« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

見学に行ったつもりがいつの間に@増沢池 放流協賛釣り大会

Dscf2238昨夜は寝過ごして参加出来なかった前夜祭は盛り上がりを見せたようだ()。グッスリ寝て体の不調も取れたと言いたいが、実際はまだだるいまま今日を迎えた。
予報が終日曇りとあったので、家族連れが繰り出す前に出掛けようと、8時過ぎに家を出る。駐車場に着くと、今日の大会参加者の車で空きスペースがないくらい埋まっている。幸い空いているところがあったので、さっさと停めてまずは大会本部に向かう。masaさんがいる筈なので、寄付を渡すつもり。が、残念いなかったので、留守番の人に渡し、ザわさんからのメールにあった、日陰側橋の下(した)に向かう。
足元がぬかるんでいて危ないので、充分注意しながら降りると、いましたザわさん。6時Dscf2236半過ぎに来て参加したらしい。あっ、右にはUさんではないか。お二人に挨拶。参加者は60人以上。ジャカゴ付近から深場ダム?付近まで日向日陰問わずビッシリと参加者。対面看板横の右端にバットさん、橋の下(しも)整地された辺りにひげさんご夫妻と「杉ちゃん」さん、そして私のずっと右にはバンビさんが入っていて、バットさんが出だしDscf2237順調との事。これからグルッと池を廻ろうかと思っていると、ザわさんから竿を出すよう迫られる。いつもなら断固として断るのだが、橋の下付近は人が少なく空いているので邪魔にはならないだろうし、両側も知った人なので気が緩んだのか、ただのへら師として竿を出そうかなと通常では考えられない判断。車に戻って荷物を降ろし、再び橋の下(した)へ。ザわさんとUさんの間に入れさせてもらう事にする。さあ準備しよう。
竿はどれくらいが妥当なのか分からないので、とりあえずザわさんに倣って13尺だ。湖面が凪いでいるので細いトップのウキを採用。餌は相も変わらずのバラグルセット。底を取り、開始は9時20分頃(失念してしまった!)。すると、そのタイミングで風・波が(これは間違いない)。そしてすぐに根掛かり発生。ウキの視認性が悪いのと根掛かりが大嫌いな私はいきなりのトーンダウン。ザわさんに言われて釣り座を少し左に移動するが、そこでもまた根掛かり。ただ、微妙に打つ場所で掛かったり掛からなかったりするので、我慢して続行。すると、最早外れない根掛かり!根性で引っ張ったら、大きな木の枝が上がって来た。これが根掛かりの元だったのかな。昨日に続いて掃除係か。でも、それをどけた後は根掛かりがなくなったので、釣り上げて良かったなぁ。
さあ、あとは釣るだけ。しかぁ~し、いつもより数倍のへら師が入った池では、そんなに簡単にあたりなど出る訳もない。開始したばかりの6時頃には皆さん竿が曲がったようだが、それが一段落してからは釣れる人釣れない人に分かれたようだ。もちろん後から来た私は釣れない人。餌打ちマシンとして黙々と仕事をこなす。Uさんは既にフラシを下ろしているが、ザわさんは竿が曲がっていないとの事。しかぁ~し、私が来てすぐに竿が曲がった!が外れた・・・。でもウキは動いているようで、シーンとしている私とは段違いだ。
ほぼ1時間打ち続けるが、ウキの返しで何かしらいるような気配を感じる。更に餌打ち続行。すると、両グルテンで放置していたら、餌落ち付近まで返したウキがチクッと入った?慌てて合わせるがカラ。今日初めてのあたりに興奮するが、凸である事に変わりはない。いつ頃からか雨が断続的に降り続き、橋の下(した)とはいえ濡れては困るので、傘をセット。しばらくすると、またも両グルテンで小さなあたり!しかぁ~し、再びのカラ。masaさんが様子を見に来てくれ、話し込んでいたら、masaさんの方を向いた瞬間に今日一番のあたり!指摘されてウキを見たときには、既にウキが返すところ。ガクガクッ。どうやらこれで今日の釣りは終わりか。
11時を過ぎ、ほぼ2時間が経過。何だか時合なのかウキの動きが良くなった気がしてきた。が、もうグルテンが尽きる。さあ次はどうしようかな。ザわさんからは終わりたいとの言葉が洩れてくるが、最後までやりましょうと立場が逆転?と、ここで返したウキがまDscf2239たもチクッと入った。やったと合わせればかかりましたよ!これは嬉しい。サイズ的にはこんなもの(放流)でも、混雑する中での1匹は格別の嬉しさだ。さあどんどんと言いたいところだが、グルテンが尽きた。そこで、「玉」を食わせにやってみると、第1投であたり!そしてかかりました!これは時合以外の何Dscf2240者でもないでしょう。すると、ザわざんにも待望の1匹目!これで二人とも気が楽になったのは間違いないところ。が、私はバラケも終わって終了だ。大体2時間半くらいやったのかな。2匹もゲット出来れば御の字だろう(もちろん私にとって、だが)。さあ次は宙。と、その前に時刻も時刻なので昼食だ。竿は11尺を出そうかと思ったが、宙の仕掛けがない。現場施工もあるが、今日はやりたくないのでDscf224112尺に変更。餌はこんな日でも使いかけのバーゲンセールでGTS:ペレ道:マッハのバラケに「玉」。「たな」1本弱(少しでも深くすると底に着いてしまいそう)での再開は12時15分頃か。何故かひげさんご夫妻が雨の中突然終了した。何があったのかな。さて、餌打ち開始して2投目を打ってからボウルの水を替えていたら、いきなりズバッとウキが消し込んだではないか!竿から手が離れていたので、慌てて握って合わせたものの、カラ。ガクガクッPART2。これは釣れそう、といつもと違う展開に餌打ちのリズムも狂ってしまい、しばらくはウキがモヤモヤしたり小さく入ったりしていたものの、次第にウキが動かなくなってしまう。再びの餌打ちマシン化。が、1時を過ぎてバラケを小さく付けたところ、ウキの動きが良くなった気がして、やる気復活。これが今日のゴールデンタイム?そして小さく入るあたりに合わせるが、連続してのバラシ。食っていないんだろうDscf2242なぁ。でも、そのうちきっと釣れるだろうと、根拠のない予感。すると、それが当たってズバッというあたりで1匹目ゲットは1時半近く。ちょうど岡ジャミに来たパラソルさんがバンビさんの様子を見に行ったタイミングでゲットだ。その後ウキが立ってすぐにズルズル入るあたりでまたもバラシたが、ウキ下を詰めてバラDscf2243ケが抜けてしばらく待っていたら、再度のズバッ!で2匹目。あと15分くらいで2時になるから、どうやらこれが「上がりべら」かな。ただ、せっかく第2目標にリーチとなったので、何とかもう1匹。すると、同じようなバラケが抜けてからしばらくしてからのズバッ!でやったこれが本当の「上がりべら」ゲットだ!第2目Dscf2244標のクリアというおまけまで付いて、言う事なし。バラケが尽きたのが大会終了のタイミングとも合って、ザわさんと一緒に片付け。雨も上がったようだ。検量タイムとなったが、フラシのないザわさんとただのへら師である私はアウト・オブ・ザ・蚊帳。Uさんの右隣にいたIさんが午後になって良いペースとなり、終了近くDscf2245になって尺以上をバタバタと釣って6キロオーバーとなり、日陰側トップとなったのには驚いた。何事にもネヴァー・ギヴアップの精神が重要だ。
片付けを終え、車に戻って荷物を積み込んでから、結果の集計を待つ間に大会本部の脇で小山圭造さんによる餌教室が開講。メインは近日発売の新製品「凄麩」の宣伝だが、やはり飾らない口調で訥々と話す小山さんは素晴らしいの一語。作った餌を触らせてもらったが、分かったのは省資源釣法ではDscf2248なく、やはりある程度の量を作らないとダメだと言う事。新製品発売のキャンペーンで、これを買うと計量カップがもらえるので、1回くらいは買おうかな(オイオイ)。
餌教室が終わり、結果発表と表彰式。優勝はジャカゴで12キロオーバーを釣ったじゃがにぃさんだった。後で訊いたら、感心したのは私が先日根掛かりで失敗したのと同じ9尺で、根の手前に打って釣った事。41cmと大物賞までゲットしたのには、それ以外にも相応のご苦労があったのも参考になった。そうそう、バットさんが4キロオーバーで20位以内に入ったのも素晴らしい。これからは自虐的へら師転じてトーナメンターか?ただのへら師だった私も、おまけで何かを頂いた。ありがたい事Dscf2251です。
最後に小山さんに頼んで一緒の写真を撮らせてもらった。これは一生の宝物。あまり固くならないようにとアドバイスを貰ったが、その後のバットさんとのツーショットは、バットさんが気を抜き過ぎ!そちらの写真はバットさんのブログでご確認ください(載せないかも?)。今日の大会については、明日の中日新聞に載るようだ。
さあ、帰って荷物を干さないと。さっさと池を後にした。
 
小山さんにはまた増沢に来ていただきたいものだ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (17)

2013年3月30日 (土)

釣れないのは天気と場所のせいにしておこう@増沢池 with 小山圭造さん、masaさん、ひげさんご夫妻 and 「杉ちゃん」さん?

今日は小山圭造さんが来浜して増沢で竿を出すというので、是非とも見学したい。家人を送るついでに増沢へゴー!9時半頃駐車場に着くと、好天に誘われたのかほぼ満車状態だ。たまたま空いていた場所に停め、様子を見ずに荷物を降ろして橋を渡る。へら師は万遍なく入っているが、対面階段下付近は空いているので、そこに入るべく階段を下りる。あれっ、整地された辺りに入っているのはひげさんご夫妻では?その横に岡ジャミの「杉ちゃん」さん。まずは挨拶。すると、対面整地された辺りに小山さんが入っているので、そちらに行けばと「杉ちゃん」さんが私の荷物を持ってさっさと向かう。ここまで来るのにかなり疲れたのに、もう一度対面に行くのかぁ。よぼよぼと橋を渡り、小山さDscf2232んと先客に挨拶して日陰側深場の整地された辺り、塩ビ管のそばに入る。すると底をやれとの「杉ちゃん」さんの指示。ここに入った記憶はないので、底の状態が不安だが11尺を出す。餌はいつものバラグルセット。結構波が出ているので、細いトップではおそらく見えないと、今日は太いトップに決定。でも後で考えたら、水深があるのでウキは手前になる。細くても良かったのではと早くもタDscf2233ラ・レバ。「杉ちゃん」さんに横を向いてもらってチョコチョコと底取りし、開始は10時23分。しばらくしてmasaさんが私と小山さんの間に入った。私以外は皆さん宙のようだ。孤軍奮闘となるか?小山さんはテレビで拝見するのと何ら変わらない穏やかな語り口。有名人でも奢る事がない姿勢に感銘。明日の餌教室のための釣りをしている様子。さあ、私もバンバン釣るぞ!と思ったら、予想以上にウキが動かないし、流されてしまう。そしてシモり。宙でも同じようだが、さわりは出ているらしい。私の右に入っている人が宙でポツポツと竿を曲げていて、相当なプレッシャー。まあ、底と宙では違うからと早くも言い訳全開の私。それでもしばらくすると、馴染んだウキが返すようになる。時折フワッと返す事も。何かいそうな感じ。でも、そこから再度馴染むと、それでジ・エンド。そして左に流されてシモッた後は根掛かりのワンパターン。そのまま時間だけが過ぎる展開となって、これはおそらく凸の予兆では?着いた頃は出ていた汗も、予想以上にPART2冷たい風で却って寒さを呼んで来る。本当に寒い。日向側に入るつもりで薄着で来たのが裏飯屋。皆さんそれなりの装いなので、私1人だけが震えながらの餌打ち。気がつけば「杉ちゃん」さんの姿がない。ベイシアにカレーを買いに行ったのかな。開始1時間が経っても何ら状況は変わらず、間違いなく凸まっしぐらだ。ひょっとしてあたりが出ているのかもしれないが、太いトップには表れないのかな。ウキの返しが出ているだけに、悔しDscf2234かぁ。が、ウキが馴染み切る寸前にスッと入るのが目に映り、反射的に合わせるとやったかかりました!今日初めてウキが下方向に入った。私が気付いたあたりらしきウキの動きは後にも先にもこれ1回のみ。あたりを取る確率100%だ。サイズは尺ないものの、好型。やったぁ、これで帰れるぞ。小山さんと○キューの人は竿が曲がりだしたが、masaさんはウキは動いているものの釣果に結びつかないようだ。池全体でもかなり渋いのは間違いなく、明日の大会は多くの人が凸になりそうな気がするのは私だけだろうか。ひげさんは底で結果を出しているようだが、私にしてみれば暖かそうなのが裏山鹿~。さて、その後もウキの動きに変わりはなく、返しの後はシーン。もちろんウキ下の微調整やら餌付けやら気を配っているつもりだが、残念ながら効果があるようには思えない。タラ・レバを繰り返すようだが、細いトップのウキの方が良かったのでは(オイオイ)?12時を過ぎても何も変わらず、寒さで既にやる気がなくなっている。買ってきた昼食に手をつける気も起こらず、早く餌を打ち切って終わろうとは、最近の決まり文句か。グルテンが尽きたので両ダンゴもどきで続行するものの、虚しく12時40分頃に終了。結果、実釣2時間20分弱で1匹。釣果より寒いのが堪Dscf2235えた。片付け。ひげさんご夫妻に手を振って終了をアピールしたが、気付かれなかった。それだけ釣りに集中しているのか。素晴らしいなぁ。そうそう、「杉ちゃん」さんは一体何処へ?さては言っていたとおり西ノ谷に行ったのかな。片付けを終え、masaさん小山さんそして近くの皆さんに挨拶して駐車場に戻る。うわっ、暖かい!日陰と日向ではこんなに違うのか。やはり最初に決めたとおり日向側でやっていれば、と今日最後のタラ・レバだ。家族連れがドッと訪れたのか、駐車場は満杯で駐車待ちの車がいるくらい。用のない人はさっさとどこう。急いで荷物を積み、池を後にした。
 
明日は皆さん頑張ってください。餌教室は見に行けたら行きます
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2013年3月29日 (金)

再びトイレのリフォームをするのだが:その後

いろいろと書こうと思っていたのだが、今夜○マダの担当の方が菓子折りを持って謝罪に来てくれたので、この件は急遽終わりにする事にした。
怒りに打ち震えながらも振込みを済ませ、あとは工事がしょぼかったらただではおかないと息巻いていたのだが、人の怒りは時間とともに自然と収まるもので、謝罪の言葉を貰ってこれで打ち止めだ。
最後に担当の方が言った、「○マダの事を嫌いにならないでください」は、グッと心に響いた。何処ぞのグループの言葉とは重みが違う。
単純な奴だと言われればそうかもしれないが、私はそういう人間(コンコルゲンではありません)なので、この話はこれ以降話題にしません。もちろん工事の出来不出来については書くつもりだが。
 
いろいろと考える事があった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

再びトイレのリフォームをするのだが

しばらくはリフォームはしまいと思っていたのだが、1階のトイレが不調となって再びリフォームを検討せざるを得なくなった。
前回は2階のトイレを家の近くのホームセンター(ジャンボエンチョー)で行った。その顛末は()のとおり。多少の行き違いはあったが、キチンと(当たり前か)新しいものに交換出来て満足。
その他、エアコン()は椿テレビ、ガスコンロはトーカイ、更に、ここには載せなかったが風呂の混合栓はカーマで行い、いずれも特に問題もなく終わった。
さて、今回はたまたま目に留まった○マダ電機の折り込み広告からスタート。ホームセンターでは大体TOTOかINAXが展示されているのだが、ここでは陶器でないトイレ(PANASONIC アラウーノ)と、専門メーカーJANISのもの(スマートクリン)が載っていた。グッと興味を惹かれ、まずは現物を見に行こうと天竜川近くまで出掛けたのだが、JANISのものはあったものの、肝心のPANASONICのものは展示されていない。寸法はカタログで確認出来るが、やはり現物を見るのは大事だ。とりあえずそこにいた人に少しだけ訊いたが、返事があまり芳しくなく、名刺とカタログだけ貰って帰った。
 
余りに腹が立っているので、少し時間を置いてからでないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

リベンジは果たせず、しかも尻すぼみになって@増沢池

今日は用事で早起き。8時前に家を出る。朝方雨が降ったようだが、予報では曇りとあるので大丈夫。しかぁ~し、出発間際に雨粒がフロントグラスを打つ。ゲゲッ!でも、とりあえず池までは行ってみよう。雨は次第に強くなった気がしてならない。駐車場にはポツポツ車が停まっているが、まずは橋まで行って池の様子を見てみよう。桜はまだ残っていて、花曇りで映えている。あっ、へら師は日陰側深場の流れ込み付近の2人だけだ。車に戻り、どうしようか考える。この程度の雨で帰っては、後でどんなコメントが書かれる事やら(前回はコメントゼロでした)。しばらく車の中で待っていると、8時半を過ぎて小止みになってきた。今しかない、今でしょう!と車から出て荷物を降ろす。ただし行き先はいつもの場所。前回のリベンジとばかり日向側に行けば、雨があったら目も当てらDscf2194_2れない。リベンジはこの次にでも(トホホ)。雨粒は湖面を叩いているが、次第に小さくなってきた。対面に行った方が良かったかと、今日1回目のタラ・レバ。でも、今更と準備開始。竿、仕掛け、餌は前回と同じ。ただ、湖面が凪いでいるので、底取りは慎重に。そして開始は8時57分。あれっ、馴染み幅がおかしいぞ。あれだけ慎重に底を取ったのに。ウキ下を微調整して続行すれば、数投でウキが返す。そしてムズッと押さえるようなあたり?に合わせると、やったかかりました!しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。確かに口にかかっているように見えたが、仕方ない。すると、その後はウキの動きが悪くなる。返す事は返すのだが、そのあとのウキの動きが気分悪いのだ。それでも開始Dscf219530分ほどで1匹目。雨は上がり、対面旧流れ込みに1人入った。今日は余計な事を考えずに、この場所での釣りに専念しよう。そうだ、ハリスが長いので良くないのかも。ちょっと詰めよう。そして再度底取りし、空鈎で打ってみると、ウキが馴染む途中でグッと入った!慌てて合わせるDscf2196と、やったかかりました!あまり喜ばしい事ではないが、今日はカウントさせていただきます。それにしてもパッとしないなぁ。しばらく続けるが、やはりいつもより3目盛くらい餌落ちが違っているのが気になる。これは前回風・波が強かったのでウキを深く馴染ませたからだろう。そこで、オモDscf2197リを少々切って3目盛ほど余計に出す。そして餌落ちの確認に空鈎で打ってみると、またも馴染む途中であたり!これもかかりました!一応3匹目だけど、空鈎にかかる方が多いと言うのはなぁ。しかぁ~し、餌落ちをいじった事で更なる驚きが!何とウキが馴染み難くなったのだ。さっきまでは割とすんなり馴染んだのに、オモリをちょっと切っただけでこうなるとは。更に、馴染む途中でのあたりらしき動き。そしてそして、馴染んだあとのあたりはカラ。そうこうしてDscf2198Dscf2199Dscf2200Dscf2201Dscf2202Dscf2203Dscf2204いるうちに10時。開始1時間が経過。すると、何故かは分からないが、これと思うあたりらしきウキの動きに合わせると、かかるかかる!わずか25分で7匹を追加だ。あっという間の第2、第3目標クリア。この間擦れなし。まさに時合か。その後少し間が空くが、10時半を過ぎて再びの時Dscf2205Dscf2206合?しかぁ~し、2匹を追加した後は目に擦れの連荘!あたりはバッチリでも、こんな連荘に用はない。もう1匹追加するが、次のあたりではまたDscf2209も擦れて最早意気消沈状態。今まで擦れなかったのに、一気に爆発か?10時半頃から風・波が大きくなったので、そのせいかな。開始2時間か経過。しかぁ~し、風・波は出てもまだ時合は続いていた。11時を過ぎてもウキの動きはなくならず、再びあたりに合うようになる(これが不Dscf2211Dscf2212Dscf2213Dscf2214Dscf2215Dscf2216思議)。約20分で6匹を追加だ。中には尺上も出て、11尺でこんなのが釣れるなら言う事なし。しかぁ~し、グルテンが尽きて残ったバラケで両ダンゴにすると、あたりが出てDscf2217も合わなくなる。そして餌が尽きた11時40分までの20分間には1匹も追加出来ず、虚しく終了だ。結果、底では実釣2時間45分で19匹。擦れ3匹カラ多数バラシ数回だった。ちょっと波が出ているので、宙はどうしようかと考えていたら、何故か急に穏やかになった。そこで、予定通り次は宙。竿、仕掛け、餌は前回と同じ。用意までしてから昼食。そして「たな」1本での再開は12時55分。しかぁ~し、餌打ちと同期するように風・波。でも、浅い「たな」だから波があった方が良いかも。すると、じきにウキに動きが。とりあえずは20、そして30を目指そう。しかぁ~し、最初のあたりはバラシ。次のあたりもバラシ。一向にかからない。それでも開Dscf2218始20分くらいで1匹目。やれやれ、トータルで20になったぞ。しかぁ~し、ハリスが絡んだので、下ハリスを替えようと思ったら、上ハリスも切ってしまった。いつもなら癇癪が大爆発だが、底の貯金があるので大丈夫。交換するが、下ハリスが少し長くなってしまった気がする。まあいいや、続行。しかぁ~し、次のあたりでまたもバラシ(ガクガクッ)。すると、そこからウキの動きが一気に悪化。モヤモヤだけであらりらしき動きを出さないのだ。柳の木の奥に入ったへら師は、今度の大会の試釣に来ているようだが、次々とへらを取り込んでいる。素晴Dscf2219らしい。さて、30分くらい餌打ちマシン化していた私だったが、1時近くなって急にあたりが出、そして合うようになる。まだゴールデンタイムには早い気がするが、あたりが出ているうちに釣っておかないと。1時までにもう1匹。すると、何と言う事でしょう!1時を過ぎると連荘に次ぐ連荘!都合Dscf2220Dscf2221Dscf2222Dscf22234連荘はなかなかありません(もちろん私にとって、だが)。尺上も連荘でかかる素晴らしい時間。あの手応え、いいなぁ。特に何かした訳でもなく、ただ時合の為すがままだ。だから、その時合が薄くなってきても、私には為す術がない。その後1時10分から30分までの20分間にもう3匹追Dscf2224Dscf2225Dscf2226加して、宙だけでの第3目標にリーチとなったが、その後はバラケの経時変化なのかあたりが出ない。更にウキが立つや否やズバッと言う消し込みでハリス切れとあっては、完全にアウト。急いでハリス交換し、餌付けやら餌の大きさ等変えてみてもダメ。2時を過ぎ、「お」にご登場願うが、全く状況に変化なし。そのまま2時17分にバラケが尽きてDscf2227セットの宙は終了だ。40分以上数を増やせなかった。完全なる尻すぼみ。結果、実釣2時間20分強で9匹。擦れはなかったが、バラシ連発。尺上も出て、いつもなら充分な結果と言えるのだが、尻すぼみで終わると何故か寂しい。トータルでは実釣5時間強で28匹かぁ、何とか30まで持って行きたいなぁ。よし、ここは続行だ。竿はそのままで下ハリスをカット。餌はGTS:マッハを2:2に水1のバラケとトロロ。特に理由はないが、強いて言えば古いトロロの整理か。バラケは1時間程度で終われるよう少量作る。「たな」もそのままで再開は2時22分。すると、波の中まだへらが残っているのか、ウキはモヤモヤしているように見える。だが、あたりにはならない。と、その前に、トロ掛けのあたりってどんなのだったかな?大きなあたりは分かるけど、小さなあたりにはどんなのがあったのかな?しばらくやっていなかったので、すっかり忘れていた。まあ、それらしいのに合わせていこう。すると、開始しばらくしDscf2228てチクッ?というあたりらしきウキの動き。とりあえず合わせると、やったかかりました!あれっ、バラケを食っている。でもOKOK。やっと30にリーチとなったぞ。しかぁ~し、その後は波のせいもあってかウキの動きが良く見えない。大きなあたりは出ないので、小さなあたりらしきウキの動きを拾いたいのだが、それが分からないのだ。トロロの抜けも良過ぎて(何しろいつ買ったか覚えていない代物)、これであたりが出るのかな(1匹目もバラケに来ているし)。そのまま時間だけが過ぎる展開。やらなければ良かったのかもと、本日何回目かのタラ・レバ。そろそろゴールデンタイムが来ないかな、とあくまで他力本願だ。だが、それも虚しく3時。対面旧流れ込みの人は帰り、ダム?そばに2人が見える。対面はあと看板横に1人だけ。私の左、柳の木の奥の数人(塩ビ管付近まで入っている?)は相変わらず良く竿が曲がっているが、私1人が蚊帳の外状態。いろいろ良くない点があるのDscf2229で、釣れなくて当たり前なのだろう。さっさと餌を打ち切って終わりたい。すると、いきなりズバッというあたり!慌てて合わせるとかかりました!しかもこれは大きいぞ!やった尺上。何にせよトータルで30になった。嬉しかぁ。でも反面何だかなぁと言う感じは否めない。多分ゴールデンタイムのおすそ分けなんだろう。待っていた筈なのに、この気持ちって・・・。餌もそろそろ終わDscf2230るし、さっさと打ち切ろう。すると、湖面が凪いできたせいもあってか、何と最後の1投でも小さくあたり!そしてかかりました!何はともあれ「上がりべら」ゲットだ。時刻は3時23分。結果、トロ掛けもどきでは実釣1時間で3匹。トータルでは実釣6時間強で31匹。久し振りに長時間竿を出したので、疲れた。片付け。今日は対面旧流れ込みに入ってリベンジの予定だったが、弱Dscf2231い雨に対する強い気持ちがなくていつもの場所に。底ではそこそこだったが、宙では良くある尻すぼみで寂しい結果となってしまった。これで今月はもう竿を出す事はない。ただし土曜には小山圭造さんの岡ジャミになるべく増沢には来るつもりだ。一流の人の佇まいを見せていただく。天気が下り坂なのが残念だが、何とか大会当日まで持って欲しいものだ。片付けを終え、駐車場に戻る。気温は上がり、もう初夏の感じ。少し厚着をしてきたので、多分シャツはぐっしょり濡れているだろう。でも、今日も帰りはベイシアだ。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
左腕の感覚が戻ってきたが、肘に疲れが出てきた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水)

酒のビックとシャトレーゼ

今日の朝刊に折り込まれていた「酒のビック」の広告が結構安かったので、10時を過ぎて向かう。勢いでポイントカードも作ってしまい、これからも通わなければならなくなった。リカマンとはうまく使い分けよう。
ついでに今評判の、いなばタイカレー缶詰を買う。1つ105円とお手軽なので。その他テレビの影響で余計な缶詰も少々。酒はポイント5倍の「月光蝶 純米吟醸酒 蝶」。
更に、今日は「シャトレーゼ」の開店日だった。ブルドッグと同じ敷地内にあり、開店日と言う事もあって結構混んでいる。これまで浜北まで行かないと買えなかったので、近くに出来たのは良い事だ。ここでもポイントカードを作成。マズイ、マズイぞ。個人情報がどんどん垂れ流されてしまう。
さて、いよいよ3月も押し迫ってきた。明日は天気も持ちそうなので、何とか出掛けて先日のリベンジといきたいが、果たして。
 
私は酒より甘いものの方が・・・
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年3月26日 (火)

人が入らないのには訳があるのか@増沢池 with Oさん

今日は午後から用事があるので、遅くとも2時半には終わらなければならない。でも、その前に午前中にも用事が。何とかその間を縫って竿が出せないか。時間的にはあまり余裕がないが、10時半頃家を出る。11時から竿を出すとして、約3時間半か。底も宙もというのは無理そうなので、とりあえず底だけやろう。駐車場には既に多くの車があるP1000428が、へら師はそんなになさそうだ。と、私の隣に停まった車から降りてきた人が声をかけてきた。ん、知り合い?あっ、Uさんではないか。仕事の途中らしいが、いつも釣りの格好しか見ていないので、驚き。お堅い仕事をしているようで、それもビックリだ(どうして?)。Uさんはトイレの方に行ったようで、私も荷物を持って橋を渡る。へら師は橋の上(かみ)日向側と橋の下(しも)日陰側に集中。日向側橋の下には誰もいない。常連さんは日陰側整地された辺りか。私は旧流れ込みに入るつもりなので、誰もいないのは好都合。ほぼ満開の桜の写真を撮りながら階段を下りる。あれっ、橋の上(うえ)から見ているより波が大きいぞ。それに時間帯もP1000430あってギラギラ。まあいい、準備しよう。ちょっと迷ったが、先日バンビさんがこの場所で13尺を出していたので、私も。風の向きから今日も左腕での竿振りとする。ウキはトップの細いもので、あたりが割と大きく出るのではと採用。餌は相変わらずのバラグルセット。ウキの視認性が悪く、失敗したかと思いながらも波が少しでも弱まった時に底を取り、開始は11時23分。しかぁ~し、分かってはいたものの波でウキが流され、またシモる。更に馴染みが出ていないようだ。斜めに底を測ったのかな。ウキ下を調整するが、細いトップでもなかなか馴染みが出ない。これは相当だ。しばらく餌打ちしたものの、諦めてウキをトップの太いものに交換(中間の太さがない悲しさよ)。既に30分くらい経過している。終わりが決まっているので、焦る。更に、風の向きが変わると根掛かり。まだ何もしていないうちに12時のサイレンだ。もうトホホ以外の何物でもない。ようやく馴染みを出せて本当の開始となったが、対面ではお昼休みになっている。依然としてこちら側には私1人だけ。誰もいないのには理由があると言う事か。一応昼食を買っては来たが、食べる心の余裕などなく、必死で餌打ち。ウキの視認性の問題は何とか解決したが、動きが悪く、返しているように見えるのも気のせいか。根掛かりも頻発するが、ハリスが切れないのがせめてもの救い。一度だけウキが立って馴染む途中にスッと入ったが、見過ごし。風はたまに止まる時があって、その時だけウキが馴染む途中からさわっているのが分かる。へらはいる。本チャン開始30分くらい経った時、電話。あれっ、対面ワンドにいるのはOさんだった。車は、と訊くと、変えたとの事。今日は底より宙の方が良いらしいが、今更変えられません。凸覚悟で続行だ。すると、1時近くになって返したウキがスッと入るのが見えた気がP1000431して、とりあえず合わせてみると、やったかかりました!最初は根掛かりかと思ったが、ビクビクと動いていて安心だ。最初に餌打ちした11時半近くから、1時間半近くが経過している。さあこれから爆釣なのかなとちょっとだけ期待するが、これがさっぱり。気力は既に飛んでいる。早く餌を打ち切って今日は終わりにし、今月中にあともう1回(30日を除く)竿を出してリベンジしないと。何とか餌を使い切るべくせっせと餌打ちしていたが、1時半を過ぎ、今度は根掛かりで追加したオモリをロスト。最早これまでか。適当にオモリを付けて再開するが、ウキが馴染まない。そうだよP1000432なぁ、こんな適当ダメだ。と、空合わせをしたら、何とかかってました!これで良いのかと思いながらもカウント。でも、カウントそのものも寂しくて寂しくて。2時少し前にようやくの思いで餌を打ち切り、終了。いつもながら風・波が弱くなったと思ったが、そんな事はなかったよバットさん。結果、実釣2時間半(本当は1時間半と言いたい)で2匹。あたりの見逃しは分かっているだけで1回。カラツンも分かっているだけで2回。根掛かり多数だった。片付け。今日はウキの選定もさる事ながら、底P1000433取りのいい加減さに尽きる。終わりが決まっているからと適当にやって、ウキの馴染み具合で微調整とは甘いの一語。最初からキチンと順を追ってやらないと、結局無駄な時間を費やす事になる。ただ、ウキの動きが悪かったのも事実。橋の下(しも)に誰もいなくて貸切かと喜んだのは大間違いだった。次回(今月中)も空いていればここに入り、是非ともリベンジしたいが、返り討ちが関の山か。片付けを終え、Oさんに挨拶して崖?を登る。腰が痛いが、わざわざ外の道路からヒイヒイ言って駐車場に戻る自虐的な私。ダム?の上から桜の写真でも撮って慰めP1000434P1000435にしよう。そうそう、昼飯を食べるのを忘れていた。車中で頂く。2時半になった。さあ帰ろう。トボトボと池を後にした。
 
あと1回竿を出せるか(出す気力があるか)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

時は流れて・・・/風

Docu0026今日は竿を出せなかったが、代わりに注文しておいたCDをセブンイレブンで受け取ってきた。別に買うつもりはなかったのだが、7ネットで見ているうちについ・・・。そして今聴きながらこれを書いている。
こんな事をしていると、今までデッドストック?となって溜まっているCDを聴き終える事が出来ないかも。実はもう1枚、「風」のファーストアルバムを買おうかなと思っているのだが、果たして?
 
今の時期とはちょっと違うが、このCDの中では「暦の上では」が好きだ。アレンジは違うが、ようつべで探したものを載せてみる。下の画面をクリックすると聴けますが、元とはちょっと雰囲気が違うのが残念。


今月中にあと1回
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年3月24日 (日)

増沢に岡ジャミに出掛けたら、意外な人に遭遇@増沢池 with バットさん & バンビさん

Dscf2183今日は午後から用事があるので、竿は出せない(出せると言う人もいるが)。そこで、今日増沢に来ている筈のバットさんにメールすると、看板横に入っていて、バンビさんが対面と言う返事。行けたら行きますと言った手前、行かなくては(別に来なくてもと言う意見も)。
池に着いて、まずは日陰側のバンビさんから見学と行こう。しかぁ~し、橋の上(かみ)とは聞いていたが、奥の奥、かつてOさんも入った事がある辺鄙?な場所にいた。まずは挨拶。すると、そのタイミングで竿が曲がる!セットの宙でやっているが、何故こんな場所をと訊いてみると、煩わしさを避けたいとの事。う~ん、分かりました・・・。さあ、次はバットさん。橋を渡ってまずは桜の状況をDscf2185Dscf2187Dscf2188確認。まだまだだなぁ。今度の週末くらいかな?写真はいまいちだが、状況は分かってもらえると思う(クリックで拡大)。
Dscf2193坂を降り、挨拶。今日は6時半頃からやっていて、竿を替えたりしていろいろと試しているらしい。左隣の人が爆釣のようで、私が見ている間にもダブルを2回。40枚は超えているようだ。
しばらく話していたら、橋の上から私を呼ぶ声が。最初は誰だか分からなかったが、あっ、SB氏ではないか!6年ぶりの再会だ。年賀状のやり取りはしていても、顔を見るのは本当に久し振り。それにしても、何故こんな所で?バットさんにまた宜しくといってその場を離れ、坂を上ってSB氏の元へ。ちょっと老けた感じはあるが(お互い様でしょう)、お元気でなにより。犬の散歩にちょくちょく来ているらしい。積もる話もあったが、奥さんと来ているので長話も出来ず、また今度と言う事になった。
最近は出会う人が少なくなっているので、出会いは本当に大事にしないと。何となく嬉しい気分で家路に着いた。
 
用事も済んだが、今から竿を出す事はない
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年3月23日 (土)

風が強くて閉口。午後から少し穏やかになったが@増沢池 with HRさん

今日は何としても増沢日陰。天気は良い。予報では風が強そうだが、そんな事は言っていられない。9時頃家人を送るついでにゴー!モクレン通りのモクレンはそろそろ散っているが、同じく通りにある桜はまだこれから。駐車場は好天にも拘らず車は少なく、ここでも桜はまだなのかもしれない。さっさと車から荷物を降ろし、通い慣れたいつもの場所Dscf2161に向かう。随分久し振りだ。気温はそこそこ高くなるので、寒くはないと思うが。う~ん、やはり風・波。しかも左から強く吹いているので、ここは久し振りの左腕で竿を振る事にする。この場所から見る桜はチラホラで、満開はもう少し先のような気がする。へら師は橋の下から浅場に固まっているが、ジャカゴには誰もいない。私のブログを見てくれていないのかな。さあ準備しよう。釣り台をセット。万力の位置を間違えないように。竿は11尺。穂先はかつて1回の使用で折れた21尺のもの。果たして問題ないか?餌は相変わらずのバラグルセット。ウキは視認性を考慮して太いトップを採用。餌落ちやら底取りに難儀しながら、開始は9時52分。視認性に問題はないが、どうも底取りが良くないようで、馴染みが思うように出ないし、強い風でシモりも大きい。しかぁ~し、数投でウキが返すではないか。餌の作り方がまずかったかな。いや、これはへらに違いない。でも予想通りあたりは出にくそうだ。10時を過ぎて、ウキが小さく入った気がして合わせるDscf2162と、やったとりあえず1匹出ました!サイズはさておき、日陰でもへらは岸に近付いているんだなぁ。と、ここで考えた。この程度の視認性なら、細いトップでも何とか見えるぞ。それならあたりが大きく出そうな細いトップのものに交換しよう。餌落ちは適当に、底取りはカットして10時半頃再開。しかぁ~し、ウキが軽くて思うように振り込めない。そのうえ馴染みもさっぱり。まさにトホホ。しばらく続けたが、これではダメだ。餌落ちをやや深めにし、底取りもやり直して再開。だが、思うような馴染みにならず、少しずつ微調を繰り返すと、11時を過ぎてDscf2163今日初めてのグーなあたりで2匹目!1匹目からほぼ1時間かかった(さっさとやり直していれば良かったのに)。風・波でシモりがひどく、また上空雲がかかって視認性が一気に悪化。これは辛い。体感温度も来た時より下がった気がする。万が一にとインナーを着てきて良かったぁ。しばらくしてHRさんがやって来て、こちら側橋の上(かみ)浅場に入った。さて、それからもウキは動き、バラシも出ながらポツポツとあたりを拾う事が出来、中には食い上げもあって、何Dscf2164Dscf2165Dscf2166Dscf2167Dscf2168と12時のサイレンまでに5匹を追加。あっという間に第2目標クリアだ。この強風で細いトップの軽いウキは(振込みの難しさもあって)使う予定がなかったが、改めてウキの選択の難しさを痛感した。さて、12時を過ぎてもまだウキはDscf2169Dscf2170動き続け、ポツポツと2匹を追加すれば第3目標にリーチ!他のへら師はさておき、この風・波の中で私にすれば上出来だ。さあ後もう1匹。しかぁ~し、そうは問屋が卸さなかった。残念そのままで餌が尽き、12時37分に終了とDscf2171なった。結果、実釣2時間45分で9匹。充分でしょう。一応昼食は買って来たが、結構体も冷えてきたので、今日はこれまでにしよう。片付け。しかぁ~し、そのタイミングで湖面がやや穏やかになってきた。これは自分中心の見方ではありませんよ。事実です。すると、何故かこのまま帰ってはマズイと思い(きっとコメントであれこれいじられると思ったのだろう)、片付け途中ではあったが急遽続行とする。竿は9尺、餌はバーゲンセールでGTS:ペレ道:マッハをそれぞれ1に水3/4のバラケと「激丸」。この「激丸」はすぐに落ちてしまうので私にとって使いにくい(使いたくない)餌だが、置いておいても何のメリットもないので、早く使い切るための採用だ。急いで昼食を摂り、「たな」1本での再開は12時55分。うわっ、ウキの立つ位置の近い事。これで釣れるのか?しかぁ~し、すぐにウキがモヤモヤ。まさかブルーではないだろうが、何にせよウキが動くという事は嬉しい。しかぁ~し、案の定「激丸」が毎回落ちる。試しにゆっくり仕掛けを上げてみるが、そんなの関係ねぇっ!頭にきDscf2172て1回分を全部捨て、「玉」にご登場いただく。これで精神的に安定したのか、1時を過ぎて小さなあたりで1匹目!へらも小さかったが、ノー・プロブレムだ。その後も大きなあたりは望まず、小さく入るあたりに合わせると、バラシも何回か出たものの2時までに6匹も追加出来、宙でも第2目Dscf2173Dscf2174Dscf2175Dscf2176Dscf2177Dscf2178標クリア!ひょっとして第3目標まで欲張れるかもね。しかぁ~し、2時少し前に今日一番のズバッというあたりで尻びれに擦れると、ウキの動きが一気に悪くなる。モヤモヤもDscf2180Dscf2181少なくなり、何とか2匹を追加したものの第3目標には今一歩届かず、2時40分にバラケが尽きてこちらも無念の終了。ゴールデンタイムには至らなかった。結果、宙では実釣1時間45分で9匹。トータルでは実釣4時間半で18匹。Dscf2182ほとんどが可愛らしい放流だったが、もしこれが動いていなければ、今日は凸必至だっただろう。放流に感謝。片付け。今日はわざわざ日陰に入ってみたが、水温はやや低かったがへらは廻ってくるようで、収穫はあった。さて、それではグーなサイズのへらは何処に潜んでいるのだろう。まだ深場でじっとしているのだろうか。それとも日向でぬくぬくか?今月はあと1回は増沢で竿を出すつもりなので、次回は元に戻って日向深場に入ろうかな。片付けを終え、痛い腰をさすりながら駐車場に戻る。HRさんに挨拶したが、聞こえなかったようだ。この陽気で家族連れが多いのか、朝方よりは混んできた。さっさと帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
まだまだ日陰は寒いぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その3:THE NEW MILES DAVIS QUINTET

Docu0025昨日は午前中竿出しして午後から通院の予定だったが、午後に予定が出来たので午前中の通院となり、竿出しはかなわなかった。
それでは今日はと言うと、言い訳がましいがお彼岸の墓参りとちょっとした用事があって午前中はNG。午後はもう気力が失せてゴロゴロ(ショボーッ!)。
明日は必ず竿を出しますよ(今のところだけど)。風は強そうだが、増沢日陰にでも入ってみるか。結果はさておき、この間亀が出たからビーへーも出るかもね。
 
桜も満開に近くなっているかな?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その2:MILES DAVIS AND HORNS

Docu0024日本不在のWBCは、ドミニカがプエルトリコを3:0で破って初優勝。出来れば日本とドミニカの決勝戦を観たかったと思うのは私だけではないだろう(単なるタラ・レバ)。
さて、今日は雨との予報だったが、見直したら雨はなくなっていた。まあいい、エヴリデイ・アングラーは休日以外に竿を出そう。
と言う事で、パソコンに向かいながらMILESを聴いている。
 
明日は通院日だが、午前中に竿を出そうかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

勇んでジャカゴに入ったものの@増沢池 with 「杉ちゃん」さん & 遠くからちょっとだけバットさん?

いよいよ休竿が明け、待ちに待った竿出し。張り切っていつもより早い8時半頃に家を出る。もちろん行き先は増沢のジャカゴ。駐車場は混んでおらず、さっさと停めて荷物を降ろし、池に向かう。あっ、ジャカゴにはバサーが。でも空いているところはあるから大丈夫。昨日の雨で草が濡れているので、足元に注意しながらジャカゴに入り、バサーに挨Dscf2124Dscf2125拶。9時頃か。突先に入るが、予報通り風が強く、また風の向きが良くない。竿を振り難そうだ。えっと、前回は幾つを出したかな?ブログを見て来なかったので、とりあえず9尺から行くかな。と、ここで「杉ちゃん」さんからメール。沼津に帰る途中に増沢に寄るとの事。ジャカゴで準備中と返信。餌はいつものバラグルセットを作り、それから底取り。しかぁ~し、これが上手くいかない。ウキに馴染みが出ないので、どんどん底が浅くなってしまった。おかしいなぁと思いながら、鈎に付ける粘土を思いっきり大きくしたら、ズブズブと馴染んだ。そんな浮力があるとは思えないが、とりあえずウキをトップの細いものに交換。しばらく底取りをしていて、やっと気付いた。何か草のようなものがあって、その上に鈎が乗っている。まさにトホホだが、更に今度は馴染んだと思ったら根掛り連発で、早くもやる気喪失。バサーは小サイズを1匹ゲットしたようだが、私は遂に場所を移動。バサーに断って近くに寄せてもらうが、何とバサーも根掛りで仕掛けをブレーク。早々にジャカゴを去った。見切りが早いのがバサーだ。軽装備が羨ましい。さて、移動後に底取りをしたら、そこでも同じ根掛り。最早プッツン寸前で、こんな場所に入らなければとタラ・レバ。でも、ここでジャカゴから移動したら、後で何を書かれるか分からないので、ここは何としても釣れなくてもジャカゴで餌を打つぞ!そこで、確か去年バットさんが8尺を出していたなあと竿を7尺にチェンジ。おおっ、今度は根掛りしない。とりあえず第一関門突破だ。後は釣れるか釣れないかだけ。風・波でウキがかなりシモる中、何とか底を取り開始したのは10時8分。ジャカゴに着いてから1時間くらい経っている。餌がカピカピに乾いているので、手水で湿らせながら第1投。と、そこへ「杉ちゃん」さん登場だ。長靴なしでやって来たのには驚きだが、そう言えば昨日の雨にも拘らず、水深がそれほどなかったなぁ。まずは挨拶。手ぶらで来たので、竿を出さないのかと訊いたところ、まずは様子見らしい。ついでに私に底取りのレクチャー。以前言う事をほとんど聞かなかったので、本来はサービスはないのだが、今日は特別と餌落ち目盛のやり方とか底取り、餌打ちからの竿さばきを丁寧に教えてくれた。これでやらなかったら、今度は本当に相手にされなくなってしまうので、素直に従いながら、また底釣りの素朴な疑問をぶつけながら餌打ちすれば、開始10分くらいで「かかってました」(これもトホホだが)!しかぁ~し、最初から擦れ。でも、へらは意外と近くまで寄っている事が分かって、やる気復活Dscf2127(オイオイ)。更に、言われたとおり竿を引いては出す、で今度こそ正真正銘の1匹目ゲットは開始30分くらい経ってから。やったぁ、2週間ぶりの手応えだ。サイズは放流だが、嬉しかぁ。それからもレクチャーを聞きながらポツポツと釣り、「杉ちゃん」さんが道具を取りに駐車場に向かうまでDscf2128Dscf2129Dscf2131Dscf2132の約30分間に擦れを挟みながらも4匹を追加し、早くも第2目標クリア!開始1時間でこの結果。これもレクチャーのおかげです。更に更に、「杉ちゃん」さんが坂を上りかけたところで、今日一番のサイズをゲット!つい大きな声で「尺が出た!」と言ってしまったが、よくよく見たら9寸くらいDscf2133Dscf2134Dscf2135Dscf2136Dscf2137Dscf2138Dscf2139だった。でも、放流でないのも釣れてハッピー。すると、鬼の居ぬ間の洗濯ではないが、「杉ちゃん」さんが道具を持って帰って来るまでの約30分間に7匹をゲットだ!第3目標までクリア出来て、今日はここに入って良かったと、さっきまでのボヤキが嘘のよう。これも全てレクチャーのおかげ。「杉ちゃん」さんは私から2mくらい離れて釣り座を構えた。竿は私と同じ7尺。私Dscf2140Dscf2141の好調?はまだ続いていて、12時のサイレンまでにもう2匹。サイズ的には褒められたものではないが、私にしては上出来と言える。しかぁ~し、Dscf2142好調には必ずアクシデントが付きもの。バッチリのあたりと合わせれば、ドヨーンと上がって来たのはミシシッピ何とやら。思わず腰が落ちた(ガクガクッ)。確かに啓蟄は過ぎたが、亀も元気とはね。こいつには背後の浅場にお帰りいただいた。すると、亀のせいなのかは不明だが、私の好調にも陰りが。あたり自体も少なくなって、あたってもバラシ(カラは殆どない)と、餌が尽きたDscf2143Dscf2144Dscf214512時39分までに3匹の追加に留まった。結果、バラグルセットでは実釣2時間半で17Dscf2146匹と、私にしては好結果となった。いつもならこれで喜んで終わるのだが、今日は「杉ちゃん」さんも来ている事だし、今度は両グルテンでやってみよう。と、その前に昼食。α21とわたグルを半々で作った餌で再開は12時49分。すると、再開第1投であたり!残念カラだったが、両グルでもいけるかも。すると、開始10分経たない1時前に早くも1匹目。更に、1時を過ぎ1匹目から10分Dscf2147Dscf2148Dscf2149Dscf2150経たないうちに3匹を追加して、これは素晴らしい。両グルでも2桁は楽勝だ。しかぁ~し、次のあたりで擦れが出ると、そこからウキの動きがバッタリ。いや、確かにへらはいるようなのだが、ウキの返しは出てもあたりにならない。「杉ちゃん」さんは12時少し前から始めたが、底の状態が良くないようで、ゴミやら根掛りやら。でも、あたりも出してポツポツ。さて、30分ほど餌Dscf2152Dscf2153Dscf2154打ちマシンとなっていた私だが、何故かあたりが復活して、2時までに3匹を追加。ようDscf2155やく第2目標をクリアするが、2時過ぎに「かかってました」でもう1匹追加した後は、再びウキの動きが悪化。しかも、そこからたまに出るあたりが何故かカラばかり。一方「杉ちゃん」さんは餌を作り替えてから調子が上がったのか、竿が良く曲がるようになった。私は結局餌が尽きた2時43Dscf2157分までに1匹も追加出来ず、虚しく終了だ。結果、両グルテンでは実釣2時間で8匹。トータルでは実釣4時間半で25匹。最後が尻すぼみはいつもの事だが、今日はちょっと寂しかった。まだ餌が残っている「杉ちゃん」さんの岡ジャミとなるべく先に片付けようとしたが、餌を少し分けてくれると言うので、Dscf2158お言葉に甘えて頂き、それで数投。すると、何と言う事でしょう、最後の1投で「上がりべら」ゲットだ!釣果はプラス1と言う事で、ヨロシク!「杉ちゃん」さんの最後の方は、一方通行の両グルテンとやらで、あたりを連発。これには驚いた。今まで両グルと言えば待つ釣りだと思っていたのだDscf2159が、そんな認識の甘さを痛感させられた。今日はいろいろと勉強になりました。「杉ちゃん」さんも終わり、片付けを済ませて2人で駐車場に戻る。河津桜は葉がかなり出ているが、まだ花は残っている。そしてソメイヨシノはまだ蕾だが、一部割れて開いているものもチラホラあり、明日の春分の日には開花宣言が出るかも。橋まで歩いている途中に、「杉ちゃん」さんがバットさんからメールが来ていると言い、ジャカゴで片付けているのを見たという内容だと教えてくれた。Dscf2160_2仕事の合間に見に来てくれたようだ。お忙しい中スミマセンでした。駐車場で挨拶して解散。私は泥にまみれた長靴を洗うべくトイレに。そしていつものようにベイシアに向かう。すると、何と言う事でしょうPART2、ベイシアで「杉ちゃん」さんに再会。帰る途中で食べるものを買っていた。ビックリしたなぁ、もう。30、31日には仕事で来られないと言うので、その後また宜しくと言って別れた。今日は本当にありがとうございました。
 
ジャカゴはもういいかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (9)

2013年3月18日 (月)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その1:MILES DAVIS ALL STAR SEXTET/QUINTET

Docu0023今日は予報どおり天気が悪い。朝方は雨があったようだ。それで、予定通り通院とその他の用事をこなしてきた。肝心のWBCは観られなかったのだが、帰る途中にラジオ(テレビは地デジ非対応)で侍ジャパンの敗戦を聞いてガックリ。何しろ打てなかった。でも、これで腐らず3位決定戦に臨んで欲しい。金以外いらないと言って手ぶらで帰ってきた星野ジャパンの二の舞にはならないよう、切に望む。
さあ、明日は久し振りの竿出し。予報では風が強そうだが、ジャカゴに入ってみるかな。
 
P.S.今回は3位決定戦はないそうだ。失礼しました。
 
勝負は時の運とは言うが・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

休竿最終日は岡ジャミ@増沢池 with masaさん & ひげさんご夫妻

いよいよ休竿期間も今日が最終日。と言っても、明日は天気が悪いようだし用事もあるので、実質再開は明後日からになりそうだ。
昼まで家でゴロゴロしていたが、どうにも我慢ならなくなって外出。もちろん行き先は増沢。ついでにベイシアで買い物の予定。
しかぁ~し、この陽気で人出がある事を忘れていた。途中のモクレン通りも混んでいて、せっかくの満開もゆっくり見られない。無理して撮った写真もピンボケ。まさにトホホ。
Dscf2109Dscf2110駐車場に着けば、案の定満杯。たまたま空いていたところに停め、急いで池に向かう。あっ、masaさんの車ハケーン!そろそろ浅場に入るかもしれないので、橋の上(かみ)Dscf2111Dscf2112方面を探すが、へら師はワンドに2人とジャカゴに1人入っているものの、違うようだ。それなら橋の下(しも)に行ってみよう。坂を降りると、途中河津桜はまだ花が残っている。Dscf2117Dscf2118そこで写真。遊歩道をそろそろ歩いていたら、何処かで見たような3人。masaさんとひげさんご夫妻ではないか。いやぁ、ビックリしたなぁ。まずは挨拶。masaさんはさっき来Dscf2119たところらしく、準備中。ひげさんご夫妻は朝から竿を出しているようだが、今は芳しくなさそう。天気は良くてもへらの具合が良くないようだ。私も再開の参考にしようと背後から岡ジャミ開始。
両ダンゴ宙のひげさんはウキは動いてもあたりにならず、イライラが募っているようだ。3人の上手(かみて)に入っている人の竿が良く曲がるのは、セットだから?誰か1匹釣ったら帰ろうと思っていたが、これは帰れまテン?2時半を過ぎ、これからゴールデンタイムが到来するのは間違いないが、さすがにこれ以上はお邪魔虫と退散しようとしたDscf2123ら、グッドなタイミングでセット釣りのmasaさんの竿が曲がった!これは素晴らしい。写真写真。これで安心してベイシアに寄れる(ハテ?)。
駐車場は相変わらず混んでいるので、さっさと池を離れたが、ベイシアの駐車場も予想以上の混みよう。満車だ。とても停めれまテン!待っていればそのうち何処か空くかもしれないが、そんな気長ではない私、さっさと帰ろうと言う事で、買い物はせずに帰宅となった。
 
明日の朝はWBC準決勝。リアルタイムで観たいが通院だ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年3月16日 (土)

リカマンで雑誌をもらった

Docu0022先日リカマンに行ったら、季刊の雑誌(春号)をくれた。これは会員専用なのだが、なかなか良い情報が載っている。この中で紹介されている酒は添付のクーポンで安く買えるようだし、これだけでも会員になった意味がありそうだ。
私は酒というよりつまみを買う事が多いが、好んで買っているピリ辛のピクルスが、この雑誌によると欧風おつまみの売り上げNo.1らしい。まあ、これは私以外にはどうでも良い情報かもしれないが。
 
夜はテレビを観ながら黒糖入りの梅酒をちびりちびり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年3月15日 (金)

吉田類の酒場放浪記

呑んべの皆さんならご存知の方も多いかと思うが、BS-TBSで毎月曜の夜9時から放送されている「吉田類の酒場放浪記」が良い。
何処が良いかって?それは出演者の吉田類さん。温厚な雰囲気が滲み出る人の良さもさることながら、居酒屋に入り、ソフトな語り口で周りの人と馴染んでいく様がグー。もちろん呑んべなので酒をグイグイ。ブランドには詳しいようだが、呑み屋では特に拘らない。
と、何回か観ているうちに気がついた。誰かに似ている。そうです、増沢の主masaさん。顔は似ているとは思えないのだが、醸し出される雰囲気といい、あの声が私にはそっくりに聞こえるのだ(あくまで個人の感想です)。
それで割と早く番組にも馴染んだのかも。まあ一度ご覧ください。「孤独のグルメ」とも相通じるものを感じさせてくれますよ。
 
P.S.「おんな酒場放浪記」もあった。
 
観てると酒が呑みたくなる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

果たして余計な買い物となるか

Docu0021粗大ゴミを出しに行ったついでにたまたま本屋に寄ったら、いつも行かない釣りのコーナーで見つけてしまいましたこの本。最初は立ち読みで済ませようと思ったのだが、気がつけば家にある。こうなったら何度も読み返して、絶対元を取るぞ。
 
最近は気温のアップダウンが激しくて
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年3月13日 (水)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その5:BLUE MOODS

Docu0020昨日の最終戦は、何となくスッキリしなかった。と言うのも、序盤の大量点の後は淡白な攻撃が続き、気がつけばオランダにじりじりと迫られ、長野の一打でかろうじて勝った感じだから。
でも、1位でアメリカに行くのは日程の事もあって(もちろん準決勝に勝つ前提)やや楽なので良かった。もう1つ勝って決勝には進んで欲しいものだ。
さて、最初の5枚組もこれが最後。聞き出せばあっという間だ。続いて次の5枚組に行くべきか、それともクラシックに戻るか。どうでも良い事かもしれないが、悩む。
休竿開けには増沢で浅場に入ってみよう。ジャカゴも今なら釣れるかもね。
 
黄砂・花粉+見えないPM2.5も脅威だ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

あまりの好天に用もないのにフラフラと@増沢池

竿を出さない事で時間の余裕が出来た?のか、ブログ更新が多くなっている。
今日も午前中は家にいたのだが、あまりの好天に家にいられなくなって、ついフラフラとモクレン通りを北上。あっ、先日はまだ蕾が少し開く程度だったモクレンが、満開とまではいかなくても綺麗に花開いているではないか。残念、運転中のため写真は危なくて撮れなかったが、今週中に満開になるのは間違いない。だが、雨で散ってしまうかも?
P1000425P1000426池に着くとすぐに橋まで行って池の様子を覗う。いやぁ、暖かくて湖面は穏やかで、竿を出すには絶好の日和だ。へら師はほとんどが橋の下(しも)日向側だが、看板横と浅場ワンドにも入っていて、約15人くらい。私が着いたのが2時過ぎだったから、もう少し早ければ20人くらいいたかもしれない。あちこちでポツポツと竿が曲がり、好調のようだ。ひょっとしてOさんがいるかもとメールしてみたら、今月中は仕事が忙しくて竿を出せないとの返事。それで、月末には小山圭造さんが来浜して餌教室を開いてくれるので、是P1000427非ともその日には来て下さいと連絡した。
じっとしていても汗ばむ陽気。さあ、次はベイシア・カインズのルート。広告にティッシュペーパー400枚×5組が195円とあったので、買うつもりで行ったのだが、何故か別の物を買ってしまった。それは何故でしょう?私にも分からない。
 
頭がボーッとするのは花粉と黄砂と・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その4:THE MUSINGS OF MILES

Docu0018今日も穏やかな朝。こんな日はのんびりとCDでも聴こう。
WBCではオランダがサヨナラ勝ちでキューバを下し、再度日本との決戦になった。あの敗戦のあと、ショックもあったろうが粘りの野球で勝利とは、実力は本物だ。ひょっとして決勝で顔が合うかもしれないので、今夜は返り討ちにして日本への恐れを植えつけておかないと。
義弟から送られた松阪肉、大変美味しくいただきました。こんな贅沢は滅多に出来ないので、余韻を楽しまなくては。う~ん、MANDOM(って、意味不明!)。
月末の釣り大会のポスター、masaさんから押し付けられた預かったものを自宅の壁に貼ってみた。誰か見てくれてるのかな。一応道路に向いているので、それなりの効果はあると思うが。
 
最近野球を観るのが楽しくなってきた
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

2年目の春

Docu0017あの日からちょうど2年が経った。マスコミは特集を組んでいるが、あの出来事を風化させず、また自分の事として捉え続けなければと思う。
1年前にも書いたが、ちょうど「タルジャの春」を観ている時、ゆ~らゆ~らと大きな揺れに襲われ、今までに経験した事がなかったので慌てたが、番組が中断されて映されたのが東北の大惨事だった。地震、津波、そして福島第一原発。改めてその悲惨さに驚かされる。
翻って、我が静岡でも東南海大地震の確率が非常に高くなっているものの、毎日の生活の中では頭の中からは薄れているのではなかろうか。今日の朝刊に津波の被害が及ぶと思われる地域と避難タワーの場所が大きく載っていたが、いつ起きてもおかしくない地震と常に向き合う事の重要さをもう一度喚起された。
 
まだ行方不明者が数千人という事実
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

侍ジャパン、アメリカ行きを決める

誰がこんな試合を予想しただろうか。今まで1本も出なかったホームランが6本。前田健太の好投もあって6回表までに12対0の圧勝ペース。7回コールドも視野に入ってきたかなと思っていたら、前健に代わった内海が3点、急いで交代した山口が1点の計4点を献上だ。雲行きがちょっと怪しくなってきたかと少しだけ心配になったが、何の事はない、7回に坂本の満塁アーチで再び12点差。そして予定通り?の7回コールドでアメリカ行きが決定となった。
今までのギリギリする、あるいはモヤモヤする鬱憤を晴らすような、割と気楽に観られる試合で、観ている方の疲れもない。さあ、次は順位決定戦。何となくキューバが上がってくる気がする(オランダは今日の試合で意気消沈?)が、前回と同じ轍を踏まないよう、きっちり勝って欲しいものだ。
 
1発攻勢が観られるなんてね
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その3:BLUE HAZE

Docu0016天気が下り坂か。飛来物に備えて窓は開けない。出掛ける事もなく、それで今日もCDを聴く。昨夜痛飲した皆さんは今日も何処かの池か。昨日は増沢でそこそこ釣れたようだが、飛来物にも悩まされたのでは。
ところで、来週金曜の夜7時から、BS12の「フィッシング倶楽部」でヘラブナ釣りが放映される。内容は良く分からないが、とりあえずの情報と言う事で。
あまり目出度くもないが、今日が何回目かの誕生日だ。義弟から松阪肉のプレゼントが届いた。以前義弟が伊勢神宮に参った際に送ってくれた肉があまりに美味かったので、美味い美味いと連呼したおかげか。こちらは嬉しか~。
さて、今夜はいよいよWBCの正念場、オランダ戦だ。これに勝って早くアメリカ行きを決めて欲しい。万が一にも負けると、先日完敗だったキューバと対戦しなければならなくなってしまう。あの台湾にコールド勝ちして勢いはかなり上がっている気がするので、出来れば相手にしたくない。今夜は是非とも勝ってください。

明日は震災から2年の節目
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

河津桜は満開から葉桜へ@増沢池 with masaさん & バンビさん

今日も素晴らしい天気。そうそう、バンビさんが来浜して竿を出すと言うので、家人を送るついでにちょっとだけ顔を出そうかなと家を出たのは9時過ぎ。途中のモクレン通りでは、蕾が膨らんで一部開いている。この陽気では春真っ盛りと勘違いしたのかも。9時半頃駐車場に到着するタイミングで、今月末の放流協賛釣り大会のポスターを貼り終わったmasaさんとバンビさんに遭遇。私は岡ジャミなので、お二人について外の道路から池へと向かう。うわっ、月曜には満開ではなかったのに、今日は満開を通り越して一Dscf2084Dscf2086Dscf2087Dscf2088部葉が出ている。早速写真写真。お二人は旧流れ込み付近に入るようだ。へら師は陽気の割には意外と少なくて、日陰側を含めて10人余。ダム?そばにはI尾さんか。暑Dscf2089Dscf2090い、暑いぞ。薄手のジャンパーにすれば良かったと思っても後の祭り。10時頃から準備開始。バンビさんは13尺の底、masaさんは竹の16尺で「たな」1本半のセット。多少Dscf2091Dscf2092風・波があるが、それほど気にならない感じ。準備を見ていて、バンビさんが手順をきちっと踏んでいるのを見て感心。私のいい加減さが思い出されてちょっと恥ずかしい。10時半頃餌打ち開始。ダム?そばはポツポツと竿を曲げているので、活性はある筈。Dscf2098ん、何故か鼻がムズムズするぞ。バンビさんは最初から鼻グズグズだし、masaさんもマスク。そう言えば今朝のニュースで、花粉+黄砂+PM2.5が入り混じって降り注ぐと言っていたから、私にも影響したのかも。池全体に響き渡るような大きなクシャミを2連発。皆さんお騒がせしました。さて、そろそろ11時。私もお暇しなければと思っていると、お二人のウキに動きが出て来たようだ。そしてバンビさんの竿が曲がった!しかぁ~し、寄せる途中で外れ、反動で桜の木に仕掛けが絡んでしまった。ここでも私が感心したのが、それを丁寧に取り外したバンビさんの行動。私なら頭から湯気を出しながら無理に引っ張り、ハリスはおろか道糸までロストしていたかもしれない。いやぁ、若いのに沈着冷静な人だ。おっと、岡ジャミもほどほどにしないと。挨拶してその場を離Dscf2099Dscf2100れ、橋を渡って駐車場に戻った。が、しかぁ~し、車に乗った時点から目・鼻がグズグズ。そしてくしゃみ連発。これではまともに運転出来ない。くしゃみを一通り済ませてから家路に着いた。
 
今まで出なかった症状が。ヤバイ!
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年3月 8日 (金)

観ている方も吐きそうになるくらいの激戦

簡単にはいかないと思っていたが、案の定先取点を取られて追いかける展開。3塁までランナーは進むのだが、あと1発が出ないまま8回。途中何度もチャンネルを替えて気持ちを落ち着かせないと観ていられない。
もうこれまでかと思ったところへ2点が入って奇跡とも思われる同点だ。しかぁ~し、続投のマー君が打たれてまたも1点ビハインドに。痺れるどころではない。プレーヤーは一体どんな精神状態で戦っているのだろうか。
日本の攻撃はあと1回しかなく、まさに追い込まれた状況での、またも奇跡的な同点。最早神がかりとしか言いようがない。ただ、ここで追加点を奪えないところが日本の限界なのか。そして延長に。
すると、今日初めて1点のリードだ。そして10回裏。ランナーが溜まって1打同点。長打なら逆転サヨナラというところで、願っていたゲッツーで勝利。どれだけハラハラさせれば気が済むのか。
結果論になるが、マー君の続投はどうだったのだろう。2回を投げて気持ち良く終わらせてあげれば良かったのに、またも気分を滅入らせてしまった。復調は難しいのでは?
さあ、次はオランダ戦。あのキューバを長打で打ち破った好調さに負けないよう、気持ちを引き締めて戦って欲しい。これに勝てばアメリカ行き確定だ。
 
侍ジャパンの底力は凄い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その2:DIG

Docu0014今日も好天が恨めしいが、自分で決めた事なので止むを得ない。そんな訳で今日もノルマ(オイオイ)をこなしている。午後から車の1年点検があるので、外出する理由が出来た。ついでにあちこち廻ってこよう。
そうそう、今日からWBCの第2ラウンド。1回負けても良いとは言うものの、何とか台湾を打ち破ってほしい。
 
明日も明後日も好天だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その1:BLUE PERIOD

Docu0013こんなに良い天気でも、外に出ないのはどういう事か。と言う事で、その代わりにようやく5枚組の1枚目を聴く。約半年経っている。毎回書くので、読む方はうんざりかもしれないが、まだ5枚組がもう1セットにクラシックCDが14枚。何とかこの休竿期間に数を稼がないとね。
 
 
1枚目は正味19分だと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

今日の出来事

今日の午後、一で二三さんから増沢に来ているとのメールがあったが、事情があって竿は出していないと説明して了解してもらった。また次回宜しくお願いします。

韓国ドラマ「あなただけよ」が今日で終わった。ちょっと濃過ぎる家族関係に多少うんざりしながらも、なかなか楽しませてもらった。明日から新しく「結婚の裏ワザ」が始まるが、録画してまで観るかどうかは初回にかかっている。果たして楽しませてくれるかな?

やはりと言うか、今夜のキューバ戦は完敗。最後に少しだけ意地を見せたが、圧倒的なパワーに自分達の野球を忘れてしまったのではと思う。その辺りを修正して、明後日から始まる第2ラウンド初戦の台湾戦を戦って欲しい。
 
マー君の調子は戻ったのか?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

WBCの事

今夜は東京ラウンド最終戦。日本とキューバ、どちらが1位になって第2ラウンドに進むのかが焦点だが、この第2ラウンドというのが敗者復活制となっていて、ちょっと分かりにくい。まあ、1回負けてももう1度チャンスがあると言う事で、トーナメントにはなっていても2回負けなければ良いらしい。そしてこのラウンドでの1位2位がサンフランシスコに向かう事になる。
ちょっと驚いたのが台湾ラウンドでの韓国の敗退。韓国も日本と同様メジャーリーガーは出ておらず、戦力に不安があった。それが如実に表れたのがオランダ戦での零敗。勝ったオランダを賞賛すべきなのだろうが、こうなってみると日韓対決を観たかったなぁと思うのは勝者の余裕か。
台湾からはこのオランダと地元台湾が東京に乗り込んで来るので、2次ラウンドは全く気が抜けない戦いになるのは間違いない。
 
少なくともアメリカには行かないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

ピエール瀧のしょんないTV

これからしばらく竿を出す事はないので、代わっておっさんの呟きを連発。
 
静岡朝日テレビ(SATV)で毎木曜深夜(金曜の午前0時20分)から放送されている「ピエール瀧のしょんないTV」が下らなくて面白い(かな?)。
何がって、内容はともかく進行役で出演しているSATVの広瀬麻知子アナウンサーの天然ぶりがだ。いや、天然を通り越して番組内では完全なる「バカ」扱い。これは作られたキャラクターでないところが恐ろしい。まあ、話のタネに1回観てみてはどうだろうか。きっと時間を損したと思うに違いない(オイオイ)。それでもこの番組、結構観ている人が多いらしいのには驚き。もっとも、その中に私がいるのもビックリだが(当たり前?)。
 
連ドラ予約までして
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

梅と河津桜に誘われて看板横@増沢池

明日から17日まで竿を出すことはないので、今日は何としても竿を出すぞ。と言う事で、やって来ました増沢。masaさんのブログに刺激されて梅と河津桜を見たくなったから。が、しかぁ~し、せっかく早め(もちろん私にとって、だが)に家を出たのに、不定期便。ついでに橋まで行って池の様子を覗うと、あれれ好天にも拘らずへら師の数が少ないぞ。日向側にはダム?そばと橋の下(しも)。私が入りたい看板横には先客が1人いるが、まだ空きはある。急いで車に戻り、荷物を降ろして意気揚々と橋を渡る。まさにポカポカ陽気。湖面はまあまあ凪いでいて、橋の下の人が竿を曲げている。果たしてmasaDscf2056さんのような好結果になるかな。あっ、遠くに紅白の梅。それに坂に沿って河津桜。帰りに写真を撮ろう。まずは看板にピッタリ張り付いている先客に挨拶して平らなところに入ろうとしたら、そこは後から来ると言うので、仕方なく先客のすぐ左、後から来る筈の人の間に入る事にする(結局後から来る筈の人が来たのは11時半過ぎで、しかも場所取りされていたところには入らず、坂の下に入った。最早プンプン)。さあ準備しよう。竿は13尺で、餌は夏・冬・マッハで。ゲゲッ冬がない!前回使い果たしたので、買ってあるものをバッグに詰めておかなければならなかったのに、忘れていた(トホホ)。それでは冬の代わりに真底だ(オイオイ)。食わせはα21とわたグル。ささっと底を取り、開始は10時31分。先客から、橋の下は放流を40匹くらい釣ったらしいと聞くが、私が狙っているのは尺上。数が釣れても本意ではない(でも釣れなかったら放流も可)。さあ開始だ。しかぁ~し、それまで凪いでいた湖面には風・波。細いトップでは視認性に問題がありそうだが、今更替えませんよ。先客は始めているが、ウキが動かないようだ。私も今日は厳しい釣りになるかな。と思っていたら、風・波でシモりまた流されながらも、数投でウキが返す。グルテンの繊維がうまく出来ていなくて餌が落ちたのかなと思っていると、シモッたウキがスッと入り、ビックリしながらも合わせるがカラ。思いのほか活性があDscf2057るのかな。するとその後もウキは動き、開始20分くらいでバッチリのあたりで1匹目!放流だったが、まずは凸回避でホッ。先客はウキが動かないと繰り返している。1mくらいしか離れていないのに、一体何故だろう。すっかり放流が寄ったみたいで、それからもウキは動いて11時までにDscf2058Dscf2059Dscf2060もう2匹。11時を過ぎて少し間が空いたがもう1匹。いずれも放流で、これは半分嬉しくて半分はガッカリか。が、これは贅沢な感想だった。そこからウキの動きはなくならないもののあたりが出なくなる。早くも開始1時間が経過。そこで、上流から大きなゴミのかたまりが流れてきたのを機に、ハリス長を詰めてみる。これで余計な動きとかなくなるのでは?すると、確かにウキの動きは穏やかになったが、あたりが出る訳ではない。どうもグルテンの持ちが良くない感じだが、今更直さないのでこれで頑張るしかない。先客は相変わらずあたりがないとぼやき、連れがやってきても状況は変わらないまま。私もウキ下の微調整等出来る事はやるが、そろそろ12時。と、ようやく先客の竿が曲がった。私もついでに竿が曲がらないかな。途中両グルテンでやってみると、ウキの動きが忙しなくなるだけで、やはりあたりに結びつかない。そこで逆に両バラケを試してみると、こDscf2061Dscf2062れが効を奏してようやくの5匹目は12時少し前。何とか第2目標はクリアしたものの、尺上という目論見とは遠く離れてしまった。でも、放流が動き出したのは喜ばしい事だろう。そして12時のサイレンが鳴っている時に6匹目。浅場には2人入っている。対面には私のいつもの場所を含めて3人が入っているが、結構竿がDscf2064曲がっていて、そろそろ私も入れそうかな。さて、それからじきにもう1匹追加して、これなら第3目標も楽勝か?しかぁ~し、再びあたりが出なくなる。先客はもう1匹追加したものの、何故かバッタリ状態。私のウキも動きが悪くなり、モヤモヤばかり。ようやく小さなあたりに合ったと思えば、今日初めてのバラシ。餌もそろそろ終わるし、どうやらこれでジ・エンドかな。するDscf2065Dscf2066と、何故か餌が尽きる間際に2匹。何故かは不明だが、第3目標にリーチとなった時点で終了だ。時刻は12時54分。結果、底では実釣2時間20分で9匹。擦れなしバラシ1回カラ数回だった。さあ、続いては宙。だが、風・波はDscf2067結構出ていて、なかなか難しそうな気がする。でも、底の貯金があるので凸でも大丈夫。竿は12尺、餌はバーゲン真っ最中の段底・ペレ道・マッハのバラケに「玉」の」セットだ。ウキは前回と同じ細いトップで細かな動きを取れる釣りが出来ればと言う感じ。再開する前に遅い昼食。「たな」1本での再開は1時16分か。風・波は相変わらずだが、何とか見える状態で数投。すると、じきにウキがモヤモヤは底の時と同じ。そして同じようにあたりにはならない。元よりバーゲンDscf2068セールの餌なので、あまり期待はしていないが、それでも1時半を過ぎてスッというあたりで1匹目ゲット。少しだけではあるが、底の時よりサイズアップしたかな。バラケを食っていたがノー・プロブレム。ただ、その後もバラケに触っている感じで一向にあたりにならない。が、それでも2時までDscf2069_2Dscf2070_2Dscf2071にもう2匹追加したのは、一応「玉」を食っている。更に2時を過ぎてもう1匹。ただサイズは思っていたより大きくない。先客の連れで後から来た人が、坂の下でグッドサイズを引き寄せているのを見て、裏山鹿~。あれっ、すぐ横にいた筈の先客の姿が見えない。何と釣り座を坂の下に移動していた。さて、宙でも何とか第2目標にリーチまで持ち込んだが、心配していたとおりバラケの具合が良くなくなって、ウキの動きも少なくなってきた。こんな時にはどうすればと思いながらも、私がやる事は手水。その後、ウキの動きは一向に良くならないまま、気がつけば餌打ちマシンと化している私がいた。とにかく餌を使い切って終わろう。3時を過ぎる頃からゴールデンタイムがやって来たのだが、それまでに大きなあたりが3回あって、2回は大きな鱗、1回はバラシ。へらはいるんだけどなぁ。3時に近付くと、常連さんが一斉に終了。残っているのは坂の下の2人と私、それに浅場に1人(あとで深場に1人いるのが分かった)。ほぼ1時間がぼんやりタイムとDscf2072なったが、3時を過ぎると何故か(ゴールデンタイムですよ)急にウキの動きが良くなって、ズバッというあたりでやったかかりました!見れば間違いなく尺クラス。バラケを食っていたが、OKOK。宙だけで第2目標をクリアだ。餌を捨てないで良かったぁ。更にしばらくして、またもズバッというあたDscf2073りで、今度は「玉」を食っている。これもグーなサイズで言う事ナシ。どうして常連さんはゴールデンタイムの前に帰ってしまうのだろう。不思議だ。ウキはまだまだ動くが、こうなると残り少ないバラケが恨めしい。でも、新たには作りません。餌が尽きたら終了です。しかぁ~し、いよいよバラケも終わろうかという3時半過ぎに本日のハイライト。ズバッというあたりでビーンという糸鳴り!凄い引きで、間違いなく擦れだ。万が一には40cmオーバーもあるが、それは期待Dscf2074しない方が。何とか浮かせると、サイズは間違いなく35cm。が、やはり腹に擦れ。疲れ果てた上の擦れかぁ・・・。急いで外し再開すると、しばらくしてまたもズバッ!今度こそと懸命に寄せるが、ガクガクッ。今度は尻びれから見えてきた。これも35cmは間違いない。後からDscf2075来た人に、釣れないよりは擦れでもかかった方が良いと言われるが、何の慰めにもなりません。その後は特に何もなく、3時40分に終了だ。結果、宙では実釣2時間20分強で6匹。バラシ3回に擦れ2匹、カラ多数だった。片付け。トータルでは実釣4時間40分で15匹と、私にしては上出Dscf2076来だが、最後の擦れ2匹は厳しかった。いずれもグッドサイズだったのに。まあ、これが私らしいと言う事かもしれない。片付けを終え、坂の下の2人に挨拶して坂を上る。途中の河津桜、それから坂を上がって橋の逆方向にある紅白の梅の写真。しばらく来ないうちに、春は間違いなく近付いている。明日から2週間は禁竿だが、見に来るくらいはしても良いだろう。駐車場に戻り、荷物を積み込む。さあ、これも久し振りのベイシアだ。カインズにも寄りたいが、疲れているので次回にしよう。そろそろと池を後にした。
 
河津桜と紅白の梅の写真
Dscf2078Dscf2079
Dscf2080Dscf2081
 
そろそろ日陰側?それとも浅場かジャカゴ?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2013年3月 3日 (日)

今日も最後にバタバタ

今日は幾らなんでも気楽に観られるだろうと思っていたが、先に点は取ったものの1点止まり。5回の4点はさすがだが、その後もどうも淡々とした攻めで加点出来ないまま最終回にやらなくても良い2点。ちょっとバタバタした感じでスカッと終われなかったのが残念。
こんな試合をしていると、数年後には中国に負けてしまうかも。かつての卓球の二の舞にならない事を望む。
 
さあ残すはキューバ戦。気持ちを切り替えて
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

日本、初戦を苦しみながらも勝利

いやぁ、観ている方も吐きそうになるくらいのシビアな試合だった。先に点を取られ、追いつき逆転したと思ったら再逆転される。途中何度も観るのを止めようかと思ったくらいだ。8回まで重苦しい雰囲気だったが、一気に3点を挙げて勝利を確実なものにした。能見と牧田は完璧で、ようやくホッと出来た。
観ている方がこんな具合なんだから、プレーヤーは一体どんな精神状態だったんだろう。メジャーリーガーが1人もいない小粒と評されていた選手達の頑張りには拍手拍手。
もっとも、最初はもっと簡単に勝つと思っていたのだが、ブラジルの意外?な健闘も素晴らしかった。まあ、ハラハラさせて最後に勝つというのは視聴率的にはグーだろう。
明日は中国戦。今度こそサラッと勝って、観る方を楽にしてほしい。もっと気楽に観たいよ。
 
久し振りに野球を堪能だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »