« 雨の日の憂鬱 | トップページ | 釣りの帰りの用事とは »

2013年6月22日 (土)

ダメだ、釣れない@増沢池 with Oさん and 久し振りのmasaさん

雨上がりに竿を出したいが、今日は午前中用事があって×。午後も1時を過ぎたが、よし今からでも竿を出してみよう。急いで増沢へゴー!駐車場に着くと、おそらくはOさんのものと思われる車ハケーン!念には念をと電話してみると、やはりそうでした。いつもの場所に入っていると言う事で、車を停めようとしたら、あれっ、見覚えのある車がもう1台。珍しやmasaさんでした。急いで車を停め、荷物を降ろして池に向かう。へら師は対Dscf2871面看板横に2人と、深場ダム?そばに2人か。こちら側は浅場橋の下辺りににご夫婦がいるような気がするのだが、草が生い茂っていて良く分からない。水位は雨で回復している感じ。予想していたより風・波は出ていない。さあ、まずは荷物を降ろしてから塩ビ管方面に出向いてみよう。すると、塩ビ管奥にmasaさん、そこから少し離れてOさん。Dscf2868Dscf2870更に奥にはおそらく常連さん。まずは挨拶して状況を訊くと、Oさんは底でまあまあの結果、宙ではあたりはあるが・・・。masaさんはトロロ、「玉」、ダンゴと自由自在で、私が来た瞬間に竿が曲がった!残念スレだったが、宙の方が良さそうな気が。さあ、私もいつもの場所に戻って準備しよう。日差しが強いので、傘は必須。準備中にも汗。竿は11尺でとりあえず底から行く。餌はトロロの底釣り。底も取れ、開始は1時53分。随分と重役出勤になったものだ。かつては4時起きの5時開始だったのに、エヴリデイ・アングラーはダメだなぁ(今日は用事で仕方ないが)。多少ウキが左に流されるが、まあ我慢出来る範囲。それよりウキが動かない。すぐに2時。そして2時半。最近の私らしく、最初の1時間はダメダメと言う事か。一応底を取り直すが、特に問題なし。そして開始1時間が経過。流石に予定通りかもしれないが、ちょっと焦り出す。まさか凸にはならないだろうが・・・。竿を出したり引いたり、ウキ下を微調したり、餌付けを変えてみたりと、私の知る範囲でやる事はやったつもり(ハリス長だけは変えません)だが、3時を過ぎても芳しくない。もうゴールデンタイムに入っている筈なんだけどなぁ。そこで、念には念と再々度底を取り直し、これでダメなら凸上等と開き直れば、何となくへらは上の方にいるみたいで、底に着くと静かになる。が、餌落ち付近まで返したウキがフワフワしてからチクッとDscf2872入るのを見逃さずに合わせれば、やったかかりました!いやぁ、嬉しかぁ~。サイズもまあまあだし、これで何とか帰れそうだ。写真はいつもより大きめにしていますが、何か。これから爆釣に違いないと張り切るが、如何せん餌があと少し。1回鱗があったし、あたりの見過ごしもあって、何となくまだ釣れそうな気はするんだが。3時半を過ぎ、既に片付けを終えたOさんが様子を見に来てくれた。今日は6時頃から始めて、底で10数枚、宙ではカラツンにカリカリしながらも4枚をゲットしたとの事。明日からしばらく釣りが出来ないと言うので、次に斧に行く事があれば誘ってくださいとお願いしておいた。さて、それまでもウキはモヤモヤしていたのだが、いよいよ最Dscf2874後の1投。これも、ウキが返してからモヤモヤ。何処まで我慢出来るかが勝負だと思っていたら、そこからチクッとウキが入り、これに合わせれば嬉や「上がりべら」ゲットだ時刻は3時43分。!Oさんが見ている前で釣れて良かったぁ。それを見届けてOさんは帰った。お疲れ様でした。結果、1回目の餌では実釣1時Dscf2875間50分で2匹。サイズはまあまあだが、2匹って一体・・・。次はどうすれば良いんだろう。Oさんが両ダンゴでカラツン、masaさんがトロ掛けでも「玉」でもバラケに来ると言っていたし、せっかく今日はヒゲトロとS-ブルーを持って来たのだが、ここは底を続けよう。竿と仕掛けはそのままで、餌は夏・冬・マッシュダンゴ。底は取れているとの判断でそのまま。再開は3時47分。すると、さっきまでとはウキの馴染み具合が変わった。そこでウキ下をチョチョイのチョイ。Dscf2876すると、何とズバッというあたりが出て、やった早くも1匹目ゲットだ!まだ4時前、これは素晴らしい。前回も似たような展開だったので、これから少なくとも第3目標はクリアするつもりで頑張らねば。しかぁ~し、そんなに甘くなかった。ウキはモヤモヤするだけで、なかなかあたりにならない。更に、何故か餌ボウルに目をやるとあたりが出て見過ごし。更に更に、ずっと気付かなかったが、ウキの馴染みに糸トンボが貢献していた事が判明。今更何だと思いながらも、竿を引いてトンボを牽制するが、あまりしつこくやると餌が抜けてしまう。困り、またイライラ。対面ダム?そばはとっくに帰り、看板横も帰り支度。池にはmasaさん、私、そしてご夫婦だけになってしまった。4時半を過ぎるが、今日は残業覚悟でやって来たので、時間はまだある。この後は宙でもやってみるか。さて、ウキは相変わらずモヤモヤだけであたりにならない。餌付けとかでは解消しないのか。さっさと餌を打ち切る方が賢明なのかもしれない。が、Dscf2877馴染み際でモヤモヤしていたウキが、チクッと入ったような入らないような、ハッキリしないが私の勘があたったと言うので合わせると、やったかかりましたよ!ん、ゲゲッ、今日初めての放流。でも、1匹は1匹だ。ありがたくカウントさせて頂きましょう。寂しいが、これでようやく第2目標にリーチ。何とかもう1匹釣って形にはしたい。しかぁ~し、ウキの動きは芳しくないままで時間だけが過ぎる展開。いよいよ5時。何だかなぁ、残業も面倒臭くなって来た。すると、返したウキがズルッDscf2878と入り、これに合わせればやったかかりましたよ!何だか全く分からないが、とりあえずトータルでの第2目標をクリアした事だけは分かった。さて、いよいよ餌も残り少なくなった。もう1匹は無理かもしれないが、気持ちはネヴァー・ギヴアップで。masaさんが終了したようで、様子を見に来てくれた。今日は午前中は2枚だけだったようだが、午後は訊きそびれた。明日は鳳来との事で、私は行きませんが頑張ってください。お疲れ様でした。さあ、いよいよへら師は私とご夫婦だけ。どうしようかな、日はまだ高いので、残業は充分OKだ。いよいよ最後の1投。こちらも放置プレイで粘ると、返したウキが待って待ってようやくのチクッ!やったと合わせると、かかりました!「上がりべら」ゲットは間違いないか。しかぁ~し、顔が水面に出たと思ったら、Dscf2879バラシ。ガクガクッ。これで一気にやる気が失せた。終了だ終了だ!時刻は5時23分。結果、2回目の底では実釣1時間40分弱で3匹。1回目と併せたトータルでは実釣3時間半で5匹。最近にない貧果となった。ガックリして片付け。これではベイシアにも寄れそうにない。片付けを終え、駐車場に戻る。ただただ疲れた。さっさと帰りたいが、用事を思い出した。帰りに寄らなくては。荷物を積み、よろよろと池を後にした。
 
ここをポチッと宜しく根!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 雨の日の憂鬱 | トップページ | 釣りの帰りの用事とは »

コメント

最近滅多に見られなくなったツン当たりのmasaさんを一発で引き当てるなんてsshさんは強運ですね、宝くじ買いましょう。
Oさんもmasaさんも最近の釣り姿見てねぇなあ。
皆さんの来週は?
ホーライは急上昇で来週まで突っ走って欲しい。
こっちはもうじき夜8時半なのにまだ明るいよう、今日はPGAコースで102叩き。
でも綺麗だったなあ。
明日は洗濯とアウトレット、明後日は一人でオハイオ出張です。

投稿: パラソル | 2013年6月23日 (日) 09時24分

パラソルさんこんにちは。
実はあたりも見てました。ズバッというかズルッと言う感じでウキが入り、既に何かおかしいと思っていたのでしょう、すぐには合わせなかったmasaさん。サイズはグーでしたが。
鳳来は雨のおかげで50%近くまで戻しました。でも、まだ50%以下です(23日現在)。今日出掛けているmasaさんと竹さんは果たして良い釣りを味わえるんでしょうか?
私は近いうちに斧に行きたいですが、あまりにピーカンだと多分行きません。この間不覚にも焼けてしまった右足首が今ひどい事になっています(まだヒリヒリ。完全な火傷!)。

投稿: sunshine_hera | 2013年6月23日 (日) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の日の憂鬱 | トップページ | 釣りの帰りの用事とは »