« 両ダンゴの宙は相変わらずサッパリ@増沢池 with バットさん and 時間差の岡ジャミ パラソルさん and ザわさん | トップページ | 光に変更 »

2013年5月 5日 (日)

長く辛く苦しい時間@増沢池

今日はミッキーが浜松祭りに来るらしいが、それより釣りの方が私には大事。ちょっと出遅れたが、ゴー!行き先は増沢か浜北新池か迷ったが、近場と言う事で増沢。しかぁ~し、8時半過ぎに駐車場に着くと、既に多くの車。どうやらへら師のようだ。一旦橋まで行って様子を覗おうかと思ったが、面倒なので荷物を降ろしてそのまま池へ。ゲゲッ、いつもの場所に先客。それに旧爆釣ポイント、更に柳の木の奥にも。とりあえず先客に挨拶するが、見れば対面も隙間なくへら師。橋の上(かみ)からダム?そばまで20Dscf2439人くらい。こちら日陰側にも10人は入っているだろうか。たまたま前回入った塩ビ管付近は空いているようなので、これ幸いと入る事にする。後で分かったのだが、今日は例会が2つ入っていたようだ。どおりで混んでいる訳だ。何とか塩ビ管に辿り着き、さあ準備しよう。前回から考えて竿は11尺で良いかな。ちょっと風・波はあるが、水深があるのでウキの視認性は大丈夫だろう。前回より一回り細いトップのウキを採用だ。餌は真底・冬。底を取って開始は9時10分。多くの人が早朝から餌を打っているので、出遅れた私におこぼれはないかも。しかも最初から根掛かり発生!これは先が思いやられる。だが、ウキは早くも返している感じ。細いトップの恩恵か。そしてシモッたウキがモヤッと入るがカラ。更に、同じようなモヤッで一旦はかかったもののバラシ。う~ん、最初は大Dscf2440抵かかるんだけどなぁ。まさかとは思うが、この先に凸が待っている?それでも開始30分くらい経過して、やはりモヤッというウキの動きに合わせると、やった今度こそちゃんとかかったでしょう!おおっ、なかなかのサイズではないか。これで一息つける。すると、今度はウキがボディのあたDscf2441りまで返しての食い上げで2匹目!何だか急に調子が出てきた?いやいや、そんな事はないでしょう。またもや先日と同じようにあたりを見逃す。そして、10時少し前に、あたりなのかさっぱり分からない(動いた?)ウキの動きで3匹目。ギリギリかかってました状態。でも、カウントカウント。Dscf2442この調子なら、例会に関係なくそこそこ釣れそうだ。ただ、ウキの動きは芳しくなく、どうしても最初のあたりらしきウキの動きに手を出せない。そして10時を過ぎ、遂に出ました「かかってました!」。空合わせをくれたらかかっていたので、これは嬉しいボーナスとでも言えるのではないか。開Dscf2443Dscf2444始1時間で4匹とは、思いも寄らない好調?それからしばらくしてもう1匹。第2目標クリアとは嬉しかぁ。でも、ウキの動きがどうしても気になってウキ下を調整。すると、バッチリのあたりが出て、やった調整の効果テキメンだ!しかぁ~し、口にかかっているように見えたが「たも」に入る前にバラシでガクガクッ。仕掛けも絡んでしまった。急いで解くが、そこからウキの動きが更に悪化。風・波もあるうえに、せっかくあたりらしき動きが出ても相変わらずの見過ごしで、最早やる気も下がってきた。しDscf2445Dscf2446かぁ~し、11時になろうとする頃に、いきなりウキの動きが良くなって、連荘!これは嬉しいが、何故かは不明。11時を過ぎ、餌が尽きて終了だ。時刻は11時5分。結果、実釣2時間弱で7匹とは、渋いと思っていた中ではまあDscf2447まあの数字ではないだろうか(自画自賛)。さあ、次は宙で行こう。竿はいつもと同じ9尺だが、今日の状況で大丈夫か。餌も今日の状況に向いているのか不明(おそらくは不向き)だが、S-イエローを下ろす。「たな」1本での再開は11時15分。しかぁ~し、ここから長く辛い時間が待っているとは夢にも思わない私だった。まずはウキに馴染みが出ない。餌をよく揉んで打てば、何とか馴染んだ。が、なかなかウキに動きが出ない。ウキが流されるのである程度は仕方ないところだが、それでも何かしらウキが動くのではと淡い期待。しかぁ~し、しばらくしてウキがモヤモヤし始めるが、それだけ。たまにあたりらしきウキの動きが出てもカラ。そんなこんなで早12時のサイレン。やっちまったなぁ、これは。「たな」を上下すれば、その都度ウキは動くものの、すぐに元の木阿弥。それでも餌があと少しで終わる頃になって、急にウキに動きが。そして1回だけあたりらしきウキの動きに合ったと思ったのだDscf2448が、バラシでジ・エンド。12時30分に終了だ。結果はもちろん凸。ここで昼食休憩。まだ時間に余裕はあるので、次にどうしようか考える。せっかくウキが動き出したのだから、同じ餌で続行か。いや、どうも両ダンゴでは分が悪そうだ。ここは一旦終わりとしたセットでやってみようかな。竿はそのままで、上ハリスをカット。餌は特S・天々・マッハのバラケと「お」。どうもバラケが良くなさそうなのは手触りでも分かるが、「たな」は1本のまま、何故かノホホンと再開は12時45分。しかぁ~し、悪い予想は当たるもので、どうしてもバラケに来てしまう感じ。たまに出るあたりらしきウキの動きに合わせても、「お」は残っている。ここで「たな」を上下するが、全く効果なく、時間だけが過ぎる展開になって、まだバラケは残っているが、気力ダウンは止めようもなく、2時に中断。ここまで7匹目の11時頃から3時間1匹も追加出来ていない。もちろんこのまま続ければ、ひょっとして1匹くらいは出るかもしれないが、ここで何をトチ狂ったのか、竿は9尺のまま底に移行だ。11尺では結果が出たが、今日のような混雑で、果たして手前に来てくれるのだろうか。それに、餌は残ったバラケを揉んでダンゴもどき。今更何をと思う自分がいながらも、ウキと仕掛けを交換し、底取り。すると、うすうす予想はしていたが、根掛かりが出る。確かにちょっと手前過ぎるかも。でも、それは餌を振り込む事で何とかなるだろう。底取りも餌を打ちながらすれば良いと、かなり投げやり(もう餌さえ打ち切ればという気持ちになっていたのだろう)。何度となく根掛かりに合いながらも餌を打ち続ければ、あと少しで餌が終わると言う頃になって、ウキが返した。が、特に何もなく3時過ぎに終了だ。底はまあまあとしても、宙に変えてかDscf2449らの長く辛く苦しい4時間は一体何だったのか。いろいろと試したと言うよりも、これは迷走と言うより他になさそうだ。結果、宙では実釣3時間半で凸。トータルでは実釣5時間半で7匹。例会では計量が始まっている。私は虚しく片付け。ただただ疲れた。こんな事なら浜北新池にでも行って凸を食らう方がまだましだったのかもしれないと、考えても仕方ないタラ・レバ。片付けを終え、痛い腰をかばいながら駐車場に戻る。ほぼ満車状態だ。余計者はさっさと消えなければ。車に荷物を積み、とっととベイシアに向かった。
 
明日はもし行けたら増沢以外に行こう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 両ダンゴの宙は相変わらずサッパリ@増沢池 with バットさん and 時間差の岡ジャミ パラソルさん and ザわさん | トップページ | 光に変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 両ダンゴの宙は相変わらずサッパリ@増沢池 with バットさん and 時間差の岡ジャミ パラソルさん and ザわさん | トップページ | 光に変更 »