« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その3:THE NEW MILES DAVIS QUINTET | トップページ | 増沢に岡ジャミに出掛けたら、意外な人に遭遇@増沢池 with バットさん & バンビさん »

2013年3月23日 (土)

風が強くて閉口。午後から少し穏やかになったが@増沢池 with HRさん

今日は何としても増沢日陰。天気は良い。予報では風が強そうだが、そんな事は言っていられない。9時頃家人を送るついでにゴー!モクレン通りのモクレンはそろそろ散っているが、同じく通りにある桜はまだこれから。駐車場は好天にも拘らず車は少なく、ここでも桜はまだなのかもしれない。さっさと車から荷物を降ろし、通い慣れたいつもの場所Dscf2161に向かう。随分久し振りだ。気温はそこそこ高くなるので、寒くはないと思うが。う~ん、やはり風・波。しかも左から強く吹いているので、ここは久し振りの左腕で竿を振る事にする。この場所から見る桜はチラホラで、満開はもう少し先のような気がする。へら師は橋の下から浅場に固まっているが、ジャカゴには誰もいない。私のブログを見てくれていないのかな。さあ準備しよう。釣り台をセット。万力の位置を間違えないように。竿は11尺。穂先はかつて1回の使用で折れた21尺のもの。果たして問題ないか?餌は相変わらずのバラグルセット。ウキは視認性を考慮して太いトップを採用。餌落ちやら底取りに難儀しながら、開始は9時52分。視認性に問題はないが、どうも底取りが良くないようで、馴染みが思うように出ないし、強い風でシモりも大きい。しかぁ~し、数投でウキが返すではないか。餌の作り方がまずかったかな。いや、これはへらに違いない。でも予想通りあたりは出にくそうだ。10時を過ぎて、ウキが小さく入った気がして合わせるDscf2162と、やったとりあえず1匹出ました!サイズはさておき、日陰でもへらは岸に近付いているんだなぁ。と、ここで考えた。この程度の視認性なら、細いトップでも何とか見えるぞ。それならあたりが大きく出そうな細いトップのものに交換しよう。餌落ちは適当に、底取りはカットして10時半頃再開。しかぁ~し、ウキが軽くて思うように振り込めない。そのうえ馴染みもさっぱり。まさにトホホ。しばらく続けたが、これではダメだ。餌落ちをやや深めにし、底取りもやり直して再開。だが、思うような馴染みにならず、少しずつ微調を繰り返すと、11時を過ぎてDscf2163今日初めてのグーなあたりで2匹目!1匹目からほぼ1時間かかった(さっさとやり直していれば良かったのに)。風・波でシモりがひどく、また上空雲がかかって視認性が一気に悪化。これは辛い。体感温度も来た時より下がった気がする。万が一にとインナーを着てきて良かったぁ。しばらくしてHRさんがやって来て、こちら側橋の上(かみ)浅場に入った。さて、それからもウキは動き、バラシも出ながらポツポツとあたりを拾う事が出来、中には食い上げもあって、何Dscf2164Dscf2165Dscf2166Dscf2167Dscf2168と12時のサイレンまでに5匹を追加。あっという間に第2目標クリアだ。この強風で細いトップの軽いウキは(振込みの難しさもあって)使う予定がなかったが、改めてウキの選択の難しさを痛感した。さて、12時を過ぎてもまだウキはDscf2169Dscf2170動き続け、ポツポツと2匹を追加すれば第3目標にリーチ!他のへら師はさておき、この風・波の中で私にすれば上出来だ。さあ後もう1匹。しかぁ~し、そうは問屋が卸さなかった。残念そのままで餌が尽き、12時37分に終了とDscf2171なった。結果、実釣2時間45分で9匹。充分でしょう。一応昼食は買って来たが、結構体も冷えてきたので、今日はこれまでにしよう。片付け。しかぁ~し、そのタイミングで湖面がやや穏やかになってきた。これは自分中心の見方ではありませんよ。事実です。すると、何故かこのまま帰ってはマズイと思い(きっとコメントであれこれいじられると思ったのだろう)、片付け途中ではあったが急遽続行とする。竿は9尺、餌はバーゲンセールでGTS:ペレ道:マッハをそれぞれ1に水3/4のバラケと「激丸」。この「激丸」はすぐに落ちてしまうので私にとって使いにくい(使いたくない)餌だが、置いておいても何のメリットもないので、早く使い切るための採用だ。急いで昼食を摂り、「たな」1本での再開は12時55分。うわっ、ウキの立つ位置の近い事。これで釣れるのか?しかぁ~し、すぐにウキがモヤモヤ。まさかブルーではないだろうが、何にせよウキが動くという事は嬉しい。しかぁ~し、案の定「激丸」が毎回落ちる。試しにゆっくり仕掛けを上げてみるが、そんなの関係ねぇっ!頭にきDscf2172て1回分を全部捨て、「玉」にご登場いただく。これで精神的に安定したのか、1時を過ぎて小さなあたりで1匹目!へらも小さかったが、ノー・プロブレムだ。その後も大きなあたりは望まず、小さく入るあたりに合わせると、バラシも何回か出たものの2時までに6匹も追加出来、宙でも第2目Dscf2173Dscf2174Dscf2175Dscf2176Dscf2177Dscf2178標クリア!ひょっとして第3目標まで欲張れるかもね。しかぁ~し、2時少し前に今日一番のズバッというあたりで尻びれに擦れると、ウキの動きが一気に悪くなる。モヤモヤもDscf2180Dscf2181少なくなり、何とか2匹を追加したものの第3目標には今一歩届かず、2時40分にバラケが尽きてこちらも無念の終了。ゴールデンタイムには至らなかった。結果、宙では実釣1時間45分で9匹。トータルでは実釣4時間半で18匹。Dscf2182ほとんどが可愛らしい放流だったが、もしこれが動いていなければ、今日は凸必至だっただろう。放流に感謝。片付け。今日はわざわざ日陰に入ってみたが、水温はやや低かったがへらは廻ってくるようで、収穫はあった。さて、それではグーなサイズのへらは何処に潜んでいるのだろう。まだ深場でじっとしているのだろうか。それとも日向でぬくぬくか?今月はあと1回は増沢で竿を出すつもりなので、次回は元に戻って日向深場に入ろうかな。片付けを終え、痛い腰をさすりながら駐車場に戻る。HRさんに挨拶したが、聞こえなかったようだ。この陽気で家族連れが多いのか、朝方よりは混んできた。さっさと帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
まだまだ日陰は寒いぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その3:THE NEW MILES DAVIS QUINTET | トップページ | 増沢に岡ジャミに出掛けたら、意外な人に遭遇@増沢池 with バットさん & バンビさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その3:THE NEW MILES DAVIS QUINTET | トップページ | 増沢に岡ジャミに出掛けたら、意外な人に遭遇@増沢池 with バットさん & バンビさん »