« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

ポカポカ陽気にリベンジは成ったか@西の平

今日は好天の予報だが、通院と重なるため長い時間竿を出せない。増沢にも久し振りに行きたいところだが、今日は前回の雪辱に燃えて再び西の平へ。9時頃に家を出て、9時半には竿を出す予定だったが、何と年度末の工事で環状線は渋滞。ほうほうの体で抜け出し、池に到着は9時半頃か。やはり誰もおらず、こりゃぁリベンジどころか返りDscf2050討ちが関の山かな。とりあえず堰堤左端の台に入る。ゲゲッ、前回より水位が30cmくらい(個人の感想です)下がっているぞ。水が落ちてこないので、周りに滲みだしてしまったのか。今日は11尺を出そうと思っていたのだが、果たして?とりあえず餌だけ先に作る。もちろん夏・冬・マッハのバラケにα21とわたグルの食わせだ。それからウキの調整をしようと思ったら、何とウキが立たない。まさかと思いながらウキ下を縮めていくと、これはビックリ、ウキからオモリまで1本なさそう。今日は細いトップで細かいあたりを拾うつもりだったが、これでは少しでも波立てばウキが見えないぞ。そこで、竿を9尺に変更。これで時間を大幅に(もちろん個人の感想です)ロス。餌打ち開始は10時10分だ。遅くても1時半には終わらなければならないので、正味3時間といったところか。さて、餌打ちを始めるとすぐにウキが返す。あれっ、今日の餌はそんなにバラケ易かったかな?更にしばらくすると、風が出てきて細いトップのウキがかなりシモる。これは仕方ないなぁと思っていると、数投後にシモッたウキがスッと入ったではないか!これにはビックリし過ぎて腕が動かない。あ~あ、今日1回しかないかもしれないあたりを見逃すなんて、こりゃぁ今日もダメかな。でも、細いトップのウキのおかげなのか、それとも単なる時合なのかは不明だが、とりあえずウキが動いたと言う事は、まだまだテンションは下がりませんよ。その後しばらくして、今度は返したウキがまさにバッチリ入った!今度は見逃す事なく合わせるが、残念カラ。これは前回と全く違う展開だ。更にウキがズルッと入るあたり?が出て、これに合わせれば今度こそかかりました!しかぁ~し、これがバラシでガクガクッ。あんなあたりに合わせてしまい、ただでさえ食いが悪そうな上に場が荒れてしまったから、今度こアウトだろう。トホホで餌打ち続行。ウキ下を微調しながら10時半を過ぎる。と、ウキがチクッと入ってこれにも合わせると、やった今度こそかDscf2051かりました!やったね、これでリベンジ出来たぞ。しかぁ~し、気温は上がっても水温はかなり低いので、へらは割と素直に上がってきたが、何処かを向いている。残念腹に擦れだ。もうトホホでもガクガクッでもどちらでも良いくらい落胆。この後釣れるかどうか分からないので、ブログ用にとりあえず写真だけ撮る。しかもサイズはいつもより大きめにアップしますが、何か。さて、まだ開始30分くらいでこの調子なら、今日は1匹どころか爆釣も夢ではない?しかぁ~し、擦れの影響なのかその後はウキの動きがバッタリ。両グルテンで様子を覗っても、ウキの返しも出ないまま11時を過ぎる。今日は前回よりもポカポカ陽気で、これで釣れれば言うことナシなんだけど。この時点でもまだ常連さんの姿は見えなかったが、2人くらいが私の背後に来たようだ。1人は車の音と振り向いて顔も確認したが、もう1人は気配のみ。さて、11時を過ぎる頃から再びウキが返すようになってきた。だが、モヤモヤするばかりでなかなかあたらない。バットさんのように鬼待ちしたいが、餌の消費も早めないといけない(出来れば捨てずに終わりたい)ので、痛し痒し。それでも11時半近くなって、誤って餌を手前Dscf2052に落としてしまい、餌落ち目盛まで見えていたウキがチクッと入った。これに反応すると、やった今度こそ今度こそかかったでしょう!いやぁ、嬉しいなぁ。サイズもそこそこだし、これでリベンジ成ったと言えそうだ(甘いってか?)。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。何で調子が上がりそうになるとトラブルが起きるんだろう。急いでハリス交換するが、ついでに気になっていたハリス長も長めに変更だ。そして再度の底取り。すると、何と言うことでしょう、底取り用のゴムにあたったではないか!残念?カラだったが、まだまだ釣れそうな気になってきた。すると、再開してじきDscf2053に、返したウキがチクッと入り、これもかかりましたよ!うわっ、水深がないのでへらが沖に逃げるのが見える。これはヤバイ、ハリスを切られたらどうしよう。懸命に堪えて寄せれば、これもまあまあのサイズだ。う、嬉しか~。もういつ終わっても大丈夫。さっさと餌打ちしよう。すると、そんな心の緩みをへらに見透かされたのか、ウキの動きがまたもバッタリ。ウキの馴染み具合を調整したり、両グルテンやら両バラケで変化を付けてみると、12時のサイレンとほぼ同時に両バラケにあたった!これはカラだったが、まだまだいけるぞ。しかぁ~し、すぐに元の木阿弥。しばらくして、3人目がやって来て声をかけてきた。結果が出たと告げると、2匹ではまだまだだなぁとの返事が。前回今回と誰も来ないと思ったら、常連さんはほとんどがガードレールで小ぶりのへらと遊んでいるそうだ。私もリベンジが済んだ(オイオイ)事だし、次回はそちらにお邪魔してみようかな。その後餌を打ち続けるが、今度はウキの動きが回復する事はなく、最後の1投は鬼待ちでやってみるものの、12時50分に無念の終了となっDscf2055Dscf2054た。結果、実釣2時間40分で2匹。擦れ1匹バラシ1匹カラ数回だった。ま、何にせよ前回のリベンジが出来たのは良かった。まだ充分出来そうだが、通院があっては仕方ないだろう。片付け。見ると、左岸には杉の木。花粉が充実していて、風が吹けば一斉に舞いそうだ。私は幸い花粉症ではないが、今年は去年の最悪7倍の量が飛散して、今まで症状が出なかった人も新たにメンバーになる事もあるらしいとの情報がある。充分気を付けよう。片付けを終え、車に戻る。しまった、買ってきた昼食を食べるのを忘れていた。まあ、帰りの車中で頂こう。そろそろと池を後にした。
 
日替わりの時合とでも言うのだろうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

浜松ジオラマファクトリー

注)これは下の記事の続きです。
 
予定の「万松」が休みだったので、急遽「杢屋」で簡単な食事を摂り、そのままザザシティにある「浜松ジオラマファクトリー」へ向かう。ここはご存知の方も多いと思うが、あのDocu0012TVチャンピオンで有名になった山田卓司さんの作品が展示されており、また工房があって実際に製作しているところも見学出来るというもの。入場料500円を払って入館。写真は原則OKだが、中には権利の問題があってNGなものもある。最初は写真ばかり撮っていたが、これでは楽しめないと途中から止め(暗くて携帯では良く写らないというDocu0011のが本当のところ)。今までテレビや雑誌などで見た事はあっても実物はまた別物。ライヴ感とディテールの凄さにビックリだ。古き良き時代のものから、ガンダムやらエヴァンゲリオン、それに円谷プロからスタジオジブリのものまでヴァラエティに富んでおり、腰が痛くならなければもっと見ていたかったが、それでも1時間ほど堪能した。途中工房から出てきた山田さんに挨拶も出来たし、パンフレット(有料)にもサインを頂いた(左の写真。金色でサインされている)。これはたまたま山田さんが工房にいる時にしか貰えないので、ラッキーには間違いない。ところで、ここにはあえて作品の写真は載せていません。やはり実物に勝るものはないので、是非ともザザまで足を運んでいただきたいと思う。素晴らしい時間を過ごす事が出来て、OG氏には感謝感謝。
 
ザザの中はやや寂しい雰囲気だった
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

ポカポカ陽気に動かないウキを見つめる3時間@西の平

ようやく天気が穏やかになり、私も出掛ける気になった。それでは何処に行こうか。増沢は厳しそうだし(何処も厳しいけど)、そうだ久し振りに西の平にでも行ってみよう。両グルテンの底でやれば1匹くらい釣れるかもと、勝手な想像。しかぁ~し、トイレでもたもたしていたら、家を出るのが9時過ぎになってしまった。何とか9時半頃に餌打ちを始めたいと思ったが、意外に道が混んでいて、到着は9時半頃。まずはOG氏に連絡。それかDscf2048ら堰堤左端の釣り台に入って、さあ準備しよう。うわ~っ、水が澄んでいる。堰堤のブロックが底付近まで丸見えだ。予定では7尺を出すつもりだったが、果たして大丈夫か?ん、そうだな、気にせず7尺で行こう(オイオイ)。風もなくポカポカ陽気で、人間にはありがたいが、水は冷たく、また水が流れ込んでいないので、へらが動くかどうか不安だ。ともあれ、餌はα21とわたグルを半々。底を取り、開始はジャスト10時。が、ウキはピクリとも動かない。まあまあ、最初はこんなものでしょう。OG氏から昼食でも一緒にとお誘いがあったので、少なくとも1時までには終わらなくてはならない。3時間で果たしてウキが動くのか?しかぁ~し、ウキは小さく返すがそれだけ。おそらくはグルテンが溶けたのだろう。風・波は少し出たものの、大勢に影響なし。30分くらい経って、竿を替えた方が良いかなとも思ったが、あれこれやるより、バラケを作った方がと思い留める。更に時間は経過して、早1時間。これは浜北新池より厳しそうだ。いつもならもう常連さんの姿が見える筈なのに、未だに私1人が餌を打っている。最早貸切なのに、相変わらずウキに動きなし。そこで、再度底を取り直してから、バラケを少々作る。と言っても、これもバーゲンセールで段底だ。これを打てばウキの返しは早くなるが、相変わらず。ん、一旦馴染み切ったウキが返して再び馴染んだぞ。何かある。しかぁ~し、それで終わり。しばらくして、ウキが馴染み切る寸前にモヤーッとウキがトップの付け根まで返したではないか。そして再びシズシズと馴染む。思わず竿を持つ手に力が入るが、それきり。クーッ、痺れる!11時半を過ぎて、無駄とは思いながらも上ハリスをカットして擬似段底。が、時間的に余裕がないし、効果が分かる前にバラケが尽きたので、底は一旦終了とする。さて、どうしようかな。それでは仕掛けはそのままでセットの宙で行こう。ただ、時間の余裕はあと1時間。食わせは残ったグルテンで、バラケは段底とマッハを1:1で少量作る。この池の特徴である、日陰が右方向から迫ってくるが、そんなに寒くはならないだろう。トイレ休憩と、インナーを脱ぐ。さあ再開だ。「たな」はおおよそ1本。が、予定通りと言うかウキに動きなし。バラケが抜けてしばらく待っても静かなもの。もう痺れるどころの話ではない。ひたすら打っていたら、1回だけウキが馴染み切ってからグーンと返し、再びシズシズと馴染む底でも見たような動き。へらは来ているに違いない。が、全くあたりらしき動きを見せないまま1時。OG氏がやって来たが、あまりの辛さにしばらく待ってもらい、数投打ち続けたが効果なく、1時7分に無念の終了だ。結果はDscf2049ご覧の通りの凸。この時間になっても常連さんの姿はない。これは釣れないと言う事でしょう。でも、私は俄然やる気になった。次回は竿を長くして、最初からバラグルセットの底でやってみよう。何と言っても最初にこの池に来た頃は、15尺の渓流竿を振っていたのだから。片付け。「たも」は乾いたまま。グルテンがボウルにこびり付いてなかなか取れない。片付けを終える頃、バサーが1人やって来た。昔はここにもバスがいたようだが、今はどうかな。車に荷物を積み、OG氏と食事に向かった。
 
上の記事に続く
 
貸切でポカポカなら、昼寝もいいかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

SWEET BEN

今日は告別式に参列してきた。人が亡くなるのは悲しいが、受け入れなくては。自分が死ぬ時は、多分野垂れ死にが合っていると思う。
P1000405_2さて、急に甘いものが食べたくなり、以前から気にしていた、家の近くの「SWEET BEN」に寄ってみた。シュークリームとプリンを買ってきたが、シュークリームのカスタードにはバニラビーンズが使われていた(当たり前か)。箱が意外にしっかりしていて、写真がうまく撮れなかった(出して撮ればという突っ込みはご勘弁)。まあ美味しいでしょう。次回も行くかは今のところ不確定。
そうそう、一昨日買ったミスタードーナッツのポン・デ・リングは100円の割には美味かったなぁ(関係ないか)。
 
明日は果たして竿を出せるか?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

残念だが

拠所ない事情で日曜まで釣りが出来なくなってしまった。残念だが我慢するしかない。来週に期待しよう。
 
ツイッターでも良かった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

谷村新司さんの「蜩」

今日もちょっとした用事があって竿を出せなかった。決して寒いからではありませんよ。
それで、7ネットで谷村新司さんの「蜩」を探してもらう事に。既に因幡晃さんザ・ディランⅡを探してもらったので、今度も期待出来そうだ。ただし1年くらい音沙汰がない事があるので、忘れてしまうかも(オイオイ)。
ま、幸せは忘れた頃にやってくると言うし?、気長に待つことにしよう。
明日も午後からの用事で竿は出せそうにないが、少しでも余裕があれば何とかしたい。近場で午前中だけでも出来るかな?
 
早く春が来れば良いのに
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年2月17日 (日)

こんな日は

昨日より更に寒くなった今日、家でぬくぬくしながらこんな曲に浸るのも良いだろう。

 
  まったり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2013年2月16日 (土)

ザわさんのライヴ at B♭ with パラソルさん

今夜はザわさんのライヴを堪能した。

半田山にあるライヴハウス「B♭」で、ザわさんが所属するジャズバンドのライヴがあると言うので、開始時刻の30分前、7時頃に駐車場に到着。ちょうどパラソルさんもやって来て、2人でB♭に入る。
Dscf2047Dscf2025店内は普段喫茶店をやっていて、カウンターを含めて30人くらいのキャパ。パラソルさんDscf2026は夕食を済ませてきたが、私は食パン1枚を腹に入れて来ただけなので、とてもじゃないが持たない。コーヒーと軽食を注文。しかぁ~し、空腹に負けてまたも写真ナシの失態。パラソルさんが頼んだ紅茶を撮らせてもらった(トホホ)。ポットは保温されている。
定刻になり、5人が入場。ギター、ピアノ、ベース、ドラム、そしてパーカッションがザわさんだ。そこから途中休憩を挟んで9時半頃までたっぷりとジャズを堪能した。やはり生はいいなぁ。
Dscf2045
Dscf2034Dscf2046あっという間に終了の時刻。ザわさん、他のメンバーの皆さん、お疲れ様でした。外に出ると、意外や市街地なのに空の星が良く見える。やや肌寒いが空気は中国からのPM2.5にも負けず澄んでいるようだ。
駐車場で解散。パラソルさんは明日鳳来。竹さんとバンビさんも来るようで、今度こそはへらの顔を拝めるよう頑張ってください。
 
意外な場所にあるライヴハウスだが、これから通うかも
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

2013年2月15日 (金)

20年点検

住宅会社による、我が家の20年目の定期点検が今日行われた。
所定の用紙に則って行われ、ついでにドアノブの緩みとかも直してもらった。特に異状なし。
Dscf2022Dscf2024また同時に、床下の点検も行われ、白蟻とか水漏れとかチェックされたが、いずれも特に異常や修理が必要とかはなかったので、無事終了。
それにしても、家を建ててもう20年が経ったのかと思うと、感慨無量だ。いろいろと不満はあったものの、何とか過ごしてきた。壁紙とかかなり汚れているし(テレビの背面近くは長年ホコリを吸い寄せたせいで黒い)、トイレとか給湯器とか、ある程度の交換も余儀なくされた。
これからも金をかけようと思えば幾らでもかけられるが、必要に迫られない限りはおそらくやらないだろう。今はとりあえず住めれば良いという感じなので。
 
次の点検はもうないだろう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

久し振りで好天なのに不完全燃焼@増沢池

昨日の荒天とは打って変わって、今日は気温も上がるし風も弱いとの予報。これは出掛けない訳にはいかないでしょう。と言う事で、9時過ぎにゴー(オイオイ)。しかぁ~し、途中で腹の具合が・・・。駐車場に着くや否やトイレへ。ついでに橋まで行って池の様子を覗うと、あれれこの陽気でもへら師は数えるほど。日陰側には誰もおらず、日向側にも看板横に1人と、後は整地された辺りに2,3人。遊歩道の外れにも1人。何処にでも入れそうだ。急いで車に戻って荷物を降ろし、外の道路から池に向かう。ダム?の上から、さて何処に入ろうかな。そうだ、行き帰りが近いダム?そばにしよう。最近は翳る時間が遅くなっているので、3時近くまで釣りが出来そうだ。崖?をそろそろと降りて、さあDscf2008準備しよう。変わり映えしないが、竿は15尺で底。餌もいつものバラグルセット。それにしても快適だ。湖面は凪いでいるし、暖かい。防寒ウェアを1枚減らしてきて正解だった。さて、底も取れ、開始は9時50分。何とか昼頃までに底を終え、あとは宙で2時くらいまでの予定。すると、何と第2投からウキが返すではないか。これは?まさかへらがウキを動かす筈もないので、餌付けに問題があるのか。しかぁ~し、餌付けをしっかりしても同じ。これはひょっとして・・・。その後、1回あたりらしき動きがあったが、カラ。なんだろう、やっぱりへらかな。すると、10時を過ぎてしばらくして、餌を切ろうとして空合わせしたら、何とかかってます!絶対にあたりは見なかったので、きっと合わせた瞬間にDscf2009食ってきたのだろうと勝手な解釈(居食いかも)。ま、いずれにせよカウントだ(オイオイPART2)。が、その後は強弱はあるもののウキの返しが続くが、あたりにはならない。なかなか痺れる。こんな日こそ段底なのかも。それでも10時半近くになって竿を引いて誘いをかけたら、ズルッとウキDscf2010が入った。これはマズイと思いながらも合わせれば、やった口にかかってました!底は意外と高活性なのか。10時半を過ぎる頃から風・波が断続的に出始めるが、長くは続かないので相変わらず気持ち良く釣りを続行。へら師もポツポツやって来た。さて、最初に比べてウキの馴染みが少なくなってきた気がしたので、10時半を過ぎて底を取り直す。ウキのトップ1目盛を出すよう何度も竿を引いたりして、大体こんなものかと仕掛けを上げようとしたら、何とかかっDscf2011てましたPART2!確かに空鈎とはいえ、グルテンが少しこびりついていたかもしれないが、そんなものを食うとは。まさにトホホだが、もちろんカウント(オイオイPART3)。まあ、底が取れたのは間違いないので、餌落ち目盛をセットして再開だ。すると、ウキが馴染んですぐに1目盛返し、そDscf2012Dscf2013してチクッと入ったではないか!これは素晴らしいあたりと合わせれば、やったかかりました!いやぁ、何かしてみるもんだなぁ。急いで第2投。すると、何と再び馴染んですぐの返しからチクッというあたり!底取りから見れば3連荘だ。一体どうしてとは思うが、開始1時間で第2目標クリア。写真では分かりにくいかもしれないが、いずれも30cmくらいある。こんな素晴らしい結果オーライなら、もちろんノー・プロブレムだ(オイオイPART4)。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、11時を過ぎる頃から再びあたりが出なくなる。ウキの返しは強弱はあっても出ているのだが、如何せんあたらない。両グルテンでも同じ。よし、ここは両バラケ(良く練って両ダンゴ)で打ってみよう。が、結果は同じ。ウキはほぼ餌落ちまで返したので、試しに誘ってみたら、ズルッとDscf2014ウキが入り、これに合わせればやったかかりましたよ!これは良く引く。良く引くが、引きが何となく違う感じ。上がってきたのを見ると、これはマブナライクかな。でも大きいので、一応採寸してみよう。すると、体高といいメタボ具合といい、サイズも38cmあるし、何となくへらに見えてきたぞ。でも、ここは最初の勘を信じてマー君と言う事で、カウントの対象外(勿体無い~)。そんな余裕をぶっこいていた私だったが、ウキの動きはどんどん弱くなる。11時半を過ぎた。カラが数回出た気がするが、果たしてあたりだったのかは不明。それくらいウキが動かないのだ。それで、放置Dscf2015プレイ。すると、返したウキがモゾッという動き!どうせ食わないにしても、とりあえず合わせようと反射的に腕が動く。すると、やったかかりましたよ!5匹目から1時間近く経っているので、嬉しいの一語。しかぁ~し、そこからは再びシーンの連続。12時のサイレンが鳴っても状況に変わりはなく、結局12時20分に餌が尽きるまでノーあたりで底は終了だ。結果、底では実釣Dscf20172時間半で6匹。カラツン数回擦れなしバラシなしマー君?1匹となかなか良い感じだが、あのウキの動きなら、倍以上釣ってもおかしくない。これが私のアームとは分かっていても、何故か寂しさが募る。さあ、気分を変えて次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食だ。そして13尺を出し、餌を作る。バラケは残った餌のバーゲンセールも兼ねて、GTS:ペレ道:マッハ:水を1:1:2:1。食わせは「玉」。さて、今日は宙のウキを変える。今まではトップが太くてバラケを付けても2目盛程度しか馴染まず、あたりを拾えていなかったかもしれないという反省から、チョーチン用に買った記憶がある、細く長いトップのものを採用だ。餌落ちから、「玉」を付けた場合、バラケを付けた場合の馴染み具合を予め確認しておいて、「たな」1本半での再開は12時40分。うん、ウキが馴染んでからバラケが抜ける様子が今までより明確に分かるぞ。あとはあたりが出るかどうかだ。すると、数投でウキに動きが。バラケが抜けたあとにモヤッという感じで、何となくあたっているのかなと合わせるDscf2018が、手応えナシ。それでも、バラケが抜けたあとのチクッというあたりでやった早くも1匹目!ウキを変えたおかげかな。すると、次の餌打ちではズルッとウキが入り、これに合わせればかかりました!こちらも底同様連荘かな?しかぁ~し、胸びれに擦れ。ガクガクッ。でも、まだ1時前。この調子なら宙こそ爆釣だ。しかぁ~し、何故かその後はウキの動きが弱くなって、バラケが抜けてからの動きに全く合わず、バラケの量とか抜け具合を調整してみるが、どんどんウキが動かなくなって早開始1時間近く(ゲゲッ!)。こんな筈ではなかったと「たな」を1本に変えるが、今日はいつもと違って状況に何ら変わりナシ。すぐさま1本半にDscf2020戻す。すると、ウキが返した後の空合わせで、またもかかってますPART3!これは嬉しいやらガクガクッやら。でもカウント(オイオイPART5)。更に次の餌打ちでも、ズバッというあたり!待ってましたと合わせるが、バラシ。何故か急にウキの動きが良くなって、今度こそ爆釣かと思ったが、じきにシーン。ハリス段差を変えるつもりはないので、バラケで調整するしかなさそうだが、私のアームではどうにもならず、再び「たな」を1本から更に浅くしてみるが、バラケが抜けるのが早くなるのは何故か?へらがつついているのか?だがあたりは出ないまま、2時を過ぎた。そろそろ太陽の位置が悪くなり、ダム?から翳ってくるが、太陽の高度のおかげでまだ日が当たっているのが嬉しい。さあ、ラストスパートと行こう。Dscf2021「たな」を1本半に戻す。しかぁ~し、2時半頃になってようやくウキが動き出したものの、結果には至らず2時50分にバラケが尽きて無念の終了。私の釣り座も完全に翳ったので、ちょうど良いタイミングだったのかも。結果、宙では実釣2時間10分で2匹。カラツン数回バラシ1回擦れ1匹。トータルでは実釣4時間40分で8匹。数字的には満足すべきなのだろうが、どうにも不完全燃焼の気分を拭い去れない(特に宙で)。片付け。すると、まるで時間を合わせるかのように、他のへら師も終了。遊歩道から先はまだ日が当たっているにも拘らず、だ。皆さん釣れたのかな?私から一番良く見える遊歩道端の人は竿が曲がっていたようだが。片付けを終え、崖?を上る。腰が痛い。釣っている時の姿勢が悪いのは承知だが、それ以上にメタボが大きな要因だろう。途中何度となく腰を伸ばしながら、外の道路から駐車場に戻る。さあ、次はこれも久し振りのベイシア。さっさと荷物を積み込み、いそいそと池を後にした。
 
明日は雨の予報。明後日は?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (14)

2013年2月12日 (火)

藤栄堂のロールケーキ

今日は予報どおり穏やかな朝だったが、やはりグズグズしているうちに昼。明日は雨は上がるようだが、強風で竿を出せそうにない。
Dscf2007と言う事で(どんな事だ?)、家でぬくぬく。昨日買ってきた藤栄堂のロールケーキを食べる。いつもながら美味い。写真を載せようと思ったが、既に食べた後なので、とりあえず箱だけ。詳しくは藤栄堂のHPでご確認のほどを。
 
豆台風一過で急に静かになった
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年2月11日 (月)

お墓参り

今日はお墓参り。しかぁ~し、11時頃に寺に着いたら、何と駐車場は満杯で、道にも駐車してあるではないか。今日はそんなに法事が多いのか、それとも墓参り?
P1000400P1000396いや、門に「稲荷楽市」と書かれている。そんな催しに当たった事がないので驚いたが、境内は人だかり。露店も出ていて、昔懐かしいポン菓子の機械もあったりして。奥にはP1000399P1000395ストリートパフォーマーか?お寺も様変わりしたものだと感心しながら無事に墓参りを済ませたのだった。
 
相変わらず寒い日が続く
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年2月10日 (日)

館山寺ロープウェイとオルゴールミュージアム

何年かぶりに館山寺のロープウェイに乗った。
3連休だし、きっと混んでいるに違いないと思いながらも館山寺街道に出れば、案の定車は数珠繋ぎ。が、車のほとんどは途中のイチゴ狩りに吸い込まれていったので、割と楽にロープウェイの駐車場に着く事が出来た。更に、満車で入れないと思ったら、ちょうど1台が出るところ。ラッキー!
Dscf2001Dscf1970ロープウェイは10分間隔で運行しているので、そんなに待たずに乗る事が出来た。すぐ近くではパルパルの乗り物で悲鳴やら大きな声が聞こえてきて、楽しそうだ。定刻になDscf1973Dscf1975り、出発。四方の見晴らしが良いので、なかなかスリルがある。約4分でオルゴールミュージアムに到着。これも時間が良かったのか、入館するとすぐに大きなオルゴールの演奏を観る事が出来た。昔は約2km先まで届いたという音量に圧倒されながらも、5分ほどの演奏を堪能した。
Dscf1984その後、館内を一巡してから、屋上の展望台に出る。風が強くて吹き飛ばされそうになりながら、360度のパノラマを楽しんだ。富士山とアクトも見えましたが、方向が悪くて写真には写っていません。悪しからず。
Dscf1988Dscf1989Dscf1990帰りもそんなに待たずに乗る事が出来、無事到着。相変わらずパルパルからは楽しそうな悲鳴が聞こえてくる。
Dscf1997Dscf1999ちょうど昼頃と言うこともあって、帰りの館山寺街道はスムーズに流れたが、何とイチゴ狩りはもう終了しているではないか。あまりの人出に今日の分は食べ尽くされたのだろう。そのまま車は自宅へと走った(何のこっちゃ!)。
 
寒さもほどほどで楽しめた
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

2013年2月 9日 (土)

四ツ池で岡ジャミ with masaさん、「杉ちゃん」さん、バンビさん and ひげさんご夫妻

家人を送るついでに、自虐的へら師の面々が竿を出しているであろう四ツ池に寄る事にする。時刻は9時半近いので、狭い駐車場に空きがあるのか心配だったが、奥の方に数台分が空いていたのでまずはホッ。池には既に多くのへら師。私から見て対面、流れP1000389P1000390込みの右の堰堤にいるお二人がどうやらmasaさんと「杉ちゃん」さんのようだ。池を半周すると、平地で準備中のバンビさんハケーン!今日も長距離を走ってきた様子。お疲れP1000393P1000392様です。ひげさんご夫妻はまだのようなので、しばらく岡ジャミとなって皆さんの邪魔をする。この寒さで結構渋い様子だが、それでも私が見ている間に「杉ちゃん」さんが竿を曲げる。その後ウドンセットについて講義を受け、何となく分かったような気になった私だP1000394が、果たして実践出来るかは不明(何と言ってもアームが・・・)。10時を過ぎてひげさんご夫妻が到着。バンビさんと並んで竿を出す事になったが、私も11時までには帰らないといけないので、後ろ髪を引かれながらもお暇することにした。寒いですが、皆さん頑張ってください。
 
今のところ、明日も竿を出せそうにない
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

今年の新年会

注)酔いのせいかアームのせいか、写真がほぼスイートピントになっています。拡大しなければ何とか見られるので、ご了承のほど宜しく根。
 
諸事情により2月になった自虐的へら師の新年会が、昨晩例年通り「濱作」で行われた。
真冬に戻ったような寒さの中、定刻の6時から約30分遅れで開始されたこの会、ヘラブナ釣りに一言ある人達ばかりで話が盛り上がる。都合により残念ながら出席出来なかった方々、来年は是非ともご参加のほど宜しくお願いします。
Dscf1951Dscf1952Dscf1953Dscf1954忘年会の際には食べるのに夢中になって写真を撮り忘れた苦い思い出があるので、今回こそはと張り切っていたのだが、目の前の食べ物には相変わらず弱い私、今回も最初こそバッチリ撮ったものの、次の料理からはど忘れで全滅のトホホ状態。こんなんなりましたけど(古~っ!)。
Dscf1950Dscf1955座が暖まったところで、バット会長より去年度の表彰が行われた。毎回ありがとうございます。私もデブ症ならぬ「出不賞」を頂いた。
Dscf1956Dscf1957Dscf1962Dscf1963Docu0010Dscf1960また、何と当日(時刻は失念!)に絞ったばかりの新酒(純米大吟醸)をお店の厚意でいただける事になり、鉛の舌の持ち主である私にもその新鮮さが感じられた。これは滅多にない経験でした。お店のご主人、ありがとうございます。
Dscf1965さて、楽しかった宴もお開きとなり、例年はそのまま散会となるのだが、今年は勢いでカラオケの2次会。残念ながらザわさんはお帰りになったが、その後日付が変わる頃までカラオケは大盛り上がり。私も久し振りに大きな声(怒鳴り声ではありません)が出せてストレスも解消だ?皆さんスッキリして解散。
Dscf1966Dscf1967とりあえず写真だけ整理したものの、さすがに眠いので更新は翌日(あっ、当日になっていた)にしよう。皆さんは明日四ツ池で竿を出すようなので、私も岡ジャミくらいは出来るかも。さあ、寝よう!
 
ヘパが効いたのか、今朝はスッキリとした目覚め
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年2月 8日 (金)

凄い風が吹いている

今夜は楽しみにしていた飲み会。しかぁ~し、わけあって我が家は季節外れの大掃除。コタツ布団を外で干そうかと思ったら、凄い風でビックリ(干しましたけど)。
この風が花粉を運んだのか、バットさんのセンサーが早くも反応したようだ。私もかつて鼻詰まりに悩んでいた時期があった(結局点鼻薬の点し過ぎによるものだったが)ので、その辛さは身に沁みて分かるつもり。何よりアルコールが入ると悪化してしまうので、今夜はバットさんにとって厳しい夜になるのでは。
また、今日有休を取って何処かで竿を出しているパラソルさん、竿が振れてますか?今はありえませんが、昔は雨風に関係なく竿を出していた時期があった私。頑張ってくださいとエールを送ろう。
さあ、こちらも張り切ってあと少し。今夜は美味い酒に浸ろう(そんなに呑めませんが)。
 
体中がきしむのは運動不足のせい?
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (7)

2013年2月 5日 (火)

ああ、今日もまたダメだ

予報によると、今日も穏やかな天気らしい。そこで、出掛けようとは思ったのだが、何の事はない今こうして家に居る。
先日の浜北新池でもそこそこ楽しめたのに、何故こんな良い天気でも二の足を踏んでしまうのだろう。一旦着替えて外に出てしまえば問題ないのだが、実はそこに至るまでが大変なのだ(ちょっと大袈裟だけど)。
今週末の飲み会までそうはならないと思うが、無気力から抜け出せない自分が少し腹立たしくもなる。
 
昨夜の釣り番組は面白かった
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (13)

2013年2月 3日 (日)

結果は出なかったが、そこそこ楽しめた@浜北新池

今日は予報どおりの好天だが、いつものようにグズグズしていたら、あっという間に10時。これはマズイと言う事で、遅まきながら出掛けましょう。何とか11時に開始出来ればなぁと思いつつも、池に着いたのは10時半を遥かに過ぎている。意外と風があってDscf1943やや寒いが、この程度は我慢我慢。驚いたのは水が澄んでいる事。しかも水位がかなり下がっている感じ。ウキが遠くなりそうだ。急いで準備しよう。竿は15尺で、餌は相変わらずのバラグルセット。水深が浅いうえに風が強くてなかなか底が取れない。適当なところで妥協(オイオイ)し、開始は11時21分。すると、数投後からウキが餌落ちあたりまで返しては馴染む、を繰り返すように見えるようになった。波ではっきりしないが、何だかシモりと底をなぞっているようで、まさかへらが来ているとは思いも寄らなかったが、開始20分経たないうちに、馴染んだウキがズルッと入った気がして合わせると、一瞬何か手応えがあったものの、バラシ。小さな鱗が付いてきた。これはやる気が出ますよ。水は冷たいが、そろそろ春になるのかな。これは絶対釣れる。しかぁ~し、その後もウキはモヤモヤするがあたりにはならず、12時のサイレン。この池では12時頃が一番ウキが動くので、これからは気を抜いてはいけない。すると、じきに馴染んだウキが返しDscf1944た後にグッと入った気がして合わせると、やったかかりました!が、思いのほか良く引く。バラシてはなるものかと懸命に寄せれば、途中であれれ?サイズは30cmあるものの、残念マー君だった。通りで良く引いた訳だ。今年この池で初めての獲物がマー君だったのは残念だが、とりあえずあたりを見たのは嬉しいの一語。何だか急にワクワクして来たぞ。写真はいつもより少しだけ大きくなっていますが、何か。さあ、どんどん行こう。すると、次の餌打ちでもウキが餌落ち付近まで返したDscf1945後にチクッと入り、これに合わせればやった連荘でしょう(オイオイPART2)!ん、これも引きがおかしいぞ。ゲゲッ、へらには違いないが、向きが変だ。う~ん、残念PART2、尻びれの付け根辺りに擦れている。サイズ的には35cmくらいあるが、これは痛恨の極みだなぁ。でも、まだ時合は続いている筈なので、どんどん行かなくては。しかぁ~し、その後次第にウキの動きがなくなる。こんな小さな池、へらは絶対餌の近くにいる筈だ。と言う事で、12時半を過ぎて、湖面が凪いだ頃を見計らって再度底取り。だが、状況は変わらず。そろそろ1時。すると、しっかり馴染んDscf1946だウキがグッと1目盛近く入り、これに合わせればやったかかりました!今度こそへらの顔を拝めるに違いない。しかぁ~し、しかぁ~し、またもマー君が顔を出した。今度はさすがにガクガクッ。う~ん、残念。でも、マー君、へら(擦れだけど)、マー君と来れば、次はへらでしょう。気を落とさずに続行だ。が、その後もウキの動きは回復せず、1回カラツンが出ただけで時間だけが過ぎる展開に。そして1時50分に餌が尽き、虚しく終了だ。結果、実釣2時間半で凸。返す返すも擦れの1匹が恨めしい。片付け。ゲゲッ、さっきまで吹いていた風がピッタリ止んだではないか。おDscf1947まけにポカポカ陽気とくれば、これは続行もあり得るか?いや、ここは片付けだ(頑なだけが取り得か?)。今日は果たしてウキが動くか不安だったが、それは杞憂だった。あわよくばへらをゲットしたかったが、擦れとはいえ顔を拝めた事だし、マー君にもお出ましいただいたので、今年初めての浜北新池はまあまあの釣りだったと言えるのではないだろうか。片付けを終え、車に戻る。そうそう、買ってきた昼食を食べるのを忘れていた。車中で遅い昼食。大楽地に集まった面々はどうだったかな。今日はベイシアには寄らず、一目散に家路に着いた。
 
独り言のオンパレードでも苦情はナシ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年2月 2日 (土)

2月4日の深夜に

いつもバットさんに教えてもらうので、今回は私が。
2月4日深夜11時半から、BS日テレの「夢釣行~一魚一会~」という番組でヘラブナ釣りが放送される。
出演は伊藤さとしさんらしいが、予約をしたら番組内容が見られなくなってしまった。一旦予約を解除すればよいのだろうが、面倒なのでそのまま。
でも、ヘラブナ釣りは間違いないので、今のうちにご予約を。
 
HPにも詳細は出ていなかった。
 
30分で何をどれくらい伝える事が出来るのか見もの
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »