« 今日は休息日 | トップページ | 「芙蓉閣の女たち」が終わった »

2013年6月10日 (月)

ま、こんなものでしょう@増沢池 with Oさん

台風が近付いているらしい。明日から天気が下り坂と言う事で、それでは増沢にでも出掛けておくかな。なんとなく空はどんよりしているが、ゴー!駐車場着は9時頃か。へら師と思われる車は数台。急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、対面は看板横と階段下。こちら側は浅場でゴソゴソ音がしているが、不明。いつものように塩ビ管付近からDscf2810声。私はいつもの場所に入って、さあ準備だ。竿は9尺の底。餌もこのところ定番のトロロの底釣り。既に風・波があって、細いトップのウキでは視認性に問題がありそうだが、行けるところまで行ってみよう。ハリスが前回絡んだままになっていたが、そのまま。底も取れ、開始は9時26分。ウキの馴染みも予想通り。すると、2投目からウキがモヤモヤ。あれれ思ったより活性があるのかな。しかぁ~し、あたらない。が、しばらくしたらチクッと良いあたりが!やったと合わせるがカラ。あれっ、大体最初はかかるんだけどなぁ。すると、その後もほぼ毎回のようにあたりらしきウキの動きはあるのに、全てカラ。ここで2つの問題が頭に浮かんだ。開始20分くらいで、まずは1つ目のハリスの絡みを、片方を切って交換して解消。更に開始30分くらいで、底を取り直す。結局底が取れていないのではという不安を抱えたままではやり切れないから。でも合っていた。すると何だろう。餌はとりあえず普通バージョンで、前回は問題なかったし、普通バージョンでやるというのがミッションなので、餌は餌付け以外はノータッチ。しかぁ~し、先程までとは逆転するかのような、ここからのあたりは全てがスレバラシ。1回はハリス切れにまでなってしまった。イライラというより、何でだろうと首をひねる。ウキ下を微調してみたりしDscf2811たが、未だ凸状態。気が付けば開始1時間が過ぎている。ゲゲッ、こんな筈では?10時半を過ぎ、いよいよ焦りは募るばかり。と、そんな中、ようやく本来のチクッ!が出て1匹目ゲットだ。何故急に釣れたのかは不明だが、とりあえずホッ。更にやれやれ。すると、まさか時合ではないだろうDscf2812Dscf2813が、あたりに合うようになる。そして11時までにもう2匹を追加。理由は不明。更に11時を過ぎるとあたりに合う確率が高くなって?10分経たないうちに3匹。さっきまで絶望的だったのが、第2目標クリアまで持ち込んだ。やはりDscf2814Dscf2815Dscf2816時合でしょう。と、ここで奥の方から1人やって来た。あっ、Oさんではないか。お久し振りですね。今日は割りと早い時間から竿を出していて、放流サイズ主体で7匹。先週木曜には大楽地にも行ったそうだ。そうそう、斧では48cmをゲットしたというから素晴らしい。その日は5月中旬、ごく普通の晴れた日で、朝7時頃から始めたが、あたりが出たのは午後3時頃から。もう1匹40cmくらいもゲットしたとの事で、私も急に行きたくなってきた。Oさんが見ている間に1回あたりがあったが、話に夢中で竿から手を離していたのでアウト。Oさんは底でサイズが望めないので、これから宙をやると言って釣り座にDscf2817Dscf2818戻った。さあ、私もラストスパートと行こう。すると、餌が尽きた11時52分までにもう2匹をゲットだ。最初はどうなるかと思ったが、終わってみればそこそこ(もちろん私にとって、だが)。結果、底では実釣2時間半弱で8匹。さあ、Dscf2819次は宙。と、その前に昼食だ。そして、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。そうです、前回何とか体裁を整えられたトロ掛けをやるのです。餌は段底・天々・特Sのバラケと100均のトロロ。やっと使い切った。準備中に12時のサイレン。そして「たな」1本での再開は12時12分。すると、こちらも開始早々からウキに動きが。ただし、最初にかかってきたのはお約束のブルー。ガクガクッ。更にバラシが出たが、今度は手応えはブルーではなかった。やる気は消えなDscf2820い。そして開始15分くらいで、ズバッというあたりでやった1匹目!今日はトロロの繊維が割としっかりしているような気がして(個人の感想です)、あたりらしきウキの動きもズバッ!ただ、多くはかからない。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなって、1時までにもう1匹を追加しただけ。一応Dscf2821トータルでの第3目標クリアとはなったが、もっと釣れても良さそうな感じに多少ガックリ。しかも、1時頃から雨粒が落ちてきた。しかぁ~し、まだバラケがかなり残っているので、これくらいで終わってなるものか。荷物はブルーシートで覆い(犯罪とは無関係です)、紫外線対策でセット済みの傘はやや低めにセッティングし直す。対面看板横は、もう充分釣ったのかさっさと帰った。こちら奥はどうなっているのかな。さて、ウキの動きが悪くなってきたのは、おそらくバラケの抜けが悪くなったからでは?それともトロロが落ちているのか。その後もたまにズバッ!が出て釣れるが、気持ち的には芳しくないなぁといったところ。それでも2時まDscf2822Dscf2823Dscf2824でにもう3匹追加して、何とかトロ掛けだけで第2目標クリア。雨も止んで来た事だし、後は残り少ないバラケを打ち切って終わろう。再びOさんが見に来てくれた。もう片付けを終えたとの事。苦手の宙でも5匹釣れたようだ。また宜しくと言って奥の方へ。私も雨の本番が来ないうちに終わりたい。すると、まさかゴールデンタイムでもないだろうが、バラDscf2825Dscf2826ケが尽きた2時半までにもう2匹追加だ。結果、トロ掛けでは実釣2時間20分で7匹。いずれもズバッというあたりで良かった。底と併せたトータルでは、実釣4時間50分で15匹。最初の底で1時間凸だった事を思えば、上出来でDscf2827しょう(ホント?)。片付け。こちら側浅場には誰か入ったようだ。そうそう、今日はトロ掛けでやたらとハリスが切れた。ズバッというあたりで下ハリスを2本(1回は本当に久し振りの合わせ切れ)、それに、かかったへらを「たも」に収めて見たら、下ハリスは口に掛かっているのに、何故か切れていた上ハリス2本。本当にビックリだ。片付けを終え、駐車場に戻る。そうだ、帰りに東海釣り具でバラケマッハその他を買おう。車の前にいたOさんと常連さんに挨拶して池を後にした。
 
斧には行きたいが、行くべきか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 今日は休息日 | トップページ | 「芙蓉閣の女たち」が終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は休息日 | トップページ | 「芙蓉閣の女たち」が終わった »