« 急に何が何でも竿が出したくなって@増沢池 | トップページ | プチ旅行その1:スズキ歴史館 »

2013年4月 9日 (火)

今日も今日とて増沢詣で@増沢池 with ごく短時間の岡ジャミは一で二三さん

今日は好天のうえに風が弱いとの予報。昨日決めた通りに増沢へゴー!駐車場着は9時過ぎか。あれれちょっと風があるぞ。ちらっと見えた湖面も波立っている。オイオイと思いながらも荷物を降ろし、いつもの場所へと向かう。まだ水は引いておらず、泥色のまま。へら師は対面に看板横の1人だけ。こちら側も私以外には深場整地されたところと流れ込みに1人ずつだけだ。こんな陽気でもあまり出てこないのか。まあいい、準備しよDscf2276う。ちょうど湖面が凪いできたので、11尺の底から入るかな。ウキは細いトップのものを採用。餌は相変わらずのバラグルセット。上空雲が多いのか、ウキの色が湖面の泥色と干渉してやや見辛いが、とりあえず底を取り、開始は9時35分。しかぁ~し、数投もしないうちに波。しかもすぐには止まないようだ。ウキの視認性は皆無。仕方なく太いトップのものに変更して、再開はジャスト10時。深場整地された辺りには常連さんがポツDscf2277Dscf2278ポツやってきた。時間通りだ。さて、再開してすぐに、馴染んだウキがムッと押さえるような動き。これに合わせれば早くも1匹目ゲット!更に次の餌打ちでも同様のあたりで連荘!これは素晴らしい。今日は爆釣の予感?だが、続かなDscf2279Dscf2280Dscf2281いのが私。それでも少し間が空いてポツリポツリと10時半過ぎまでに3匹を追加し、早くも第2目標クリア!気持ちはもっと釣れても良いのでは、と納得いかないが、まあこれが私のアームでしょう。しかぁ~し、波もあってウキが見辛いのは変わりなく、何となくあたりが出ているのでは、と思うウキの動きを見過ごす事数回。全く手が出ない。その後Dscf2282Dscf2283Dscf2284次第にウキの動きが悪くなって、ポツリポツリのペースは変わらず、11時までに3匹を追加。ちょっとイライラしているのは何故?、ウキ下の調整は今がちょうど見易い位置に馴染んでいるので、怖くて触れず。餌付けの大小やらタッチで対策しているつもり。しDscf2287かぁ~し、ウキの動きが悪いのに苛立って、無理に合わせれば案の定腹にスレ。すると、その後も口周りのスレ、ブルー(今年初?)、再び口周りのスレと数を増やせない。悔しいのはブルーはちゃんと口にかかっていた事。なんでだろう~なんでだろう~(古~っ!)。それからしばらくウキの動きは変わらなかったが、11時半頃になって急に復活。そしてちゃんとかかるようにはDscf2289Dscf2290なったが、これが放流ばかり。それまではそこそこのサイズも混じっていたのだが、グッとサイズダウンして第3目標クリアとは、ちょっと寂しDscf2291Dscf2292い。その後もパッとしないまま2匹を追加。グルテンが尽きたので両ダンゴもどきで続行すれば、ガツッというあたりでやったこれはグッドサイズか?しかぁ~し、散々手こずらせた挙句が腹から見えてきてガクガクッ。どうやらこれで底は終わりかなと思っていると、背後から「この池では何が釣れるんですか?」との声。ヘラブナですよと答えながら振り向いたら、そこで笑っていたのは何と一で二三さんだった。これにはビックリ。用事で来浜したそうだ。最近は忙しくてFBの更新も疎かになっている。へら以外の釣りもご無沙汰との事。ちょくちょく浜松に来ると言うので、その際にはDscf2294振り出しの竿に仕掛けを巻きつけて持って来れば良いのにと言いながら空合わせをくれると、何とかかってます!そして12時のサイレン。一で二三さんはそれに同期するように去って行った。わずか数分の岡ジャミだった。今度は是非ご一緒しましょう。その後はじきに餌が尽き、一旦終了。時刻は12時11分。結果、底では実釣2時間半強で13匹。スレて上がってきたのがDscf22954回、バラシとカラは数回?そしてブルー1匹だった。ちょうど湖面も少しではあるが穏やかになったことだし、次は宙で行こう。おっとその前に昼食だ。さて、竿は9尺で餌は昨日と同じセット。ウキは新しいのをおろした。これはオモリは背負わないが、トップが太くて見やすくバラケを背負う。「たな」1本での再開は12時31分だ。すると、数投でウキに動きが。これは昨日より高活性?しかぁ~し、あたりらしきウキの動きに反応してもカラ。小さなあたりは元より、バラケが抜けてからダッと入るウキの動きでもカラ。おかしいなぁおかしいなぁと思いながら、バラケの大小と圧以外に特に何かする訳でもなく餌を打つ私。ひょっとしてブルーが来ているのかも。底でもあったしね。でも、かからなければ何だか分かりません。あっといDscf2296う間に1時を過ぎ、開始40分経とうとする頃になって、初めてかかりました!しかぁ~し、顔を見る前にバラシ。ガクガクッ。それからしばらくして、やっとあたりに合って1匹目。やれやれ、長かったなぁ。が、その後もウキの動きに翻弄されて1時半。今度はズバッというあたりでやったと合わDscf2297せると、バラケを食っていた。でも、2匹目は嬉しかぁ。最初のウキの動きから考えてこの結果はないが、昨日もひょっとして波の中動いていたのかも?ここで、「玉」に代えて基本の「丸」を出してみる。すぐ落ちるので本当は使いたくないが、かと言って放っておいても減らないので、ここはバーゲンセール第2弾だ。でも、1個の容器に結構入っているなぁ。今日中に使いきれるかな?早速打ってみると、案の定毎回のように落ちる。そっと仕掛けを上げれば付いてくる事もあるが、ちょっとでも強い?合わせでは話にならない。それでもめげずに餌打ちするが、何だか「玉」の時よりウキの動きが悪くなってきたぞ。まさかね。ちょっとだけ「玉」に代えるとウキの動きが復活。ほらね。しかぁ~し、これはたまたまだったようで、どうやらゴールデンタイムが近い筈なのに、逆GTになってしまったようだ。再び「丸」で続行。すると、2時を過ぎてズバッ!やった「丸」でも食ったぞ!しかぁ~し、腹にスレだ。やっぱりねと言いたくなるが、まだ分からない。2時半を過ぎ、開始2時間が経過。すると、またDscf2299もズバッというあたり!やった今度こそ食ってますように。寄せてみれば口ですよ口。ようやく「丸」の名誉挽回だ。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが悪くなり、ズバッというあたりもバラシ。やはり食わないのかなぁ。いよいよあと2投。すると、ウキが立ってすぐにズバッ!やった「上がりべら」ゲットかと喜んだがそれも束の間、30cm超のお姿は目に入ったもののバラシでガクガクッ。そして最後の1投も叶わず、バラケが尽きて無念の終了。ただ、「丸」が余っているので、捨てるのは勿体無い。バラケなしで打ち込むと、あれれウキが動くではないか。そしてこちらもラス前。すると、何とズバッというあたり!やったと合わせれば、かDscf2300かりましたよ!これは嬉しい。しかぁ~し、「たも」に納めればスレている。最後の最後にガクガクッ×ガクガクッ。時刻は3時5分。へらはバラケの近くにいた事は間違いない。それを食わせられなかったと言う事。結果、宙では実釣2時間半弱で3匹。スレ2回バラシ数回だった。トータルでは実釣約5時間で16匹。宙がなぁ・・・。片付け。こちら側深場の常連さんも一気に片付けDscf2301開始のようだ。残るへら師は対面浅場にご夫婦、橋の下(しも)整地された辺りと深場ダム?そばに1人ずつ。波は弱くはなったものの収まらない。残った皆さんはゴールデンタイムを満喫してください。片付けを終え、車に戻る。日陰では一向に暖かさを感じなかったが、日向に出れば暑いくらいだ。さあ、今日はベイシアとカインズにも寄って帰るぞ。意気揚々?と池を後にした。
 
バラケはちゃんと作ろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 急に何が何でも竿が出したくなって@増沢池 | トップページ | プチ旅行その1:スズキ歴史館 »

コメント

岡ジャミしました 一で二三 です。 久しぶりに増沢池まで降りましたが、いつもいつも雰囲気のいい池ですね。

余裕がなく、ゆっくり釣りを楽しめないのが残念でした。 近いうちに竿を出したいと思っていま~す!

投稿: 園田一で二三 | 2013年4月10日 (水) 07時10分

一で二三さんおはようございます。
昨日は本当にビックリしましたよ。また機会があればご一緒しましょう。相変わらず良い池ですよ、増沢は。

投稿: sunshine_hera | 2013年4月10日 (水) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急に何が何でも竿が出したくなって@増沢池 | トップページ | プチ旅行その1:スズキ歴史館 »