(アームの差は分かっていても)。

投稿: sunshine_hera | 2013年2月 1日 (金) 00時23分

冬はどこの池も面白くなりますね。
行くところばかりで迷いますよ。

投稿: 黄金バット@会社 | 2013年2月 1日 (金) 13時06分

バットさんこんにちは。
へらだらけの西の平でも、この時期はなかなか難しいですよね。元々食べたくないと言っているへらに餌を食べさせるのだから、釣れないのは当たり前なんですが、へら師は勝手なもんです。
昨日たまたま釣れたへらが、少しではありますが私のように腹が膨れていました。そろそろですかね。

投稿: sunshine_hera | 2013年2月 1日 (金) 14時08分

いや~~、まだまだSSHさんにはほど遠いですね。
って、そういう意味じゃないか?

今年はワタスも産みますよ、茶色いタマゴを…。
どこの池で産むかな~~。
SSHさん、ご一緒に産みます?
大楽地が魚が薄いから、いかが?

投稿: 黄金バット@会社 | 2013年2月 1日 (金) 18時52分

バットさんこんばんは。
いやぁ、ビックラこいたなぁ、我々が産卵するんですか?お腹の中は脂肪だけなのに。ん、茶色の卵って、出る位置が違う(オイオイ)?
大楽地では今年まだ竿を出していませんが、私の優先順位ではその前に浜北新池がありますので、今しばらくお待ちください。

投稿: sunshine_hera | 2013年2月 1日 (金) 22時37分

そうか、浜北新池で先に産卵するのですね。

浜北新池は終わったな!

間違いなく、魚浮くな!

投稿: 黄金バット | 2013年2月 2日 (土) 00時31分

バットさんおはようございます。
浜北新池のへらが浮くかもしれませんが、大楽地で浮くよりましでしょう。浜北新池は私だけがガックリすれば済みますが、大楽地だと困る方が多いですもんね。

投稿: sunshine_hera | 2013年2月 2日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日こそ | トップページ | 2月4日の深夜に »