« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS | トップページ | 迷いに迷って出掛けたが@引佐天池 »

2013年4月23日 (火)

寒さで元に戻ったのか@増沢池

昨日の轍は踏むまいと、今日は8時半過ぎに家を出る。今日は曇りがちでも風が弱いとの予報。これは竿を出すしかない。駐車場に着くと、結構多くの車が停まっている。でも、いつもの場所には入れるでしょう。急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥に先客。あとはこちら側は深場流れ込み付近に2人。対面は看板横に2人と、あとは深Dscf2374場階段下付近からポツポツ。深場の皆さんは知り合いのようだが、常連さんではなさそう。さあ準備しよう。最初から風・波があって予想を大幅に外れているが、仕方ない。竿は12尺で底から。餌は真底。ちょうど湖面が穏やかになってきたので、さっさと底取り。そして開始は9時19分。すると、開始してしばらくしたら再び風・波。ウキは前回ほどではないが太目のトップを採用しているので、視認性が悪い訳ではないが、何かが違う感じ。波に揺られてウキが返している様子もハッキリしない。かなり流されてシモる。約30分経った頃になって、少しだけ湖面が落ち着いたと思ったら、返したウキがモヤッと入るDscf2375Dscf2376のが見え、とりあえず合わせるとやったかかりました!何だか随分経った気がしたが、何とか凸は免れてホッ。すると、次の餌落ちでまたもあたり!サイズはともあれ、連荘でそろそろ調子が上がってきたのかもね。しかぁ~し、やはり風・波が出だすとウキの動きが分かり難くなるのは仕方ない事か。そのまま10時を過ぎる。とにかくウキの動きが良く分からないのが不思議。前回より細いトップだし、馴染み幅も問題ないが、あたりらしき動きがなかなか出ないのだ。少し待てば良いのかも知れないが、餌が抜けてしまう。あたりが遠くなっている?のは今日の気温水温と関係Dscf2377するのかも。開始1時間が近付き、焦りも出るが、何とかもう1匹。でも続かないのは同じ。ウキが動かないのでカラもバラシもスレもほとんどない。開始1時間が経過。まだたったの3匹か。いや、前回も途中まではこんな感じだった気がする。もう少し我慢してみよう。そして湖面がやや穏やかDscf2378Dscf2379になった時に4匹目。そして連荘!第2目標は何とかクリアしたものの、もう餌がない。どうやら2桁など夢のまた夢か。10時半を過ぎ、先客は帰っている。何か用事が出来たようだ。さて、第2目標まで行ったから良しとしようかな。Dscf2380なんて思っていたら、あたり!どうやらこれが底での「上がりべら」かも。すると、その予感は正しく、その後何もなく10時49分に餌が尽きて底は終了。結果、実釣1時間半で6匹。前回とは全く違う展開に、最早残業しようなどとは夢にも思えない。それに曇りと風で寒い。さっさと宙をやって終わろう。竿は11尺にしようかと思ったが、現場施工は時間がかかるので9尺に変Dscf2381更。餌は前回と同じく特S:GTS:水を2:2:1。気温水温から鑑みて、「たな」1本半での再開はジャスト11時だ。すると、風・波以外にも餌の大きさがあってウキに馴染みが出ない。わずか数十センチでも落下する間に溶けるのか。そこで、あまりやりたくないがモミモミ。ようやく馴染んだが、今度はウキが動かない。そんなこんなで早開始20分が経過。何となく「たな」を上げたくなってきたが、もう少し我慢しよう。すると、しばらくしてウキに動きが。やっと寄ってきたかな?そこで、「たな」を1本に(何で?)。やはり餌を練るのが嫌だから(これもDscf2382変)。開始30分が経過して、ウキが見えなくなるあたり(ズバッ!ではありません)が出始めたが、かからない。でも、そんなあたりに合わせていたらやっと1匹目。サイズ的にはちょっと不満が残るが、これで宙の凸は回避だ。そして12時近くなると、今度はウキが1目盛入るあたりでかかりDscf2383ました!うわっ、今度は引きが違う。まさかスレでは?いや、ちゃんと食ってました。「たも」に納めれば30cmオーバー。採寸はしませんが、何か。左の肘と肩がいかれそうだ。次回からはまた右腕で竿を振らなければならなくなるかも。更に開始1時間となる12時のサイレンの後にズバッDscf2384というあたりでやった3匹目!やや小ぶりになったが、それよりもトータルでの第3目標にリーチとなった事が大事。しかぁ~し、ここから餌の経時変化なのかウキの動きが悪くなる。いつもの事とはいえ、復活の手段が手水とモミモミしかない私、困った。ひたすら餌打ちを続けると、餌がほとんDscf2385どなくなった12時半過ぎにズバッというあたりが復活!そして「上がりべら」ゲットは残りあと3投の場面。これは嬉しかぁ。サイズが30cmオーバーに戻ったが、どうやらこれでお終いだ。12時37分に終了。結果、実釣1時間30分強で4匹。トータルでは実釣3時間で10匹。前回のちょうどDscf2386半分だ。まだ時間は充分あり、湖面も少し穏やかになってきたので続行もあり得るが、残念この後用事がある。それに久し振りのベイシアにも行かなくては。片付け。深場整地された辺りには常連さんが1人だけ。一体どうしたのだろう。そういえば最近はOさんにもご無沙汰だ。逆に、日向側看板横には3人もいて、今日は日向が正解だったか。片付けを終え、駐車場に戻る。予報に反しての風で体感温度が下がったので、今日はジャンパーを持ってきて良かった。ただ、下半身は夏用のズボンだったので、寒かったが(トホホ)。さあ、帰ろう。ベイシアに向かうべくそろそろと池を後にした。
 
ここをポチッと宜しくキャンペーン中!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS | トップページ | 迷いに迷って出掛けたが@引佐天池 »

コメント

ご無沙汰です。
やってますね~~イ~ヨ~ダネ!
何が何だかわからない内に底、宙共凸を免れて終了って事ですか?
宙で特Sを多様してるみたいだが理由は?
私はエサを売るほど持っていましたが底も宙も数種のエサにしようと思って「凄麩」を購入してしまいました。
トホホ(なんのこっちゃ)
お元気で何よりです。

投稿: yurie | 2013年4月24日 (水) 13時09分

yurieさんこんにちは。
最近は釣りしてますか?
それはさておき、いつも何が何だかといううちに終了です。でも楽しんでますよ。
特Sを何故使うか?それは私にも良く分かりません。最初に買った餌を買い続けているのが本当のところでしょうか。では最初に選んだポイントは?それは、OG氏が「お」で爆釣しているのを見て、私も釣れるかもとスケベ心を抱いたのが始まりかもしれません。
ま、そんなもんです。
「凄麩」は、キャンペーンが終わる前に買って計量カップをゲットするつもり。

投稿: sunshine_hera | 2013年4月24日 (水) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS | トップページ | 迷いに迷って出掛けたが@引佐天池 »