« 連続釣行3日目はプチ重役出勤@引佐天池 | トップページ | 連続釣行最終日は通常出勤@西の平 with 岡ジャミザわさん »

2013年6月 6日 (木)

連続釣行4日目は重役出勤だったが@増沢池

Dscf2772今日は午前中家にいなければならない事情があって、出掛けたのは早い昼食後の1時少し前。最初は浜北新池にでも行こうかと思っていたのだが、途中で面倒になって増沢。曇りで気温もそれほど上がっておらず、釣りには向いている。駐車場着は1時10分頃?急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、また水位が下がっている!一昨日は大丈夫だったので、昨日か今日の午前中に水を落としたのか。大体この前と同じくらいだが、少し手前まで水はある。さあ準備しよう。水位が下がっている分ウキが遠くなるので、竿は9尺の方が良いかな。いや、いつもDscf2773通り11尺で行こう。餌はトロロの底釣り。前回より更にヤワヤワにしてみるが、ドロドロまではちょっと怖くて。既に風・波があるが、まだ気にする程ではない。先客は対面看板横と浅場ワンド、それに橋の下(しも)に2人。こちら側は塩ビ管の奥に何人か。底を取り、開始はジャスト1時半。急激な水位の低下で活性に影響があるかどうかは全く分からない。ヤワヤワで作ったトロロの底釣りがどう影響するかも気になるところ。しかぁ~し、第1投からウキが流されながらも上下にモヤモヤ。判断が難しいが、底をなぞっているのか、それともへらの仕業か。何度となく餌打ちするが、モヤモヤフワフワで一向にあたりにならない。前回と違って多少イライラ。早く結果を求めてしまう。風・波は次第に強Dscf2774くなるが、時折湖面が凪ぐと、ウキの動きが良く分かる。そして開始20分が経過した頃、馴染んでモヤモヤ返したウキが、まさにチクッと抜群のあたり!やったと合わせるとかかりました!いやぁ、早々結果が出て嬉しいなぁ。水位は下がっても食いは下がらないのか。更にすぐ後にも同じよDscf2775うなチクッ!で2匹目。あれあれ、思いの外高活性なのかな。しかぁ~し、喜んでいたのもそこまで。2時を過ぎ、次第に強まる風・波でウキがシモりまた流されるようになると、もう手に負えない感じ。モヤモヤフワッと返しは出るものの、下向きに入るあたりらしき動きは少なくとも私には見えない。一応ウキ下の微調整と餌付けに変化を付けてみる(ヤワヤワな分付け辛い)が、少なくとも私にはあたりらしきウキの動きが出ているようには見えないのだ。ダラダラと餌打ちを続ける私、最早疲れているのは何故だろう。その後も全くあたりらしきウキDscf2776の動きが出ないまま、3時近く。開始1時間半が経過しそうだ。すると、シモッたウキがスッと入ったような気がして、とりあえず合わせると、やったかかりましたよ!やっと3匹目だ。2匹目から1時間経っている。これは厳しい。最初に楽勝かと思った私が恥ずかしいくらいだ。他の人はどうなのだろう。皆さん静かな感じで、私と同じく厳しそうか。そろそろゴールデンタイムかと思ったが、今日はそんなに甘くない。ウキの動きは一向に良くならず、極くたまに出るあたりらしきウキの動きはカラ。1回シモッたウキに無理に合わせたら、案の定スレてバラシた。更に、仕掛けのチチワが竿から外れるアクシデントも。いつもなら届く15尺の竿でも届かないので、18尺で何とか回収。時間帯もあって塩ビ管奥の常連さんは終了。対面橋の下(しも)の2人も帰り、看板横も片付け中。いよいよ3時半だ。予定通り?餌が持ったのは、あまりにウキが動かなかったから。やっと餌が終わるとなって、何故か安Dscf2777堵と嬉しさがジワジワ。と、風・波が穏やかになって湖面が凪いだその時、またもチクッという抜群のあたりで、やった「上がりべら」ゲットだ。これは痺れましたよ。ただ、第2目標を狙う気力は失せていて、それからしばらくした3時45分に餌が尽きて一旦終了。結果、実釣2時間15分でDscf27784匹。ヤワヤワにしたトロロの底釣りの効果は確かめられなかった。残念。明日は西の平にでも行って再度確認してみよう。さて、気力も失せているのでもう終わっても良いが、せっかく重役出勤までして来たのだから、釣れる釣れないは別にして(釣れる方が良いに決まっているが)、宙をやって終わろう。竿は9尺、餌は特S:天々:マッハ。これでようやく大きな袋のマッハを使い切った。「たな」1本での再開は3時56分。餌付けは大きめに、また餌打ちのインターバルは短めにして、何とか5時までに打ち終えるようやってみよう。しかぁ~し、まずはウキを馴染ませるよう、多少ダンゴをコネコネ。しばらく打つと、ウキはモヤモヤし始めるが、こちらも底と同じくあたりにまで行かない。とにかく打つ、打つ、打つ。すると、開始Dscf277930分くらいで小さくではあるがウキが入るようになった。そして馴染んだウキが一旦フワッと返して、そこから小さく入ったのに合わせれば、やったかかりましたよ!いやぁ、長かったなぁ(個人の感想です)。更に、5時近くなって急にウキが動き出したではないか。そしてスパッというあたりDscf2781でやった宙の2匹目ゲットか?いや、引きが放流より弱いぞ。これはまさか・・・。そうです、ブルーでした。彼には山に行ってもらいました。しかぁ~し、何かしら時合とでも言うのだろうか、そこからズバッというあたりでのバラシ、更にカラとは、こちらが本当のゴールデンタイムか?5時を過ぎ、いよいよ餌も残りあとわずか。今日は来なくても同じだったなぁと独りぼやいている(対面浅場の人も帰って、貸切状態)と、ウキが小さくではあるが力強く入った気がして、反射的に合わせる。すると、やったかかりましたよ!何Dscf2782Dscf2783だろう、訳が分からないが、まあ釣れたのは嬉しい。すると、次の餌打ちでも全く同じあたりで連荘!餌は経時変化で粘っているし、何か変わった事もしていないし、一体何故?が、それも束の間の幸せ。じきに餌が尽きて宙も終了Dscf2784だ。時刻は5時15分。結果、実釣1時間20分で3匹。トータルでは実釣3時半強で7匹。釣れないとぼやいた前々回より悪い結果。底でも宙でもアジャパーだった。寂しく片付け。曇っているせいか、この時間にしては暗く感じる。湖面は今になって凪いできて、恨めしい。片付けを終え、駐車場に戻る。もう今日はベイシアにも寄らないぞ。明日は西の平にでも行って、再度ヤワドロのトロロの底釣りの検証だ。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
今までこんなに水位が下がった記憶がない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 連続釣行3日目はプチ重役出勤@引佐天池 | トップページ | 連続釣行最終日は通常出勤@西の平 with 岡ジャミザわさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連続釣行3日目はプチ重役出勤@引佐天池 | トップページ | 連続釣行最終日は通常出勤@西の平 with 岡ジャミザわさん »