« 侍ジャパン、アメリカ行きを決める | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その4:THE MUSINGS OF MILES »

2013年3月11日 (月)

2年目の春

Docu0017あの日からちょうど2年が経った。マスコミは特集を組んでいるが、あの出来事を風化させず、また自分の事として捉え続けなければと思う。
1年前にも書いたが、ちょうど「タルジャの春」を観ている時、ゆ~らゆ~らと大きな揺れに襲われ、今までに経験した事がなかったので慌てたが、番組が中断されて映されたのが東北の大惨事だった。地震、津波、そして福島第一原発。改めてその悲惨さに驚かされる。
翻って、我が静岡でも東南海大地震の確率が非常に高くなっているものの、毎日の生活の中では頭の中からは薄れているのではなかろうか。今日の朝刊に津波の被害が及ぶと思われる地域と避難タワーの場所が大きく載っていたが、いつ起きてもおかしくない地震と常に向き合う事の重要さをもう一度喚起された。
 
まだ行方不明者が数千人という事実
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« 侍ジャパン、アメリカ行きを決める | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その4:THE MUSINGS OF MILES »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 侍ジャパン、アメリカ行きを決める | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その4:THE MUSINGS OF MILES »