« クラシックでも聴いて:その35 | トップページ | さすがに今日はお休みでしょう »

2013年1月24日 (木)

好天に恵まれて竿を出す@増沢池 with Oさん

今日は好天との予報に、何としても竿を出すつもりでいたが、起きたのは7時過ぎと早かったものの、諸事情により家を出たのは9時過ぎになってしまった。途中コンビニで昼食を買い、駐車場に着いたらビックリ。この陽気に誘われたのか車の数が多いではないか。もちろん全部がへら師とは限らないが、その中にOさんの車ハケーン!急いで荷物Dscf1926を降ろし、外の道路から池に向かうと、あれれ日向側深場には誰もいないぞ。階段下に1人と、あとは整地された辺りに数人。Oさんは何処に入っているのかな。階段を降り、まずは先客に挨拶。あっ、この人は前回も並んだ人だ。2桁釣ってさっさと帰ったカッコイイ人。それでは私も前回と同じく右隣に入らせてもらおう。とりあえず荷物を置き、整地された辺りの浅場にいたOさんに挨拶。今日は10尺の底。今年は元日から竿を出し、週2回くらいのペースで来ているとの事。Dscf1927なかなか底は厳しいようだが、それでも私が見ている間にウキがモヤモヤ、そして小さくあたったような気が。さて、私も竿を出すとするかな。釣り座に戻ってさあ準備だ。雨のせいで少し水量が増した感じだが、湖面は鏡のよう。隣は16尺だと言うので、私は15尺(特に意味はなし)。もちろん底から。餌はいつものバラグルセット。隣はまだ始めたばかりらしいが、今日は何とかして隣より数を釣りたい(SSH心の叫び?)。底を取り、開始は9時57分。結局前回とほぼ同じになってしまった。ちょっと馴染みが小さいが、それでも2投目くらいからウキが返す。これは高活性?残念キチンと底が取れていなかったようだ。でもそれに気付いたのは開始して1時間くらい経ってから。もちろんそれまでにあたりなどなく、隣も静かなまま。常連さんはどんどんやって来る。私の右、深場にも2人入った。さて、11時を過ぎ、風・波が出だした頃にようやく底を取り直す。すると、ウキがすぐにモヤモヤ。だが、さっきまでと同様あたりにはならない。そこで、両グルテンにして待ちに待つ作戦に変更すると、たまたま竿から手を離している時にウキがDscf1928キッチリ入った!慌てて竿を持ち合わせると、やったかかりましたよ!う~ん、サイズ的にはどうだろうと言う感じだが、まずは凸回避でホッ。おまけに隣に先駆ける事が出来た。2重の意味で嬉か~。しかぁ~し、じきに隣も1匹目ゲット。そしてすぐさま2回目の竿が曲がった!マズイ、いつものパターンに嵌ってしまうのか?しかぁ~し、バラシ。すると、その後は私と同じく竿が曲がらなくなってしまった。私の方も餌付けのタッチやら両グルテンやらやってみるが、1回はチクッというあたり、もう1回はウキがフワッと持ち上がった後のグッという入りで合わせたものの、両方ともカラ。その後はあたりにお目にかかれなくなってしまった。そして虚しく12時のサイレンを聞くはめに。そろそろ宙に行きたいが、両グルテンとかでグルテンの消費が多く、バラケがかなり余っている。そこで、省資源釣法に反するのはDscf1929重々承知の上でバラケを捨てる。そして後5、6投で餌が終わると言う時に、前触れなしでのチクッというあたり!あっと思いながらも反射的に合わせれば、やったかかりました!この手応えは放流ではない。「たも」にガッチリ納めれば、30cmはあるグッドサイズ。よーしよし、時合になったのかな。それでは後数投でもう1匹。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換しようと切れたハリスをハサミでカットしようとしたら、何ともう片方のハリスまで切ってDscf1930しまったではないか。これで一気に気持ちが萎え、底は終了だ。泣く泣く残った餌を捨てる。時刻は12時14分。結果、底では実釣2時間20分弱で2匹。さあ次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食だ。時々風が吹くと一気に寒くなるが、大体はポカポカ陽気で過ごし易い。あとはへらがもっと釣れてくれればなぁ(SSH心の叫びPART2)。Oさんの様子が気になるが、そこまで行くのが億劫なので、釣りが終わってからにしよう。さて、休憩後に準備。竿は13尺で特S:ペレ道:マッハ:水を1:1:2:1のバラケと「玉」のセット。「たな」1本半での再開は12時31分。すると、数投でウキに動きが。もう寄って来たのかな。ただ、前回同様大きなあたりは期待出来ないので、あくまでバラケが抜けてからの小さなウキの動きに注目だ。すると、ゴールデンタイムにはまだ早いと思うのだが、1時少し前の小さく入るあたりらしきウキの動きに合わせると、やったかかりましたよ!思ったとおりだ。そして、1時をDscf1931Dscf1932Dscf1933過ぎてからはバタバタと2匹を追加。いずれのあたりも小さいが、3匹目はバラケを食っていて、隣にしっかり見られた。ただ、隣に良く釣れるねと言われてエヘンエヘン。第2目標もクリアして上出来だ。しかぁ~し、私の常とは言え、すぐにウキの動きが悪くなる。開始1時間を過ぎて、いつものように「たな」を1本に変更。すると、何か変えた事が良かったのかすぐにウキが動き出す。そして数投後、ウキが深馴染みするや否やズバッと消し込み、やったこんなあたりで釣りたかったんだ!しかぁ~し、残念頬に擦れ(ガクガクッ)。今日一番のあたりがこれかぁ(SSH心の叫びPART3)。そのまま2時となり、隣は帰った。さあ、バラケも残り少ないし、ゴールデンタイムにもまだ時間があるので、そろそろ終わりかな。それでは、と再び「たな」を上げて最後の勝負だ。すると、何故か急にウキの動きが良くなって、消し込みも出るようになるが、一向にかからない。逆Dscf1935Dscf1936に、バラケが抜けてからの小さなあたりでポツポツと2匹を追加。宙だけでの第2目標クリアだ。しかぁ~し、2匹目はまたもバラケを食っており、しかも「たも」の中でハリス切れ。せっかく調子が上がって来たのにこれではなぁ(SSH心の叫びPART4)。急いで交換するが、これがまさか今日のゴールデンタイムなのか?だが、それも中断のせいか続かず、最後の1投も大きなあたりでカラ。無念の終了だ。時刻は2時39分。結果、宙では実釣2時間10分弱で5匹。トータルでは実釣4時間半弱で7匹。充分でしょう。片付け。あれっ、2時半を過ぎているのに翳らないぞ。太陽の位置が高くなってきたのかな。これならまだ30分近く余裕がある。でも片付け。私の右Dscf1937隣に入っていた人が一足早く片付けを終え、帰り際に今日は3回バラシが出ただけと教えてくれた。底は誰にとっても厳しいのか。整地された辺りに入っていた人で、ドボンをやる人が好調だったようなので、私も次回はドボンをやってみようかな(実は結構好きなんです)。片付けを終え、Oさんの様子を見に行くと、竿は12尺に替えているが、今日は2匹だとの事。明日は来られないと言うので、また宜しくと言ってその場を離れ、外の道路から駐車場に戻った。さあ、続いてはベイシアだ。そろそろと池を後にした。
 
P.S.調べてみたら、1月の釣行は去年も3回、一昨年は5回とかなり少ない。2月になると回復傾向になるので、今の状況はそれほど心配する必要もなさそうだ。
 
次は浜北新池にでも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その35 | トップページ | さすがに今日はお休みでしょう »

コメント

寒いと中々おんもに出られないですね(笑)
同時刻私も西の谷で竿を出していましたが、渋いですね。
この時期は「お立ち台」が人気ですがチョッと集まり過ぎ!
空バリで1枚釣っただけ!
エサ付けたらウキ動かないんだな~~(爆×2。
お昼は出前のミックス焼きそばで満腹(ヨン様ありがとう!)
3時半に納竿した。
気の置けない釣友との釣りは貧果の悔しさも忘れさせてしまう。
では又。

投稿: yurie | 2013年1月27日 (日) 13時11分

yurieさんこんにちは。
なぁんだ、先日も来浜されてたんですね。次は是非是非連絡お願いします(行く行かないは別にして)。
段々太陽の高度が上がってきて、釣りをする時間も延びそうです。ゴールデンタイムの恩恵を目一杯受けて爆釣しましょう。

投稿: sunshine_hera | 2013年1月27日 (日) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラシックでも聴いて:その35 | トップページ | さすがに今日はお休みでしょう »