« 無理をして出掛けたみたが@大楽地の池 | トップページ | 再びトイレのリフォームをするのだが:いよいよ工事日 »

2013年4月18日 (木)

今日から底も宙も両ダンゴ。でも釣れるかな@増沢池

暖かいのは今日までとの予報に誘われて増沢。駐車場着は9時半頃か。急いで荷物を降ろしていつもの場所に向かうと、あれれへら師は対面看板横に2人と、こちら側橋の下辺り。それに深場ワンドと流れ込みだけ。常連さんは時間が早いのか誰もいない(10時を過ぎて5、6人やって来た)。湖面は少し波があるが、ノープロブレム。さあ準備しよDscf2337う。バットさんが宙の両ダンゴで頑張っているので、私も今日から両ダンゴだ(影響受け過ぎ!)。竿は11尺で太いトップのウキ。餌は真底単体。底を丁寧に取って開始は9時47分。すると、2投目からウキが返す。これはダンゴでも爆釣か?ただ、太いトップが上手く動いてくれないのか、どうもあたりらしいウキの動きが出ないのだ。勘で合わせてみるがかからず、またはバラシ。もう少し細ければなぁと誰かに文句?いえいえ恐れ多くDscf2338てそんな事言えません。やっと1匹目は10時を過ぎてからだが、随分時間が経った気がした。さあ、ここから爆釣(いつもながらノー天気)!しかぁ~し、どうにもウキの動きが気に入らない。無理矢理合わせれば案の定スレ。餌のタッチも気に食わないし、ウキも細いトップにすれば良かったかと今日はタラ・レバのオンパレードだ。でも結局何も変える事なく続行。10時半近くなっDscf2340Dscf2341て2匹目。そして連荘で3匹目と、調子が上がりそうだが次がなく、今ひとつ上がらない。あたりがスッキリせず、カラとバラシの繰り返し。早くも開始1時間が経過しそうだ。このままでは第3目標はおろか第2目標も難しそう?1時Dscf2342間ギリギリに4匹目をゲットしてからも調子は上がらないまま。餌のタッチや餌付けは既に変化させているが、どうもハッキリしない(このままでは餌のせいにしそうだ)。そこで、11時を前にウキ下の調整。すると、再開第1投で抜群のあたり!そしてかかりました!とりあえず第2目標までDscf2343は何とか届いた。おおっ、サイズもちょっぴりではあるがアップしたぞ。しかぁ~し、続かない。11時を過ぎた。あっ、柳の木の奥にへら師。いつ来たのかは不明だが、竿は曲がっている。さて、ウキの動きは相変わらずあるものの、あたりに合わせてもカラまたはバラシの状態に逆戻りしたので、再度ウキ下を調整すると、時合になったのかは不明だが、あたりに合うようにDscf2344Dscf2345Dscf2346なってポツポツと3匹を追加。第3目標も急に視界に入ってきた。しかぁ~し、如何せん餌がない。どうやらそろそろ終わりか。でも何となく悔しいなぁ。最後の1投。すると、何Dscf2347とここでまたもバッチリのあたり!そしてかかりました!おおっ、今日一番のサイズが出た!これは言う事ありませんね。時刻は11時24分。結果、実釣1時間40分で9匹。11時を過ぎてからわずかの間に4匹出たのは嬉しいが、出来ればもう1匹欲しかった。そこで、何を思ったのか底をDscf2348続行と決める(後で思うと、おそらくまだ2時間経っていないので、もう少し頑張って第3目標に到達したかったのでは?)。ただし1時間以内で終われるよう餌は少なめに。ダンゴの底釣り(夏)単体で勝負だ。しかぁ~し、水の量を多くし過ぎてヤワヤワになってしまった。これで数投打ってみるが、どうも心許ない。そこでマッハを一掴みパラパラ。何故夏を追加しなかったかは不明。とりあえずそこそこのタッチになったので、これで良し。再開すると、すぐにウキが動き出す。そして開始10分経たないうちに1匹目。ウキじゃなくて餌だったのかな(時合Dscf2349Dscf2350Dscf2351Dscf2352Dscf2353でしょう)。するとその後もカラやバラシを挟みながらもポツポツと4匹を追加出来、12時のサイレンを聞く。最後の1投は残念ながら効かなかったが、12時8分に底は終了だ。結果、2回目の底は実釣40分余で5匹。真底が夏より良Dscf2354かったかはまだ分からない。トータルでは実釣2時間半余で14匹と、セット並みの結果まで漕ぎ着ける事となった。Oさんは年中両ダンゴの底で通していて私には真似出来ないが、これからの時期私でも両ダンゴでいけるかも。さあ、次は問題の宙。両ダンゴが私にとって鬼門なのは間違いないが、とりあえず第1目標クリアを目指してやってみよう。と、その前にお約束の昼食休憩。対面の1人とこちら側橋の下は帰ったが、ダム?そばに1人入ったようだ。この暑いのに大丈夫か(大きなお世話でしょう)。さて、昼食も終わり、続行だ。竿は9尺、餌は特S:GTSを2:2に水1。ハリスがセットのままになっているので、上ハリスを交換するが、元々の下ハリスが30cmだったのを上ハリスとして、40cmの下ハリスを付ける。ちょっと長過ぎる気がしながらも「たな」1本での再開は12時28分。うわっ、思ったより振りにくいぞ。風もあって餌があっちこっちに落ちる。これはマズイ。慎重に餌打ちすると、何と数投でズバッというあたり!そしてかかりました!これは素晴らしい。しかも、顔が上がれば30cmオーバー。急いで「たも」を用意するが、「たも」の手前で外れた(ガクガクッ)。最近宙では1匹目がなかなか釣れないなぁ。でも、あれだけのサイズが既にいるんだから、何とかして1匹。しかぁ~し、ウキは動き始めたものの、あたりの大小に拘らずカラまたはバラシ。一体どうなっているのか?多分ハリスが長過ぎるんだろうと分Dscf2355かってはいるものの、短くして釣れる保証もないので、しばらくはそのままで。すると、1時近くになって、ズバッと消し込むあたりに合わせれば、やった今度こそかかったでしょう!一旦は凄い引きだったが、すぐに手応えがなくなる。あれぇ、変だなぁと引き寄せると、グッとサイズダウンした1匹目だ。ちょっと寂しい気もするが、当初の目標達成に安堵。ここでようやく両ハリスを約5cm詰める事が出来た。すると、1時を過ぎてズバッ、ズバッとあたりが出るようになDscf2356Dscf2357り、2匹を追加。3匹目は採寸したら36cm(写真はへらが動いてしまったので35cmくらい)。まあ、測るほどではなかったか(少しだけ余裕が出来た)。その後もウキは動き続けるが、いつもの私の両ダンゴで、次第にモヤモヤ。多分餌の経時変化だと思うが、相変わらず手水でグルグルしか能がない私。およそ両ダDscf2358P1000464ンゴの釣りらしからぬ、しっかり餌付けして待つ、でズバッ!と4匹目。1時半を過ぎ、同様なあたりで5匹目!期待以上の結果だ(おそらくはこの時期限定だと思うが)。ただ、カメラが一時的に電池切れサインを出したので、携帯で撮った。しかぁ~し、マイクロSDの具合が悪くなって見たとおりの変なズレ。まあ結果とは無関係なので、ドンマイドンマイ。ただ、次第にウキの動きが悪くなるのはどうしても避けられないようで、揉み過ぎたダンゴでドップリ馴染んだウキがなかなか返さず、その間に小さくモヤモヤ。そろそろ2時。すると、急にズバッというあたり!何だ何だと合わせると、うわっ凄い引き!またもや35cmクラスかな。いいえ、とんでもございません。単なるスレでございます。しかも目に。スマンスマンと急いで外す。2時を過ぎ、隣のへら師と深場流れ込みは帰っている。餌も残りあとわずか。3投分しかない。丁寧に餌付Dscf2360けして打つと、ここでもズバッというあたり!やった「上がりべら」でしょう。サイズもまあまあだし、何だか気持ち良い。それからの2投分は弱いあたりのカラで、2時17分に終了だ。結果、宙では実釣1時間50分で6匹。サイズもまあまあのが混じったので、私としては満足満足。トータルではDscf2361実釣4時間20分で20匹。底も宙もバラシが多かった。片付け。今日から底も宙も両ダンゴと言う事で、結果がどうなるか不安だったが、終わってみれば普通(もちろん私にとって、だが)。特に宙でのズバッというあたりは痺れるなぁ。左腕は肘と肩が痛くなっているので、今晩風呂でリハビリしないとね。片付けを終え、駐車場に戻る。暑い。が、今日はベイシアには寄らない(特に意味はありません)。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
連荘はちょっと疲れるなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 無理をして出掛けたみたが@大楽地の池 | トップページ | 再びトイレのリフォームをするのだが:いよいよ工事日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無理をして出掛けたみたが@大楽地の池 | トップページ | 再びトイレのリフォームをするのだが:いよいよ工事日 »