« 今日から底も宙も両ダンゴ。でも釣れるかな@増沢池 | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS »

2013年4月19日 (金)

再びトイレのリフォームをするのだが:いよいよ工事日

ちょっとしたトラブルがあったのだが、先月末に料金を支払ってから約3週間、ようやく工事の日がやって来た。待つのは結構長く感じるもの。やれやれと言う感じ。
今日の午後1時半から2時の間に来るとの連絡をもらっていたが、先方の都合で2時半から3時の間となった。まあ、これは予め連絡があったので、特に問題にするほどではない。3時少し前に業者さんが到着。いよいよリフォームの開始だ。
Dscf2362Dscf2363Dscf2364工事は順調に進み、古い便器を取り去ったところまでは良かったのだが、ここで工事が中断。業者さんが何処かに電話をかけている。あれっと思い声をかけると、どうやら便器Dscf2365Dscf2366と配管を繋ぐセットが違っているようだ。見積もりの前に見に来てもらったので、そのあたりは間違いないと思っていたのだが、これが付かない。緊急事態?と言う事で別の人が何処からか調達して持って来たようだが、これが純正のものなのかは私の知る範囲外。大体1時間をロスした。業者さんには何の落ち度もないので、時間のロスは痛いだろう。ようやく本体の組み立てに入ったが、そろそろ暗くDscf2367Dscf2369なる時間。しかぁ~し、これが大変だ。タンクレスという機構が関係するのかどうかはこれまた不明だが、結構な時間をかけて組み立て、トイレに設置。もう外は暗い。水漏れのチェックやら動作確認を経て、やっと私の確認タイムとなった。予めパナソニックのショールームで現物と動作を確認してあった(契約時には○マダDscf2373Dscf2372
電機には現物がなかった!)ので、特に問題なく7時過ぎに終了。業者さんお疲れ様でした。今回のリフォームは本当にいろいろとあったが、やっとこれで一件落着となるか。
そうそう、配管のセットは価格差が生じて差額が返金になるが、これが済むまではリフォームが終わったとは言えない。使いながらのチェックと共にキチンと見ていこう。終わり良ければ全て良しとなるように。
 
ここをポチッと宜しく根!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 今日から底も宙も両ダンゴ。でも釣れるかな@増沢池 | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS »

コメント

おはようございます。
羨ましいですね、綺麗なトイレット博士!
こんな綺麗なトイレはトイレじゃない!
ちょっと隅のほうにウ○コつけとかないとね。
そんなことするとyuri爺さんから何か言われるか?
「汚いもの載せて~~」ってね。

ゼンゼン関係ないけど、最近バンちゃんの影が見えないですね。忙しいのかな?
トイレネタの所でバンちゃんの話するな!って言われそう。

投稿: 黄金バット | 2013年4月20日 (土) 04時58分

バットさんおはようございます。
金に余裕があれば、自動で流すトイレにしたかったのですが、無理ですね。自動で蓋が開くのだけは確保しましたが(どうでも良い?)。
yurieさんは最近竿を出しているんでしょうか?FBの方を見に行けば分かるんじゃないかと思いますが、FBには興味がないので。
バンさんとは、ビーさんですか?または何度も生き返る人?masaさんのブログにも米ありませんよね。

投稿: sunshine_hera | 2013年4月20日 (土) 10時18分

業者さんもこんなに写真撮られたらイヤだったろうなって思っちゃいます。
でもこれで定期便はキレイキレイの安心ですね。
ついでに増沢のも替えてくれない?

投稿: パラソル | 2013年4月21日 (日) 20時49分

パラソルさんこんばんは。
これは2回目なのですが、1回目はホームセンターで取り付けました。その時も写真を撮ってあります。

http://herabuna-fishing.cocolog-tnc.com/blog/2010/12/post-6dcd.html
 
増沢では真ん中の洋式に入りましょう。和式はお腹が当たって苦しくて・・・。

投稿: sunshine_hera | 2013年4月21日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日から底も宙も両ダンゴ。でも釣れるかな@増沢池 | トップページ | MILES DAVIS THE ANTHOLOGY '55-'58 その5:MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS »