« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

情けない事に

昨夜寝る頃になって、やけに右の鎖骨付近が痛いのに気付いた。何だろう、何処かでぶつけたかな?あっ、まさか・・・。そうです、昨日は久し振りに右腕で竿を振ったので、その影響がモロ出ていたのです。
以前左の肘が痛くなって、止むなく右腕で竿を振った事があった(スイッチアングラーへの道シリーズその他)が、その頃は別に何ともなかったのに、何故今になって痛いのか?
それは簡単、筋肉が弱っているからです。マズイ、マズイぞ。体全体の筋力が落ちている。正月から怠惰な生活を続けてきた結果が出てしまったのだ。歳を取るとともに筋力は落ちるが、きっとそれ以上に筋力が落ちているに違いない。このままだとロコモーティヴ・シンドロームとやらで行く先は寝たきり?
逆にどんどん付いているのが腹の脂肪。最早ユニクロのXLでは対応出来ず、3L、4L専門店に行かなくてはならなくなっている感じか。
何とか少なくとも現状を維持しなければ。と言う事で、今までに増して釣行する事にしました。増沢ではついでに池を一周する余裕も持って。
 
P.S.はげまろ。さんのブログを見たら、パラソルさんが帰ってきたようだ。今日は早速鳳来に行ったのかも。
 
まさにトホホ×トホホ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年6月28日 (金)

短時間でもまあまあ楽しめたか@増沢池

昨日出掛けなかったので、今日は出掛けましょう。と言う事で、増沢へゴー!駐車場に着くと、路面が濡れている。この辺りは雨が降ったのかな。とりあえず駐車して荷物を降ろし、池に向かう。へら師は対面看板横と坂の下に1人ずつと、ダム?そばに1人。Dscf2897Dscf2896あっ、珍しく私のいつもの場所に先客。挨拶するが、こちらを向いたものの声は出ない。何だろう・・・。柳の木の奥の奥にも先客。更に塩ビ管付近から奥には常連さんか。私は旧爆釣ポイントに入る事にする。少しムシムシするが、風もあるのでそんなに汗が出なDscf2898いのは嬉しい。さあ準備しよう。少し迷ったものの、11尺で底から。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。冬が尽きたので量が足りないが、水はそのまま。ちょっと柔らかいかも。前回はそうでもなかったが、頭上の木の枝が気になるので、久し振りに右腕で竿を振る。底を取り、開始は10時32分。すると、何と言う事でしょう、第1投からウキが返したではないか。確かに餌は柔らかいが、それで返しているのか?まあ、餌打ちのインターバルが短くなるので幸いかもしれない。その後極く小さなあたりらしきウキの動きが数回出たが、あまりの小ささに手が出ず。しかぁ~し、開始10分経過した頃に、馴染んだウキがDscf2899グッと2目盛入り、これに合わせれば早くも1匹目ゲットだ!よしよし、これなら今日は爆釣だ。しかぁ~し、なかなかそうは問屋が卸してくれない。風・波が出て来てウキが流されるようになると、ウキは見えるがあたりらしきウキの動きは捉え難くなる。そのまま11時。とにかくウキが返すので、餌打ちだけはまめになるが、たまに出るウキの動きにはかからず。更に時間は過ぎて11時半。開始1時間が経ってしまった。それでまだ1匹とは、最初の目論見は見事に外れたと言う事か。ただ、雰囲気ではあるがへらは来ている。きっとそのうち食ってくるに違いない。もちろんそれまでにはウキ下の微調とか餌付けの変化とかやっているDscf2900_2が、2匹目がなかなか出ずに悩みは尽きない(イライラがないのが不思議)。しかぁ~し、ウキがズバッと消し込んで、これはヤバイスレかもと思いながらも合わせると、やった口にかかっています!1匹目から約1時間かぁ、最近の私はこんなものなんだろうか。いや、何故か急にウキの動Dscf2901Dscf2902きが良くなり、じきに小さなあたりを拾えて3匹目。これは痺れたぁ~。更に、馴染んだウキが小さく返したのに反射的に手が出たら、何とかかりましたよ!ウキが下に入れば合わせるが、上向きに小さく動いたのに合わせたのは初Dscf2903めてかも(食い上げは除く)。更に更に、フワッと餌落ち付近まで返したウキが小さく戻したのに合わせれば、やった第2目標クリアだ!時合かもしれないが、嬉しかぁ。さあ、もう1匹。すると、風・波でシモッたウキが返してすぐにチクッ!これに合わせればやった6匹目ゲットだ!12時のDscf2904サイレンが鳴って右隣の先客が終了。帰り際に「お先に」と声をかけてくれたので、まずはホッ。左隣も終わったようだが、こちらは静かに帰った。さて、餌打ちのインターバルがいつもより短めのせいか、餌がもうない。そしてじきに餌が尽きて一旦終了。時刻は12時13分。結果、底では実釣Dscf2905_21時間40分で6匹。最近の私にしては上出来か。ひょっとして餌のおかげかもね。さあ、次は宙。ちょっと風・波が強くなって来たので、浅い「たな」では仕掛けが流されて釣り辛いかも。と、その前にまずは昼食だ。それから竿を9尺に交換。餌は特S・天々・マッシュダンゴ。何故マッシュダンゴかと言えば、使い切るため。「たな」1本での再開は12時24分。すると、こちらも開始早々からウキがモヤモヤ。そしてチクッと入る事もあるが、一向にかからない。が、開始10分くらい経過した頃に、風・波で流されシモッたウキがグッと入り、これに軽く合わDscf2906せると、やった早くもかかりましたよ!しかぁ~し、痛恨のバラシでガクガクッ。ただ、バラシが出てもウキの動きがなくなる事はなく、それからじきにズバッというあたりで1匹目!へらがかなり寄っているのか、それとも餌の粘りが少ないのか、すぐに餌が抜けてしまう感じ。そこで、指でしっDscf2907かり練って打てば、ウキが沈没するくらいまで馴染んでからズバッ!で2匹目。ただ、餌の練り過ぎはカラの元凶。その後もウキは動き続けるものの、あたりらしきウキの動きはグーンと減る。じきに1時。風・波は相変わらずで、ウキがかなり流される。そしてたまのあたりらしきウキの動きはDscf2908カラ。が、繰り返し合わせていると、時にはかかります。1時10分頃に3匹目。いよいよ第3目標にリーチだ。しかぁ~し、相変わらずのカラばかり。ズバッと一旦入って止まり、そこから更にズバッと入る、いわゆる2段引きでもカラ。餌が経時変化(+指で練り過ぎ?)でダメになってしDscf2909まったか。1時半を過ぎ、そろそろ餌が尽きる。何とかもう1匹。すると、後数投で餌が終わるというところで、ウキが立ってすぐにスパッと入った!慌てて合わせれば、やった「上がりべら」ゲット+トータルでの第3目標クリアだ!残念残り数投ではあたりが出ず、1時47分に餌が終わった。Dscf2910結果、宙では実釣1時間20分で4匹。底と併せれば実釣3時間で10匹。まあ、これくらいなら楽しめたでしょう。片付け。まだ早いのではと思われるかもしれないが、実はこの後用事があるのだ。もちろんベイシアではありませんよ。片付けを終え、駐車場に戻る。空は結構暗かったが、最後には日差しが出て紫外線全開だった。傘を差さなかったのは失敗かも。さあ、帰ろう。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
釣れなくても楽しい時がある
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

クラシックでも聴いて:その40

Docu0010今日は出掛けても良さそうな天気だが、何故か家にいる。それで、ついでと言っては何だが、40枚目。昨日に引き続き、ノルマの消化だ。
さて、最近は困ったちゃんが急増した。まずは、亡くなってしまったのであまり書けないが、病院で自分が番号で呼ばれた事に腹を立て、診療代を払わずに帰ってしまい、更にはブログでその事を自慢げに書いた地方議員。怒鳴り散らすくらいの感情の高ぶりと、それが公になってからの自殺?には、あまりの落差に驚くしかない。何だろう、それなりの職に就く人の佇まいと言うか、その前の1人の個人としてどうなのかと言う問題があるが、いずれにせよ死人に鞭打つ事は好まれない日本では、これくらいしか書けないのも事実。
続いては、あまりのノー天気に開いた口が塞がらない鳩ポッポ。以前中国に招かれてリップサービス以上のサービスで徹底的に叩かれて懲りたと思っていたら、今度は香港のマスコミに更なるリップサービス?本人は何が悪いんだと言う感じで居直って(今風には逆ギレ)おり、古巣の民主党(まだ抜けていないかも)からも愛想を尽かされる始末。鳩は鳩小屋にと誰かが言った事を思い出したが、一度でもこんな人を総理として仰いだ我々も恥ずかしくて国外には出られない。何とか日本の歴史から消去する事は出来ないだろうか。
 
憂鬱になるニュースばかり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

クラシックでも聴いて:その39

Docu0009今日は予報どおりの雨。こんな日はノルマの消化に限ると言う事で、50枚組クラシックCDの39枚目。一体何年越しになっているのか調べなければ分からないくらい長期に渡っているが、やっと5分の4くらいまで漕ぎ着けた。何とか今年中(え~っ!)には終わらせて、楽になりたい。途中に余計なものを買って、それを聴いているのも良くないが、まださだまさしのDVD8枚組も残っているし、本当にポチッと押してしまう癖を早く直さないと、これからも余計なものを買ってしまい、ノルマの消化が追いつかなくなりそうだ。
 
P.S.調べてみたら、買ったのは2006年5月末。まだ「サッチャンさん」からコメントを頂いていた頃。そして、聴き始めたのが何と3年半後の2009年11月だった。さだまさしの8枚組DVDは2005年に買っているようだ(更にその前に、さだまさしのCD12枚組も買っていた!)が、おそらくブログ開始以前なので記録がない。
 
ここをポチッと押しても大丈夫です
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

前回と同じ轍を踏んだか@増沢池

明日は雨らしいので、今月はあと何回行けるか分からない。とりあえず今日もゴー!もちろん行き先は増沢。斧は雨の後にでも。やや出が遅れたので、駐車場着は10時頃か。急いで荷物を降ろして池に向かうと、対面には看板横と坂の下に計3人、深場ダム?そばに2人。こちら側はいつもどおり塩ビ管付近から常連さん。私もいつもの場所でDscf2880準備しよう。予報どおり湖面は波立っているが、さて底から入るかそれとも宙か。迷いに迷ったが、ここは前回のリベンジと言うか、底が相変わらずダメダメなのか知りたくて、11尺の底から入る事に。餌はトロロの底釣り。ドロドロには出来ないので、やや柔らかめ作る。上空雲が多いが、紫外線を考慮(えっ?)して傘をセット。底を取り、開始は10時24分。ドキドキだ。まさか凸にはならないだろうな。しかぁ~し、と言うか当然と言うか、しばらくウキに動きなし。良いテンポで餌打ちを続ける(個人の感想です)が、10分が経ち20分が経ち、ウキ下をいじったり餌付けを変えてみたりするものの、なかなかウキの返しが見られなかった。が、開始30分くらい経って、遂にあたりらしき動きが。残念カラ。すると、次の餌打ちでもあたり!しかぁ~し、バラシ。これは困った。ウキの動きがなくなってしまう。そして11時を過ぎる。何故ウキが動かないのか。雰囲気ではあるがDscf2881へらが来ている感じがする。なのに・・・。すると、馴染んだウキが少し返してから、2目盛グッと入った。これに合わせれば、やったかかりましたよ!あと少しで開始1時間が経過するところだったので、まずはホッ。サイズもそこそこだし、あとは数を増やすだけだ。しかぁ~し、その後は再びウDscf2882キの動きが弱くなる。しばらくは餌打ちマシン。すると、1匹目から約30分経った頃、ウキが小さく入るのに合わせて、やったようやく2匹目!ただ、サイズが放流になってしまった。ちょっとだけ残念だが、カウントはカウント。気が付くとそろそろ12時。どうやら底では前回と代わらない結果になりそうだ。でも、最後までネヴァー・ギヴアップの精神で。すると、またも良いあたりが出て、やった3匹目ゲットか?しかぁ~し、凄い引き。穂先が水中に引き込まれ、ビーンと言う糸鳴り。どんなビッグサイズがかかったのかと思ったが、内心ではスレを覚悟。すると、上がって来たのは何と腹ビレにスレた放流チック。もうガクガクッ。何だかなぁ・・・。Dscf288412時のサイレンが虚しく響き、対面浅場は2人が帰った。私も餌があと少ししかないので、結果を期待せずに打ち切ろう。そして12時14分に餌を打ち切って終了。結果、底では実釣1時間50分で2匹!底は厳しかった(もちろん個人の感想です)。さあ、気を取り直して次は宙。一応トロ掛けも出来る用意はしてある。が、何故か餌はガッテン:天々の両ダンゴ。何処かの雑誌に載っていたブレンドだが、お互いの長所を殺し合うような配合で良いのだろうかと言う素朴な疑問はあるものの、とりあえず作る。そして昼食を挟み、9尺の「たな」1本での再開は12時半。餌付けはその場の雰囲気で。すると、すぐにウキに動きが。これは思ったより高活性か?しかぁ~し、前回のOさんの言葉を思い出して、ぬか喜びはしない。が、いきなりズバッと言う消し込みが!慌てて合わせるが、バラシ(ガクガクッ)。でも、こんな感じで推移するなら、きっと釣れるに違いない。その後もウキはモヤモヤが続Dscf2885くが、あたりらしきウキの小さな動きに合わせてもカラ。が、開始30分くらい経った時に、ズバッと入るあたりでやったかかりましたよ!どうだろう、両ダンゴでも何とかなるのでは?しかぁ~し、その後もズバッ!ズバッ!と入るあたりが全てカラになり、ちょっとだけ熱くなる。でも、あんな大きDscf2886なあたりには合わせない訳には行きません。しかぁ~し、次第にウキの動きが弱くなって、たまに出たズバッ!に合わせて2匹目はゲットするものの、チクッと入るあたりに合わせたら、凄い引きでしばらく堪えたもののハリス切れ!急いで交換だ。すると、まさか時合ではないだろうが、それDscf2887Dscf2888からポツポツと2匹をゲット。が、再びハリス切れが出ると、ウキの動きが悪くなり、2時2分に餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間半で4匹。底と併せれば実釣3時間20分で6匹だ。やっぱり前回と同じ展開なのか。でも、今Dscf2889日はこの後特に用事がある訳でもないので、もう1回宙をやってみよう。餌は何故か特S:天々:マッシュダンゴ。もちろん理由は餌の処分ですが、何か。対面は残っていた1人も帰ったが、代わりにご夫婦が看板横に入っている。後からもう1人来た。さて、数分餌を馴染ませてから再開。すると、まだへらは残っていたのか、最初はウキがモヤモヤ。そしてズバッ!開始10分Dscf2890くらいで1匹目ゲット。が、その後はなかなかあたりらしきウキの動きが出ないので、無理して合わせればカラとバラシ。餌のタッチも重さもさっきまでとは大分違うので、へらも戸惑っているのかな。それでも2時半を過ぎる頃から、小さく入るあたりに合わせてポツポツと3匹をゲットし、何とかDscf2891Dscf2892Dscf2893トータルでの第3目標をクリアだ。これもゴールデンタイムの恩恵か。ただ、小さなあたりらしきウキの動きに合わせるのはなかなか難しく、出来ればズバッ!というあたりで釣りたいなぁ。3時。常連さんは既に終わったようだが、岸辺のメンテナンスでもしているのだろうか、帰らない。さて、ゴールデンタイムは来たと思ったが、幸運の女神の後ろ髪は禿げているので、運がある時に出来るだけしっかりと前髪を掴まなければならない。残念ながら私は時合に乗り遅れたのか、餌はあとわずか。すると、何故か小さく押さえるDscf2894ようなあたりらしきウキの動き。今までなら見過ごしていたかもしれない動きに合わせれば、やった「上がりべら」ゲットだ!う、嬉しかぁ~。いや、ここで喜んではいけない。もう1匹釣れば宙だけで第3目標をクリア出来る。最後までネヴァー・ギヴアップの精神でPART2。しかぁ~し、甲斐なく3時半に餌が尽きて終了だ。結果、2回目の宙では実釣1時間半で5匹。宙だけでは実Dscf2895釣3時間で9匹。底と併せたトータルでは実釣4時間50分で11匹。まあまあと言うか、やや少な目と言う感じの結果だった。片付け。さて、1回目の餌では消し込みが多く、2回目の餌では小さなあたりで釣れた。これが餌による違いなのか、それとも時合によるものかは私の頭では解析不能だ。片付けを終え、駐車場に戻る。気温が上がって来たせいか、息が弾む。さあ、今日はベイシアに寄って帰るぞ。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
ここをポチッと押していただければ、私はハッピー?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

「千回のキス」と「恋せよシングルママ」が終わった

BS11で放映中だった「千回のキス」がこの間の日曜で、BS日テレで放映中だった「恋せよシングルママ」が今日終わった。
「千回のキス」は、訳あって別れた母と娘が、母が後妻に入った家の先妻の息子の嫁として再会するという、「神様お願い」に近い感じのドラマ。しかぁ~し、実は主役は嫁に入った娘の方ではなく、その姉。母が昔不倫した(それが母が家を出た原因)際に、自殺?した相手(当時は学生)の姉の家に嫁ぐ事になるという、何だか考えられないストーリー。最後にはお決まりの白血病(最近の韓国ドラマではやたらと多い)で母が亡くなり、娘2人はハッピーな結末となる。何じゃこりゃ!
「恋せよシングルママ」は、文字通り未婚の母が主人公。相手役(婚約者)が、大企業の会長の、死んだ娘が結婚する前に出来た孫と言う事で(もちろん会長、本人は知らない)、これも何処かで観たような気が。それに娘婿の家族による企業乗っ取り(何と主人公を孕ませたのがこの家族の1人)と、これでもかこれでもかと胡散臭さてんこ盛り。今日はハッピーエンドとなったが、何だかなぁ。
さて、「千回のキス」の後は「約束の恋人」、「恋せよシングルママ」の後は「私の人生、恵みの雨」。果たして観続ける事が出来るか?
 
手を変え品を変え
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

bill evans / blue in green

Docu0008先週末に7ネットからのメールで知ったビル・エヴァンスの10枚組CD。何と1600円だ。これにはビックリしたが、どうせ障子の耳、音はどうでも良い?から啓蒙として聴いてみようかと購入。さっきセブンイレブンまで取りに行って来た。もちろん支払いはnanacoで。
1枚1枚聴く前に、10枚をMP3に落としてCD1枚に纏める事に。これで車中で聴ける。1枚1枚は気持ちに余裕がある時にでも。MP3で聴くのも聴いた事になるので、クラシックCDのように溜まる事はありません。でも、これでいいのか(これでいいのだ!)。
 
格安過ぎて却って心配だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日)

釣りの帰りの用事とは

Docu0007残業する筈だった増沢を早々に切り上げて向かった先はケーヨー・デイツー。新聞の折込広告に載っていたテレビ用のスピーカーを買うため。
今まで何度となく同じような広告を見たが、買う気にはならなかった。それが何故か急に気になって。ただ、サイズ的にはピッタリでも、奥行きがテレビの脚に当たるのでどうしようかと迷っていたのだった。
それが、同じホームセンターならゴム足がある筈と思い立って、購入する気になった次第。しかぁ~し、ゴム足の高さがどれくらいあれば足りるのか考えずに機器だけ買ってしまい、家に持ち帰って寸法を確認してから近くのジャンボエンチョーに向かうが、何とここには適当なゴム足がなかった(ガクガクッ)。
P1000014そこで、本来の使用目的とは違うものの、ドア等の戸当たり防止用のものを購入。寸法的にもグーだったので、大汗をかきながら(館内はエアコンがバッチリ効いているのに)家に戻り、何とかテレビの正面にセット出来た。音そのものも、価格的にはオーディオと呼ぶには多少憚られるかもしれないが、私には充分です。これでドラマもやや映画的に観られそう?
 
私はコンコルゲンではありません
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

ダメだ、釣れない@増沢池 with Oさん and 久し振りのmasaさん

雨上がりに竿を出したいが、今日は午前中用事があって×。午後も1時を過ぎたが、よし今からでも竿を出してみよう。急いで増沢へゴー!駐車場に着くと、おそらくはOさんのものと思われる車ハケーン!念には念をと電話してみると、やはりそうでした。いつもの場所に入っていると言う事で、車を停めようとしたら、あれっ、見覚えのある車がもう1台。珍しやmasaさんでした。急いで車を停め、荷物を降ろして池に向かう。へら師は対Dscf2871面看板横に2人と、深場ダム?そばに2人か。こちら側は浅場橋の下辺りににご夫婦がいるような気がするのだが、草が生い茂っていて良く分からない。水位は雨で回復している感じ。予想していたより風・波は出ていない。さあ、まずは荷物を降ろしてから塩ビ管方面に出向いてみよう。すると、塩ビ管奥にmasaさん、そこから少し離れてOさん。Dscf2868Dscf2870更に奥にはおそらく常連さん。まずは挨拶して状況を訊くと、Oさんは底でまあまあの結果、宙ではあたりはあるが・・・。masaさんはトロロ、「玉」、ダンゴと自由自在で、私が来た瞬間に竿が曲がった!残念スレだったが、宙の方が良さそうな気が。さあ、私もいつもの場所に戻って準備しよう。日差しが強いので、傘は必須。準備中にも汗。竿は11尺でとりあえず底から行く。餌はトロロの底釣り。底も取れ、開始は1時53分。随分と重役出勤になったものだ。かつては4時起きの5時開始だったのに、エヴリデイ・アングラーはダメだなぁ(今日は用事で仕方ないが)。多少ウキが左に流されるが、まあ我慢出来る範囲。それよりウキが動かない。すぐに2時。そして2時半。最近の私らしく、最初の1時間はダメダメと言う事か。一応底を取り直すが、特に問題なし。そして開始1時間が経過。流石に予定通りかもしれないが、ちょっと焦り出す。まさか凸にはならないだろうが・・・。竿を出したり引いたり、ウキ下を微調したり、餌付けを変えてみたりと、私の知る範囲でやる事はやったつもり(ハリス長だけは変えません)だが、3時を過ぎても芳しくない。もうゴールデンタイムに入っている筈なんだけどなぁ。そこで、念には念と再々度底を取り直し、これでダメなら凸上等と開き直れば、何となくへらは上の方にいるみたいで、底に着くと静かになる。が、餌落ち付近まで返したウキがフワフワしてからチクッとDscf2872入るのを見逃さずに合わせれば、やったかかりました!いやぁ、嬉しかぁ~。サイズもまあまあだし、これで何とか帰れそうだ。写真はいつもより大きめにしていますが、何か。これから爆釣に違いないと張り切るが、如何せん餌があと少し。1回鱗があったし、あたりの見過ごしもあって、何となくまだ釣れそうな気はするんだが。3時半を過ぎ、既に片付けを終えたOさんが様子を見に来てくれた。今日は6時頃から始めて、底で10数枚、宙ではカラツンにカリカリしながらも4枚をゲットしたとの事。明日からしばらく釣りが出来ないと言うので、次に斧に行く事があれば誘ってくださいとお願いしておいた。さて、それまでもウキはモヤモヤしていたのだが、いよいよ最Dscf2874後の1投。これも、ウキが返してからモヤモヤ。何処まで我慢出来るかが勝負だと思っていたら、そこからチクッとウキが入り、これに合わせれば嬉や「上がりべら」ゲットだ時刻は3時43分。!Oさんが見ている前で釣れて良かったぁ。それを見届けてOさんは帰った。お疲れ様でした。結果、1回目の餌では実釣1時Dscf2875間50分で2匹。サイズはまあまあだが、2匹って一体・・・。次はどうすれば良いんだろう。Oさんが両ダンゴでカラツン、masaさんがトロ掛けでも「玉」でもバラケに来ると言っていたし、せっかく今日はヒゲトロとS-ブルーを持って来たのだが、ここは底を続けよう。竿と仕掛けはそのままで、餌は夏・冬・マッシュダンゴ。底は取れているとの判断でそのまま。再開は3時47分。すると、さっきまでとはウキの馴染み具合が変わった。そこでウキ下をチョチョイのチョイ。Dscf2876すると、何とズバッというあたりが出て、やった早くも1匹目ゲットだ!まだ4時前、これは素晴らしい。前回も似たような展開だったので、これから少なくとも第3目標はクリアするつもりで頑張らねば。しかぁ~し、そんなに甘くなかった。ウキはモヤモヤするだけで、なかなかあたりにならない。更に、何故か餌ボウルに目をやるとあたりが出て見過ごし。更に更に、ずっと気付かなかったが、ウキの馴染みに糸トンボが貢献していた事が判明。今更何だと思いながらも、竿を引いてトンボを牽制するが、あまりしつこくやると餌が抜けてしまう。困り、またイライラ。対面ダム?そばはとっくに帰り、看板横も帰り支度。池にはmasaさん、私、そしてご夫婦だけになってしまった。4時半を過ぎるが、今日は残業覚悟でやって来たので、時間はまだある。この後は宙でもやってみるか。さて、ウキは相変わらずモヤモヤだけであたりにならない。餌付けとかでは解消しないのか。さっさと餌を打ち切る方が賢明なのかもしれない。が、Dscf2877馴染み際でモヤモヤしていたウキが、チクッと入ったような入らないような、ハッキリしないが私の勘があたったと言うので合わせると、やったかかりましたよ!ん、ゲゲッ、今日初めての放流。でも、1匹は1匹だ。ありがたくカウントさせて頂きましょう。寂しいが、これでようやく第2目標にリーチ。何とかもう1匹釣って形にはしたい。しかぁ~し、ウキの動きは芳しくないままで時間だけが過ぎる展開。いよいよ5時。何だかなぁ、残業も面倒臭くなって来た。すると、返したウキがズルッDscf2878と入り、これに合わせればやったかかりましたよ!何だか全く分からないが、とりあえずトータルでの第2目標をクリアした事だけは分かった。さて、いよいよ餌も残り少なくなった。もう1匹は無理かもしれないが、気持ちはネヴァー・ギヴアップで。masaさんが終了したようで、様子を見に来てくれた。今日は午前中は2枚だけだったようだが、午後は訊きそびれた。明日は鳳来との事で、私は行きませんが頑張ってください。お疲れ様でした。さあ、いよいよへら師は私とご夫婦だけ。どうしようかな、日はまだ高いので、残業は充分OKだ。いよいよ最後の1投。こちらも放置プレイで粘ると、返したウキが待って待ってようやくのチクッ!やったと合わせると、かかりました!「上がりべら」ゲットは間違いないか。しかぁ~し、顔が水面に出たと思ったら、Dscf2879バラシ。ガクガクッ。これで一気にやる気が失せた。終了だ終了だ!時刻は5時23分。結果、2回目の底では実釣1時間40分弱で3匹。1回目と併せたトータルでは実釣3時間半で5匹。最近にない貧果となった。ガックリして片付け。これではベイシアにも寄れそうにない。片付けを終え、駐車場に戻る。ただただ疲れた。さっさと帰りたいが、用事を思い出した。帰りに寄らなくては。荷物を積み、よろよろと池を後にした。
 
ここをポチッと宜しく根!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年6月20日 (木)

雨の日の憂鬱

ようやく梅雨らしい天気になってきた。これはこれで良い(仕方がない?)事なのだが、シトシト降るならともかく、局地的な集中豪雨のような雨では困る。
まあ、そんな人間に都合よくなる訳もなく、今後は梅雨前線にプラスして台風の影響も出てくるようだから、充分な注意が必要だ。
そんな中、家に閉じ篭っていると、どうしても憂鬱な気分になってしまう。カラリと湿気がなければそうでもないと思うが、ジメジメした環境下では、気分が晴れやかになる筈もない。
そして、憂鬱な気持ちは更に、考えてもどうしようもない事(昔の後悔とか)が頭の中をグルグル。タラ・レバは釣りだけにしておけば良い(それも良くない?)のに、あの時こうしていればと、ホント考えたところで今更どうにかなる訳でもない事が次々に頭に浮かんでは消えていく。
お盆が迫っているので、走馬燈と関係あるのかな(オイオイ)。
 
心にカビが生えそうだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

癒してもらうつもりが@増沢池

天気は何とか今日まで持ちそうだ、と言う事で、ちょっと遅くなったがやって来ました増沢。昨日の凸を癒してくれるのはここしかない。駐車場着は9時半過ぎ。急いで池に向かうと、ゲゲッいつもの場所にはへらの死骸。風向きの関係なのか、ここに漂着?してしまったようだ。近くに木の枝とかないので、仕方なく「たも」で押す。そして足元の水も長靴で遠くに押しやろうとしたら、腐敗臭が一気に広がった。クッサーッ!とてもこれでは出来ないと、旧爆釣ポイントに移動して、柳の木の奥にいる2人の先客に挨拶するが、Dscf28521人はこちらを向いたものの無視。最初から気分が悪くなったが、他に場所もないのでそこに入る。さあ準備だ。対面は看板横に1人だけ。水位は元に戻っている感じ。風・波はそれほど出ていないが、傘は必須。竿は11尺の底。餌はトロロの底釣り。しかぁ~し、底取りを始めようかと思ったタイミングで波。しかもこの場所、駆け下がっている感じで底がうまく取れない。何となく取れたと決めての開始は10時17分。うん、ウキの馴染みはまあまあだ。が、ウキに動きなし。まあまあ、斧じゃないんだから、そのうち動き出Dscf2853す筈。すると、10分くらい経過して、早くも返してチクッ!で1匹目ゲットだ。やれやれ。しかぁ~し、後がない。ウキが流されるのが良くないのかな。その後しばらくして、またも馴染んで返してチクッ!やった2匹目かと思ったが、手応えはバッチリでもバラシ。すると、それからは完全にウキの動きがなくなった。携帯で時刻を確認すると、ゲゲッ11時を過ぎている。まさかとは思うが、再度底取り。すると、その最中にあたり!残念?かからなかったが、餌がない方がアピールする?結局最初の底取りで決めたトンボの位置から測り直してもそんなにずれていなかった(ずれていたのか?)ので、再開。すると、それまでとは違って少しはウキが動くようになった。が、あたりらしきウキの動きはなかなか出ない。隣では宙なのかバシバシと合わせる音。時間はどんどん過ぎて11時半。更に12時近く。一体今日は何なんだろう。1匹目をゲットしてから1時間半近く1匹も追加出来ないなんて。早く宙にしたいが、残念今日もトロ掛けの餌を忘れてきた。その上に、両ダンゴでは厳しいと奥の方Dscf2854から洩れてくる声で、最早ギヴアップか?しかぁ~し、突然のあたりで2匹目。ようやく両目が開いたが、何故急にあたったかは不明のまま12時のサイレン。と、柳の木の奥の奥が終了。私も早く餌を打ち切りたいが、かと言って次に何をすべきかも分からない。しかぁ~し、昼休みかと思ったへら達はまだ仕事中のようで、1回ハリス切れが出たものの、ポツポツと2匹をゲッDscf2855Dscf2856ト。一応第2目標にリーチまで漕ぎ着けたが、もう無理。12時15分に無念の終了だ。結果、最初の底では実釣2時間弱で4匹。これは厳しいなぁ。癒してもらうどころではない。さあ、次はどうしよう。宙をやるなら「お」くらいしかないが、Dscf2857よし、ここは底を続行だ。餌は昨日試してみた夏・冬・マッシュダンゴ。と、その前に昼食。スポーツドリンクをゴクゴク。汗を拭き拭き。さて、竿はそのままで、今度は湖面が凪いでいる状態で1から底取り。そして12時半に再開、と思ったら、何といきなりの風・波(これは事実)。でも、ウキの馴染みも今度は気にならないし、最初からウキがモヤモヤ。これはあたるでしょう。が、これがなかなかあたりにならないのだ。更にはあたりの見逃しも出て、もうチャランポラン状態。このままでは前半と同じ轍を踏みそうだ。しかぁ~し、開始30分になろうとする頃になって、馴染んで返してチクッ!がいきなり出た。そしてかかりましたよ!これは良くDscf2858Dscf2859引く。寄せてみれば今日一番のサイズ。尺まではいかないが、嬉しかぁ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!やった連荘、しかもまたグーなサイズではないか。何故急にあたったのかは分からないが、OKOK。しかぁ~し、しかぁ~し、喜んだのも束の間、ここから何故か数少ないあたりが全てカラに。しばらくはそのまま続けてみたが、やはりウキ下を微調整しないと。少しだけウキ下を伸ばしてみる。すると、何と言う事でしょう、再開してすぐに馴染んで返してチクッ!そしてかかりましたよ。更に次々とあたりに合って、1時半までに更に2匹を追加だ。さっきトータルでの第2目Dscf2860Dscf2861Dscf2862標はクリアしたが、2回目の底単独でも第2目標クリアとは素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。更にトータルでの第3目標にリーチとなれば、最初の頃は一体何だったんだろう(最近はこればかり)。1時半を過ぎても調子は変わらず、隣が中座して奥の方にDscf2863Dscf2864Dscf2865Dscf2866行ったのも関係あるかもしれないが、ポツポツと2時までに4匹を追加。何とトータルでの第3目標はクリアして、単独での第3目標にリーチだ。中には連荘もあってまだまだやる気充分。しかぁ~し、4匹目でハリスが絡むアクシデント。餌はあと少ししかないので、ここでハリスを替えるのは面倒とそのまま続行するが、ハリス長が10数センチくらいなのでへらも餌が食べ難いのか、ウキは動くがあたりにならず、最後の1投もカラ?で2時9分に終了だ。結果、2回目の底では実釣1時間40分で9匹。トータルでは実釣3時間40分で13匹。私にとっDscf2867てはそこそこの結果となった。隣は既に終わり、静かに去っている。対面は午前中に終了し、今では夫婦の方が竿を出している。私も片付け。意外に涼しくて、汗も出ない。片付けを終え、いつもの場所にある死骸を、餌ボウルに水を入れて叩く事で遠くに追いやったが、風向きが悪くて再び手前に。でも、いつもの場所と旧爆釣ポイントの間の水草にかかったので、良しとしよう。駐車場に戻る。今日は癒されに来た筈が、途中までは結構イライラ。でも、結果オーライと言う事で勘弁してもらおう(誰に?)。車に荷物を積み、そろそろと池を後にしてベイシアへと向かった。
 
増沢だからと言って、いつも釣れる訳ではない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

ただただ暑くてウキが動かなくて@斧

今日を境に天気が悪くなると言う事で、ちょっと出るのは遅くなったがゴー!もちろん行き先は増沢、ではなくて斧!Oさんの尺6寸までは行かなくても、何とか1匹。池に着いたのは11時半過ぎ。バックで坂を降り、帰りが楽なように。まずは周辺の様子を覗うDscf2849と、あったあった奥のハシゴ。更に、前に来た時より草が生い茂っている感じ。でも、釣り台付近は綺麗だ。早速フェンスを越えて準備しよう。気になっていた虫もおらず、問題は日差しだけ。まずは傘をセット。竿は15尺の餌はトロロの底釣り。底取りに手間取り、開始は12時7分。当然ながらウキはピクリともしない。まあまあ、こんなものでしょう。コンビニで買ってきたおにぎりを食べながら餌を打つ。私的には割と早いテンポで餌打ちするが、気が付くと開始1時間が経過。う~ん、分かっていても厳しいなぁ。ウキが返すよう餌付けやら竿尻を引くやらやってみるが、全くウキに動きなく、ひたすら餌打ちマシンと化す私。2時17分に餌を打ち終えた。半分は予定通りだが、半分は残念な感Dscf2850じ。こんなピーカンで水も澄んでいる状況では、ウキに動けというのは無理な話かも。時折風が吹いて気持ち良かぁ。さあ、次も底で。実は餌を打ちながら次の餌は作ってあったのだ。夏・冬・マッシュダンゴで。ほとんど時間のロスなく再開。しかぁ~し、太陽の移動に伴って傘の角度も変えたので、竿が振り難くなったのか数投で道糸が絡むアクシデント。しかも根掛かりまで出てハリスを切ってしまった。いつもなら癇癪が大爆発して仕掛けをクシャクシャにするのだが、今日の私はいつもと違う。懸命に道糸を解き、ハリスを交換。更にオモリの一部が脱落したので、餌落ち及び底も取り直し。普通はここまでやりませんよ。そして再開するが、何とすぐに道糸トラブル再発!今度こそ堪忍袋の尾が切れた?いいえ、今日の私は何処か違うPART2。再度丁寧に道糸を解き、再開。しかぁ~し、3時近くになってしまった。でも、Oさん曰く尺6寸を釣った時には3時過ぎにあたりが出たようなので、これからが勝負でしょう。しかぁ~し、ウキに動きなし。バサーがやって来たようだが、何をしているのかは不明(特に気にしていない)。さて、3時を過ぎても餌打ちマシンとしての私に変わりなし。きっとあたりが出るに違いないとは思っているが、やはり長時間ウキが動かないのは辛い。気が付くと4時(ゲゲッ)。そろそろ餌の残りも少なくなって来たが、この池のゴールデンタイムってあるのか?3時台にもウキはピクリともしなかったし、4時台はどうなんだろう。傘からはみ出ていた腕が日に焼けてしまった。今夜は沁みそうだ。いよいよ餌もあとわずか。残った餌を丸めてみると、あと4投しか出来ない。どうやら今日も凸は決定のようだ。尺6寸はまあ夢のまた夢かもしれないが、何かしら掛かりはしないかと思っていたのも図々しいか。しかぁ~し、しかぁ~し、あと3投というところで、ウキが今日初めて2目盛返した!そして1目盛馴染んだ後に餌落ち付近まで再度返して、そこからモヤモヤ。クーッ、痺れるなぁ。早くあたってくれ!じりじりする気持ちを堪えに堪えて待つが、結局その後は何もなく、餌を切る。そしてこれが今日唯一のウキの動き。残り2投も待ちに待って(放置プレイ)みたが、効なく4時半に終了だ。結果は書Dscf2851くまでもないだろう。片付け。不思議なくらいガッカリしていない。途中は辛かったが、こんなものだと知っているし、もし出れば大きいというのも知っているから。今度は雨の合間に来よう。そう言えばOさんがかつて爆釣したのは、ザーザー降りに無理に竿を出した日だったし。片付けを終え、フェンスを越える。この池でこんなに遅くまで竿を出した記憶がない。次回は朝方から遅くとも2時頃には終わる予定で来よう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
尺6寸よりまずは1匹
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年6月16日 (日)

静岡県知事選挙

今朝もいつもどおり朝7時過ぎに投票してきた。雨が来そうで来ない不安定な天気のためか、いつもより出だしは良くない感じ。投票率が50%を割らなければ良いのだが。

投票を終え、さてどうしようかと思ったが、やはりこの天気では出掛けられない(予報では午後から晴れらしいのだが)。

まあ、エヴリデイ・アングラーに休日は関係ないので、明日もある。明日の予報は大丈夫そうなので、斧にでも行ってみるかな。ひょっとして尺6寸に会えるかも。いや、バットさんに先を越されてしまったかもしれない。果たして?
 
P.S.選挙結果は川勝さんの続投となったが、残念ながら投票率は50%を割ってしまった。
 
天気のせいか気分も重く、憂鬱だ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

蒸し暑くて閉口@増沢池

いよいよ梅雨本番なのだが、思ったより雨は少ない。しかぁ~し、いつ降るか分からないので、なかなか竿を出す気にならず、月曜に竿を出してからもう金曜。これではいけないと、思い切って出掛けました増沢。コメントが付かないのは承知。駐車場に着いたのは9時頃か。まだ明るくてムシムシしている。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、先日の雨で少し水位が戻ったようで、今日は11尺でもOKのようだ。へら師は対面大体Dscf2828私の正面に1人だけ(あとで看板横、階段下、ダム?そばに1人ずつ)。こちら側は相変わらず塩ビ管付近から声。さあ、早速準備しよう。餌はまだ使ってるよトロロの底釣り。既に波が出ているので、ウキはトップの太いものを採用したが、ちょっと目盛の間隔が詰まっている感じ。でも、底を取ってしまったのでこれで行こう。開始は9時23分。既に汗。タオルは必須だ。さて、ウキの馴染みは予想通りだが、それが却ってしっくり来ない。何だろう、何かが違う感じ。それでもしばらく餌打ちすれば、ウキが小さく入ったではないか!やったと合わせるがカラ。更にもう少し経ってまたもあたりらしきウキの動き。これにも合わせるがカラ。ウキの動きもスッキリしないし、視認性も最初から気になっていたので、思い切ってウキを交換。ただし、餌落ちだけ確認して、あとはトンボの位置を信用して再開だ。すると、馴染みもまあまあだし、ウキも動きが出そうな予感。しかぁ~し、ウキはモヤモヤし始めたものの、何となくおかしい気持ちは拭えないまま10時。そこで、思い切って再度底取り。すると、何と言う事でしょう、底が全く取れていない事が発覚。ウキは餌と底の摩擦でなく、餌の重さで馴染んでいたのだった(トホホ)。今までのDscf2829Dscf2830時間を返せぇ・・・(自業自得)。今度こそバッチリと再開すると、すぐにウキが動き出し、あたり!そしてかかりましたよ!もう開始から1時間近く経っている。今から挽回だ。10時半までにもう1匹。そして11時までには4匹。しかも、Dscf2831Dscf2832Dscf2833Dscf2834サイズは最初こそ放流チックだったが、次第にサイズアップする感じで、第2目標をクリアする頃にはそこそこのサイズとなって気分良かぁ。それにしても、最初にキチンと底を取っておけばと、今更ながらのタラ・レバ(いい加減反省せよ!)。しかぁ~し、11時頃からカラが発生。何度となく大きな声(独り言とも言う)が池に響いたかもしれない。それでもポツポツと3匹を追加出来Dscf2835Dscf2836Dscf2837て、11時半に底は終了。結果、底では実釣2時間余で9匹。最初の1時間がほぼ無駄な時間だったので、返す返すも底取りのいい加減さが恨めしい。さあ、次は宙。せっかくDscf2839ヒゲトロとS-ブルーを買ったのに、家に置いて来てしまったので、トロ掛けは出来ない。そこで、今日は両ダンゴの宙餌単体バージョンでやってみよう。まずは少し早い昼食。ムシムシは止まらず、タオルで顔をゴシゴシ。時折そよそよと風が吹くと、気持ち良かぁ。それから竿を9尺に交換し、ハリスはトロ掛けになっていたものを25cmと35cmに変更だ(あくまで個人の感想です)。まず最初の餌は特Sだ。袋に書いてある通りに作り、いつものように「たな」1本での再開は11時55分。じきに12時のサイレンが鳴った。さて、ウキをしっかり馴染ませれば、そのうちにウキに動きが。ただ、なかなかあたらない。袋に、餌ボウルに20回くらいこすり付けるように書かれていたので、粘りが出過ぎているのかな。そしてウキのトップがギリギリ見えるくらいまで馴染ませれば、そこからウキはスパッと入ったように思えて合わせるのだが、これがかからない。そんな事ばかりやっていたら、もう1時。これはヤバイ、凸もあり得るぞ。しかぁ~し、天は我を見放さなかった。スパッというあたりDscf2840に合わせれば、やったかかりましたよ!しかもグーなサイズ。いやぁ、参ったなぁ。それに疲れた。さあ、あと少しで餌が終わる。何とかもう1匹。しかぁ~し、小さく入るあたりに合わせて一旦はかかったものの、「たも」に入れる手前で痛恨のバラシ。確かに口にかかっていたと思うのだDscf2841が・・・。そして1時23分に餌が尽きて終了。結果、実釣1時間半弱で1匹。個人的には、いくら袋に書いてあるとおりでも粘りが出過ぎたのでは、と思う。さあ、それでは次行こう。今度は天々単体。これは天々3に水1でかき混ぜた後に天々1を加えるとあるので、そのとおりに。再開は1時27分。ん、こちらの方がバラけるのが早い感じ。練ってないからね。餌を持たせるために指でコネコネ。するとじきに、先程と同じような動きになる。そしてズバッ!でカラも同Dscf2842じ。この頃には大きな声は出なくなっている。それでも開始20分くらいで、スパッ!に合わせて1匹目!意外と早かったのでビックリだが、まだ餌はある。トータルでの第3目標はさっき達成しているので、とにかく多く釣るつもりで続行。しかぁ~し、相変わらずスパッ!でカラ。先日の西ノ谷Dscf2843でのバットさんの気持ちが伝わるようだ。2時になろうとする頃になって、スパッ!でかかったのだが、何故か強い手応えはすぐになくなり、小さな手応えだけが残った。そしてかかってきたのがこれ。最近は必ずお目にかかるブルー。さっさとご退場願った。その後もウキの馴染みに注意しながら続けるが、時折出るスパッ!では全くかからない。一度無理矢理小さなあたりらしきウキの動きに合わせたら、鱗(ガクガクッ)。2時半になった。すると、スパッ!でかかりましたよ!いよいよゴールデンタイム到来か?すると、それから餌が尽きた3時ジャスDscf2845Dscf2846Dscf2847トまでに2匹を追加。途中、ビーンと糸鳴りがしてのバラシが1回あったが、これはスレですか?結果、2回目の宙では実釣1時間半余で4匹。宙のトータルでは実釣3時間でDscf28485匹。これはトホホ以外の何者でもない。底と併せたトータルでは、実釣5時間で14匹。底はそこそこ、宙はダメダメだった。雨が来そうで来ない天気。風・波もそれほどでなく、まだまだこれからと言う感じだが、もう充分でしょう。対面は看板横も私と一緒くらいに片付け開始。こちら深場では常連さんが既に終了している。私も片付け。すぐに汗。腰も痛い。片付けさえも面倒になる季節だ。片付けを終え、駐車場に戻る。息はそれほど上がらないものの、ここでも汗。これから更に暑くなると、最早耐えられないくらいのキツイ道程となるだろう。車に荷物を積み、さっさとベイシアへ向かった。
 
パラソルさんお元気ですか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年6月12日 (水)

クラシックでも聴いて:その38

Docu0006いよいよ湿気の高い季節がやって来た。更に低気圧のせいもあってか、体の節々が痛み出し、なかなか外に出る気持ちにならない。今日も予報では雨にならないものの、昨日のように午後から雨となっては辛いので、竿を出すまでには至らないのが正直なところ。
それで、ノルマを果たすべくクラシックを聴いている。明日は本当に雨が来るようだし、しばらくは家で大人しくする事になるのかも。でも、斧が気になる。尺6寸は叶わなくても、今年はまだ凸が続いているので、何とか1匹。奥の、一旦はなくなっていたハシゴが再び設置されたと言うOさんの話もあって、何となく釣れそうな気がするのだが(あくまで個人の感想です)。
 
土日はバサーも来るので、出来れば避けたい
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

「芙蓉閣の女たち」が終わった

今日は予報では雨模様だったが、次第に晴れてきた。どうしようかな、出掛けようかな。いや、途中で雨になったら嫌だな。
 
「宝石ビビンバ」等でお馴染みの作家イム・ソンハンさんの作品、「芙蓉閣の女たち」が昨日終わった。BSジャパンで月火に2時間(2話)ずつ計4時間という変則的で一遍に大量が流されるので、録画して観るのは結構大変(放映されている時に観た方が楽)だった。
内容はまあまあ。新人を多く使うのがお好きなようで、新鮮さはあったかな。「宝石ビビンバ」以外ではお目にかかれなかった俳優さん達が、作家の引きで出演するのもまあ良しとしよう。
出生の秘密に玉の輿、それに現代に残った?妓生(キーセン)を絡ませる手法は、ある意味水戸黄門的な予定調和で、ドキドキハラハラもやがて来るハッピーエンドの予感で安心して観られた。でも、本当にこういうのが好きなんですね、かの国の方々。まあ、観続けた私も同様だが。
 
次は「棚ぼたのあなた」
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

ま、こんなものでしょう@増沢池 with Oさん

台風が近付いているらしい。明日から天気が下り坂と言う事で、それでは増沢にでも出掛けておくかな。なんとなく空はどんよりしているが、ゴー!駐車場着は9時頃か。へら師と思われる車は数台。急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、対面は看板横と階段下。こちら側は浅場でゴソゴソ音がしているが、不明。いつものように塩ビ管付近からDscf2810声。私はいつもの場所に入って、さあ準備だ。竿は9尺の底。餌もこのところ定番のトロロの底釣り。既に風・波があって、細いトップのウキでは視認性に問題がありそうだが、行けるところまで行ってみよう。ハリスが前回絡んだままになっていたが、そのまま。底も取れ、開始は9時26分。ウキの馴染みも予想通り。すると、2投目からウキがモヤモヤ。あれれ思ったより活性があるのかな。しかぁ~し、あたらない。が、しばらくしたらチクッと良いあたりが!やったと合わせるがカラ。あれっ、大体最初はかかるんだけどなぁ。すると、その後もほぼ毎回のようにあたりらしきウキの動きはあるのに、全てカラ。ここで2つの問題が頭に浮かんだ。開始20分くらいで、まずは1つ目のハリスの絡みを、片方を切って交換して解消。更に開始30分くらいで、底を取り直す。結局底が取れていないのではという不安を抱えたままではやり切れないから。でも合っていた。すると何だろう。餌はとりあえず普通バージョンで、前回は問題なかったし、普通バージョンでやるというのがミッションなので、餌は餌付け以外はノータッチ。しかぁ~し、先程までとは逆転するかのような、ここからのあたりは全てがスレバラシ。1回はハリス切れにまでなってしまった。イライラというより、何でだろうと首をひねる。ウキ下を微調してみたりしDscf2811たが、未だ凸状態。気が付けば開始1時間が過ぎている。ゲゲッ、こんな筈では?10時半を過ぎ、いよいよ焦りは募るばかり。と、そんな中、ようやく本来のチクッ!が出て1匹目ゲットだ。何故急に釣れたのかは不明だが、とりあえずホッ。更にやれやれ。すると、まさか時合ではないだろうDscf2812Dscf2813が、あたりに合うようになる。そして11時までにもう2匹を追加。理由は不明。更に11時を過ぎるとあたりに合う確率が高くなって?10分経たないうちに3匹。さっきまで絶望的だったのが、第2目標クリアまで持ち込んだ。やはりDscf2814Dscf2815Dscf2816時合でしょう。と、ここで奥の方から1人やって来た。あっ、Oさんではないか。お久し振りですね。今日は割りと早い時間から竿を出していて、放流サイズ主体で7匹。先週木曜には大楽地にも行ったそうだ。そうそう、斧では48cmをゲットしたというから素晴らしい。その日は5月中旬、ごく普通の晴れた日で、朝7時頃から始めたが、あたりが出たのは午後3時頃から。もう1匹40cmくらいもゲットしたとの事で、私も急に行きたくなってきた。Oさんが見ている間に1回あたりがあったが、話に夢中で竿から手を離していたのでアウト。Oさんは底でサイズが望めないので、これから宙をやると言って釣り座にDscf2817Dscf2818戻った。さあ、私もラストスパートと行こう。すると、餌が尽きた11時52分までにもう2匹をゲットだ。最初はどうなるかと思ったが、終わってみればそこそこ(もちろん私にとって、だが)。結果、底では実釣2時間半弱で8匹。さあ、Dscf2819次は宙。と、その前に昼食だ。そして、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。そうです、前回何とか体裁を整えられたトロ掛けをやるのです。餌は段底・天々・特Sのバラケと100均のトロロ。やっと使い切った。準備中に12時のサイレン。そして「たな」1本での再開は12時12分。すると、こちらも開始早々からウキに動きが。ただし、最初にかかってきたのはお約束のブルー。ガクガクッ。更にバラシが出たが、今度は手応えはブルーではなかった。やる気は消えなDscf2820い。そして開始15分くらいで、ズバッというあたりでやった1匹目!今日はトロロの繊維が割としっかりしているような気がして(個人の感想です)、あたりらしきウキの動きもズバッ!ただ、多くはかからない。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなって、1時までにもう1匹を追加しただけ。一応Dscf2821トータルでの第3目標クリアとはなったが、もっと釣れても良さそうな感じに多少ガックリ。しかも、1時頃から雨粒が落ちてきた。しかぁ~し、まだバラケがかなり残っているので、これくらいで終わってなるものか。荷物はブルーシートで覆い(犯罪とは無関係です)、紫外線対策でセット済みの傘はやや低めにセッティングし直す。対面看板横は、もう充分釣ったのかさっさと帰った。こちら奥はどうなっているのかな。さて、ウキの動きが悪くなってきたのは、おそらくバラケの抜けが悪くなったからでは?それともトロロが落ちているのか。その後もたまにズバッ!が出て釣れるが、気持ち的には芳しくないなぁといったところ。それでも2時まDscf2822Dscf2823Dscf2824でにもう3匹追加して、何とかトロ掛けだけで第2目標クリア。雨も止んで来た事だし、後は残り少ないバラケを打ち切って終わろう。再びOさんが見に来てくれた。もう片付けを終えたとの事。苦手の宙でも5匹釣れたようだ。また宜しくと言って奥の方へ。私も雨の本番が来ないうちに終わりたい。すると、まさかゴールデンタイムでもないだろうが、バラDscf2825Dscf2826ケが尽きた2時半までにもう2匹追加だ。結果、トロ掛けでは実釣2時間20分で7匹。いずれもズバッというあたりで良かった。底と併せたトータルでは、実釣4時間50分で15匹。最初の底で1時間凸だった事を思えば、上出来でDscf2827しょう(ホント?)。片付け。こちら側浅場には誰か入ったようだ。そうそう、今日はトロ掛けでやたらとハリスが切れた。ズバッというあたりで下ハリスを2本(1回は本当に久し振りの合わせ切れ)、それに、かかったへらを「たも」に収めて見たら、下ハリスは口に掛かっているのに、何故か切れていた上ハリス2本。本当にビックリだ。片付けを終え、駐車場に戻る。そうだ、帰りに東海釣り具でバラケマッハその他を買おう。車の前にいたOさんと常連さんに挨拶して池を後にした。
 
斧には行きたいが、行くべきか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

今日は休息日

一週間頑張って竿を出したので、今日はお休みの日。自虐的へら師の皆さんとは正反対の行動になってしまい、これではなかなか一緒に竿を出せなくなっている。
今日もバットさんは西ノ谷の大会に参加していて、以前ならお邪魔を覚悟で岡ジャミに行ったのだが、もう昼過ぎ。メールで健闘を祈ろう。
 
いよいよ入梅は本番か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

ダラダラと長く辛いサービス残業@増沢池 with HRさん

昨日で終わった筈の連続釣行だったが、今日も良い天気。何となくムズムズしてきて、出掛けてしまいました増沢。今日のテーマは「トロロの底釣り」普通バージョン。「マッシュダンゴ」の効き目も出来れば試してみたい。駐車場着は9時過ぎ。車はそんなに多くないので、いつもの場所はきっと空いているだろう。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、へら師は対面看板横と坂の下、それに深場旧流れ込みとダム?そば。こちら側では塩ビ管の奥の方に誰かいるようだ。いずれにせよ、休日なのに空いている。さあ準備しDscf2794よう。水位の低下で釣り台の位置も前に出るため、竿は9尺。もちろん底で、餌はトロロの底釣り。普通の水量で作る。仕掛けは西の平で使ったのと同じ、細いトップのウキを採用。しかぁ~し、準備中から風・波。時間帯で大体分かってはいたが、細いトップでやり通す事が出来るか?餌打ち開始は9時34分(だったと思う)。ウキの馴染みは大体予定通りとなったが、果たしてウキは動いてくれるか。しばらく餌打ちするが、なかなか動き出さない。しかも、動き出したと思えば小さくモヤモヤ。早10時。と、ここでHRさん登場。2ヶ月ぶりくらいの竿出しだそうだ。旧爆釣ポイントに入った。しばらくして、それまでとは違うチクッというあたりに合わせると、やったかかりましたよ!これは気持ち良い。Dscf2795Dscf2796サイズもまあまあだし、今日は爆釣か?すると、次の餌打ちでまたもあたり!連荘でグーなサイズをゲット出来、今後が予想されてう、嬉しかぁ。しかぁ~し、そんなにうまくいかないのが私の釣り。風・波が強くなって仕掛けが流されると、ウキの視認性悪化と相俟ってあたりはおろかさわりさえも見えなくなる。10時半を過ぎ、たまたま凪いだ状況で返したウキを見つめながら、ここでチクッと入ればなぁと独Dscf2797り言。すると、それが聞こえたかのように、凄く小さなあたり!細いトップでなければ出なかっただろう小さなあたりで3匹目ゲットだ!う、嬉かぁPART2。まだそんなに悪い状況ではない。ここから挽回出来れば。しかぁ~し、ハリスが絡んでしまった。懸命に解こうとするが、無理。癇癪を起こしてプッツン!急いで交換だ。しかぁ~し、次のあたりは割と早く出たものの、残念バラシ。場が荒れたのか、そこからしばらく間が空いてしまった。塩ビ管奥には何人か増えたようで、私の上(かみ)にも2人来て、1人は橋の下(した)辺り、もう1人は私から草むら一つ隔てたところに入った。さて、そろそろ11時。爆釣の予定が開始1時間経ってもDscf2798Dscf2799まだ3匹とは、アームなのかなぁ。すると、返したウキがチクッ!更に次の餌打ちでもチクッ!またもや連荘だ。サイズ的にはやや小ぶりになったが、とりあえず第2目標はクリアしたので気持ちが落ち着いた。トロロの底釣りも普通バージョンなら餌付けしやすいしあたりも出る。また買おうかな。さて、まだ餌はあるので、頑張って第3目標に迫ろう。しかぁ~し、風・波は次第に強くなる。ウキもかなり流されてあたりも見えているのかどうか。HRさん、それに右隣も始めているが、あたり出しが早かったHRさんはやや苦戦か。右隣はじきに竿が曲がったようだ。細いトップのウキは風・波に弱く、目を凝らしてもなかなか見辛い。しばらく間が空いて11時半近く。するDscf2800Dscf2801と、またも湖面が凪いだ瞬間にあたりを見逃し(トホホ)、それならもう一度あたり返しが出るに違いないと待っていたら、案の定出ましたよ。更にDscf2802次の餌打ちでもあたり!まさかの連荘2回目だ。更に11時半を過ぎて、サイズが元に戻った感じの「上がりべら」ゲット!第3目標には届かないだろうが、これでも充分満足です。11時50分に餌が尽き、底は終了。結果、底では実釣2時間15分で8匹。一旦休憩して昼食。それから宙Dscf2803の準備だ。竿は7尺!、餌はS-イエロー。今日で使い切った。次回からはガッテン中心の餌となる。7尺は西の平でも釣れたので、ここならきっと釣れる筈と、獲らぬ狸の何とやら。「たな」1本での再開は12時7分。しかぁ~し、恐怖のサービス残業が待っていようとは、この時知る由もなかった。さて、餌打ちを始めてじきにウキが動き出す。が、馴染みを出すために揉んでいるせいか、それとも餌付けが小さ過ぎるせいか、なかなかあたりにはならない。小さく入る事はあっても、ズバッは見られない。そしてしばらくして、小さく入るあたりに合わせたら、やったかかりましたよ!ん、これは・・・。引きが小さいと思ったらブルー。サイズだけは手の平あるのだが、お前さんには用はないとばかりに、ご退場願う。クッソーッ・・・。Dscf2804ようやく開始30分後にグッと入るあたりで1匹目。やれやれ、だ。しかぁ~し、その後がない。底から「お」に変えたHRさんは2ヶ月ぶりの1匹に感動。明日も来るらしい。右隣はマイペースでポツポツと竿を曲げている。さて、ウキのモヤモヤは出ていてもあたりにならず、時間だけが過ぎるいつもの展開。あっという間に1時。すると、何故か急にウキの動きが良くなる。そしてズバッ!やったかかりましたよ!ゲゲッ、またブルーだ。しかもさっきと同サイズ。この方もご退場。まだウキは動いていて、消し込みも出るが、カラばかり。これもブルーでは、と疑心暗鬼になり、手が出ない場合もあって、1時28分に無念の終了だ。結果、実釣Dscf28051時間20分で1匹。もうトホホ以外の何者でもない。これで底も宙もやったので終わっても良いが、HRさんからまだ2時前だよと言われてスケベ心がムクムク。残業してもう1匹釣って、結果を2桁にしてから帰ろうと余計な考え。竿はそのままで餌はマッシュダンゴ(これも後から考えると変)。これを約1時間で打ち切るつもり。早速開始するが、最初こそウキが動いたものの、その後は馴染みが悪くなる。餌にまとまりがないのが問題だと思うが、これはこういう餌なんでしょう。とにかく指で揉んで餌付けすれば、馴染む事は馴染むが、あたりは出ない。すぐに2時。ここで考えた。このままやっても無理だ。竿を9尺に戻そう。大急ぎで竿を交換して再開すると、風・波の中ウキが動いた。そして小さく入ったがカラ。何となく調子が上がるのではと甘い予感がしたが、その後は先程までとほぼ同じようなウキの動きで、結局ブルーさえも釣れず2時35分に終了だ。この1時間は全くもって無意味な残業だった。それも手当てが出ないサービス残業。マッシュダンゴも東ノ谷以外では通用しないのかもね(少なくとも私のアームでは)。もう終わるぞ、終わりたい。しかぁ~し、右隣が竿を曲げているのを見て、やはりこのままでは帰れまテン。再度残業だ。HROhkubo_indさんもまだいるし。あまりに文章ばかりで詰まらないので、大久保工業団地の池の写真(これしかない)をアップ。さて、今日は私のアームではダンゴ系の餌は無理そう。それではトロ掛けで何とか1匹。竿はそのままで両ハリスをカット。餌は段底・特S・天々のバラケにトロロだ。しかぁ~し、準備が終わるのとほぼ同時にHRさんが終了を宣告。ガクガクッ。対面は看板横の1人だけ。こちら側も奥のほうはそろそろ終了では。既に2時間近く釣れていない私は、本当は終わりたかったのだが、餌を作ってしまったのでやるしかない(それが省資源釣法)。「たな」もそのままで再開は2時45分頃か。すると、すぐにウキがモヤモヤ。しかもちゃんと馴染む。そしてあたりらしきウキの動きも。急にやる気になるが、最初にかかってきたのはまたもブルー。ガクガクッ×ガクガクッ。更に、ズバッというあたりが出てやったトータルでの第3目標クリアだ!と思ったのも束の間、寄せる途中でバラシ。サイズは間違いなく30cmあったのになぁ。でも、これならじきに釣れるさ。しかぁ~し、そんなに甘くないぞこの池だって。それに大きな問題が。それはトロロが持たない事(ダメじゃん)。何年前に買ったか覚えていない100均のトロロだ。しかも封を切ってからどれくらい経っているか?これを騙し騙し付けてウキを動かすが、あたりにならない。これで一気にトーンダウンするが、止める訳にもいかず打ち続ける私。HRさんは既に帰った。常連さんも。時間帯的にはゴールデンタイム、何とか1匹釣って終わりたい。ただそれだけが私の願い。隣は相変わらずのマイペース。全く無関係なのにイライラ。何か大会とかで釣れなくなった時って、きっとこんな状態なんだろう。3時半を過ぎた。池には私と隣、それにずっと頑Dscf2806張っている看板横の3人だけ。ん、ウキの動きが今更ながら良くなってきた?そしてズバッというあたりが突然に!やったかかりましたよ!待ちに待った1匹。サイズはさておき、う、嬉しかぁ。おおよそ3時間釣れなかった(しかも宙で)ので、ヒデキ感激だ。すると、時合なのか分からないDscf2807が、次の餌打ちでもズバッ!連荘だ。全く訳が分からない。ただ、トロロはもうほとんどダメで、繊維が短くて鈎に掛からない状態。とりあえず予定の1匹を超える結果となったので、後はひたすら餌を打ち終えよう。4時頃に隣が終了。その片付け中に、何と「かかってました」で「上がりべら」Dscf2808ゲットだ。あたりは全く分からなかったが、ちゃんとトロロを食っている。これは嬉しいような気恥ずかしいような。その後ウキはまだ動いていたが、バラケが尽きて4時9分に終了だ。結果、トロ掛けでは実釣1時間半弱で3匹。宙のトータルでは実釣4時間!で4匹(しかも1匹目から2匹目までは3時間)。辛く長くダラダラとしたサービス残業もようやく終わった。底と併せたトータルDscf2809では、実釣6時間15分で12匹。底だけで終わっていればと、いつものタラ・レバ。隣は既に帰っている。あとは私と対面だけ。片付けを終え、対面に挨拶して駐車場に戻る。最近は結構長い間(4時間以上)竿を出す事が増えた。おかげで腰が痛い。肥満を解消しないと治らないので、食べ物を減らさないダイエットがあればやってみようかな。荷物を積み、とぼとぼと池を後にした。
 
休み休み書いた長~い記事がようやく終わった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

LinkTV

K0000323069_0001先日YOUTUBE XL がサービス停止になるという記事を書いたが、それではそれに代わる何かがないだろうかと調べたところ、I-O DATAから LinkTVというものが出ている事が分かった。YOUTUBEに特化しているメディア・プレーヤーという感じ。ちょっと手が伸びたが、パソコンで観れば良いものを、わざわざ1万近く払ってテレビで観る必要があるのかどうか。
せっかくLANケーブルを延ばして、モールまで買って配線したのが勿体ないだけなのだが、さてどうしよう。
 
余計なものを見つけてしまった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

ポール・デルヴォー展

Yoru以前岡崎まで行って観てきた「ポール・デルヴォー展」が、浜松市美術館で開催されているようだ。どうやら全国をドサ廻りしているようだが、これは是非観た方が良いですよ。もう前売り券はないけど、1000円で楽しめるからお得。7月15日までなので、お忘れなく。
 
 
 
たまには美術館へ足を運ぼう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

連続釣行最終日は通常出勤@西の平 with 岡ジャミザわさん

今朝は雨が降ったようで、予報とは違っている。が、日中は大丈夫のようだ。それでは予定通り出掛けましょう。もちろん行き先は西の平。ちょっと出が遅れたが、池に到着は9時半過ぎ。既に先客あり。車を停め、荷物を降ろして入口へ。堰堤右から2番目には、前回も会ったかもしれない若い人。それと右岸奥に1人。2人に挨拶して、私は堰堤左Dscf2785端に入る。暑い、暑いぞ。傘は必至だ。さあ準備するかな。竿は迷ったが、この池では9尺が妥当なところ。もちろん底でトロロの底釣りドロドロバージョンを試してみる。しかぁ~し、やはりドロドロは怖い(一応両ダンゴ)と言う事で、ヤワドロくらいのつもり。底を取り、開始は10時3分。すると、すぐにウキがモヤモヤ。でも馴染みが思ったより出ない。細いトップのウキを使っているのに、だ。それに、餌がヤワドロなので指でうまくつまめず、鈎にも付け辛いのは昨日と同じ。これで釣れなかったら、まさに泣きっ面に蜂だ。Dscf2786それでも開始20分くらいであたり!そしてかかりました!しかぁ~し、どう見てもマー君。前回といい、底はマー君なのか。しばらくして常連さんが1人やって来て、堰堤真ん中の釣り台に入った。さて、餌付けの悩み(今日のイライラの大半)とは別にウキの馴染みもスッキリしないので、ウキ下を調整。何とか思うような馴染みを出すが、これが良くなかった。右隣、後から来た人は開始してすぐに竿を曲げる。ゲロゲロ。若い人、それに右岸奥の人も竿を曲げ、私1人が凸状態(何処かの池での再現?)。早くも11時。ただ餌を打ち続ける私に未来はなDscf2787い。そこで、再度底取り。う~ん、合ってる気がする。と、仕掛けを上げようとしたら、何と「かかってます」!これは喜んで良いのか(いいとも!)。しかぁ~し、ちゃんと口にはかかっていたものの、またもマー君では仕方ない。ガクガクッ。更に、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換して念のため底を測ると、あれっ、さっきと違うぞ。おかしいなぁ。念には念を入れて測り、再開。すると、馴染みは最初の頃に戻ったが、ウキの動きは良くなった気がする(個人の感想です)。さて、11時半頃だろうか、右岸奥から水が落ちるようになった。この池では水が流れていないとへらが動かないようで、今までウキの動きが悪かったのはこのせいか。よし、これから何としても1匹。と、そこへ後ろから声が。そうです、ザわさんでした。志都呂の方に用事があり、ついでに寄ったとの事。ブログを読んでいただき、ありがとうございます。さて、ウキは見違えるように動きが出て来て、すぐにも釣れそうな感じ。しかぁ~し、この池そんなに甘くない。カラにバラシとやってくれます。それでも12時近くDscf2788なって、チクッというあたりでようやく今日1匹目ゲット!ザわさんも確認のへらだ。やれやれ。しかぁ~し、ウキの動きは多発するが、全くかからない。ザわさんからは、放っておいてキッチリしたあたりだけを取るように言われるが、手が出てしまうんですね、私。12時をいつしか過ぎても1匹も追加出来ず、隣はバラシも出ながら数を増やす。その隣はいつしか帰った。ザわさんは今度の日曜は島田で演奏会だそうで、このところ竿は出せていないようだ。12時18分Dscf2789に餌が尽きて底は終了。それを機にザわさんは帰った。岡ジャミお疲れさまでした。結果、底では実釣2時間15分で1匹(トホホ)それにしても、トロロの底釣りは両ダンゴで使う場合は普通の水量が向いているようだ。次回からは餌付けにも苦労しなくて済むよう、普通で行くぞ。さあ、次は宙。竿は7尺に交換し、餌は去年買ったまま封も切っていない「マッシュダンゴ」。ジャミのいるこの池で試してみたかった。何となく不安はあるが、ここで使わないと来年まで使わない?それは困ると言う事で。まだ東ノ谷でしか実績はない(増沢でも使ったかもしれないが、記憶にない)ので、増沢でもやってみようかな。「たな」1本での再開は12時34分。すると、すぐにウキがモヤモヤ。が、あたらない。餌も簡単に落ちてしまう感じ。そこで少し練ってみると、ウキの馴染みはしっかり入るが動きは弱くなる。隣は帰り、別の常連さん2人が堰堤右端から並んでいる。この2人が開始してじきに竿を曲げ、その後もポツーリポツリと交互に竿を曲げ続ける。私はただの餌打ちマシン。底の時よりひどい状況に、早く餌を打ち切って次に進むか終わるか決めよう。ただ、終了間際になってウキが動き始め、1回だけ消し込みがあった。でもそれだけ。餌を打ち切ったのは1時53分。結果は書くまでもないだろう。さあ、次はどうするか。もちろんやる事はやるが、セットに逃げようか。いや、他の常連さんは皆さん両ダンゴでやっているようだし、私1人だけがセットと言うのは気が引ける(何故?)。ここはS-イエローで再度挑戦だ。今日は袋に書いてあるとおり、練らずに使うぞ。そして再開するが、思ったとおり馴染みが出ない。大きめに付けて馴染みを出すと、何となくウキがモヤモヤしているような気がするが、それだけ。あれれ、さっきと変わらないなぁ。餌ではないのか。すると・・・(言わずと知れたアレですよ)。またも餌打ちマシン化した私。早くも2時半。すると、何故か急にウDscf2790キの動きが良くなって、チクッというあたりらしきウキの動きに合わせれば、やったかかりましたよ!どんだけ~っと叫びたい気持ちだ。しかぁ~し、すぐに元の木阿弥。もうこうなったら餌を練るぞ。カラツンであれ何であれ、あたりが欲しい。餌付けもそれまでより一回りくらい小さめと、気がつけばいつも通りになっている。すると、次第にウキに動きが。そして3時を過ぎた頃、ズDscf2791バッというあたりが出ました!これこれ、これを待ってたんですよ。やったぁ・・・。常連さんは右岸奥と堰堤右から2番目の人が終了。私も餌がもうない。餌付けは更に小さめになるが、何とウキの動きは反比例するかのように良くなる。そして消し込み(カラツンですが、何か)も出て、フィナーレを飾るに相応しい感じ。遂に最後の1投。これでズバッが出れば万々歳かと思っていたDscf2792ら、何と出ましたズバッ!そしてかかりましたよ!これは嬉しいでしょう。ガッチリ「たも」に納めて、「上がりべら」ゲットだ。時刻は3時19分。結果、宙では「マッシュダンゴ」の時も含めて実釣2時間45分で3匹。トータルでは実釣5時間!で4匹。ただただ疲れた。片付け。今日はトロロの底釣りドロドロバージョンの確認に来たつもりだったが、両ダンゴでは私のアームでは餌をDscf2793スムーズに付けられないのが分かっただけ。でも、まだ餌があるうちは使い続けるぞ。増沢では普通の固さでなら結果が出るような気がするから。片付けを終え、常連さんに挨拶して車に戻る。途中あれだけ晴れて暑くて仕方なかったのに、天気が次第に悪くなってきたような気がする。止めたのは正解かもね。連続釣行も今日で終わり。明日からは調子を見ながらポツポツと今月中にあと10回くらい?竿が出せれば良いが。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
体力のなさを痛感した5日間だった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2013年6月 6日 (木)

連続釣行4日目は重役出勤だったが@増沢池

Dscf2772今日は午前中家にいなければならない事情があって、出掛けたのは早い昼食後の1時少し前。最初は浜北新池にでも行こうかと思っていたのだが、途中で面倒になって増沢。曇りで気温もそれほど上がっておらず、釣りには向いている。駐車場着は1時10分頃?急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、また水位が下がっている!一昨日は大丈夫だったので、昨日か今日の午前中に水を落としたのか。大体この前と同じくらいだが、少し手前まで水はある。さあ準備しよう。水位が下がっている分ウキが遠くなるので、竿は9尺の方が良いかな。いや、いつもDscf2773通り11尺で行こう。餌はトロロの底釣り。前回より更にヤワヤワにしてみるが、ドロドロまではちょっと怖くて。既に風・波があるが、まだ気にする程ではない。先客は対面看板横と浅場ワンド、それに橋の下(しも)に2人。こちら側は塩ビ管の奥に何人か。底を取り、開始はジャスト1時半。急激な水位の低下で活性に影響があるかどうかは全く分からない。ヤワヤワで作ったトロロの底釣りがどう影響するかも気になるところ。しかぁ~し、第1投からウキが流されながらも上下にモヤモヤ。判断が難しいが、底をなぞっているのか、それともへらの仕業か。何度となく餌打ちするが、モヤモヤフワフワで一向にあたりにならない。前回と違って多少イライラ。早く結果を求めてしまう。風・波は次第に強Dscf2774くなるが、時折湖面が凪ぐと、ウキの動きが良く分かる。そして開始20分が経過した頃、馴染んでモヤモヤ返したウキが、まさにチクッと抜群のあたり!やったと合わせるとかかりました!いやぁ、早々結果が出て嬉しいなぁ。水位は下がっても食いは下がらないのか。更にすぐ後にも同じよDscf2775うなチクッ!で2匹目。あれあれ、思いの外高活性なのかな。しかぁ~し、喜んでいたのもそこまで。2時を過ぎ、次第に強まる風・波でウキがシモりまた流されるようになると、もう手に負えない感じ。モヤモヤフワッと返しは出るものの、下向きに入るあたりらしき動きは少なくとも私には見えない。一応ウキ下の微調整と餌付けに変化を付けてみる(ヤワヤワな分付け辛い)が、少なくとも私にはあたりらしきウキの動きが出ているようには見えないのだ。ダラダラと餌打ちを続ける私、最早疲れているのは何故だろう。その後も全くあたりらしきウキDscf2776の動きが出ないまま、3時近く。開始1時間半が経過しそうだ。すると、シモッたウキがスッと入ったような気がして、とりあえず合わせると、やったかかりましたよ!やっと3匹目だ。2匹目から1時間経っている。これは厳しい。最初に楽勝かと思った私が恥ずかしいくらいだ。他の人はどうなのだろう。皆さん静かな感じで、私と同じく厳しそうか。そろそろゴールデンタイムかと思ったが、今日はそんなに甘くない。ウキの動きは一向に良くならず、極くたまに出るあたりらしきウキの動きはカラ。1回シモッたウキに無理に合わせたら、案の定スレてバラシた。更に、仕掛けのチチワが竿から外れるアクシデントも。いつもなら届く15尺の竿でも届かないので、18尺で何とか回収。時間帯もあって塩ビ管奥の常連さんは終了。対面橋の下(しも)の2人も帰り、看板横も片付け中。いよいよ3時半だ。予定通り?餌が持ったのは、あまりにウキが動かなかったから。やっと餌が終わるとなって、何故か安Dscf2777堵と嬉しさがジワジワ。と、風・波が穏やかになって湖面が凪いだその時、またもチクッという抜群のあたりで、やった「上がりべら」ゲットだ。これは痺れましたよ。ただ、第2目標を狙う気力は失せていて、それからしばらくした3時45分に餌が尽きて一旦終了。結果、実釣2時間15分でDscf27784匹。ヤワヤワにしたトロロの底釣りの効果は確かめられなかった。残念。明日は西の平にでも行って再度確認してみよう。さて、気力も失せているのでもう終わっても良いが、せっかく重役出勤までして来たのだから、釣れる釣れないは別にして(釣れる方が良いに決まっているが)、宙をやって終わろう。竿は9尺、餌は特S:天々:マッハ。これでようやく大きな袋のマッハを使い切った。「たな」1本での再開は3時56分。餌付けは大きめに、また餌打ちのインターバルは短めにして、何とか5時までに打ち終えるようやってみよう。しかぁ~し、まずはウキを馴染ませるよう、多少ダンゴをコネコネ。しばらく打つと、ウキはモヤモヤし始めるが、こちらも底と同じくあたりにまで行かない。とにかく打つ、打つ、打つ。すると、開始Dscf277930分くらいで小さくではあるがウキが入るようになった。そして馴染んだウキが一旦フワッと返して、そこから小さく入ったのに合わせれば、やったかかりましたよ!いやぁ、長かったなぁ(個人の感想です)。更に、5時近くなって急にウキが動き出したではないか。そしてスパッというあたりDscf2781でやった宙の2匹目ゲットか?いや、引きが放流より弱いぞ。これはまさか・・・。そうです、ブルーでした。彼には山に行ってもらいました。しかぁ~し、何かしら時合とでも言うのだろうか、そこからズバッというあたりでのバラシ、更にカラとは、こちらが本当のゴールデンタイムか?5時を過ぎ、いよいよ餌も残りあとわずか。今日は来なくても同じだったなぁと独りぼやいている(対面浅場の人も帰って、貸切状態)と、ウキが小さくではあるが力強く入った気がして、反射的に合わせる。すると、やったかかりましたよ!何Dscf2782Dscf2783だろう、訳が分からないが、まあ釣れたのは嬉しい。すると、次の餌打ちでも全く同じあたりで連荘!餌は経時変化で粘っているし、何か変わった事もしていないし、一体何故?が、それも束の間の幸せ。じきに餌が尽きて宙も終了Dscf2784だ。時刻は5時15分。結果、実釣1時間20分で3匹。トータルでは実釣3時半強で7匹。釣れないとぼやいた前々回より悪い結果。底でも宙でもアジャパーだった。寂しく片付け。曇っているせいか、この時間にしては暗く感じる。湖面は今になって凪いできて、恨めしい。片付けを終え、駐車場に戻る。もう今日はベイシアにも寄らないぞ。明日は西の平にでも行って、再度ヤワドロのトロロの底釣りの検証だ。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
今までこんなに水位が下がった記憶がない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

連続釣行3日目はプチ重役出勤@引佐天池

今日も相変わらずグズグズしていたら、10時を過ぎてしまった。これはマズイ、今月に回数を稼がないと年間100回釣行が途切れてしまう。斧か引佐天池と決めて家を出るが、どうも斧とは相性が良くないようで、車は金指街道を北上。池に着くと、先客は3人とバサー。草刈りが行われたようで、随分綺麗になっている。遊歩道入口付近が空いているので、そこに駐車して荷物を降ろし、念願?のオーバーフロー左側(本当は右側にDscf2762入りたかった)に入る事にする。堰堤左端付近の先客は帰り支度。オーバーフロー右の先客(こちらも準備中)に挨拶して、さあ準備だ。竿は11尺で底から行くとするか。餌はもちろんトロロの底釣り。パラソルさんからドロドロでもOKと聞いているが、ちょっと怖いので一歩手前で踏み止まる感じで作る。大体2時間で使い切る予定。底を取り、開始は11時24分だ。日差しはそんなに強くないが、暑い。渋々傘をセット。隣は底なのか宙なのか不明(多分深宙だと思う)だが、開始早々からバシバシ合わせている感じ(個人の感想です)で、高活性を予感させる。しかぁ~し、私のウキは静かなもの。それでも餌打ちのインターバルを短めにして打ち続けると、開始20分ぐらい経過した時点で、ウキが返した。来たか?しかぁ~し、何故かここで下を向いてしまう私。そして顔を上げると、ウキが2目盛くらい入っているではないか。慌てて合わせると、やったかかりましたよ!しかぁ~し、しかぁ~し、へらの向きがおかしい。と、隣も竿を曲げた。更に深場にいる先客も。見事なスリーショットだが、私だけがスレているとは、何と言う事だ。しかも、「たも」に入れてからのハリス切れ。ガクガクッ。こんな事なら寄せる途中で切れるか、または合わせ切れでも良かったと、早くもタラ・レバ。急いで交換するが、状況は好転する事なく12時のサイレン。ウキは返すようになるが、なかなかあたりにならない。腹が減ってきたが、昼食は底が終わってからと決める。さて、どうしても餌打ちのインターバルが長めになってしまい、餌の消費が思ったより少ない。でも、これなら2時間は持ちそうだ。すDscf2764ると、しばらくしてチクッというあたり!今まで出なかったが、これは逃しません。バシッと合わせればやった今度こそかかりました!サイズもなかなかで、増沢では味わえない引きを堪能だ。サイズは間違いなく30cm超だが、この池では普通サイズ。でも、釣れて良かったぁ。更に、12時半を過ぎてまたもチDscf2765Dscf2766クッ!これもかかりましたよ。サイズは1匹目とそんなに変わらず、グーググー!更に更に、1時近くなって3匹目。これは素晴らしい。最初のスレでくすんでいた心が晴れてきた。しかぁ~し、ここから何故か少ないあたりがカラばかりになる。1時を過ぎ、隣からもあたりはあってもかからないと言われ、何故かと考える。ひょっとして餌が固いのかも。水を加えてヤワヤワ(ドロドロには出来ない)にするが効果なく、ただただ餌打ちを繰り返す私。1時34分にDscf2767餌が尽きて無念の終了だ。結果、底では実釣2時間10分で3匹。餌が持ったのはあたりが少なかったから。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と遅い昼食。竿はいつもどおり9尺として、餌はS-イエロー。隣は浅い宙に変えて早くも1匹出している。私も宙で爆釣とまではいかなくても、そこそこの結果を出したいところだ。「たな」1本での再開は1時58分。上から見ているせいか、ウキの立つ位置が随分手前に見える。でもウキに動きなく、ひたすら餌を打ち続ければ、2時を過ぎてウキがモヤモヤ。そして時刻は失念したが、しっかり馴染ませたウキがグッと入り、これに合わせればやったかかりました!ああっ、バラシた・・・。更にしばらくして、ウキの馴染む速度が微妙に早くなった気がして合わせると、一瞬かかったものの外れ、ガクガクッ。凸状態は続いている。隣も最初の1匹から後はかからなくなっていて、このままでは凸を脱するのはかなり難しそうだ。と、ウキが立ってから馴染まず、いわゆる「止め」状態。そこからシズシズと馴染み始めたと思ったら、いきなりダッと消し込み、慌てて合わせるが堪えきれずハリス切れ。もうガクガクッ。1匹目が遠い。急いで交換して続行するが、既にウキの動きは弱くなっている。少しではあるがモヤモヤしているので、きっとへらはいるのだろう。でも、食わせられないのが私のアームの現実。それでもDscf27683時近くなって、またもいきなりのダッ!やった今度こそかかりましたよ!う、嬉しかぁ。合わせた際のガツンという手応え、止められまへん。が、それだけ。またもウキはモヤモヤを繰り返すだけになってしまった。多分餌が経時変化を起こしているか、または練ってはいけないものを、ウキを馴染ませるために練ってしまった事に起因しているのか。その後1回だけバラシが出たが、あとはモヤモヤだけ。3時を過ぎて隣が終了。私の餌もあとわずか。まだ時間には余裕があるので、残業も充分考えられる。餌を替えての両ダンゴか、またはトロ掛けか。悩むところだ。残った餌をDscf2769丸めて後何回餌打ち出来るか調べると、3.5回と判明(0.5回は1個餌)。相変わらずモヤモヤを繰り返すウキ。しかぁ~し、ラス前になってまたもダッ(ズバッよりも速さを伝えやすそう)と消し込んでやった2匹目、更にトータルでの第2目標、更に更に「上がりべら」ゲットで大興奮!最後の1投はモヤモヤで終わったが、残業する気分ではなくなり、終了だ。時刻は3時25分。結果、宙では実釣Dscf27711時間半で2匹。トータルでは実釣3時間40分で5匹。頑張った方ではないか(自分に極甘か)。片付け。隣はそっと帰り、奥の先客もいなくなったが、代わって「名人」さんともう1人が深場に入っている。途中風・波が出て気持ちは良いがウキが流されて釣り辛かった。でも今は静かな湖面。まだ出来そうだが、残業は中止。片付けを終え、車に戻る。短時間でも獲物が大きく、疲れた。残った飲み物を飲み干し、さっさと池を後にした。
 
明日も天気が良ければ重役出勤でも何でもするぞ!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2013年6月 4日 (火)

重役出勤@増沢池

風呂に入っている間に、ザックJAPANはW杯出場を決めたようだ。コングラチュレーション!
 
今日も好天に恵まれ、さっさと家を出れば良かったのだが、例によってグズグズしていたら、何と昼!これではダメでしょう。いや、この季節これから竿を出しても良いのでは?12時半過ぎに家を出る。行き先はちょっと迷った(チョッとだけよ)が、楽チンな増沢に決定。コメントが付かないかもしれないが、止むを得ない。駐車場に着くと、車はそこそこある。さて、どれくらいへら師が残っているかな。さっさと荷物を降ろして池に向かDscf2746うと、湖面には少し波。前回前々回と柳の木の奥の奥にいた人が片付け中だ。もちろん深場整地された辺りには常連さん。対面は看板横と坂の下。暑そうだ。さあ準備するか。竿は11尺で底から行こう。餌はトロロの底釣り。前回の2倍作り、これなら2時間は出来る筈。波があるので底取りもいつもより慎重に(いつも慎重にやれ!)して、開始は1時27分。すると、波の中ウキが返すのが見える。そしてじきにあたり!しかぁ~し、カラ。しばらくしてまたもあたるが、これもカラ。餌が大き過ぎるのか、タッチが良くないのDscf2747か、それともウキ下の問題か。まだ分からないので、何かをする事はしない。すると、開始15分くらいでシモりながらのあたりで1匹目!やれやれ、やっと釣れた。何とか前回並みの結果にはしたいが、果たして。しかぁ~し、あたりが遠くなった。そしてあたるとカラ。餌付けでは凌げない感じDscf2748なので、ウキ下を触ろうかなと思っていると、2時少し前に2匹目。これで何かをするチャンスは去った。今日もそんなに釣れそうな気にはならないが、前回のようなイライラ感はない。むしろカラツンが出て嬉しい。やはりあたりがあった方が楽しいだろう。最初から暑かったが、傘を我慢してきた。でももうダメだ。傘をセット。いきなり竿の扱いがやりにくくなるが、仕方ない。その後Dscf2749もあたりはポツポツ出続けるが、カラだったりバラシだったりで、ウキ下をいじるタイミングが掴めないまま2時半近くになって3匹目。これはバッチリのあたりで、これがカラなDscf2750ら手の打ちようがないだろう。更に開始1時間で4匹目。何とか前回並みになったぞ。でも、数はさておいても今日は楽しい。重役出勤だからかな(関係ない!)。その後も同様なウキの動きでカラとバラシを楽しみながら、3時までにDscf2751Dscf2752もう2匹をゲットして、とりあえずは第2目標クリアだ。しかぁ~し、前回の倍作った筈の餌が残り少ない。餌打ちのインターバルが短めだったのと、餌付けがやや大きかったからかもね。何とかもう1匹「上がりべら」を狙うが、その後Dscf2753はカラばかりでジ・エンド。時刻は3時12分。結果、底では実釣1時間45分で6匹。サイズもまあまあだし、トンボ攻撃も後の方だけだったので、充分楽しめた。さあ、次は宙。こちらはどうかな。竿は9尺に変更し、餌は特S:天々:マッハ:水を1:1:2:1と、ちょっと捻ってみる。が、これがその後の運命を左右しようとは(ぐるナイ風に)。「たな」1本での再開は3時28分。常連さんは片付け中か。対面も看板横が終わったようだ。さて、時間的にはゴールデンタイム、爆釣の予感があるが、何の事はない、なかなかウキが動かないのだ。餌を手揉みしてウキを馴染ませるが、弱く返すだけ。しかぁ~し、開始15分くらい経った頃、ウキが変な動きをしたのでとりあえず合わせてみると、やったかかりました!うわっ、凄い引きだ。何だろう、スレ?懸命に寄せると、背ビレから上がって来た。通称「潜水艦」だ。ひょっとしてもう片方の鈎が口に入っていないかと「たも」を覗くが、残念スレ以外の何者でもなかった。いやぁ、良く引いて疲れたなぁ。すると、その後ウキの動きがバッタリ。あれだけ暴れたので、場が荒れたに違いない。4時を過ぎてもウキの動きは良くならないDscf2755Dscf2756が、何故かズバッというあたりが出て、やったようやく1匹目だ。う、嬉しかぁ。すると、それからじきに、同じようなズバッ!で2匹目。調子が上Dscf2757がってきたかな。すると、しばらくしてまたもズバッ!3匹目ゲットだ。が、なかなか思うようにならず、しばらく間が空く。4時半を過ぎてまたもズバッ!で4匹目をゲットすると、Dscf2758次の餌打ちでもズバッ!しかぁ~し、目の前まで寄せて来てのバラシ。ガクガクッ!間違いなく口にかかっていたと思うのだが、かかりが浅かった気がしてならない(個人の感想ですよ)。サイズ的には30オーバーだったので、惜しい。しかも、次の餌打ちでまたもズバッ!これは堪えているうちにバラシたが、あたり3連荘は素晴らしいの一語(釣らなければ意味がないと何処からか声が・・・)。が、バラシの連続で場が荒れたのは間違いなく、一気にウキの動きが悪くなる。もちろん餌の経時変化もあるだろうが、どうせもうないから、さっさと打ち切って終わろう。そしてあと3投Dscf2759Dscf2760となったところで、何故かズバッ!やった「上がりべら」ゲットか。すると、次の餌打ち(ラス前)にもズバッ!で連荘。こちらが本物の「上がりべら」でした。何で今頃とは思うものの、嬉しい事に変わりはない。最後の1投ではウキがモヤモヤするだけで終わったが、充分満足だ。時刻は4時58分。結果、宙では実釣Dscf27611時間半で6匹。底と併せれば実釣3時間15分で12匹と、思いの外釣れた感じ。満足感も半端ない。片付け。湖面は凪いでいて、後1時間以上出来そうだ(やりませんよ)。見ると対面も終わったようで、そうそう、1人私より遅れてやってきた人が塩ビ管付近に入ったようだが、見えない。多分ここからは彼がこの池を貸し切るのだろう。片付けを終え、駐車場に戻る。今日は気分が良いので、ベイシアに寄らなければ。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
トロロの底釣りはしばらく使うぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

一転、釣れねぇ~っ!@増沢池

土日が好天なのに家でゴロゴロ。6月はそれまでの釣行の少なさを挽回する月なのに、これではいけないとヨロヨロと家を出る。行き先は・・・。漠然と出発してモクレン通りを都田口まで来たところで、あっ今日は斧に行くつもりだったんだと思い出した。が、ここまで来たら面倒だと増沢へゴー!駐車場にはそんなに多くの車はない。さっさと荷物をDscf2723降ろして池に向かうと、いつもの場所は空いていて、柳の木の奥の奥、更に塩ビ管から深場に向かって何人かの先客。対面にもポツポツ。湖面は凪いでいて、気温もまだ上がっていない。これは抜群のコンディションだ。さあ、前回のような爆釣?で行こう。竿は11尺の底からだが、餌はかなり久し振りの「トロロの底釣り」。ウキをトップのやや細いものに交換するので、餌落ち目盛を取ろうとしたら、いきなり波が出て来た。時間どおりとは言え、ちょっと辛い。底取りにもモタモタしてしまい、開始は9時47分。餌がつまみDscf2724辛く付け難い。量的には省資源釣法で1時間半が目安。するとじきにウキが返し、これは爆釣の予感?しかぁ~し、10時を過ぎて微妙なあたりに手を出したら、掛かって来たのは亀。遠くに行ってもらいました。これでケチが付いたかと思ったら、ウキはまだ動いていて、じきに消し込むようなDscf2725あたりで1匹目。何でこんなあたりになるのかなぁ。でも凸回避でまずはホッ。が、ウキはなかなか思うような動きにならず、イライラが増す。その後ポツポツとあたりを拾うが、カラにバラシに鱗が大半。ただ、スレて上がって来るのはなかった。トロトロするのを除けば、この餌割と良いのかもDscf2726Dscf2727Dscf2728しれない。しかぁ~し、1時間半くらい持つと思っていたのが1時間を経過したところであと少し。幾らなんでも少量過ぎたか。次回はもう少し多めに作って、少なくとも2時間くらいはやってみよう。10時57分に餌が尽きて一旦終了。結果、底では実釣1時間10分Dscf2729で4匹。奥の方ではトロ掛けやら両ダンゴの宙で爆釣?な感じ。私も早く宙にしよう。いや、ここは餌をいつもの夏・冬・マッハに変えてどう違うか試してみようと、碌でもない考え。早速実行するが、その間にも風・波は強くなる。再開すると、最初こそウキは動いたが、じきに芳しくなくなる。返す事は返すのだが、その後がない。1匹目が出たのはそれでも開始20分経ってから。どうもDscf2730Dscf2731スッキリしない。その後もう1匹追加するが、その後はサッパリのまま12時のサイレンを聞く。奥の奥はまだ好調の様子。1人やって来て、旧爆釣ポイントに入った。さて、どうにもウキの動きが我慢ならず、遂に底を取り直す。が、風・Dscf2732Dscf2733波で上手く出来たかどうか。一応2匹は追加して、第2目標にリーチとはなったが、まだスッキリしない。そこで、再度底を取り直す。すると、その最中に「かかってました」が出る。手応えはバッチリなので、きっとグッドサイズなんだろう。しかぁ~し、寄せる途中でバラし、仕掛けが頭上の木の枝に。軽く引っ張ったら取れたのでやれやれと思ったが、良く見ると両ハリスがなくなっている。まさにガクガクッだ。今までの苦労が水の泡。でも、底取りをやり直さないと始まらない。ハリスがやや短くDscf2734なってしまったが、ノープロブレム。続行。しかぁ~し、どうにもウキの動きは良くならず、1匹を追加しただけで餌が尽き、12時57分に無念の終了。結果、2回目の底では実釣2時間弱で5匹。底でのトータルでは実釣3時間10分で9匹(トホホ)。やらなければ良かったかといつもながらのタDscf2735ラ・レバだ。今日は最初の底取りからスッキリしないままだったのに、それをだましだまし続けた(取り直すのもそこそこ)のがダメダメの原因。分かっちゃいるけど止められない(ホレ、スイスイスーダララッタ・・・)。さあ、気持ちを切り替えて次はいよいよ宙だ。奥の奥のような爆釣になると良いのだが。竿は9尺に変更、餌はS-イエロー。再開の前に遅い昼食。「たな」1本での再開は1時12分。すると、モミモミなしでは馴染みが芳しくないが、それでもウキがモヤモヤ。が、なかなかあたりにならない。少し揉んでみると、馴染みは少し大きくなり、チクッとDscf2736いうあたりで1匹目ゲットは開始30分くらい経ってから。これでトータルでの第3目標クリアとなった(全然釣れてねぇ~っ)。が、その後がない。おかしいなぁと思っていたら、何と奥の奥からも釣れなくなったとの声が。そろそろゴールデンタイムの筈なのに、まだ昼休みなのか。そのままズルズルと2時。餌が持っていない感じはあるが、練ってはいけないと袋にあるので我慢していたが、背に腹は代えられない、思い切って指でコネコネ。すると、ウキがしっかり馴染み、更にズバッというあたりも出るようになる。が、いずれもカラ。今度は餌がDscf2737持ち過ぎか。自分では手水で柔らかくしているつもり(あくまで個人の感想です)だが、「ズバッとカラ」の繰り返し。ようやくかかったのは2時を過ぎてから。カラにバラシにハリス切れも出ました。その後も練ればウキが馴染んでドン!となるが、カラ。こうなったらあたりが出る方を選ぶぞ。何度Dscf2738もカラに遭いながら、もう1匹追加して2時43分に終了。結果、宙では実釣1時間半で3匹。トホホを通り越して何と言えば良いのだろう。急爆釣ポイントの人はひっそりと帰っている。さて、もう終わっても良いが、何となく悔しいし、ここはもう1回だけ餌を作って残業だぁ!かつての私の定番Dscf2739である特S:天々:マッハ(ついでに餌のバーゲンセール)を大体1時間半くらい持つように作る。「たな」1本のまま再開。すると、まだへらは残っていたのか最初こそウキは動いたが、次第にシーン。ウキの馴染みも出ていないので、練ってなじみを出すと、先程と同じようにあたりが出始めるが、カラにバラシとさっぱり。3時を過ぎて、ウキが立つや否やズルズルと入って行Dscf2740き、これでようやく1匹目。しかぁ~し、その後もウキの動きは良くならず、奥の奥から深場まで常連さんは帰った。看板横は午後から来たのでまだやっている。私も居残りしたからには、何としても釣らなくては。時間的にもゴールデンタイムだし。すると、3時半近くなって、ようやくズバッ!がDscf2741Dscf2742Dscf2743Dscf2744出る(最初の頃は弱いあたりだった)。そしてポツーリポツリとかかるようになり4時までに4匹を追加。この釣り方だけでの第2目標クリアとなるが、再びウキの動きが弱くなって、最後の1投も弱いあたりらしきウキの動きに合わせたもののカラ、で終了だ。時刻は4時12分。結果、残業は実釣1時間半(予定通り!)で5匹。宙のトータルでは実釣3時間で8匹。底と併せると実Dscf2745釣6時間10分!で17匹。もう何をかいわんや、だ。長時間座っていて腰が痛いが片付け。日が長くなっているので、まだ残業の残業が出来そうだが、結果が期待出来ない?のでやらない。何処かの誰かさんみたいな根性はありません。片付けを終え、駐車場に戻る。とにかく疲れたので、ベイシアには寄らずに帰ろう。モタモタと荷物を積み、トロトロと池を後にした。
 
今週は雨がなさそうなので、数回は竿を出せるかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (7)

2013年6月 2日 (日)

プチ旅行記その5:おまけ

翌日は意外や早く目覚めた。昨日の興奮が醒めていないのかも。昼食を摂ってから、横須賀を出る。何と帰りは妹が浜松まで送ってくれるのだ。ついでの用事があるとはいえ、昨日の疲れは大丈夫なのか。
私は後部座席にふんぞり返って楽チン。そして初めて新東名を走った。予想通り山とトンネルだが、直線が多く勾配も少ないので、ついついスピードが出てしまうらしい。それでスピード違反による摘発が多く、警察にとってはいい金づるになっているようだ。
それはさておき、予報は曇りから雨だったが、その通りに推移して、途中から霧。更に雨へと変わる。家に戻っても何もないので、浜松SAで夕食。明日の朝食も有名なパン屋さんで買う。そこからスマートICで抜けるのが近いと思ったら、何と三ヶ日JCから東名に入り、浜松西で降りると言うではないか。外は大分暗くなっているし、雨も降っている。ちょっと不安になったが、全ての道はローマに通ず。道がなくなる事はない。
しかぁ~し、何処がJCなのか?一本道のようだが、果たして正しいのか?ひょっとして知らないうちに東名に入り、名古屋方面に向かってしまっているのではないか?暗い山道を低速で走ること数十分(あくまで個人の感想です)、東京方面に向かう東名に出た時は安堵でドッと疲れが出た(運転していないのに?)。
それからじきに浜松西、そして我が家に到着だ。さあ、さっさと寝よう。枕が変わると寝付けないのは本当だった。その日はすぐにバタンキュー。当然ながらブログの更新など出来ず、ほぼ1週間経っての更新終了となった次第。
 
6月はたくさん釣りに行くぞ(もう2日経ったけど・・・)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

プチ旅行記その4:トーキョー・ディズニーシー(後編)

前の記事とダブルが、夕食まで時間があるので、子供たちはタートル何とか(覚えろよ!)に行き、私はその隣で始まっているショーを観る事にする。
左端の方が空いているので楽々座れたが、気がつけば空きはなくなっていてビックリ。ここでも大音響で人気者が踊る。知らないうちに私もカメラ。何だろう、この高揚感。
Dscf2637Dscf2638Dscf2640Dscf2641Dscf2642Dscf2643Dscf2645Dscf2646おおよそ30分のショーを観終わっても、まだ時間があるし子供たちも出て来ないので、ボーっとしていたら、ショーを終えた人気者たちがオープンカーで移動するために出て来た。これに対する「出待ち」があるのにも驚いたが、私がその中に混じっていたのにも驚きだ(完全にミーハー)。やたら写真を撮る。しかぁ~し、タイミングが悪くてキャラクターの後頭部が多い。少しだけまともに撮れたのを載せる。
Dscf2650Dscf2652タートル何とかも終わったようで、合流してやっと夕食だ。ここはバイキング(ビュッフェと言った方がシャレオツ?)形式になっていて、確か90分の時間制限があった。しかぁ~し、それをフルに使っても、まだラストショーまでは時間がある。そうです、今日のハイライトは海上で行われる「ファンタズミック」(これも今調べて知った)なんです。既に座って観られる場所には多くの先客。我々は立ち見の席に陣取って定刻の8時を待つ。が、1時間くらいは待ったかもしれない。子供は飽きるし、腰は痛いし、しかも開始5分前くらいになってポツポツと雨粒。ここに来てそれはないでしょう。何とか持ってくれ。
ようやく8時になり、ショーが始まった。こういうのを観慣れていない私は、またも夢の国のパワーに圧倒される。懸命に写真を撮ろうとするが、如何せん安物では限りがある。リンク先にあるムービーでその素晴らしさの一部でも感じていただければ幸いだ。
Dscf2659Dscf2660Dscf2663Dscf2665Dscf2666Dscf2667Dscf2678Dscf2679Dscf2680Dscf2683Dscf2687Dscf2689何とか雨に降られずにショーを堪能出来て本当に良かった。しかぁ~し、この後に控えていた花火が、風が強いので中止になった。それで観客が一斉に帰り支度、と思ったら、何とこれからアトラクションに乗る人の群れがゾロゾロ。夢の国は10時まで営業しているのだった。我々はもちろん全ての予定をクリアして帰路に着く。途中おみやげを買っDscf2690たりして、また姪の旦那が子供にパジャマを着せたりして、駐車場を出たのは10時過ぎ。朝の8時頃にここに着いてから、何と13時間近く遊んだ事になるのだ。帰りも姪の旦那の運転で夜のベイブリッジとか私の知らない道をスイスイ。かなり疲れているとは思うのだが、これで明日(29日)は仕事だと言うのだから、本当に大したもんだ。11時半頃に妹宅に到着。それから姪夫婦と子供(既に就寝中)は自宅へと向かった。お疲れ様の一語。朝からビッシリとスケジュールが入る事が久し振りだったので、私は疲労が蓄積した腰を揉むべく風呂に入り、お先にと寝かせてもらった。これで全ての日程が終わり、明日は帰路に着くだけ。チケットの手配やら送迎やらスケジュール管理やら、本当にお世話になりっぱなしで申し訳ない。ただ、足も多少むくんでいるのかだるく、腰痛と相俟ってなかなか寝付けなかった。以上。
 
2泊3日はあっと言う間だった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年6月 1日 (土)

プチ旅行記その3:トーキョー・ディズニーシー(中編)

Dscf2612食事を終え、更に8人は歩き続ける。どうやら山の裏側の方に向かっている感じだが、定かではない。それにしても、道中デイテールにもかなりの拘りが見受けられ、夢の国は大したもんだと感心。「アクアトピア」と書かれた水上の乗り物にやって来た。ここも並ばずに乗れたが、安全バーを下げ過ぎて腹が苦しくなり、出発前にスタッフの方に直してもらう。まさにトホホ。写真撮影はNGなので(乗船中は危険)、こちらをご覧ください。
Dscf2613家族向けにも拘らず、結構楽しめた。次いで、すぐ近くの「ストームライダー」を体験。これは良く出来ていて(単に私がいろいろ知らないだけかも)、正面のCGに対応して座席が揺れる。更に途中水(霧?)がかかってまさに4D効果か。今までもそうだが、夢の国は金もアイディアも注ぎ込まれている事が良く分かる。服が濡れたが、外に出ればじきに乾いた。
Dscf2615しばらく歩いて、次はインディージョーンズ何とやらだ。ここは人気らしく、かなりの待ち時間だが、私には分からない裏ワザ?があるのかどうか分からないが、そんなに待たずに入る事が出来た。これはいわゆるジェットコースター。もう何十年と乗った事がないので、最初からドキドキ。おまけに暗いとあっては、大した事がなくてもビビッてしまう。特に左右に振られると思わず「ワーッ!」。当然ながら中での写真はありません。疲れた足が更にガクガクッとなって外へ出て、合流して更に山の裏側?に向かう。途中のディテールも良く出来ていてまたもや感心。遠くに見Dscf2617Dscf2618えるアラビアン何とかは時間の関係で通り過ぎて、トリトンズ・キングダム(今調べて知った)に入る。広い場内にはメリー・ゴーラウンドみたいな乗り物やら休憩所があるDscf2620が、目玉は「マーメイド・ラグーン」。これはもう見なければいけません。田舎者は不覚にも感動。素晴らしいショーだ。しかぁ~し、私は高い天井にある仕掛けにばかり目がいってしまい、一体どうやって駆動しているのかと余計な想像で、少しだけ感動を削いでしまったのは残念だ。これも写真撮影NGだDscf2628_2が、アナウンスが流れてもカメラを向ける馬鹿が目に付いた。真面目な(融通が利かない)私の写真は当然ありません。ショーが終わり、休憩所で1時間近く(個人の感想ですよ)休憩だ。やはり強行軍なので、子供にはきついのかもしれない(実際は私がきつい)。が、キャラクターがぞろぞろやって来ると、子供は目ざとくてどんどん迫っていく。それを追いかけるのがまた大変なのだ。更に疲れる。
Dscf2629Dscf2632そこを出て向かうのは、海底2万マイル。これは間違いなく山の裏側でしょう。山の途中には「センター・オブ・ジ・アース」とやら言うジェットコースターのようなものが走っているが、今日は点検日らしく誰も乗っていない。でも、結構怖そうだ。
Dscf2631さて、海底2万マイルは子供もOKと言う事でそれほどのスリル感はないが、これもスムーズに体験出来た。今日はうまく時間を使って(いつもより空いている?)多くのアトラDscf2634クションに乗れている。ただ、朝早くからこんなに長時間遊ぶ事はないので、かなりヘロヘロだ。腰の疲れも溜まっている。しかぁ~し、まだまだこんなものではない。更に歩いてどうやら山を一周したようだ(あくまで個人の感想です)。時刻は4時半頃。これから「トイストーリー・マニア」に入るのだ。朝方通ったタワー・オブ・テラーを横目で見ながらTSMに向かうと、ゲゲッここも凄い行列。だが、ファストパスを持っているので、スイスイと入場。これは3D眼鏡をかけて行うシューDscf2581Dscf2635ティングゲームで、良く出来ている。懸命にレバーを引いて得点を狙うが、姪2人には完敗だった。
次はビュッフェで夕食の段取りだが、予約の時間にはまだ少し早いと言う事で、姪と子供たちは2回目のタートル何とやらに入場するが、私はそういう白々しいのは、例えKYと言われようとも無理なので、すぐ近くでやっているショーを観る事にする。既に始まっているが、座席の端の方は空いているので、そこに座る。ここも大音響。耳を塞いでちょうど良いくらいの音量だ。
おっと、次の記事をフライングしてしまった。続きはもう少し後で。
 
腰の痛みは半端ない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

YOUTUBE XL のサービス終了

先日テレビでYOUTUBEを観ようと思ったら、いきなりサービス提供終了の文字が画面に。これにはビックリだ。米国時間の6月9日をもって終了らしい。我が家のテレビもご多分に漏れずアウト。テレビのファームウェアをアップデートして観られるようにならないのか。メーカーにその気があれば出来る筈。
せっかく光に替えたメリットの一つだったのに、配線用モールまでジャンボエンチョーで買ったのに、ようつべが観られないなんて、ガッカリだ。
ただ、アクトビラとか一部はまだ観られそうなので、今のところはそれでお茶を濁すしかない。本当に残念だ。
 
もっと早く光に替えていれば、もう少し長い間観られたのに(タラ・レバ)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »