« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その2:DIG | トップページ | 河津桜は満開から葉桜へ@増沢池 with masaさん & バンビさん »

2013年3月 8日 (金)

観ている方も吐きそうになるくらいの激戦

簡単にはいかないと思っていたが、案の定先取点を取られて追いかける展開。3塁までランナーは進むのだが、あと1発が出ないまま8回。途中何度もチャンネルを替えて気持ちを落ち着かせないと観ていられない。
もうこれまでかと思ったところへ2点が入って奇跡とも思われる同点だ。しかぁ~し、続投のマー君が打たれてまたも1点ビハインドに。痺れるどころではない。プレーヤーは一体どんな精神状態で戦っているのだろうか。
日本の攻撃はあと1回しかなく、まさに追い込まれた状況での、またも奇跡的な同点。最早神がかりとしか言いようがない。ただ、ここで追加点を奪えないところが日本の限界なのか。そして延長に。
すると、今日初めて1点のリードだ。そして10回裏。ランナーが溜まって1打同点。長打なら逆転サヨナラというところで、願っていたゲッツーで勝利。どれだけハラハラさせれば気が済むのか。
結果論になるが、マー君の続投はどうだったのだろう。2回を投げて気持ち良く終わらせてあげれば良かったのに、またも気分を滅入らせてしまった。復調は難しいのでは?
さあ、次はオランダ戦。あのキューバを長打で打ち破った好調さに負けないよう、気持ちを引き締めて戦って欲しい。これに勝てばアメリカ行き確定だ。
 
侍ジャパンの底力は凄い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その2:DIG | トップページ | 河津桜は満開から葉桜へ@増沢池 with masaさん & バンビさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '51-'55 その2:DIG | トップページ | 河津桜は満開から葉桜へ@増沢池 with masaさん & バンビさん »