« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

水位が元通りに@増沢池

Dscf2692この間の雨で水位が戻ったかも、と出掛けました増沢。5月が終わることもあって回数を稼ぐ意味もあり、また1週間以上竿を出さなかったので、禁断症状もあって。ただ、予報が晴れなのに対し、空は雲がベッタリ。途中フロントグラスにポツポツ雨粒が付いたりして、駐車場に着いた頃はかなりトーンダウン。とりあえずアリバイ作りに竿を出すかな。荷物を降ろして池に向かうと、対面には誰もおらず(後から看板横に2人)、こちら側は柳の木の奥の奥に1人と、あとは塩ビ管奥の整地された辺りに何人か。あっ、水位が完全に元に戻っている。これはやる気にDscf2693なりました。早速準備しよう。竿は11尺で底から。餌はいつもの夏・冬・マッハ。底を取り、開始は9時34分。すると、10投も打たないうちにウキがモヤモヤ。そしてあたり!しかぁ~し、最初からカラ。う~ん、おかしいなぁ、最初は大体かかるんだけど。更に、今Dscf2694度こそと思ったあたりも鱗。何だかなぁ。久し振りに来たので、もっとサービスして欲しいのだが、なかなか厳しいぞ。それでも開始20分経過した頃、やっと出ました1匹目。ちょっとスマートに見えるが、これはへらでしょう。カウント。が、9時台はこれだけ。10時を過ぎてすぐのあたりでは、Dscf2696竿先が水中に引き込まれるあたりが出たものの、単純にスレ。が、特にまだ何もせず続行。するとじきに2匹目が出る。あたりは良く分からなかったが、サイズもまあまあとあっては、やる気はなくならない。その後もカラやら鱗からに悩まされながらも2匹を追加して、一応第2目標にリーチDscf2697Dscf2698となったところで、もう少し良いあたりを出したくなり、開始1時間を機に底を取り直す。大体合っているので、気持ちの持ちようかも知れない(オイDscf2699Dscf2700オイ)。しかぁ~し、しばらくして何故か連荘!第2目標をクリア。あたりが良くなった感じはないが、やはり何かをしてみるもんだと勝手に納得するが、今日は餌付けも大きく、また餌打ちのインターバルもキチンと行った?せいか、餌の消費が早い。この量なら以前は3時間は持ったが、省資源釣法も見直す時期に来ているのかもしれない。11時を過ぎてそろそろ「上がり」べらが欲しくなるところ。しかぁ~し、空が明るくなると同時にトンボ攻撃が出始め、イライラが募る。そしてやったと思ったあたりがスレ。これはマズイ。何とかもう1匹。しかぁ~し、残念ながら数を増やせず11Dscf2702時15分に無念の終了だ。結果、底では実釣1時間40分強で6匹。もっと釣れても良かったような気がするが、敗因?はウキは動いてもあたりを出せなかった事に尽きる。さあ、次は宙。竿は9尺に替え、両ダンゴからと思ったが、仕掛けがトロ掛けのままなので、最初はそれで行こう。餌は特S・天々・マッハのバラケにトロロだが、このトロロ多分1夏は過ごしているだろう。前回はそこそこの結果が出たが、果たして?また、前回は私にしては気前良く使って随分残ったので、今日はそれなりの量をはがす。そして相変わらずの「たな」1本での再開は11時30分だ。前倒しの昼食も考えたが、この餌を打ち切ってから。さて、開始してしばDscf2703らくして、馴染んだウキが小さくモヤッとしたのに合わせると、やったかかりましたよ!サイズはちょっと物足りないが、とりあえずトロ掛けでの凸は脱したので文句は言いません。しかぁ~し、その後が良くない。バラケの付け方が甘いのか、はたまたトロロが抜けてしまうのか、一向にあDscf2704たりが出なくなってしまった。じきに12時のサイレン。すると、今度はズバッというあたりで2匹目。サイズもグーンとアップして、これなら宙をやる意味がある。が、その後はなかなか思うようなあたりが出ず、どうやらトロロが落ちている感じ。でも、今日はこれを使い切るだけ。それからもあたりはポツーリポツリとズバッ!が出て、それを拾う展開。それでも12時半までに3匹をDscf2705Dscf2706Dscf2707追加して、何とか第2目標にリーチだ。が、タイミングが悪くて竿を立てられず、ハリス切れが2回。段差が気に入らず手直ししたりしていたら、あたりはあっても1時までに3匹Dscf2708Dscf2709Dscf2710しか追加出来ない。まあ、第2目標はクリアしたので、そこそこかな。しかぁ~し、トロロのDscf2711持ちが更に悪化して、量も少なくなった。そこで、もう1匹追加して第3目標も視野に入って来たのは重々承知の上で、1時15分に思い切って終了。バラケはまだ残っていたのに、だ。省資源釣法の見直しが必要な時期になったのかな(PART2)。結果、トロ掛けでは実釣1時間45分でDscf27129匹。サイズも満足なのでもう終わっても良いが、まだ時間がある。遅くとも3時までに終われば良いので、もう少しやってみよう。竿と仕掛けはそのままで、ハリスを交換。25cmと35cm(個人の感想です)。餌はS-イエロー。今日は4:1と少なめに作る。そして同じ「たな」での再開は1時23分。昼食はまたも後回しになってしまった。さて、トロ掛けでもそんなにあたりは出なかったので、ひょっとしたらアウトかもしれないと思いながらも餌打ちを始めれば、何と言う事でしょう、すぐに消し込み!しかぁ~し、カラ。その後もズバッ!でカラばかり。へらが寄ったのは分かったが、餌のタッチが悪いのか、それともハリスが長いのか?あれこDscf2713れ考えるが、結局何もせず開始20分くらいそのまま続けると、やっとかかりましたよ!サイズもグーだし、このままどんどん行こう。すると、次の餌打ちでもズバッ!でかかりました。連荘!しかぁ~し、寄せてみるとスレ。う~ん、惜しい。でも、このスレでへらが散ってしまったかなと思いなDscf2715がら餌打ちして、少しだけ下を向いたらウキがない!慌てて合わせればまたもかかりました!これもグーなサイズ。いやぁ残念、スレがなければ3連荘だったのにと、いつものタラ・レバ。でも、何故急にあたりに合うようになったのだろう。まだ早いがひょっとしてゴールデンタイム?が、少し間が空く。これも良く分からないが、分からないまま続けると、2時を過ぎてまたも連Dscf2716Dscf2717Dscf2718荘!そしてもう1匹。あっという間に第2目標クリアだ。全て気持ち良い消し込み。これはいい、いいですよ。トロ掛けでは出なかった、まさかの第3目標クリアもあるかもね。これぞゴールデンタイムか。でも、いつもの事ではあるが、餌が残り少ない。1時間半くらいDscf2719Dscf2720持つつもりで作ったのだが、1時間で使い切りそうだ。省資源釣法も・・・PART3。すると、2時半を過ぎてまたもズバッズバッ!更には最後の1投では1個しか餌を付けられず、多分あたらないのではと片付けを始めていたら、ウキDscf2721がズバッと入ったではないか!危ない、竿を持って行かれそうだ。慌てて竿を持つものの、完全にタイミングは遅れていた。しかぁ~し、かかりましたよ!いやぁ、最後の最後まで諦めてはいけないと教えられました。まさにネヴァー・ギヴアップだ。時刻は2時35分。結果、両ダンゴの宙では実Dscf2722釣1時間10分強で8匹。ペースとしてはトロ掛けより良いが、時間帯に救われたのかも。トータルでは実釣4時間半強で23匹。底の時点ではあまりパッとしない感じだったが、宙でカヴァーした。時間5匹もギリギリクリアだし、サイズもまあまあだし、水位の復活とへらの活性アップで、しばらくは数もサイズも満足の釣りが出来そうだ(あくまで個人の感想です)。片付け。塩ビ管奥の常連さんはそろそろ帰り支度か。太陽の高度が高くなったので、直射が暑い。昔のように早起きして昼前に終わるような釣りに戻したいが、これがなかなか。起きてはいるんですけど。片付けを終え、駐車場に戻る。気温の上昇で息が上がるのは仕方ないか。荷物を積み、車中で遅い昼食。飯はまだしも、水分補給もしなかったのはダメダメ。次回からは気をつけよう。さあ帰るとするか。用事があるのでベイシアには寄れない。あっ、あれはOさんの車では?確か替えたと言っていたのを思い出し、メールしてみる。すると、やはり整地された辺りにいたようだ。明日は雨でなければ来ると言われたので、了解しましたと返信。そろそろと池を後にした。
 
そこそこ釣れれば楽しい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

プチ旅行記その2:トーキョー・ディズニーシー(前編)

Dscf2575翌日は早起きして、7時前には出発。行き先はトーキョー・ディズニーシー(TDS)だ。今年開園30周年のディズニーランド(TDL)は20数年前に会社の旅行で訪れただけで、TDSは初めて。姪の旦那に迎えに来てもらい、全8名での出発だ。田舎者丸出しでレインボーブリッジを渡る。駐車場着は8時少し前。今日はいつもの平日に比べてかなり空いているらしい。さっさと入場ゲート前にDscf2576Dscf2577並んで1時間後の開園を待つ。こちらもいつもより少な目の行列らしい(PART2)。前知Dscf2578識が何もないので、言われた通りに動く予定。チケットは乗り放題になっていて、私が遥か昔に来た頃とは全く違うシステム。1回に全てのアトラクションを体験出来る筈もないので、なかなかうまい商売だ。10分前に行列が動き始め、いよいよ開園だ。走らないようにとアナウンスされていたが、客の大半はゲートを抜けると我先にと走り出す。もちろん私は走りませんよ(体力温存?)。姪Dscf2579Dscf2580が夕食の予約とタワー・オブ・テラーの順番待ちに並んでいる間に、私はトイ・ストーリー・マニアのファスト・パス8人分をゲットだ。園内は凄い人込みのように思えるが、これもいつもよりかなり空いている(PART3)とは、込んでいる時には一体どんななのだろうと思うとぞっとする。タワー・オブ・テラーに乗るのは私と姪2人の3名。あとはタートル何とかに行っている。ここもほとんど順番待ちなしで中に入れた。夢の国なので、スDscf2584タッフの方の仰々しい前振りにも引く事なく、いよいよ真っ暗な中上へと上がって行く。こういう類のアトラクションは一体何年ぶりなんだろう。心拍数がかなり上がる。まだ始まっていないのに、あちこちでキャーキャー。何だかこちらも緊張してくる。そしてタワーの頂上付近まで上がった座席が真っ暗な中ストンと落下。思わず「あっ」と声が出た気が。その後数回上下を繰り返して終わるのだが、安全バーを強く握り締めている私がいた。外へ出る時にはもうフラフラ。最初Dscf2585からこれでは、先が思いやられる。それから何とか言う海近くに集合して、何とか言うDscf2586パレードを見る。拷問かと思われるような大音響と共に、ミッキー以下人気者が乗った船がエリアを何周か廻るのだが、そんなに興味がなかった筈の私が懸命に写真を撮っている。夢の国では1人だけ醒めていてはいけないと姪から言われたので、KYにならDscf2590Dscf2594ないよう私なりの「乗り」。私のデジカメが3倍ズームなのに対して、姪のそれは一体何倍なのだろうか?大きさといいピントといい、比較ならないくらい綺麗だ。もっとも、釣り用に買った1万以下のデジカメに期待してはいけないと分かってはいるのだが。それから歩いて歩いて(この日が曇りで本当に良かった。カンカン照りならとっくに倒れていDscf2596Dscf2598る)、少し早めの昼食を、何とかいうバーガーショップ?で摂る。ここは時間制になっていDscf2600Dscf2599て、その間にショーが観られるのだ。内容は大した事がないが、人気者が出ているので子供には良いだろう。とりあえず写真だけは撮るが、暗い中ピントも合わず苦戦。食事もDscf2603Dscf2604Dscf2605Dscf2607終わり、一体どの辺りを歩いているのかも分からないまま、奥へ奥へと?歩く8人(分からないのは私だけ?)。一体次には何が待っているのか?乞うご期待!
 
既に足腰に来ている。辛いが止まる訳にはいかないゾ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

プチ旅行記その1:記念館みかさ

月曜から2泊3日で横須賀に行って来た。この世から消えた訳ではなく、更には法事でもなく純粋に旅行だ。
昼頃に新横浜に到着。昼食後に横須賀へと移動し、以前雨で見に行けなかった「戦艦みかさ」の記念館に行く。
Dscf2555Dscf2570到着すると、平日にも拘らず多くの人。見ると「日本海海戦108周年記念式典」とやらが行われていて、これが尋常でない人出の原因のようだ。
Dscf2552Dscf2565やたら写真を撮るべく、まずは東郷平八郎元帥の銅像をパチリ。それから「みかさ」に乗船だ。と言っても、海に浮いている訳ではなく地面に固定されているので、船ではなくなっているのだが。ちょうど海上自衛隊の音楽隊の演奏が始まるところ。客の多くは海Dscf2559Dscf2560自のOBのようだった。甲板を、人込みを縫うように歩いては写真。すぐそばには無人Dscf2567Dscf2568Dscf2569島「猿島」が見える。更に船内に入り、展示物を見る。空いた時間にはビデオで日本海海戦に至るまでの経緯と海戦の状況を鑑賞だ。多少海自のコマーシャル的な側面はあったが、それを考慮しても今更ながらの勉強になった。ちなみに制作はNHKエンタープライズ。
懇親会が船上で始まるようなので、急いで下船。何年か越しの見学が出来て満足。Dscf2571Dscf2574が、これが今回のメインではない。明日は早起きしてメインのスケジュールをこなす事になる。それは何か?半分ワクワク半分しんどそう。
 
長時間歩く事になるので、体力が心配だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

pole fishing(西洋のフナ釣り?)

ブログ村の記事の中に、西洋のフナ釣りらしきものが紹介されていた。それが "pole fishing" だ。早速ようつべで検索してみたら、出て来たのがこれ。確かに道具が多い(バットさんもビックリ!)のは元より、延べ竿で釣り座もあってそれらしいが、よくよく見ると驚きだ。大体竿元が物干し竿みたいにド太い。更に、フナがかかった時には継いでいる竿をどんどん抜いていって、普段我々が見るくらいの太さになって、ようやくフナを寄せる作業になる具合。でも、フナがかかっていても(40cmくらいあるのが釣れた)竿が硬いのかハリスが太いのか、お構いなしに竿を寄せては抜くという、我々にとってはカルチャーショックだ(英語は分からなくても動画で何とか)。
どうやら、我々が使うのと同じくらいの竿の長さまでしか道糸はない感じで、思うに岸付近では釣れないので、かと言って竿の長さ分道糸を付ければおそらく振れないだろう。そこで、道糸はそれなりの長さ、岸からの距離は物干し竿で稼ぐと言うことか。でも、釣れる度に竿を抜くの繰り返しを見ていると、それなりの進化は認めるにしても、「洗練されていないなぁ」と言うのが正直な感想。これでも西洋では釣りのジャンルの一つになっているようだが、この人達に日本のヘラブナ釣りを見せてあげたい(私と同じようにようつべで調べればいいのに)と思うのは思い上がりだろうか。

世の中いろいろな釣りがあるけど
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2013年5月24日 (金)

「我が家の女たち」が終わった

BS朝日で放映中だった「我が家の女たち」が昨日終わった。1回30分(実質20分もない)を週4回、月16回で全125話だから、およそ8ヶ月見続けた事になる。最近はどの韓国ドラマにも共通のテーマ(子供の取り違え・交通事故による記憶喪失・母親が自分の娘を嫁として迎える・親同士の確執で結婚が頓挫とかetc)があって、それをどう組み合わせるかだけの話になっているので、そろそろ観るのを控えよう(または絞り込んで2、3つ)かなと今更ながら思い始めているところ。
それに、ドラマが韓国の実態とはかけ離れている部分が多い(特に時代劇は面白いけど噴飯もの)事も明らかになってきて、いささか興ざめしている。
単純にドラマとして観ればそこそこなので、これからも多分観なくなる事はないと思うが、覚めた目でのめり込まずに観ていては面白くなくなるかもね。
 
光への移行に伴って、PCを買い換えようかと思っていたが、OG氏からPCは既に終わっているので、タブレット端末にでも替えた方が良いのではとの忠告を頂き、現在検討中。
確かにPC(私が欲しいのはデスクトップ)のスペックが今必要かと言われると、単に自己満足でしかないような気になってきた。そのために10数万円を出すなら、数万程度で済むタブレット端末で今の私のPCライフはほとんど事足りてしまうのは明らか。よーく考えて答えを出そう。
 
でも無線では光の恩恵に与れないし
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年5月23日 (木)

やっと今年初めてこの池でへらが釣れた@浜北新池

今日は午後通院なので、遅くとも1時までには釣りを終えたい。短時間の釣りになるが、はてさて何処の池が良いだろう。もちろん増沢は考慮外。それなら浜北新池にでも行くかな。ここはいつも短時間の竿出しなので、気が楽だ。しかぁ~し、途中で斧に行きたくなった。でも、これから場所を変えると竿を出す時間がどんどん少なくなってしまう。最初に決めたとおり浜北新池だ。池に着いたのは9時半近く。車が2台停まっているので、久し振りの先客か。何処に入っているか確かめに堰堤を登ると、あれれ誰もいなDscf2545い。ゲゲッ、水面に油膜やらゴミやら。いつも入る堰堤右端にはそれらがごっそり溜まっていて、とても入る気になれず車に戻る。荷物を降ろし、エッチラと堰堤を登りながら、仕方なく堰堤真ん中に決定だ。ただ、上から見ると水草があるので、あまり長い竿は出せない。そこで、私にしては短めの12尺。餌は相変わらずの夏・冬・マッハだ。油膜とゴミに注意しながら底を取り、開始は9時47分。既に暑いが、風もあって我慢出来ない事はない。傘は出さなくて大丈夫(やせ我慢かも)。これから3時間やって1時。餌の量も問題なしだ。糸トンボはいない訳ではないが、増沢ほど多くないのでイライラも少しだけ。数投打ったところで、1人声をかけてきた。まだ始めたばかりと答えると、今日は西ノ谷も東ノ谷も2、3人しかいない、何処も釣れないようだと教えてくれた。その人はしばらく見ていたが、ウキも動かないし私の反応も悪いので去って行った。さあ、この池を独り占めだ(だから何だと言われれば・・・)。しかぁ~し、当たり前と言うかウキに動きなく、いつもより大きめに付けてインターバルも短めでどんどん餌打ちすると、開始1時間近くなってようやくウキに動きが。ん、魚がウキの下の方に泳いで行くのが見えるぞ。ひょっとしてかかるかも。すると、ウキがズルッと入り、これに合わせればやったかかりました!あっ、外れた(ガクガクッ)。これはヤバイ。この後ウキの動きがなくなるのでは?Dscf2546が、しばらくして、まさにチクッというあたり!これはバッチリでしょう。うわっ、凄い引き!寄せる途中で姿が見えたが、そんなに大きくないマー君。しかも顔の向きが違う。やっぱりね、顎にスレだ。マー君のうえにスレかぁ、厳しいなぁ。でも、まだウキが動いていれば、きっとへらが釣れるに違いない。しかぁ~し、そこからあたりらしきウキの動きは数回出たが、カラばかりで11時。時々鯉が2匹とか、へらかマー君が数匹まとまってウキの近くを泳いで行くのが見えて、宙層とは言え餌に寄って来たに違いない。きっとかかると信じてあまり待たずに餌を打つ。ウキの返しDscf2547はほんの少しで、よくよく見ていないと風・波で見失いそう。と、きっとあたりが出たに違いないのだが記憶にない。でも体は反応して合わせると、やったかかりました!今度はへらかな?サイズはそこそこに見えるが・・・。残念またもマー君。ちゃんと食っていてもガクガクッ。へら君(何処かではへら子さんと呼んでいる)への道は遠い。でもウキはまだ動いていて、ウキが2目盛返したと思っていたら、Dscf2548そこから更にボディの付け根辺りまでグーンと返した。食い上げ!慌てて合わせると、やったまたもかかりましたよ!あっ、これはマー君ではない。やった!今年初めてのへらだ(スレで顔だけは拝んだ事はあるが)。サイズ的にはちょっと寂しい(それでも30cmくらい)が、贅沢は敵、欲しがりません勝つまではと古いフレーズが口をつく。さあ、まだウキは動いているので、時合がある限り餌を打ち続けるぞ。ただ、3時間持つつもりで作った餌が、いつもより大きめに付けたせいか残り少Dscf2549なくなっている。自然と餌付けは小さめに。それでも馴染んだウキが左右に揺れるようなあたりで、またもかかりました!頼む、へらであってくれ。しかぁ~し、またもマー君。でも、久し振りにウキが動いたので、結構楽しい釣りになっている。その後もバラシにカラと、思ったよりウキは動いたが、残念数を増やすことが出来ず、11時48分に予定を上回る早さでの終了となった。結果、実釣2時間で1匹。でも、短時間の割には充分楽しめたので、満足満足。片付け。やっぱり暑い、暑いDscf2550Dscf2551ぞ。早く車に戻り、エアコン全開で昼食だ。片付けている間にも汗。気温のせいで息も少し上がる。ようやく片付けを終え、堰堤を下るとまだ車は停まっていて、へら師でなければ何だろう。急いで荷物を積み、日焼けを防ぐために着ていた薄手のパーカーを脱ぐと、風があって意外や涼しい。でもエアコンは点けますよ。ああ~っ、極楽極楽。お茶をグビグビ飲み、おにぎりをングングと食べて腹も落ち着いた。さあ、帰ろう。もちろんベイシアに寄って。そろそろと池を後にした。
 
短い竿でも案外いけるかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2013年5月22日 (水)

今度こそこれでお終いだ

全部終わったと思っていた光への移行に伴う様々な処理、実はもう一つありましたよ。それがプロパンガスからの電話信号の処理。
ガス会社には連絡済みで、今日の午前中に工事?を行う予定になっていたので、ずっと待っていたのだが、12時になっても来ないし遅れるという連絡もない。
不安と怒りがごちゃ混ぜになりながらガス会社に電話すると、昼休みなのかサービスセンターに転送された。そこで、今日午前中の工事が間違いない事を確認し、至急担当から連絡させるとの回答を得た。
その後しばらくして工事担当から連絡が入ったが、急いで向かっているとだけ。1時近くなって到着。すると、工事?とやらは何とプロパンからの信号をモデムの電話2に繋ぐだけ。これくらいなら電話1本でこちらで出来る。
実はADSLにした際に、業者さんがプロパンからの信号を屋内に引き込み、私がOAナガシマで購入した切替器で電話と切り替えるようにしてあったのだ。それで工事は挿すだけとなったという事。
担当の方はついでと言って、プロパン付近の何かを新品に交換していった。その際、データをセンターからロードしたのだが、確かにその際には電話機は話中になっていたし、ロードが終わると電話機も使えるようになったので、これで問題ないのだろう。
実際にはプロパンからの信号は数秒もかからないほど短いので、電話の使用には差し支えない。今までも問題なしだった。
さあ、これで今度こそ全てが終わった。最後がちょっとトラブッたが、とりあえず良しとしよう。
 
午前中が無駄になったが、クレームを入れるほどではないだろう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2013年5月21日 (火)

行くつもりもないのに行って、挙句の果てに行かなければ良かったと@増沢池

昨日の雨で少しは水位が回復したのでは、と出掛けて来たのは増沢。別に斧でも良かったのだが、ついつい。駐車場着は8時半過ぎ。ちらっと看板横付近が見えるが、まだ岸辺がヤバイ状態。ここで他の池という選択肢もあったが、何故か荷物を降ろして池に向かってしまう私。対面看板横と深場旧流れ込み付近に1人ずつと、こちら側は柳のDscf2530木の奥、それと塩ビ管付近から深場に向かって何人か。見ると、風・波はないが水位は前回よりまだ下がっている感じで、水面には油膜。それにゴミも。あまり竿を出したくなる雰囲気ではないが、来てしまった以上やりましょう。竿は9尺で底から。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ウキは先日西の平で太いトップのものに替えているが、そのままで行こう。底を取っての開始は9時17分。トップが太い分馴染みが少ないが、しばらくは様子見でこのまま。が、15分くらい打ってやっとウキの返しが出る。更には最初は影も形もなかった糸トンボが襲来。一体何処から来たのやら。さて、ウキの返しは出たものの、その後がないまま時間だけが過ぎる展開に。ただただ餌を打つだけ。風・波は多少ではあるが右から出て、ウキが流される。10時頃1人やって来て、旧爆釣ポイントに入った。Dscf2531釣れたかと訊かれたので、さっぱりと返事。が、ウキがトップまで戻したので合わせれば、やったようやく1匹目!サイズはこんなもので仕方ないが、とりあえず凸を免れたのが大きい。緊張が一気に解ける。そこで、ずっと気になっていたウキをトップの細いものに交換、そして再度の底取りをDscf2532すれば、再開後すぐに消し込みやらバラシが出た後に2匹目ゲット!効果覿面かと喜んだが、それも束の間、再びウキが沈黙。何故だろう。魚は確かに餌の近くにいる。だが食ってこないのだ。水が汚くて酸欠になっているのかな。その後もう1匹追加するが、ウキの動きは良くならず、11Dscf2533時を過ぎての最後の1投も「上がりブルー」でガクガクッ。時刻は11時13分。結果、底では実釣2時間弱で3匹。しかも小サイズだけというのが尚更寂しい。さて、次はどうしようかな。竿を長くして底?それとも宙?よし、ここは同じ竿で両ダンゴの宙と行こう(特に根拠なし)。隣は底でポツDscf2534ーリポツリと竿が曲がり、訊くとウキは動いていてあたりも出ているが、なかなかかからないとの事。何より羨ましいのは、トンボが来ないと言う事だ。次回はそこに入ってみよう。さて、竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はS-イエロー。いつものように「たな」1本での再開は11時21分だ。風・波は少しずつ強くなっていて、ウキが流されるのは仕方ないところ。練ってはいけないと袋にあったので、そのまま付けて打てば馴染みが出ない気がするが、そのまましばらく続行。しかぁ~し、これではいつまで経っても釣れそうにない。そこで、指でコネコネして打つと、ようやく馴染みが出た。そしてウキも弱くではあるが動き始めた。が、一度だけズバッというあたりでやったと合わせたが、途中でバラシ。手応えはでかかったが、姿を見る事は出来ず。すると、そこから一気にウキが動かなくなる。早12時のサイレン。その後もウキの動きはさっぱりのまま。1個餌釣法も試してみるが、あたりは出ず。2回目の消し込みでもバラシとなり、そのまま餌が尽きての終了は12時35分。実釣1時間15分弱で凸かぁ。あまりに短時間過ぎて結果をどうこう言えないのかもしれないが、凸Dscf2536は凸。今日は来なければ良かったと、いつもながらのタラ・レバ。でも、このまま帰って良いものか。まだ時間に余裕はあるから、ここは続行だ。ただ、私のアームでは両ダンゴは無理と言う事で、次はセットにしよう。最近「お」や「玉」ではやった事はあるが、ここは今年2回目のトロ掛けで行こう。と、その前に昼食。それから餌を作る。バラケは特S・天々・段底・マッハ。何故かと言うと、早く使い切るため。トロロは少し多めにむしって。最初と同じく「たな」1本での再開は12時51分。すると、1個餌と同様なのかウキに動きが。が、あたりにはならず。隣もいつの間にか静かになり、あたりはあっても乗らないと小さな声。私もバラケに問題はあるのはDscf2537分かっているが、とにかく餌を打って打って打ちまくれば、1時を過ぎてズバッというあたり!やったこれこれ、これですよ。しかぁ~し、寄せてみると思ったより小サイズ。しかもバラケを食っている。でも、凸よりはましと言う事で。さあどんどん行こう。すると、1時半までにもう2匹(トロロを食っDscf2538Dscf2539た)追加して、トータルでは第2目標クリア!ちょっと寂しいが、これが私の真実。トンボは相変わらず猛攻を仕掛けてくるが、あたりがズバッ!ならノー・プロブレム。サイズもちょっと大きくなり、気持ちも穏やかになった。しかぁ~し、何故かウキの動きが悪化。そして、あたりらしきウキの動きに合わせてもカラにバラシ。更にはハリス切れもあったりして、2時。トロ掛けもダメなのか(もちろん私のアームに限っDscf2540て、だが)。どうみてもこれで終わりの感じだ。こうなったら、さっさとバラケを打ち切ろう。しかぁ~し、何もしていないのにウキの動きが復活。いわゆるゴールデンタイムって奴ですか?4匹目はバラケを食っていたが、その後もそんなに間が空く事なくズバッ!ズバッ!で2時半。トロ掛けだDscf2541Dscf2542けで第2目標クリア!更にはトータルでの第3目標にリーチだ。が、予定通りバラケがもうない。いつもこうだもんなぁ。でも、続行はしない。この後東海釣り具まで餌を買いに行くので、遅くても3時までには終わらないと(帰って「我が家の女たち」も観なければ)。もう1匹は諦めよう。いよいよラス前だ。すると、何とDscf2543言う事でしょう、ここでまさかのズバッ!やった「上がりべら」ゲットだ。しかもトータルでの第3目標もクリア。一足早く終わった隣からも、良く釣れるねと褒められた。でも、それが単に時合だと一番良く分かっているのが私だ。最後の1投は特に何もなく、あがきに両トロロで打てば、へらはまだ残っているが当然あたりは出ず、2時40分に終了だ。結果、トロ掛けでは実釣1時間Dscf254450分で7匹。トータルでは実釣5時間強で10匹。私にしては上出来だろう。隣は帰り、私も片付け。奥の方、常連さんもじきに終わるだろう。竿を拭けば、黒い汚れがベットリ。水面にはあちこちに泡が残っていて、酸欠は間違いないところ。早く水が換わらないと、へらにはしんどいだろう(今日、何匹か死骸があった)。片付けを終え、駐車場に戻る。気温が上がると結構しんどい。これからはもっとしんどくなるだろう。さあ、東海釣り具に行かなくては。荷物を積み、そろそろと池を後にした。

今度こそ水位が戻るまでは行かないゾ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

まだまだあった残作業

Docu0005土曜日で終わったと思った残作業(この一つ前の記事)、実はまだありました。そうです、古い電話機の処分。と、ここで市からの連絡があったのを思い出した。そうです、小型家電の回収BOXが設置されるようになったのです。知らない方もいらっしゃるかと思う(私だけ?)ので、チラシを表示。対象となる家電については、チラシの裏側または市のHPでご確認ください。
今年の3月から始まっているようだ。早速電話機と壊れたデジカメを持って近くの設置場所に向かうと、ちょうど市の職員の方が回収に来ていたので、手渡した。もちろん電話帳などのデータは削除しておかないとダメ。
これで今度こそ光への移行が完了だ(まだ出てくるかも)。
 
明日から暑くなり、いよいよ夏の釣りだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年5月18日 (土)

まだ残作業があった

Docu0004昨日の光電話開通で全てが終わったと思っていたら、まだ作業が残っていた。それがモデムの返却。そうそう、これがあったな。これを終わらせれば、今度こそ本当の終了。そしてエンジョイ光ライフだ。
 
一つの事がようやく終わる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

「万松」で昼食&初めての「コメダ珈琲店」 with OG氏

注)この記事は一つ前の記事の続きです。
 
P1000013今日は金曜なので、今までのような失敗(定休日でガクガクッ)はない。それに、時間帯が遅いせいか客も少なくなっていて、スムーズに入店。久し振りの「万松定食」を注文だ。う~ん、美味い!それにこの量で870円というのが素晴らしい。
充分満足して店を出、喫茶店にでもと言うお誘いにも乗って、初めて「コメダ珈琲店」に入った。店は違うが斧に行く時に通る度、いつも満員(満車)なのが不思議だったが、この店は時間帯がずれているのか意外や空いていた。と、ここで大事な事に気付いた。今日は電話が光に切り替わる日だった。既に2時半を過ぎているが、予定は3時頃となっているので、まさかとは思いながらも家に電話。しかぁ~し、繋がらない。もう切り替えは済んでしまったようだ。ここで、今から帰ったところで何かがどうかなる訳でもないと居直り、店に入る。そしてアイスコーヒーとチーズケーキを注文。特に変わった様子はない店だったが、やはり朝早く来てモーニングを頼まないとダメだろう。
小一時間だべって解散。何故か急に腹が痛くなって来たが、環状線をひた走って家に到着。不定期便を済ませてから新しい電話への交換作業。慌てていたのか少し間違えたが、何とか完了。やれやれ、これで光への切り替えは全て済んだ。
 
良くぞ家まで我慢出来たもんだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (10)

トンボがいない池@西の平

今日も好天との予報に、出掛けない訳にはいかないでしょう。でも、何処へ行こうか?増沢は水位が戻るまで行きたくないし、かと言って自虐の池にもなぁ。と言う事で、やって来ました西の平。ここもまかり間違うと自虐の池になるが、季節も良くなったので多分大丈夫。あっ、先客だ。車を停めて池まで行くと、堰堤右端から2番目に、常連さんではDscf2515ない若い人。まずは挨拶だ。そして私は堰堤左端に入る事にする。湖面は凪いでいるので、釣り易そう(釣れればの話だが)。既に暑い。傘は必須。さあ準備しよう。竿は9尺の底。餌は夏・冬・マッハ。一応OG氏にも連絡しておく。底も取れ、開始は9時47分。嬉しい事に、糸トンボはいないようだ。これならイライラも出ないだろう。先客は浅い「たな」でやっているようだが、静かだ。芳しくないのかな。まあ、私は私の釣り。すると、開始早々からウキがモヤモヤしている感じ。そして早くもあたり(だが、完全に遅れた)!手首が変な方を向いたまま合わせると、やったかかりました!ん、こDscf2516の引きは?ジャミではないが、へらでもなさそう。まさかこの池にはいない筈のブルーでは?が、寄せてみるとスモールサイズのマー君。早くもガクガクッ。まだ10時になっていないが、この先が思いやられそう。その後もウキは動き続けるが、どうもウキが良くないようで、あたりを出せない。代えた方が良いのかも。でも、そのまま続行だ。先客は10時を過ぎて終了したようで、気がついたらいなくなっていた。一言ぐらいあっても良さそうなのに(かつての自分を見ているようDscf2517だった)。さて、1匹目は先客が帰ってから、底なのにズバッという消し込みで。随分スマートに写っているが、へらです。う、嬉しかぁ。ここでもウキを代えた方がと思いつつもそのまま(何故?)。その後もウキはモヤモヤするものの、あたりらしきウキの動きは全てバラシ。手応えはジャミではないので、きっとそのうち釣れる。ウキ下を調整。今日は思うようにならないウキの動きには閉口するものの、イライラにはならなかった。そして10時半近くなった頃に、今日初Dscf2518めてのチクッというあたりで、やったかかりましたよ!しかぁ~し、残念ながらまたもマー君。今度はビッグサイズでガクガクッもグレードアップだ。この池にはマー君はそんなにいない筈なのに、私のところに選択的にかかってくるのかな。見ると、先客が帰ったあとの釣り台の正面にはへらの群れ。捨てた餌に寄っている。持ち場に戻って仕事せよ!10時半頃OG氏から返信。釣りは出来ないが一緒に昼食でもと言うので、了解と返信。釣りは1時頃までになったので、宙は出来ないかも。急いで餌を打って宙までやりたいが、もし出来ても1時間くらいかな。さて、メールを機に思い切ってウキを交換だ。最初のウキはボディが細くてオモリを背負わないが、トップはやや太めで、バランスが悪い。そこで、ボディはやや太めでトップもそれなりのものを採用。さっきまでを見ていると、活性はあるようなので、太めのトップでもOKだとの判断。ささっと餌落ちから底取りまで済ませて再開。すると、今度はウキの動きが大体思うようなものになって(説明は難しいのでカット)、あたりも出Dscf2519るがバラシ数回にハリス切れ1回。それでも開始1時間を過ぎて11時近くなった頃、まさに馴染んで返してチクッ、で、やった2匹目!今度はグッドサイズ。写真写りが良くないが、へらです。このサイズが出てくれれば御の字だ。さあどんどん行こう。すると、11時を過ぎてまたも良いあたりDscf2520Dscf2521で3匹目!サイズも同じくらいグー。更にしばらくして、またまたチクッというあたりで4匹目!これもグッドサイズで言う事なし。なんだ簡単じゃないか。これなら餌は残り少ないが、第2目標は楽勝だ。しかぁ~し、ここからそれまで出なかったカラが出始める。餌の経時変化なのかは不明だが、ウキ下の微調では効かない感じで、餌がもうあとわずか。自然と餌付けが小さめになる。そして遂に最後の1投になってしまった。何とか「上がりべら」で第2目標クリアとカッコ良く終わりたい?と、ウキDscf2522を見続ければ、返したウキがまさにチクッと入ってやった「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、しかぁ~し、途中でガクガクッ。残念「上がりマー君」だった。時刻は11時37分。結果、底では実釣1時間50分弱で4匹。もっと早くウキを交換していたら(更に言えばウキの選択がまずかった)と、今更ながらのタラ・レバ。そうそう、こんなに寛いでいてはいけない。時間がないDscf2523のだから、さっさと宙の準備をしよう。竿はそのままの方が早かったが、7尺に変更。餌はS-イエローだ。しかぁ~し、仕掛けをみたらトロ掛け仕様で短過ぎる!急いで両ハリスを交換。これなら9尺のままの方が・・・。「たな」1本での再開は11時50分。何とか1時までに結果を出してトータルでの第2目標をクリアして、気持ち良く終わりたい。すると、最初からウキに動きが。先客がいた頃は浅い「たな」が良くなかった気がする(個人の感想です)が、今は時合なのかも。が、モヤモヤはあたりには至らず(1回だけ消し込みのカラ)、12時のサイレン。すると、この頃から常連さんがポツポツ。何故この時間かは分からないが、話を聞いDscf2524ているといつもこの頃からのようだ。さて、12時のサイレンが鳴ってじきに、またもズバッという消し込み、そしてかかりました!いやぁ、嬉しいなぁ。が、「たも」に納めてみると両目がつぶれている。このへらは以前にも釣った記憶があるが、懸命に生きている姿には感動だ。あっ、へらがウキの近くに寄っているのが見える。こいつらはおそらく釣れないので(1回だけかかったのか沖に走られてハリス切れ)、何とか餌を「たな」に入れたい。が、ハリスが長いせいかDscf2525思うようにいかず、ハリスを短くするつもりが代えるタイミングがないまま続行(オイオイ)。すると、またもズバッというあたりが出て、やった2匹目!う~ん、どうしよう。代えるきっかけが掴めない。が、12時半を過ぎて、弱いあたりに合わせたら、ジャミがスレてきた。そうか、こいつらもいるのDscf2526か。それなら尚の事ハリスを詰めよう(これで合ってる?)。30cmと40cmから、大体20cmと30cmに詰める。そして再開すると、しばらくしてズバッ!しかぁ~し、強く合わせた訳でもないのにハリス切れ。もうガクガクッ。すると、次第にウキの動きが悪くなって、ズバッ!は姿を消す。先客は竿が曲がるようになったが、どうやらセットでやっているようだ。両ダンゴは難しいのかも。背後から声がしたので振り返ると、OG氏。あれっ、もう1時?携帯で時刻を確認すると、ジャストだ。まだ餌が残っているので、打ち終わるまで待ってもらう。が、結局あDscf2528たりらしきウキの動きは出ないまま、1時14分に餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間半弱で2匹。底より悪かった。トータルでは実釣3時間半弱で6匹。これが良いのかどうかは不明だが、イライラせずに釣りが出来たので満足だ。片付け。常連さんは交互に竿を曲げている感じで、さすがに慣れている。傘を取るとムワッとする暑さ。いよいよ夏か。片付けを終え、待っていただいたOG氏にお詫び。そして2人で「万松」に向かった(続く)。
 
大事な事を忘れたまま
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

YOUTUBEがテレビで観られるようになった

P1000011光の続きだが、LANケーブルの接続で、テレビでYOUTUBEを始めとしていろいろなものが観られるようになった。
しかぁ~し、YOUTUBEで肝心の検索が出来ない。と言うより文字入力が出来なかった。文字入力のところにカーソルは移動するのだが、そこでいくら文字を入力しようとしても、テレビが受け付けない。
プチパニックになって、OG氏にまでお手数をかけさせてしまったが、何の事はない、今日になって文字入力のところにカーソルを持って行って、同じように入力しようとして誤って「決定」ボタンを押したら、文字入力のウィンドウが開いたではないか。これにはビックリだが、とりあえず入力して検索ボタンを押すと、何と出来ました!あまりの事に呆然すると共に、こんな事で手をわずらわせてしまったOG氏にはゴメンナサイの一語。早速メールで謝罪だ。
それにしても、パソコンでしか観られなかったYOUTUBEが簡単にテレビで観られるのは嬉しい(元々観る事だけは出来たけど)。ちなみに、テレビでは YOUTUBE XL になっているようだ。
 
あとは光電話だけ。これも明日開通の予定
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

ネット接続速度の向上

せっかく光にしたのだから、何かメリットが出ないかと速度測定を行った。もちろん無線LANで。すると、私の古い子機でも下りで6Mbpsくらいは出るではないか。今まで有線でMAX12Mbps(ADSL)の契約だったので、無線でこれだけ出れば御の字だが、人間の欲には限りがない(何処かで聞いた事が)。
そこで、別のサイトにあった、速度向上の方法とやらを試してみたところ、何と下りが12Mbps以上になったではないか(上りも向上している)。これは素晴らしい。今のところ、それによる不具合は出ていないので、何か買う事なくスピードアップ出来て満足満足。ただし、何故かXPまでしか効果がないらしい。詳しい事は分からないし、まだ有線では試していない(ケーブルはテレビに取られてしまった)が、興味のある方は自己責任でやってみたらいかがでしょうか。
 
あくまで自己責任でお願いしますよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (1)

2013年5月14日 (火)

大減水で状況が一変?@増沢池 with 久し振りのOさん

今日も暑くなりそうだ。それでもゴー!もちろん行き先は増沢。前回に味を占めて、2匹目の泥鰌を狙う。駐車場には9時半頃到着。車はそれほどないので、日陰には入れそうだ。う、腹の具合が!久し振りの定期便。やれやれ。荷物を降ろして池に向かうと、対面は坂の下に1人だけ。こちら日陰側は深場に集中しているようだ。ゲゲッ、水位が考Dscf2494えられないくらい下がっているではないか。おおよそ50cmは低くなっている(岸はいつもは写真の破線より手前)。見れば対面看板横など、いつもなら見えないような岸辺の景色だ。一体何があったのだろう。へら師が少ないのもこの水位と関係あるのかな。ひょっとして釣れない?まあ、それはやってみないと分からないから、とりあえず準備だ。釣り台もかなり前にセット。さて、底から入Dscf2495るにしても、どれくらいの竿を出せば良いのかな。まあ最初はいつものように11尺で行こう。餌は夏:マッハ:水を2:1:1のダンゴ。と、奥から1人やって来た。あっ、Oさんではないか。お久し振りです。最近はちょくちょく増沢に来ているとの事。斧には今年4回行ったが、鱗が1枚。さて、底を取り、開始は9時51分。すると、いきなり糸トンボの洗礼を受ける。これを竿を引いて追い払うと、何度となくやっている間に餌が抜けてしまうので、全く釣りにならない。すぐに10時。2人やって来て、柳の木の奥に入った。ウキはDscf2496何となく動いているように思えたが、開始から30分経った頃になって、ようやくあたりらしきウキの動きに合って1匹目。ホント、一体どうなるかと思ったが、凸を免れてやれやれだ。が、その後もイライラは続き、いつの間にか出て来た風・波と相俟って癇癪は爆発寸前。それでも消し込み?でDscf24972匹目ゲット。これがまあまあのサイズなので、イライラも少しは収まる。でも、トンボ以外でも前回とはウキの動きも全然違うし、これは水位が下がった事と関係あるのかも(餌かも)。その後もう1匹追加するが、前回のような2桁などほぼ不可能になった。とにかく早く餌を打ち切って、次のDscf2498事を考えよう。いまいましいので、次も底にしようか。それとも前回好調だった宙で、今日も気持ち良く終わろうか。そんな事を考えているうちに、11時を過ぎる。ウキの動きは相変わらず良くならないので、ウキ下をちょっとずらしてみる。すると、効果覿面かどうかは分からないが、すぐにあたDscf2499り!そして4匹目ゲットだ。これで何とか第2目標くらいはクリア出来るかも。でも、ちょっと寂しいなぁ。なんて余裕をぶっこいていたが、状況はすぐに元の木阿弥。ウキは返してもあたらず、更に返したウキにトンボがとまると、シズシズと入ってまるであたっているような気になってしまうのがDscf2500腹立たしい。そのままひたるらに餌を打ち続けて、やっと餌が尽きると言う頃になって、今更ながらのあたりで何とか第2目標クリアだ。そして11時21分に餌が尽きて一旦終了。結果、底では実釣1時間半で5匹。これはトホホでしょう。とりあえず釣り座を離れ、Oさんの元へ。Oさんは塩ビDscf2502管から少し奥に入っていた。整地された辺りより1mくらい潮が引いたような感じだ。完全にいつもは見えない底に下りている。私が来た頃までに7、8匹は釣っていたようだから、既に2桁は間違いないだろう。でも、訊こうと思ったら電話がかかってきたので、釣り座に戻る。さあ、次はどうしようか。いずれにしても12時をまたぐから、少し早いが昼食にしよう。そして次は竿を9尺にして、餌はいつもの夏・冬・マッハで行こう。痛む腰を伸ばし、餌を作る。しかぁ~し、そんなに長くやるつもりではないので、いつもより少なめに作ろうと思った筈が、出来たのはいつもと同じ量。OH,MY GOD!それではいつもより大きめに餌付けして、出来るだけ早く終われるように(何のこっちゃ!)。底を取っての再開は11時45分。すると、またもトンボの猛攻!トンボは凄く目が良くて、ウキが立つ前から立つのを待っている感じ。それもいまいましい。これも、追い払おうとして竿を引いていると餌がなくなる、の繰り返し。何とか無視してみようと思ったのだが、私には無理。これからしばらくはグッドシーズンなのに、トンボにとってもグッドシーズンとなっているので、私のイライラは当分続くのだろう。誰かトンボがいない池を教えてください!さて、トンボはほぼ毎回やって来るのだDscf2503が、たまに来ない時もあって、そういう時だけを狙って釣る高度な釣法?で、12時のサイレンと共に「かかってました」の1匹目!何でもいいからカウントカウント。が、続かない。12時半近くなって、やっとまともなあたりで2匹目。これは気持ち良いが、やはり続かない。底を取り直しても同Dscf2504Dscf2505じで、早12時半を過ぎる。1時までに高度な釣法?でもう1匹ゲットするが、本当はやらない方が良かったのではと、タラ・レバばかりが脳裡に浮かぶ。しかぁ~し、神は私を見放した訳ではなかった。1時を過ぎて、何故かバッチリのDscf2506あたり!そしてかかりました!これで4匹目。何とか第2目標リーチ、そしてトータルでの第3目標リーチまでこぎつけたぞ。情けないような感じだが、これがいつもの私。前回は出木杉君でした。さあどんどん行こう。しかぁ~し、次の餌打ちで、ウキが立つや否やトンボが寄ってきた。そして馴染みつつあるウキにとまろうとしている。クソッと思った瞬間、トンボがとまる前に馴染んだウキがチクッと入り、これに合わせてやった連荘だ!と喜んだが、それも束の間。引きがおかしい。そうでした、腹にスレ。ガクガクッ。あのタイミングであたって釣れたら最高Dscf2508Dscf2509だったのになぁ。ただ、まだウキは動いているようで、じきにもう1匹。やった、第2目標、第3目標の同時クリアだ!そしてラス前にもグーなあたりで6匹目。これはサイズもグー。素晴らしい「上がりべら」だ。残念ながら最後の1投は効かなかったが、終わってみれば最初より1匹多い結果。時刻は1時21分。実釣1時Dscf2510間40分弱で6匹かぁ。たくさん作った餌も、餌付けやら餌打ちのインターバルが短かった(トンボに落とされた?)のか消費が早かった。底のトータルでは実釣3時間10分弱で11匹。前回は宙も含めてだが、ほぼ同じ時間で倍以上釣れたのだから、ショックは大きい。でも、これが釣りの面白さでもあると強弁して次だ次!そうです、次は前回好調だった宙。今回も馴染む前に結構ウキが動いていた印象があるので、期待が持てそう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はもちろんS-イエロー。袋に書いているとおりに作り、「たな」1本での再開は1時28分だ。すると、ウキの馴染みが出ない。結構揉んでいると思うのだが、これでも足りないのかな。更に揉み込んでようやく馴染むが、今度はトンボ攻撃。しかも、馴染みがトップ1目盛くらいになるようにしているので、そこにトンボがとまるとウキが沈没。慌ててトンボがウキから離れるとまた1目盛が出てそこに避難していたトンボがとまるとウキが沈没、の繰り返し。その間に餌が抜けるという悪循環だ。まさにデフレ・スパイラル(違うか!)。何とか前回並みにズバッというウキの動きが出てくれれば、トンボなんてDscf2511関係ないのに。すると、開始20分くらいで、トンボがいない時に馴染んだウキがチクッと入るあたりに合わせれば、やったかかりました!サイズはどうあれ、1匹は1匹。カウントさせていただきます。しかぁ~し、その後は先程と同じウキの動きの連続。更に風・波でウキがどんぶらこ。餌付Dscf2512けだけでは解決しそうにない問題で早2時を過ぎる。完全なる餌打ちマシンと化した私だったが、今日1回だけ出たズバッというあたりで2匹目ゲット!サイズもグーとなり、ひょっとして知らないうちにゴールデンタイム到来かと喜んだが、これも白昼夢。1個餌釣法も試してみたが、ウキは動くもののダメ。2時半を過ぎ、そろそろ今日の結果は読めた。これはダメダメでしょう。その後もウキの動きが良くなる事はなく、2時49分に無念の終了だ。結果、宙では実Dscf2513釣1時間20分で2匹。一体前回は何だったのだろう(これが普段の私ですよ)。トータルでは実釣4時間半で13匹。大半がトンボとの戦いだった。ガックリして片付け。Oさんにメールで終了を連絡する(釣り座まで行く元気はとうにない)と、Oさんを含む常連さんも終わったようだ。柳の木の奥のDscf25142人は続行の様子。片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して駐車場に戻る。大減水がいつ起きたのかは分からないが、それによって状況が変わったに違いない。この陽気でへら師が少ないなんて(暑いから来ないのかもしれないが)。途中綺麗な花を撮って自分を慰める。水位が戻るまでしばらくはここに来ないようにしよう。そしてトンボの来ない池を探そう。荷物を積み、こそこそと池を後にした。
 
釣りって面白いなぁ(負け惜しみ)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

森まで新茶を買いに

今日はこれで3回目の更新。取っておいて出し惜しみするのもありかもしれないが、最近は記憶に余裕がないので、覚えているうちに処理しないと、と言う事で。
写真は携帯で撮りました。クリックすると拡大します。
 
急に森で新茶を買いたくなって、昼も近いというのにノコノコ家を出る。と言うのは、これも急に思い付いたのだが、行くついでに天浜線の遠江一宮駅の駅舎内にある蕎麦屋さん「百々や」()で昼食というスケジュールだ。
車は快調に走るが、駅に着いてビックリ。何と今日明日は定休日!全くトホホだ。下調P1000003P1000004べせずに来た私が悪い。仕方なく写真だけ撮って腹ぺこぺこのままお茶屋さんまで向かい、さっさと用を済ませて帰路につく。
ここでまたもハタと思い立った。そうだ、今まで大楽地の池に行く度に、帰りに寄ろう寄ろうと思いながらも通り過ぎていた「花咲の庄」ならどうだろう。本当は帰りに大楽地の池で竿を出すつもりだったのだが、あまりの空腹に耐えかねて素通り(暑いしね)。浜北大橋の手前を右折する。
P1000005P1000006
P1000007そこからすぐに着くかと思ったら、何と2kmも先だ。右に浜松ホトニクスを見つつ、かなりの距離を走る(個人の感想です)と、こんな細い路地にと言う感じで佇んでいる店をハケーン!
なかなかシャレオツな店構えで、落ち着いた雰囲気で食事が出来そうだ。店の人が気を利かせて掃き出しの窓を開放してくれたので、今が見頃の菖蒲が良く見える。
P1000009P1000008しばらく待っていると、注文した「そばの実御膳」の蕎麦大盛りがやって来た。
P1000010蕎麦はやや緑がかっていて、食べると結構腰がある。一九蕎麦らしいが、たまに食べる私にはなかなか食べ応えがあった。これなら普通盛りでも充分だろう。かき揚げがなかなか美味しかった。
落ち着いた雰囲気でゆっくりと味わいながら食べるつもりが、いつものようにガツガツと余裕のない食べ方で、あっという間に食べ終わる。これでは寂しいなぁ。
勘定を済ませて店の外に出ると、バットさんではないが腹の具合が・・・。急いで車に乗り、一目散に帰宅だ。ああ、スッキリしたぁ・・・。と言う訳で(どんな訳だ?)、鉛の舌によるグルメレポートでした。チャンチャン!
 
今度は是非とも「百々や」で
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

だんだん揃ってきた

P1000002ネットで購入した電話機も届き、面倒な電話帳設定も大体終わった。あとは光電話の開通を待つばかり。しかぁ~し、付加サービスについて勘違いをしていた(ナンバーディスプレイだけ契約すれば、電話機で迷惑電話拒否とか非通知電話拒否とかが出来るという事に気付かず、光電話でも契約してしまった)ので、今朝9時を過ぎて電話機のメーカーとコミュファで確認し、余計な付加サービスを解約した。まだ開通前なので、新たな費用は発生しないそうだ。やれやれ。
テレビにもLANケーブル(これは手持ちの安物でOK)を繋ぎ、アクトビラやYOUTUBEもストレスなく観られるようになったのは嬉しい。あとは1本10mで5000円以上するLANケーブルを買うかどうか?それにPC・・・。
 
お忙しくなければ、ここをポチッと宜しく根!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

ヘラブナ釣りについて見つけた事

既に終わってしまったが、BS日テレの「夢釣行-一魚一会」(日付が月曜から土曜に変わっていた)で、先週末にへらぶなの放映が行われたのを知った。と言うのは、一応連ドラ予約をしておいたので、気がついたのだ。「杉ちゃん」さんご存知の「甲南の池」が出ていたが、宙でも底でも良く釣れていた(もちろんへら師矢野満さんのアームですよ)。
もう一つ、ネットのSHIMANO TVでもヘラブナ釣りの番組(いつでも釣り気分)がアップされていた。こちらは伊藤さとしさんが千葉で乗っ込みを堪能する。こちらは視聴可能です。
更に、静岡県東部でヘラブナ釣りのブログを見つけた。城池へら倶楽部--気まぐれ「へらぶな」日記。少し前に県西部でも1件見つけたのだが、今どうやっても見つけられない。消えてしまったのか?
 
深夜にネットサーフィンは目が疲れる。もう寝よう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

クラシックでも聴いて:その37

Docu0003今日は雨。寒くも暑くもない、静かな休日だ。こんな日は、クラシックの1枚でも聴いてのんびりしながら、ハリスを巻いたり仕掛けのメンテナンスでもするのが合っている。そうそう、11尺の宙、いつまでも放っておけないので、ついでに作ろうかな。あとは・・・特にする事もない。せめてゴロゴロだけはしないように気をつけよう。
 
明日は晴れ。水が替わって状況はどうなるか
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

いよいよ高活性となるか@増沢池

今日の日中はなんとか持ちそうだと言う予報に、待ってましたと家を出る。行き先はもちろん増沢。昨日の凸から解放されたくて。駐車場着は8時半頃か。既に多くの車。果たしていつもの場所は空いているか。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、へら師は日向側には誰もいない(あとで3人入った)。こちら側は深場が人気のようで、私が一番浅いDscf2458ところに入るようだ。柳の木の奥には先客。さあ準備しよう。湖面は凪いでいて、気温も低くも高くもない。非常に過ごし易い環境だが、如何せん油膜のようなものが岸辺付近にベットリ。でも、場所は変えませんよ。竿は11尺で底から。餌は真底・冬。今日で真底を使い切った。ウキの視認性もバッチリで、ササッと底を取り、開始は8時50分過ぎ(失念!)。すると、じきにウキが動き出す。これは爆釣の予感か?しかぁ~し、なかなかあたりらしきウキの動きは出ない。すぐに9時。すると、馴染んで返してチクッ!で1匹Dscf2459目。これは素晴らしい。サイズ的にはちょっとだが、底ではこんなものでしょう。これで昨日からのモヤモヤもなくなってスッキリ。爆釣だ!しかぁ~し、好調になりそうになると起きるトラブル。次もバッチリのあたりでやった2匹目と喜んだが、それも束の間。「たも」に入る寸前で外れ、反動で仕掛けが宙を飛ぶ。いつもの事と軽くいなしたつもりだったが、途中から手応えがなくなり、背後にポトッと言う音。ゲゲッ、オモリから先がない!道糸に切れた様子はないので、サルカンの縛りが解けたのだろうか。いずれにせよガクガクッだ。竿を代えるか他の仕掛けをつぶすのが手っ取り早いが、ここは現場施工とする。いつもながらちょっとイライラするが、何とか餌落ち、底取りも済ませての再開は9時38分。う~ん、最初と少しではあるが馴染みが違う気がする。何だかなぁ。でも、へらは現場施工の間にも散らなかったようで、すぐにウキの動きが復活。それはそれで良かったのだが、今度は寄り過Dscf2460ぎ(しかも放流ばかり?)なのか、ウキの動きがせわしなくなっている。更には、最近多いあたりの見過ごし連発。余所見もあって、イライラは募るばかり。結局9時台には1匹しか追加出来ず、あれだけのウキの動きでとイライラは更にヒートアップ。最早爆発寸前?が、10時を過ぎると状況が一変、あたりに合うようになる(と言うか、状況に慣れてきた?)。10時半までに大小Dscf2461Dscf2462Dscf2463Dscf2464Dscf2465Dscf2466Dscf2467Dscf2468取り混ぜて7匹を追加して、第2目標をクリアすると共に第3目標にリーチ!ここまでカラ以外スレもバラシもない。災い転じて福となるか。しかぁ~し、10匹目が出たあと、少し間が空く。これが分からない。でもすぐに復活して、Dscf2469Dscf2470Dscf2471Dscf2473Dscf2474ダブルも出たが途中で片方バラシ。ちょっとガクガクッ(赤い印のもの)。更には今日初めてのスレも出たが、11時までに5匹を追加して、私にしてDscf2475は上出来だ。最後の1投でもグッドなサイズの「上がりべら」をゲット。時刻は11時2分。結果、途中の現場施工を除いた実釣1時間半強で16匹とは素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。さて、次はどうしようかな。思いの外底が良かったので、餌を変えて続行と言うのもありだが、天気が今ひとつはっきりしない感じ(実際12時過ぎに雨がポツポツ)なので、一応宙をやっDscf2476て終わる事にしよう。隣はいつの間にか帰っている。対面にもへら師が入った。さて、竿はそのままでやろうと思ったら、11尺宙の仕掛けはずっとないままだった事を思い出した。今日はこちらも現場施工と行くかな。いや、さすがに面倒だ。ここは竿を9尺にしよう。餌は前回ボロボロだったS-イエロー。今回は袋に書いてあるとおりに作る。おおっ、意外と手触りが良いぞ。やはり最初は書いてあるとおりにやらないと。仕掛けはセットのままなので、上ハリスのみ交換。ちょっと長い気がするが、「たな」1本での再開は11時18分。すると、第1投からウキがなじむ途中でモヤモヤと動きが。今までになかったので、ややビックリ(ややって?)。が、馴染むと静かになるので、変だなぁと思いながらもしばらく打ち続けていたが、はたと思いついた。ひょっとして餌が途中でなくなっている?試しに餌を付けずに打ってみると、最初に確認したのと餌落ち目盛がわずかではあるが違っている。この微妙な違いに気がつかず、餌が抜けているのにそのまま待っていたりした私って一体。そこで、餌を指で練ってしっかりと付ければ、馴染みが出るうえに、そこからグッとあたりらしき動きもDscf2477出るではないか。そして開始10分経った頃、馴染みきってからのグッと入るあたりに合わせれば、やったかかりました!しかも、寄せてみれば30cmを優に超えるグッドサイズ。これは痺れた。さあどんどん行こう。すると、そこからわずかの間に、消し込みで2匹を追加だ。サイズ的にはややDscf2478Dscf2479小ぶりになってしまったが、今までこんな状況には出会わなかったので、ちょっと興奮(ちょっとだけよ)。しかぁ~し、へらの寄りがきついのDscf2482か、はたまたハリスが長いのか、ウキの動きが複雑になって、そこからスレの連荘!それでも特に対策せずもう1匹追加して第2目標にリーチとなるが、再びスレ(これまたグッドサイズだった。クーッ!)が出て、12時を前に珍しく両ハリスを数センチ詰めてみる。すると、一気にウキの動きが減って、予想通りとは言え寂しさが募る(オイオイ)。が、12時を過ぎて、ポツポツと雨が落ちてきた。予報では晩からの筈なので、へら師はびくともしていない様子。ただ、私は気が気でない。せっかく調子が上向きになってきた(個人の感想です)のに、ここでまさかの中断などもってのほか。餌もまだ残っているし、何とか上がって欲しい。するDscf2484と、ズバッというあたりで5匹目!これもグーなサイズで第2目標クリア。いやぁ、前回は1時間打ってようやくウキに動きが出てきたのに、今回は開始1時間経たないうちに第2目標クリアだ。同じ餌でこうも違うのかと、驚き半分に嬉しさ半分。更に、ハリスを詰めた効果なのかスレもなくなり(バラシは出たので同じか)、短時間で3匹を追加。おやおや、第3目標まで視野に入っDscf2485Dscf2486Dscf2487てきたか?しかぁ~し、雨は止んだがハリス抜け(縛りが甘かったのか)が出て中断すると、しばらく間が空いてしまった。が、12時半を過ぎる頃から再びあたりらしき動きが出るようになって、しかもかかる。まだゴールデンタイムまでには間があるが、餌が尽きDscf2488Dscf2489Dscf2490Dscf2491Dscf2492た12時55分までに何と5匹を追加して、第3目標までクリア出来た。これは素晴らしいの一語。結果、宙では実釣1時間40分弱で13匹。トータルでは実釣約3時間20分で29匹と、30匹には届かなかったものの、私にすれば爆釣と言っても良いのでは?しかも、底はそれまでもそこそこ(底だけに?)釣れていたが、Dscf2493宙はさっぱりだったので、前回の惨状からわずかの間に何があったのだろう。単純に活性が上がってきたと片付けて良いものなのか、私には分からない(まあ、アームではないと思いますが、何か)。片付け。結構なサイズが釣れたので、左肘には弱い痛みが出ている。また腰も痛い。片付けを終え、軽く体操をしてから駐車場に戻る。とにかく雨がなくて良かった。さあ帰ろう。昨日寄ったので、今日はベイシアには寄りません。心地よさを抱いたまま、さっさと池を後にした。
 
この状態がしばらく続いてくれれば嬉しいのだが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

繋がった無線LAN

昨日釣りから帰って、モデムの取説を見ながら再度無線LANの設定をやったら、何とすぐに繋がってしまった。と言うのは、一昨日マニュアルに書いているとおりにやっていた筈だったが、実は思い違いをしていて書いてある事とは違う事をやっていたのだった。それが何かは恥ずかしくてここには書けないが、まあ繋がったので良しとしてください。
早速同様にスピードテストを実施したら、こちらも速度が出ない。親機は最新型なので、子機の方が規格が古くてスピードが出ないのだと思う。こうなると、LANケーブルも含めてPCの買い替えか?
 
先立つものを何処からか捻り出して来ないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

とりあえずへらの顔は拝めたが@浜北新池

週末は天気が悪くなるらしいので、その前に竿を出そう。と言う事で、やって来たのは浜北新池。増沢に行けば何かしら釣れるかもしれないが、あえて自虐の道を選ぶ私。日差しは初夏。暑い。風もないので、脱水症状にだけは注意しないと。まずは準備だ。いDscf2454つものように堰堤右に入り、竿は15尺、餌は真底・冬。底を取り、開始は9時48分。ウキの馴染みはまあまあだが、果たして結果が出るか?しかぁ~し、ウキは静かなもの。馴染み幅を調整しながら気がつけば1時間が経過。少しでも右に打つと、ウキの馴染みが変わってしまう(何か盛り上がっている感じ。ひょっとして水草?)ので、出来るだけ正面に餌を打った以外は書く事がないくらい何も起きず。おっ、ウキが返したような気が(あくまで「気」です)。1時間半が経過。ここで念には念と底を取り直す。問題なし。すると、12時近くになってウキに動きが?2回ほど返したウキが入ったが、いずれもカラ。糸ズレか。時折へらが数匹回遊しているのが見えるが、そいつらかも。あ~あ、遂に12時のサイレンだ。そろそろ餌も終わる。このまま凸で終わるのは間違いないが、帰りに増Dscf2455沢でお口直しでもして行こうかな。12時15分に餌が尽きて終了。結果、実釣2時間半弱で凸。さあどうしよう。この池での残業はあまりしていないが、今日は穏やかだし、やってみようかなと珍しい決断。増沢は次回と言う事で。竿は13尺に変更し、餌は同じものを作るが、最初に比べて大きめに付けて早く餌を打ち切る予定。あれっ、15尺の仕掛け巻きがない。堰堤をうろうろしたら、左の方に流されているのをハケーン。やれやれだ。ついでに昼食を取り、再開は12時54分。餌落ち目盛の調整に手間取り、ロスってしまった。しかも、開始早々から正面に打っても馴染む場合と馴染まない場合があって、馴染まない場合に根掛かりが発生してしまう。ここにも何かあるのかもね。すると、餌落ち目盛調整で追加したオモリが根掛かりで脱落して、余計な再度の底取り。やらずに終わった方が良かったかと、いつもながらのタラ・レバ。気を取り直して再開するが、餌は細かい藻のようなものの中に埋没してしまうのか、仕掛けを上げれば鈎に藻が付いてくる。それでも1時半頃からウキが返すようになって来た。これはきっとあたるぞ。すると、返したウキが動いた(どのように動いたかは忘れた)ので、思い切って合わせると、あっ、空振りと思いきや仕掛けが上がDscf2456る途中で何かにかかった!マズイ、明らかにスレだ。懸命に寄せると、獲物は腹の方から上がってくるではないか・・・。「たも」に納めると、予想通り腹びれにスレていた。ガクガクッ。サイズは30cm超だし、色もまさに地べら風。惜しいなぁ。とりあえず写真だけでも。さあ、ひょっとするとまだ近くにへらがいるかもしれない。どんどん餌打ちだ。しかぁ~し、じきにウキは静かになる。この池、写真で分かるように大きな池ではない。そしてへらはいるし、餌を打つ人はほとんど来ないので、もっと餌にガッツイても良さそうなものだが、まるで斧の様相。そのまま2時となり、更にDscf24572時14分に餌が尽きて無念の終了となった。結果、2回目の底でも実釣1時間20分で凸。返す返すもスレの1匹が恨めしい。トータルでは4時間弱で凸、凸、凸!片付け。一体どうやればもっとウキが動くのか、まだまだ私には攻略法が見出せない。片付けを終え、車に戻る。日差しを浴びてかなり疲れた。さあ帰ろう。もちろん途中ベイシアに寄って、だ。そろそろと池を後にした。
 
天気が悪くなる前に、もう一度竿を出せれば
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

光に変更

我が家の遂に光の仲間入り。今日業者の方が配線に来てくれた。昼食を終え、家人を送って帰って来たら、既に車が停まっていて、外で待っていたのにはビックリ。ほんのわずかの間(数分間)の出来事だった。
Dscf2450作業は流れるように進み、光ファイバーを屋内に引き入れ、終端接続器とモデムをセットするまで1時間くらいか。思えば昨日午前中に車がやって来て、空中のファイバー群から何かを抜き出していたので、あれれ日にちを間違えたのかなと勘違いしたが、今日の準備だったようだ。
尚、光電話への移行は後日と言う事で、日程を確認。電話機も代えないとナンバーディスプレイには対応出来ないので、それまでに買わないといけない。どうやって機種を選ぼうか。
Dscf2453さて、業者さんが帰り、一応接続を有線で確認してから、ADSLのモデム(これはプロバイダに返却する)と無線LAN親機を外す。これで10年やって来たと思うと、感慨も一入。早速スピードテストをやってみるが、今までよりは遥かに早いものの、30M強と思っていたほど出ない。やはりLANケーブルのそれなりのもの(OAナガシマで見たら、10mで5000円くらいだった)でないとダメなのか。これも痛い出費だ。もっと言えばそれなりのPCも必要か?う~ん、困った。
ところで、有線でOKだったので、次は無線で確認しようと思ったら、これが出来ない。書かれているとおりにやっているつもりなのだが、接続したあとにIPアドレスを再取得出来ないようで、これは明日コミュファに電話して聞いてみよう。とりあえず今夜は有線で。
 
余った無線LAN親機は、欲しい方がいればお譲りします
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

長く辛く苦しい時間@増沢池

今日はミッキーが浜松祭りに来るらしいが、それより釣りの方が私には大事。ちょっと出遅れたが、ゴー!行き先は増沢か浜北新池か迷ったが、近場と言う事で増沢。しかぁ~し、8時半過ぎに駐車場に着くと、既に多くの車。どうやらへら師のようだ。一旦橋まで行って様子を覗おうかと思ったが、面倒なので荷物を降ろしてそのまま池へ。ゲゲッ、いつもの場所に先客。それに旧爆釣ポイント、更に柳の木の奥にも。とりあえず先客に挨拶するが、見れば対面も隙間なくへら師。橋の上(かみ)からダム?そばまで20Dscf2439人くらい。こちら日陰側にも10人は入っているだろうか。たまたま前回入った塩ビ管付近は空いているようなので、これ幸いと入る事にする。後で分かったのだが、今日は例会が2つ入っていたようだ。どおりで混んでいる訳だ。何とか塩ビ管に辿り着き、さあ準備しよう。前回から考えて竿は11尺で良いかな。ちょっと風・波はあるが、水深があるのでウキの視認性は大丈夫だろう。前回より一回り細いトップのウキを採用だ。餌は真底・冬。底を取って開始は9時10分。多くの人が早朝から餌を打っているので、出遅れた私におこぼれはないかも。しかも最初から根掛かり発生!これは先が思いやられる。だが、ウキは早くも返している感じ。細いトップの恩恵か。そしてシモッたウキがモヤッと入るがカラ。更に、同じようなモヤッで一旦はかかったもののバラシ。う~ん、最初は大Dscf2440抵かかるんだけどなぁ。まさかとは思うが、この先に凸が待っている?それでも開始30分くらい経過して、やはりモヤッというウキの動きに合わせると、やった今度こそちゃんとかかったでしょう!おおっ、なかなかのサイズではないか。これで一息つける。すると、今度はウキがボディのあたDscf2441りまで返しての食い上げで2匹目!何だか急に調子が出てきた?いやいや、そんな事はないでしょう。またもや先日と同じようにあたりを見逃す。そして、10時少し前に、あたりなのかさっぱり分からない(動いた?)ウキの動きで3匹目。ギリギリかかってました状態。でも、カウントカウント。Dscf2442この調子なら、例会に関係なくそこそこ釣れそうだ。ただ、ウキの動きは芳しくなく、どうしても最初のあたりらしきウキの動きに手を出せない。そして10時を過ぎ、遂に出ました「かかってました!」。空合わせをくれたらかかっていたので、これは嬉しいボーナスとでも言えるのではないか。開Dscf2443Dscf2444始1時間で4匹とは、思いも寄らない好調?それからしばらくしてもう1匹。第2目標クリアとは嬉しかぁ。でも、ウキの動きがどうしても気になってウキ下を調整。すると、バッチリのあたりが出て、やった調整の効果テキメンだ!しかぁ~し、口にかかっているように見えたが「たも」に入る前にバラシでガクガクッ。仕掛けも絡んでしまった。急いで解くが、そこからウキの動きが更に悪化。風・波もあるうえに、せっかくあたりらしき動きが出ても相変わらずの見過ごしで、最早やる気も下がってきた。しDscf2445Dscf2446かぁ~し、11時になろうとする頃に、いきなりウキの動きが良くなって、連荘!これは嬉しいが、何故かは不明。11時を過ぎ、餌が尽きて終了だ。時刻は11時5分。結果、実釣2時間弱で7匹とは、渋いと思っていた中ではまあDscf2447まあの数字ではないだろうか(自画自賛)。さあ、次は宙で行こう。竿はいつもと同じ9尺だが、今日の状況で大丈夫か。餌も今日の状況に向いているのか不明(おそらくは不向き)だが、S-イエローを下ろす。「たな」1本での再開は11時15分。しかぁ~し、ここから長く辛い時間が待っているとは夢にも思わない私だった。まずはウキに馴染みが出ない。餌をよく揉んで打てば、何とか馴染んだ。が、なかなかウキに動きが出ない。ウキが流されるのである程度は仕方ないところだが、それでも何かしらウキが動くのではと淡い期待。しかぁ~し、しばらくしてウキがモヤモヤし始めるが、それだけ。たまにあたりらしきウキの動きが出てもカラ。そんなこんなで早12時のサイレン。やっちまったなぁ、これは。「たな」を上下すれば、その都度ウキは動くものの、すぐに元の木阿弥。それでも餌があと少しで終わる頃になって、急にウキに動きが。そして1回だけあたりらしきウキの動きに合ったと思ったのだDscf2448が、バラシでジ・エンド。12時30分に終了だ。結果はもちろん凸。ここで昼食休憩。まだ時間に余裕はあるので、次にどうしようか考える。せっかくウキが動き出したのだから、同じ餌で続行か。いや、どうも両ダンゴでは分が悪そうだ。ここは一旦終わりとしたセットでやってみようかな。竿はそのままで、上ハリスをカット。餌は特S・天々・マッハのバラケと「お」。どうもバラケが良くなさそうなのは手触りでも分かるが、「たな」は1本のまま、何故かノホホンと再開は12時45分。しかぁ~し、悪い予想は当たるもので、どうしてもバラケに来てしまう感じ。たまに出るあたりらしきウキの動きに合わせても、「お」は残っている。ここで「たな」を上下するが、全く効果なく、時間だけが過ぎる展開になって、まだバラケは残っているが、気力ダウンは止めようもなく、2時に中断。ここまで7匹目の11時頃から3時間1匹も追加出来ていない。もちろんこのまま続ければ、ひょっとして1匹くらいは出るかもしれないが、ここで何をトチ狂ったのか、竿は9尺のまま底に移行だ。11尺では結果が出たが、今日のような混雑で、果たして手前に来てくれるのだろうか。それに、餌は残ったバラケを揉んでダンゴもどき。今更何をと思う自分がいながらも、ウキと仕掛けを交換し、底取り。すると、うすうす予想はしていたが、根掛かりが出る。確かにちょっと手前過ぎるかも。でも、それは餌を振り込む事で何とかなるだろう。底取りも餌を打ちながらすれば良いと、かなり投げやり(もう餌さえ打ち切ればという気持ちになっていたのだろう)。何度となく根掛かりに合いながらも餌を打ち続ければ、あと少しで餌が終わると言う頃になって、ウキが返した。が、特に何もなく3時過ぎに終了だ。底はまあまあとしても、宙に変えてかDscf2449らの長く辛く苦しい4時間は一体何だったのか。いろいろと試したと言うよりも、これは迷走と言うより他になさそうだ。結果、宙では実釣3時間半で凸。トータルでは実釣5時間半で7匹。例会では計量が始まっている。私は虚しく片付け。ただただ疲れた。こんな事なら浜北新池にでも行って凸を食らう方がまだましだったのかもしれないと、考えても仕方ないタラ・レバ。片付けを終え、痛い腰をかばいながら駐車場に戻る。ほぼ満車状態だ。余計者はさっさと消えなければ。車に荷物を積み、とっととベイシアに向かった。
 
明日はもし行けたら増沢以外に行こう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

両ダンゴの宙は相変わらずサッパリ@増沢池 with バットさん and 時間差の岡ジャミ パラソルさん and ザわさん

いよいよGW後半に入った。初日は意外と早起き出来たので、まずはへら師の皆さん何処に行っているかメールで訊いたところ、バットさんが珍しく増沢にいるとの返事に、行き先は決まった。8時過ぎにゴー!駐車場には既に多くの車。まさか場所が空いていないとか。急いで橋まで行くと、へら師は日向側に集中か。日陰側は深場整地された辺りDscf2422に数名。あっ、バットさんは塩ビ管奥にいるではないか。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。まずは挨拶して、塩ビ管手前に入らせてもらう。さあ準備しよう。今日もいつもとDscf2421同じく11尺で底から。餌は真底・冬。あっ、宙でやっているバットさんの竿が曲がった!急いで写真。ちょっと暗いが、分かるでしょう。さて、準備に余念がない私だが、準備中にパラソルさんがやって来た。大楽地に行く途中に寄ったとの事。バットさんと話が弾む中、底取りを終えた私は8時47分に開始。今日も風が出そうな雰囲気に、太いトップを採用だが、果たして。すると、開始早々ウキが返すではないか。流されながらなのでへらの寄りかどうかは分からないが、いつもの場所よりは希望が持てそうな感じ。ただ、私には見えないあたりがパラソルさんとバットさんには見えるようで、あたりを見過ごしているとの指摘。よくよく見ると、確かDscf2423に手が出ていないようだ。マズイ。バットさんはしばらくしてまたもあたりに合い、30数センチをゲット。私も気持ちばかりが焦ってしまい、逆にあたりに手が出なくなっている。が、9時を過ぎてようやくあたりに合いました!サイズもそこそこだし、これなら行けそうな気がする~(吟じます!)。Dscf2424更にしばらくして、ズバッという消し込み?で2匹目。早くもサイズダウンに先が思いやられるが、いつもの場所よりは良さそうな感じPART2。が、何故かウキの動きが弱くなって、あたりらしきウキの動きに無理矢理合わせるとスレ。なかなか難しいなぁ。それでも9時半までにもう1匹追加しDscf2426て、これなら何とかなりそうだ?しかぁ~し、またもあたりの見過ごし復活!どうもウキの動きが私の求めるような感じにならないのが辛いところ。トップを細いものに変えた方が良いのかな。9時半を過ぎてパラソルさんが大楽地に移動。わざわざ寄っていただき、ありがとうございました。さて、バットさんの方がどうなっているかは、見過ごし連発で心の余裕がなくなり確認出来Dscf2427ず。とにかくあたりらしきウキの動きが出たら合わせたいのだが、何だかなぁと言う感じで時間が推移。10時少し前になって、やっと4匹目。ウキの選択を誤った気がするが、最早交換はしない。このまま餌を打ち切る。すると、10時を過ぎてウキの動きが良くなる。が、これもパッとせず、放流Dscf2428に入れ替わったか。すると、しばらくして5匹目!その後もウキは動き続けるが、今度はその慌しさに閉口。サイズ的には完全に放流に変わってしまった感(間違いない!)があるが、仕方ないだろう。さっきまとは違って、やたらと合わせていたら餌の消費が激しくなって、4匹を追加出来たDscf2429Dscf2430Dscf2431Dscf2432ものの、予定より早めの10時32分に終了だ。もう1匹で第3目標クリアだったが、それは次の宙で。結果、底では実釣1時間45分で9匹。ウキの動きを整理出来たら、もう少し多くの結果を導き出せたかもしれない。さあ、次は宙。竿は9尺で、餌は特S・GTS。やっとGTSを使い切ったのDscf2433で、次回からは別の餌(例えばSイェローとか)を使うぞ。「たな」1本での再開は10時45分。へら師は多少増えた気がするが、GW中でもこんな感じなのかな。さて、まずはウキをしっかり馴染ませ、どんどん餌打ちだ。が、やはりウキの動きは出てこない。バットさんが朝方1時間ほど打ってようやくウキが動いたと言っていたから、難しいとは思っていたが、これは辛い。すぐに11時。あまり考える事なく餌打ちを続けると、ようやくウキに動きが。そして消し込むようなあたりが2回。が、カラ。でも、とりあえずウキが動き出したので、そのうち何とかなるのでは。Dscf2434すると、しばらくしてグッと入るあたりに合わせたら、やったかかりました!ようやくトータルでの第3目標クリア。サイズもそこそこだし、やれやれだ。このまま調子が維持出来れば良いが。しかぁ~し、ウキの動きがなくなる。何故だろう、分からない。1回かかったと思ったがすぐに外れると、まさにバッタリというのが文字通りで、11時半。何となくウキが動いているような気にはDscf2435なって来た。そして返したウキがグッと入るのに合わせると、やった2匹目ゲットだ!しかぁ~し、その後はすぐにウキの動きがなくなる。サイズダウンは仕方ないにしても、何故1匹釣れる度にウキの動きがなくなるのだろう。なんて思っているうちはまだ良かった。そこからウキの動きはバッタリPART2。しかも今度は長期に渡る。12時頃にザわさんが様子を見に来てくれた。何と昼食の差し入れもあって、感謝感謝。これに応えるべく何とか釣りたいが、依然としてウキの動きは良くならない。たまにモヤッと動くだけ。バットさんを始め他のへら師の動向は分からないが、もし釣れているのならガクガクッだろう。餌が尽きた12時20分まDscf2436でに1匹も増やせず、結果実釣1時間35分で2匹。これはもう終了でしょうと思ったが、ザわざんに勧められてもう1回だけ餌を作る事に。GTSが切れたので、手持ちのマッハを特Sとブレンドする。そして再開。すると、最初こそウキが動いたものの、次第にシーン。ザわさんは1時頃帰ったが、その間1匹も釣れず、まさにトホホ状態。それを改善する術もないので、ただただ餌を打ち続けるだけの私。ザわさんありがとうございました。期待に沿えずスミマセン。1時を過ぎ、そろそろ終わろうかな。でも、餌を打ち切らないと終われまテン。省資源釣法の辛いところ。バットさんも1時頃には終わる予定だったが、少しだけ付き合ってくれて1時半過ぎに帰った。ありがとうございます。お疲れ様でした。さて、一向にウキの動きが良くならない私、遂に餌を打ち切る事だけがメインテーマとなってしまった。何とか2時頃には終われそうだ。あと数投。しかぁ~し、その頃になってウキに動きが。何で今頃と思いながらも、ひょっとして1匹くらい釣れるかもとは、スケベ心満載な私。すると、返したウキがモヤッDscf2437と入ったので合わせれば、やったかかりました!最早サイズはどうでも良い、「上がりべら」ゲットだ。思い起こせば2匹目から3匹目(上がりべら)までは2時間以上経っていた。これは喜んで良いのか、それとも悲しむべきか。それからじきに餌が尽き、2時4分に今度こそ終了。結果、宙でDscf2438は実釣3時間20分弱で3匹。課題の両ダンゴはまたも不発。私のアームではもう無理なのかもしれない。底と併せれば実釣5時間余で12匹。トボトボと片付け。明日は自虐へら師の面々は鳳来に集結するようだ。皆さんの好結果を期待してますよ。片付けを終え、駐車場に戻る。日陰では寒くてセーターを着込んでいたが、日向では暑いくらいだ。でも、面倒なので脱ぎません。車に荷物を積み、何処へも寄らずに家路に着いた。
 
GWの残りは何処に行こうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2013年5月 1日 (水)

なかなか思うような釣りが出来ず@増沢池 with ちょっとだけ様子見のO名人

今日も好天で、家人を送るついでに午前中だけでも竿を出したくなって、増沢へゴー!が、9時過ぎに駐車場に着いてみてビックリ。意外と風が強い。一応薄手のジャンパーを羽織ってはきたが、日陰はさぞかし寒かろう。荷物を降ろして池に向かうと、旧爆釣ポイントに先客が2人準備中。挨拶していつもの場所に入る。湖面は風でざわついているし、橋では真冬かと思うような音。それでもこちら側深場には常連さんを含め10人くらいが楽しそうに竿を出している。私は前回の事もあるので、早くもうんざり状態。でも、来たからには竿を出さないと。おっとその前に写真。ゲゲッ、電池切れだ!それでは携帯でと思ったら、こちらはマイクロSDの不調で使えないときた。これで更に意気消沈。それでこの記事には一切写真がありません。悪しからず。写真の代わりに携帯にメモる(最早記憶だけでは不安なため)事にして、準備開始だ。竿は11尺だが、ウキは前回より一回り太いものを採用。今日の方が前回より風・波が強いので、視認性重視だ。餌は真底・冬と、やや食いが悪い時のパターンで。底を適当(コラコラ)取っての開始は9時39分。隣は久し振りに釣りをやる感じで、準備にモタモタしていたが、どうもトロ掛けのようだ。風の強い日にはどうかな。さて、餌打ちを始めると、ウキは流されながらも返しているように見える。前回より太いトップでも見えるくらいだから、前回よりは食いが良いのかもね。そして開始20分、10時少し前にシモッたウキがスッと入るのに合わせれば、嬉や1匹目ゲットだ!サイズも尺はないがまあまあ。これは幸先良いぞ。でも、前回も最初だけは良かったから、まだ安心は出来ない。すると、10時を過ぎて黒帯が震えるようなあたり?に合わせれば、今度は放流のスレ。ガクガクッとまでは行かないが、ちょっとね。と、ここで背後からこんにちはの声が。あっ、O名人ではないか。お久し振りです。今日は午後から仕事なので、ちょっとだけ様子見に来た。O名人に見られてプレッシャーがかかったのか、あたりを見逃してしまう。が、そのまましばらく待っていたら、ズバッという消し込みで2匹目!スレているかと思ったが、ノープロブレム。私が携帯にメモッていると、早くしないとへらが散ってしまうと笑われた。が、10時半になって今度は小さく入るあたりで竿が伸されてビックリ。またもスレではと冷や冷やするが、懸命に寄せるとしっかり食っている。しかも尺上。これは嬉しかぁ。O名人はそれを見届けて深場常連さんの方に向かった。さて、今日は前回と比べてイライラが出ない。特にウキの動きに変わった感じはしないのだが、何故だろう。その後、ウキの動きに合ってもう1匹。第2目標にリーチとなって、今更ながらやる気が出てきた。しかぁ~し、小さなあたりらしきウキの動きに合って連荘かと喜んだのも束の間、またもスレでガクガクッ。でも、ウキの動きはなくならず、じきにもう1匹で第2目標クリア!が、へらの寄りがきつくなった(おそらく放流ばかり)のか、カラを連発。11時前にようやくあたりに合ったかと思えばバラシ。更に再びカラを連発しているうちに、あたりの取り方に自信がなくなったのか、あたりらしきウキの動きを見過ごす事が何度となく。それに少し上ずった気がしてきて、早いあたりに手を出せばカラ。最後の方ではほぼ毎回のようにウキが餌落ち付近まで返すが、あたりにならず、無理に合わせると小さな鱗。そして11時27分に餌が尽きて虚しく終了だ。結果、実釣1時間50分弱で5匹。途中までは釣れないまでも悪い感じではなかったが、一度ダメになると取り返しがつかなくなる私の悪いパターンで尻切れトンボの終了だ。隣はとっくに帰っている。12時までにはまだ少し時間があるが、片付けしよう。風・波は相変わらず強いまま。それに短時間でも体がかなり冷えた。セーターでも着てこないと持たないなぁ。片付けを終え、駐車場に戻ると、そこは別世界。何でこんなに違うんだろう。まあ、今日は竿を出しただけでも良しとしなければね。さっさと荷物を積み、まだ時間があるからとベイシアに向かった。
 
写真なしでもお付き合いしていただき、ありがとうございます
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3)

7年目に突入

私が今の生活をするようになって、ちょうど6年が経った。気持ちも新たに7年目と行きたいところだが、この6年間一体何をやってきたのかという、半ば意味のない問いかけをしてしまう。
最初こそ何か資格を取ろうとか、有意義?な生活を夢見ていたような記憶があるが、ただただ流されて今日に至ってしまった。
まあ、あまり考えないで生きていくのも良いかもしれないが、私の性格上、無駄な問いかけとか、過ぎてしまって今更考えても仕方のない事を思い返すとか、から離れられないのが辛いところ。
釣りをしていれば、その時だけはそういう考えから逃れられると思っていたが、なかなかそうはいきません。煩悩の塊です。
今日も増沢に午前中だけ出掛けて来たが、釣れない時間帯に、やはり考えても仕方ない事が脳裡に浮かんできてしまう。
牧伸二さんの事があって、余計に考え込んでしまったが、こんな鬱すれすれでも、旧友やへら師の皆さんに支えられてかろうじて生きています。万が一これから釣りをしなくなったらどうなってしまうのか、それを考えるのもちょっと怖い。
 
書いているほどには気分は落ち込んでいませんのでご安心のほど
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »